1: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)14:27:19 ID:ZWL

高校最後の一年はドリラーとしか呼ばれてなかったが



転載ホモ:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1417238839/l50




2: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)14:28:08 ID:ZWL

修学旅行の夜の事だった

アナニーしてるやつはいるか?
という問いかけを何者かがした


俺は答えた

あると



3: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)14:29:38 ID:ZWL

あるとは何かと友が問う


俺は開発をした、他人の肛門、前立腺をだ
その経験があると答えたのだ

と友の疑問を浮かべた顔を沈めた



4: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)14:30:37 ID:ZWL

野性味溢れる男、俺に問う

気持ちいいのか?


間髪入れずに俺答える

ああ



5: ダークサイド◆oK5/lc/LNo 2014/11/29(土)14:31:38 ID:koZ

どうやら俺はとんでもないスレに来てしまったようだ



6: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)14:32:08 ID:ZWL

また野性味溢れる男
煽るように問う

嘘つけよ、すぐにできるもんか?

俺、一瞥し、答える

完全に開発するには時間がかかるが
目覚めさせるのは造作もない



7: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)14:33:32 ID:ZWL

目を怪しく光らせた文系の男、沈黙を破り


じゃあ、やってみろよ


俺、答える

尻を 出せ



9: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)14:35:55 ID:ZWL

文系の男、恥じらいに顔を染め


みんながいるところでは嫌だ
トイレに行こう

と。

俺が
トイレに入るなり

灯りを消し、

じゃ、ほら

と。
光無くとも手触りで、そこにある尻を感じる



10: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)14:38:40 ID:ZWL

尻を片手で撫でつつ

片手を男の口へ運ぶ

唾液を垂らせと指示すると

従順に指を舐める男

ドアの向こうにいくつかの気配を感じ、

指を舐める音を激しくさせると
男も
またドアの向こうの気配も熱気を帯びた



11: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)14:41:34 ID:ZWL

時は満ち

指が尻の穴に吸い込まれていく

男は時折苦しそうな声をあげる

や、め、、、あ、、っ、、、

人体に人体が入ってくるのだから
それも人生で初めてなのだから

それもやむなし。

それを見て俺が燃えるのもまたやむなし。

5分ほどじっくりと入れ、ゆっくり出しを繰り返す

男の体に力が入らなくなってきている頃

俺は触れる



12: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)14:43:31 ID:ZWL

以上だ


続きはまた夜に。



13: 相反するインキュベーター◆d1bIho9adc 2014/11/29(土)14:44:21 ID:gbH

勃起した



14: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)14:50:41 ID:CdY

焦らさないでえ



15: 一ノ谷弁慶◆oK5/lc/LNo 2014/11/29(土)14:51:55 ID:koZ

時が経てば陽は沈む
それまで待つのだ



16: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)19:23:00 ID:ZWL

日が落ちたな



17: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)19:24:42 ID:ZWL

俺には分かる。

触れていいところと触れてはいけないところが分かる

触れていいところに触れてみる


途端男が情けない声をあげる。

ッア!、、ェ??エッ、、?ッアア!





20: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)19:28:34 ID:ZWL

疑問混じりな喘ぎ声が観衆の耳にも届き

侮蔑とも取れる笑い声が聞こえる

それに反応する余裕もなく
崩れ落ちる男

声量は次第に上がりなどしない

最初から限界に達している男の声はひたすら轟く

待って!

ッアアッ!

ちょっ、、!

もう、わかった、、!
わかったから、、、ああぁ!


3分も経った頃
男は嘆願を始めた

前も、、!
前も、、、、して、!
こすって、、!



21: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)19:33:06 ID:ZWL

しめしめと、俺は暗闇で笑みを浮かべ


じゃあ、俺のも擦れ


腰を震わせながら男は応える

何も言わず俺の股間に手を持って行き

チャックを下ろし

しごきはじめる

ここらで俺も我慢の限界になり

シャンプーを手に取り指に塗りつけ
激しく尻穴に突っ込む

片手で肉棒をしごきながら。


男は次第に俺の肉棒を掴むこともままならなくなり
情けない声を上げながら

絶頂した




22: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)19:37:49 ID:ZWL

体をヒクつかせる姿は死んだゴキブリの様

だらしなく緩んだ顔を持ち上げ

俺はいきり立った肉棒を口に突っ込む

男はむせ返り肉棒から口を離す


ごめん、、ごめん、、

男はなぜか俺に謝り、ズボンを上げ
、淡々と電気をつけ、顔を洗った

俺を残しトイレから去った。

外から声が聞こえる

どうだった!?

どうした?

声やばかったぞ?


そんな会話の後一人野性味溢れる男が俺のいるトイレに入ってくる

恐怖と好奇心の入り混じる顔で



23: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)19:40:13 ID:ZWL

俺はと言えば
汚物に染まった指を洗っている所だったが

野性味溢れる男は容赦なく

おい、お前マジでキモいな、ちゃんと謝れよ

と。

どうやら説教をしにきたようだったが
俺は問うた

お前ビビってんだろ?



24: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)19:42:47 ID:ZWL

野性味溢れる男は憤慨し

は!?マジでお前おかしいんじゃないか!?ホモ野郎!
と口汚く俺を罵る。心外だったが、ここで心を乱しては俺も同族に堕ちる

俺は男を押し倒し、男のズボン、下着を下ろした

驚くほど簡単に倒され、脱がされる男

俺の疑念は確信に変わる

こいつ 説教するツラして
掘られにきたな、と。



25: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)19:49:17 ID:ZWL

男がやる気のない怒鳴り声をあげる

足で男を制し
再びシャンプーを手に取り

容赦なく

放るべき穴へ指を突き立てる


男は耐え、声を殺しきった

が、その状態が俺の心を掻き立てる

突き立てた指を激しく動かす
片方の手で玉を揉みしだく

男はやる気なく暴れ続ける。

素直になれよ

おれが囁くと男は抵抗をやめ

見苦しい姿勢で声を殺しながら
喘いだ

涙を浮かべながら
腕を噛み締めながら
俺を睨みつけ
喘ぐ


少しして、俺の腕を強く掴みながら

だ、め、だろ、、という言葉の後
絶頂した



26: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)19:52:02 ID:ZWL

問題があった

俺のモノが寂しくいきり立っている

慰める必要があった

このもはや野性味のかけらもない草食動物ではものたりない。

草食動物と共にトイレを出て

部屋にいた観衆の元へ戻る

観衆は言葉を失っていたが沈黙を破り

1人が言う

そんなにいいなら俺もやられてみてえ!
どうやら文系の男の話と、草食動物の様子を見て、興味が抑えられなかったのだろう



27: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)19:57:43 ID:ZWL

トイレでやるか?と聞くと
ここでいいと。


実に男らしい、その細い体には似合わない言葉だった。

早々に服を脱ぎ終え、男5人の部屋で一人裸になってある姿は滑稽。
が、

一人は布団を深くかぶり
一人はトイレ掃除に行ったため
羞恥心はさほどなかったのだろう。

そして俺も脱いだ。

こうなると
常軌を逸したこの状況が普通になりつつこの空間で

一人服を着た豚は異質に見えた

同じことを細い男も思ったのだろう

お前も脱げよ篠原

細い男は豚に命令した



28: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)20:03:00 ID:ZWL

豚は文句を垂れながらもモゾモゾと脱ぎ始めた

俺は豚に興味はない

細い男がとってきたシャンプーを手に塗り

男をオムツを替える時の体勢にして

片手で両足を掴み

片手を穴へ突っ込んだ

君の悪い触感が手をつたう

毛が濃い

出し入れをするたびに

薄汚い感触が指に触る

気分が悪い俺をよそに

男は早くも絶頂した

肉棒を触るまでもなく射精した。

最後の最後で醜悪な感触と手応えのない相手に絶望した。


このままで終われない俺

文系の男の布団を引き剥がす



29: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)20:04:57 ID:ZWL

この時ばかりは俺も驚きを隠せなかった


布団を剥がし見えたのは

自らを慰める男の姿


張り裂けそうな俺の肉棒を男の口へ突っ込み

男の肉棒を俺が咥えた



30: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)20:11:43 ID:ZWL

俺の人生にもいまだかつてない興奮


弟とともに目覚めた夜を超える興奮が俺を襲い、振る腰を、動かす口を、舌を激しくさせる

最高の快感だった

絶頂したい気持ちとしたくない気持ちが入り混じる

混沌は絶頂と共に去った





31: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)20:14:45 ID:ZWL

俺は大変満足した

風呂に入り、部屋に戻ると皆布団に篭っていた

野性味溢れる男が寝ってた部屋に

このことは俺たちだけの秘密だからな

と声を放ると


うん
おう
わかった

という声が部屋にこだました。


以上がその夜の出来事だった



32: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)20:18:14 ID:ZWL

後日

豚はクラスメイトにその夜の出来事を漏らした

野性味溢れる男は彼女と別れ
文系の男は開き直り
やせ細った男は無理やりされたと言い訳した

俺はほどなく転校した。
ミスタードリラーと罵られ、学校を去った。

以上がこの話だ。
オチはない



33: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)20:20:44 ID:ZWL

26年前の出来事だ
吐き出してスッキリした



34: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)20:26:45 ID:7IO

ホモじゃないですかー



◆関連記事

ハッハッハー、俺氏ついに同僚の処女を奪うことに成功wwwwwwww

ホモじゃないけどだらしない体格の年上に調教されてみたい

銭湯でホモにシコられ勃ったwwwwww
 

おすすめ記事リンク!