1: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)16:15:26 ID:sYR

登場人物
俺:海外駐在員。商社勤務。お客様の御用聞き。
張總:取引先のお偉いさん。めっちゃいい人。超有能。
游小姐:張總の部下。性格悪い。おっぱい大きい。

書きためてないのでダラダラレスしながら書いてく。



2: 女の子マン◆4a2rKfkfJU 2014/12/17(水)16:17:04 ID:Jnp

漢字難しくて読めねぇ



4: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)16:18:03 ID:2Zd

池井戸潤原作かな?



転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1418800526/




5: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)16:18:52 ID:sYR

俺が中国勤務になってから1年ぐらい経ってだいぶ仕事にも慣れた頃、お客さんにもだいぶ仲良くしてもらってまぁまぁ順調に仕事してた。
お客さんの一人、張總は大きなグループ会社のトップなんだが、何故か俺のこと気に入ってくれてよく食事に連れて行ってくれてた。
そんな中、彼女居るのかという話になって、当時彼女がいなかった俺は正直にいないと答えた。
そうしたらうちに一人いい子がいるから紹介しようと言ってくれて、会う運びになった。



6: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)16:21:23 ID:sYR

当日現れたのは、地味だけどおっぱいが大きい子だった。
張總とその子、遊小姐と三人で楽しく食事をし、その時はいい子紹介してもらったとウハウハだった。
そして食事が終わり、俺が遊小姐を送って帰ることになり、二人きりになった途端、いきなり
「上司のメンツを立てるために来てあげました。勘違いしないでくだい」
と真顔で言われた。



7: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)16:22:08 ID:ejz

まず名前の読み教えれ
感情入れれねえわ



9: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)16:24:17 ID:sYR

>>7
張總=ジャンゾン。張社長って意味。
游小姐=ヨウシャオジエ。游さんって意味。



10: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)16:25:45 ID:ejz

>>9
ほう
続けて



8: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)16:23:15 ID:sYR

まぁ、正直そんな事もあるよなと思った俺はがっかりしながらも
「そうなんですね。ご足労おかけしました。そちらも大変ですね。事情は分かりました。後は張總には適当に話を合わせておきます」
と言って紳士ぶって普通に家まで送った。



11: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)16:28:42 ID:sYR

その後、游小姐とはもちろん連絡は取らず、特に張總にも1ヶ月ぐらい会う機会もなかったので、正直そのことは忘れていた。
そんなある日、急に張總から思いもよらない連絡が。
彼曰く
「うちの游が寂しがっているよ。全然連絡くれないらしいね。気に入らなかったのかい?」
おれはびっくりした。
向こうが無理に来てたって言ったので、当然連絡をこっちから取ろうなんて思いもよらなかったし、更に相手が寂しがっているというのが意味不明だった。
とにかく俺は忙しさにかまけていましたとその場を取り繕って、游小姐に連絡しますと約束した。
そして、狐に摘まれた思いをしながら彼女に連絡を入れた。



12: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)16:29:59 ID:9aP

なんだその女・・・



13: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)16:32:39 ID:sYR

すると、游小姐から完全に想定外な反応が返ってきた。
曰く
「何故連絡をよこさない。失礼ではないか?私に魅力がないというのか?こまめに連絡を入れてきて食事にぐらい誘うべきだ。
あなたは外国人だからわからないのかもしれない、日本は男尊女卑の国だと聞いた。だから特別に教えてあげる。こういう場合
男は主体的に女をエスコートして食事をご馳走したりプレゼントを贈るものだ」
俺は目を丸くした・・・
もちろん、中国の文化にではなくその女にだ。
俺はこれでも留学生活含めて7年はこっちにいる。
その経験の中でもこんな女に出会ったのは初めてだ。
ここで俺は初めてはっきり認識した。
ヤバい女を紹介された。



14: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)16:34:49 ID:sYR

この女は、恐らく張總の前ではお淑やかで有能な部下なのだろう。実際、3人で食事をした最初の日は淑女な印象だった。
しかし、本性は・・・。
俺は立場上、苦情を張總に入れるわけにも行かず、そういう足元も完全に見られていると感じた。
とてもしたたかな女だ。顔は地味なのに。



15: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)16:38:07 ID:sYR

ここからこの女のつけ上がりが本格的に始まった。
こちらからご機嫌伺いしないと張總にちくられることが分かっているので、俺は頑張って週一ぐらいで連絡した。
そしてその度に飯を奢らされたり、化粧品を買わされたりしていた。
はっきり言ってこれは接待だと思った。
今まで張總一人への接待で良かったのに、接待する相手が一人増えた。
しかもこの接待は経費で落ちない・・・俺の心も腑に落ちない。



16: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)16:41:19 ID:Ykx

おっぱいうpある?



18: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)16:42:10 ID:sYR

>>16
ないよ。そういう関係に一度もなってない。



17: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)16:41:53 ID:sYR

挙句の果てに長期休暇に旅行に連れて行けとか言い出した。
俺は帰国するから無理ですと断ったら、ちょうどいい、日本に行ってみたいから連れて行けと言い始めた。
正直、俺はいい加減我慢の限界だった。
数ヶ月も彼女のお姫様ごっこに自費で付き合わされてイライラが頂点に達していた。



19: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)16:43:35 ID:ejz

チクればいいのにと思ったけど
そんだけ有能なら信用度がなぁ…



20: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)16:45:45 ID:sYR

そこで、俺は正式にお断りする作戦に出た。
これは業務上の関わりでなく、あくまで個人的な紹介ということだったので、張總には申し訳ないが、きちんと彼を通してお断りしようと思った。
そして彼に会う機会を作って、正直に
「お付き合いする関係には至りません。せっかく紹介いただいたのに申し訳ありません
と謝った。
張總は目に見えるほどがっかりしていたけど、でも当人同士の相性の問題だからと理解してくれて、俺はホッとした。



21: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)16:47:33 ID:sYR

そして、俺は游小姐にもはっきりとお断りの電話をして、張總にもこの旨伝えてあると言った。
彼女は意外なほどあっさりそうかと受け入れ、その場は電話を切り、俺は全て終わったと安心しきっていた。
ところが



22: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)16:48:18 ID:9aP

寒いから寝たいのにきになる



23: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)16:49:22 ID:LVz

続きはよ



24: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)16:49:59 ID:sYR

数日後にまた張總から、仕事外の事で話があるから夜にうちに来てくれと言われて呼び出された。
俺はなんだろうと思ったが、この前の話はもう終わっていると思ったし、何か良いお酒でも手に入ってご馳走してくれるのかなとか甘い考えでノコノコ彼の家に赴いた。
すると、、、何故か家の中には游小姐もいた。
しかもなぜか泣いていた。
俺は・・・察した。



25: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)16:50:53 ID:9aP

あー・・・



26: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)16:51:52 ID:sYR

部屋の中には泣いてる彼女と、沈鬱な表情の張總夫妻。
俺は席につきたくなかった。逃げ出したかった。
しかし立場上そうするわけにも行かず、仕方なしに席につき、なんでしょう?とマヌケな質問をした。



27: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)16:57:29 ID:sYR

遊小姐は質問に答えずずっと泣いている。
そして彼女を代弁するように、張總が怒りを噛み殺したように話し始めた。
曰く
「若い者同士の事だから、いろいろな関係がって当然だと思う。私の時代ではありえないが、若い者は自由だから理解できる。
でも、そういう関係になったのなら、男として取らなければならない責任というものがある。これは文化の差とかは関係ないと思う。
私の言いたいことは以上だ。何か言いたいことはあるかね?」
俺は、あー、終わったと思った。
まさかこんなことされるとは思ってなかった。
恐らくここでどんなに否定しても信じてはくれないだろう。毎週の様に会っていたのは事実だし。
俺は半ばやけくそな気持ちになって、分かりました、責任を取りますと言った。
すると張總はホッとしたように表情を弛め、君なら分かってくれると思ったとにこやかに言った。
張總、あなたは仕事では有能ですが、女には甘すぎます。お人好しです。



28: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)16:59:02 ID:9aP

工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工



29: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)17:00:12 ID:sYR

その後は仲直りパーティーみたいなものが開かれ、張總の奥様の手料理が振る舞われた。
味なんかわからなかった。そして、俺は一度も游小姐の目を見なかった。受け答えはするが、絶対に目だけは合わせなかった。
初めて、この女に対する敵意が芽生えた。



30: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)17:02:42 ID:sYR

それから、俺の下僕生活が始まった。
日々ご機嫌伺いをし、呼び出されれば迎えに行き、言われるままに物を買い与える。
そして、俺はそれを記録にとり続けた。
一番大きな出費は、なんかネイルだかの学校に余暇で通うとかで50万円近く払わされたものだった。
その他にもなんだかんだ言って、半年で150万円分ほどこの女に金を使った。



31: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)17:04:28 ID:sYR

俺はひたすら黙々とその女の要求に従い、黙々とそれを記録した。
そして、彼女が完全に油断しきったあたりで、彼女に惚れている演義を露骨にし始めた。
俺は更に卑屈に振る舞い、彼女を浮かれさせ続けた。



32: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)17:06:28 ID:sYR

次第に彼女は俺に対してすっかり油断していき、会話の内容なども次第に粗雑になっていった。
俺は頃合いかと思い、連絡を電話メインから、記録が残るメールメインに変えていった。
彼女はそれに特に疑問も持たなかったようで、相変わらずメールであれしろこれ買えと要求してきた。



33: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)17:06:39 ID:ejz

ここまで見てたら胸糞悪いわ



34: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)17:09:11 ID:sYR

更にもう一越え記録が欲しい俺は、彼女に甘える作戦に出た。
メールで
「なんでエッチさせてくれないの?一度もさせてくれないし、キスもまだだよね?」
などと送った。
彼女は案の定調子に乗って
「は?ふざけんな。お前ごときが私を抱けるわけないだろ?お前は財布だよ」
みたいな返事を送ってきた。
これで俺の勝ちだ、と確信したが、一通だけでは心もとないので、何回かそういうやりとりをした。



35: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)17:09:44 ID:9aP

ナイス



36: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)17:11:16 ID:sYR

そして、ある程度各種記録がたまった後、俺の復讐は始まった。
俺は彼女のために使った金の記録、彼女の物を要求する記録、そして、肉体関係がいまだ無い旨を証明するメールの記録を全て紙に印刷した。
もちろんそれを携えて会いに行くのは張總のところである。



37: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)17:14:50 ID:sYR

俺は張總を游小姐不のことで用があると言って呼び出した。
正直彼は結婚の報告だと思っただろう。
今も電話を受けた時の彼の明るい声を思い出して胸が痛む。
しかし、俺が突きつけたのは彼女が俺を利用し尽くそうとしていた記録である。
もちろん紙も見せるのと同時にメールそのものも見せた。
張總は絶句していた。
しかし、これを嘘だと思うほど部下に対して盲目的でもなかった。
きっと、彼なりに彼女の最近の身なりの変化を訝しく思っていたのだろう。
最初はそれを結婚を前提にした俺の貢物だと思っていたみたいだが・・・
張總は動いた。しかも俺が彼に話した次の日に。



38: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)17:17:16 ID:sYR

俺が張總に記録を渡した次の日の夜。
游小姐から金切り声の電話がかかってきた。
正直、何を言っているのか聞き取れなかった。
悲鳴とも絶叫ともつかないその声は、鬼気迫っていて怖かった。
ただ、彼女のことは任せろと張總が言ってくれていたので、俺はそっと電話を切り、着信拒否した。



39: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)17:17:38 ID:9aP

張總さんが有能すぎて抱かれたい



77: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:44:39 ID:sYR

>>39
彼は本当に有能。仕事ぶりは尊敬できる。
俺ら日本人なんかよりよっぽど分母が大きい競争を勝ち抜いてきた人なんだろうしな。



40: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)17:21:26 ID:KWM

そら張さんのメンツ丸つぶれだもんな
あるいみ会社の金に手を付けるよりヤバイ
川に浮かんでもおかしくないレベル



77: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:44:39 ID:sYR

>>40
だね、こわい系とつながりがある会社の社長だったら、そういう落とし前付けさせる可能性もある。



41: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)17:23:04 ID:sYR

数日後、張總から電話があり、
「済まなかった、その後の顛末を話したいからうちに来てくれ」
と言われて俺は彼の家に向かった。
家につくと、当然游小姐はいなかった。
俺はホッとしたw
彼の語った顛末はこうだ。
まず、彼は俺が印刷した証拠を彼女に見せて事情を問うたそうだ。
しかし、彼女はまともな返答をせず、逆ギレして俺が騙そうとしていると喚いたそうだ。
彼は、彼女が冷静さを失ったのを見て、もしかしたら何かの間違いかもしれないという最後の望みも失ったと言った。
彼女が冷静さを失うほど、張總の俺の証言に対する信憑性は上がり、彼は彼女に落とし所の相談をし始めたそうだ。
まずは金を全部返しなさい、それから一緒に俺に謝りに行こうと彼女を諭したらしい。
しかし、彼女は聞く耳を持たず、俺が悪いとの一点張りだったそうだ。



42: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)17:30:59 ID:sYR

何日か説得をしたが、やはり彼女は聞く耳を持たず、しかも張總は忙しいのでそれだけに時間を取られているわけにも行かず、仕方ないので今日から彼女に自宅待機を命じたそうだ。
そして、そこで俺にそこまでの報告と、万一のために身辺には気をつけるようにとの忠告をしようと思ったらしい。
彼はそこまで言うと、今後のことを相談しようと言ってきた。
「本当に今回のことはすまなかった、私は刑事告発も覚悟している」
彼はそういうと、弁護士の知り合いがいる事や、必ず損害は取り戻すと言った旨を熱く語り始めた。
しかし、正直な話、俺はその 張總の誠意ある対応で割りと溜飲が下がってしまっていた。
彼のテンションは上がっていくが、逆に俺のテンションは下がっていったw



44: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)17:36:23 ID:sYR

「全て張總にお計らいにお任せします」
俺はそう言うと、彼の言ういろいろな解決パターンも馬耳東風な感じで、
まぁ、正直被害って言っても150万円ぐらいだし、俺の怒りはどちらかと言うと金銭被害よりプライドを傷つけられたところから来てたんだなあ
などとぼんやりと思っていた。
何はともあれ、全てを張總に任せることにして、その日は解散した。
刑事告発することになると、被害届を出すために警察にも出頭することになると言われていたいのでそれは面倒だなあと漠然と思っていた。
しかし、一体何の罪になるんだろうか?中国の法律はよくわからん。




45: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)17:40:19 ID:sYR

そんなこんながあって、また半月ぐらい経った頃、突然游小姐が俺の部屋の前にいた。
俺はとっさに身の危険を感じた。あの女なら逆恨みで俺を刺しかねないと思ったからだ。
しかし、家に入らないわけにも行かないので、俺は警戒しながら彼女に近づき声をかけようとして驚いた。
遠目からでは分からなかったが、彼女は憔悴しきっていて別人のようにやつれていた。
彼女は俺を見つけると力なく笑って
「なんにもなくなっちゃった」
と言った。
その力ない態度に危険を感じなかったので、俺は彼女を連れて近くの喫茶店に言った。
さすがに部屋に入れる気にはならなかったw



46: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)17:43:33 ID:9aP

ざまあwwwと思ったけどなにしたんだ社長
末恐ろしいわ



47: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)17:47:06 ID:sYR

彼女は店に入っても無言で何も話さなかったため、俺は彼女がホットココアが好きだったのを思い出し、頼んで上げた。
ココアが来ると、彼女はちびちび飲みながらぼそぼそ近況を話し始めた。
会社をクビになったこと、ちょっと怖い系の弁護士の人が3人ぐらいひっきりなしに部屋にやってきて半分脅しのような示談を持ち掛けてくること。
お金を今月中に俺に返さないと訴えられてしまうこと。
部屋にあった家財や俺が買ってあげた服などは没収されてしまったこと。
そして、俺に対してやっていたことは何か悪い夢を見ていたような、調子に乗って自分を見失っていたような気がすると言った。
もちろん謝って済むことじゃないのは今はもう分かるから、ただ、自己満足のために会いに来た、ごめんなさいと言った。
そのしおらしい彼女の態度を見て、俺は
ざ ま あ み ろ !
と思った。内心笑いが止まらなかったw
しかし、しかしである。
その後で彼女がボソッと
「ココア好きなの覚えてくれてたんだね。嬉しい」
って言ったのを聞いて、何か今までなかった感情が現れた気がした。



48: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)17:47:55 ID:Ykx

文章も読みやすい
実話でなくて創作だとしても普通に面白いなwwwwww



53: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)17:59:38 ID:sYR

>>48
証拠になるかわからないけど、中国で法人代表やってると貰える代表証ね。
本当はメールを晒してやりたいけど、中国語なのと、あともし証拠として使うことがあったら晒してたらまずいかなと。

igH7gc0


50: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)17:56:49 ID:sYR

でもそれで恋が芽生えるほど現実は甘くない。
俺はこの勝手な女を持て余し始めた。
メソメソ謝り続けるこの糞女に俺はだんだんイライラしてきて、
「何がしたいの?謝ってそれで終わり?それとも同情を誘って譲歩を引き出そうとしているのかな?」
と意地悪く攻め立てた。
彼女は泣いてしまったが、急に思い切ったように
「お金は時間がかかっても返します。許してくださいとは言いません。ただ、今更ですが私を知って欲しくて」
「私は間違ってた。実は外国人を初めて紹介されて舞い上がってた。自分は田舎者だからなめられたらダメだと思った」
「あなたが優しくて調子に乗っていた。自分がデキる女になったと思って勘違いしていた。本当にごめんなさい」
等と言い始めた。
その時俺は確信した
こ い つ 本 物 の 外 道 だ !
反吐が出そうになった。
あまりにも自分を美化しすぎている。
そして、物語的に自分を演出しすぎている。
悲劇のヒロイン願望が本当にキモかった。



51: 女の子マン◆4a2rKfkfJU 2014/12/17(水)17:57:54 ID:Z4k

ワロタwww



52: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)17:59:24 ID:Fm7

領収書や会話録音して披露宴すればよいな



78: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:45:36 ID:sYR

>>52
こんなのと結婚なんかしないよw
弱みも作りたくないから指一本触れなかった。



54: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:03:04 ID:Y0w

すげーな。
さすが海外勤務の商社マンはやることなすこと頭がいいな。
相当仕事できそう。
俺だったら途中でぶち切れてるわ。
相手の女にされたことを全て書いたら一冊の本になるんじゃねーかってぐらい面白かった。
出版して有名になったら相手の社長さんの顔つぶすことになるからチラ裏止まりが残念。



79: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:47:17 ID:sYR

>>54
いやいや、零細の専門商社の社員だよ。全然頭良くない。総合商社のエリートとは違うよw
俺もブチ切れそうになったけど、なんというか、切れてもこっちが損するだけだなと思うともっと陰湿な事してやろうと思ったw



55: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:03:21 ID:sYR

はっきり言って、俺はこの女に関わりたくなくなっていた。
自己正当化を含んだ謝意の言葉など薄ら寒い感じしかしなかった。
きっとこの女はなめきっていた男にしてやられて、最終的なプライドの落とし所が悲劇のヒロインになることにしか残されていなかったのだろう。
誰がそうさせてやるものか。俺はこいつを自己完結させてやらないことを決心した。



56: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:05:49 ID:Ykx

ここで改心しているんじゃないかと考えてしまう俺は甘いんだろうなぁ
文章にすると半年というのは二文字だが、相当鬱憤たまってたんだなwww



80: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:48:38 ID:sYR

>>56
改心しているというふうにこちらが受け止めてやれば、そういう事になったとも思うよ。
そこでいろいろ合ったけど始めて心が通って恋人になったとかいう流れにもしようと思えばできたのかもね。
俺は嫌だけどw



57: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:11:28 ID:sYR

「君が本当に反省しているなら、俺はその反省を完結させてあげたいから、君が法に照らされて裁かれるのを応援するよ」
俺がそう言うと、彼女はみるみる青ざめていったw
そして
「私が許して欲しいのは貴方になの。法は無情だわ。私と貴方の関係で終わらないかしら?」
と言ってきた。
すかさず俺は
「あれ?さっきは俺に許してもらおうとは思ってない、ただひたすら謝りたいって言ってたじゃん。だから応援してあげるって」
とカウンターを食らわせた。
人は追い詰められると笑うらしい。
彼女はヒッヒと不思議な声を出しながら、唇を歪めて笑ってた。



58: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:11:35 ID:9aP

そら半年も下僕のように送り迎えしはべらされて150万使わされたら
相手が魚のエサになろうが同情なんかできないわwww



81: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:49:14 ID:sYR

>>58
魚の餌はちょっとかわいそうかなwwwおっぱい大きいし。



60: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:14:00 ID:Ykx

>>58
だよなあ
しかも地位ある人間なのに

150万ください



82: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:50:39 ID:sYR

>>60
地位なんかないよ~。業界では一番立場が下だよw
150万は痛かった。でもいい勉強なったよw



59: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:13:21 ID:sYR

俺もそれに釣られて口元がにやけてきた、そして何気なくそのまま彼女の後ろの窓に映った自分の顔を見た。
・・・醜かった。
俺を蔑んでいた頃のこの女の笑いにそっくりだった。
俺は急に気分が悪くなった。



61: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:16:22 ID:sYR

俺自身、この女との落とし所を見失っていた。
金を返してもらっても、きっと俺の気分は晴れない。
そして、このままこの女を精神的に傷めつけても、きっと自分のためによくない。
さっきの自分の嫌な笑いを見て俺は思った。このまま怒りをこの女にぶつけ続けてても、俺の精神がおかしくなっていくだけだと。



62: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:17:02 ID:ejz

>>1は相当人がいいな、俺なら女を精神的にぶっ潰したい衝動にかられるがなぁ…



82: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:50:39 ID:sYR

>>62
そうした後で、たとえスッキリしても普通の生活が出来るような精神の均衡を保っていられる自信がなかった。



63: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:19:38 ID:sYR

俺はその場でしばらく黙りこんで考えた。
落とし所をどうするべきか。
この女は空気を読まずにまた悲劇のヒロインを始めてゴニョゴニョ謝り続けている。
俺の考えた落とし所はこうだった。
まず、回収できる金は、現時点でこの女が払える額のみ。
そして、この女が普通の生活を取り戻せるぐらいの金は残してやる。
張總の事だから、こいつが悲劇のヒロインしてて俺が許した態度とってやれば次の職ぐらい紹介してやるだろうと思った。



64: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:20:30 ID:9aP

社長に気に入られるだけあって根っこのほうは人が出来ているんだろうな
憎い気持ちは分かるが嫌いなやつの為に人格までおかしくなるのは自分の為にもならんけど
自分だったらどうやっても許せんわ



83: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:52:20 ID:sYR

>>64
どっちかというと、臆病なんじゃないかな、俺は。
嫌いな奴でも、自分のせいでマジで人生終わるってのを見ていられないと思う。



65: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:22:37 ID:sYR

金はわざと全額返させないで、こいつの俺に対する悲劇のヒロインを完結させない。
中途半端に同情されて手加減されて、償ったのかよく分からない形で終わらせてやるという、無理やりな落としどころを考えた。

そうしないと後味悪いしな。
俺自身、立場上法的な揉め事には関わりたくなかった。
出入国が制限されることもあるらしいし。



66: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:27:45 ID:sYR

俺は、女に満面の笑みで
「わかったよ。君の気持ちはもうわかった。落とし所を考えよう。前に進まないわけに行かないんだから」
と話しかけた。彼女は力くうんと頷いた。
俺は彼女に現在払える額、日常生活を取り戻せるまでに必要な費用を聞いて、一緒に張總に謝りに行く算段を相談した。
結果、弁護士が既に没収した品をいくらか現金化してて(それこそ違法行為じゃないのか?)それで日本円で30万円ほどあるらしい。
俺はそのうち20万を彼女が次の職を見つけるまでの生活費として計算して、10万だけ返すように言った。
彼女はそんなんじゃ償えないと表面上は粘ってみせたが、俺が条件として、張總のメンツを立てるために一緒に謝りに行って顛末を説明することを要求すると、困難さを理解して納得した。



68: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:33:58 ID:rHB

張さん中国の男紹介すればよかったのに
上流階級にも反日感情持ってるやつ普通にいんでしょ?



83: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:52:20 ID:sYR

>>68
ごめん、言ってることがよくわからん。



94: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)23:41:56 ID:rHB

>>83
トラブルの元になりそうな国際結婚より同国人との交際勧めなかったのは何でなんだろって意味



95: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)23:46:46 ID:sYR

>>94
ああ、なるほど。
特に国粋主義者じゃなければ外国人と付き合うことは割りとステータスだから、いいことしたつもりで俺を紹介したんだと思うよ~



69: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:35:05 ID:sYR

「君は上司のメンツを立てるために俺に会いに来たって言ったけど、最後も彼のメンツを立ててあげてくれないか?」
俺のこのセリフが決定打になった。
俺はその場で張總に電話をし、ちょっと時間が遅かったが会ってもらうことになった。
張總も気分的に自分の家に彼女を入れるきにはならなかったのだろう。俺達は外の違う喫茶店で落ち合った。
俺は事情を説明して、彼女の謝罪を受け入れること、金銭の回収は現実的な範囲に収めることを説明した。
そして彼女には自分のしたことを自分の口で説明して自分の非(俺は罪までは言ってないと思う)を認めてもらった。
俺たちから張總へ、これで解決させてくださいと許しを請うた形したので、彼のメンツも立ったのだろう、彼も納得してくれた。
そして、厚かましいようだが、彼女に新しい職を紹介してやるように頼んだ。
まぁ、何にせよこれで一件落着だった。
最後に、彼女に俺の前に二度と現れないことを約束させた。



71: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:37:01 ID:9aP

無理矢理結婚させられなくて本当によかった



84: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:52:58 ID:sYR

>>71
ありがとう。今の彼女も大概だけどwそれなりに幸せだよ。



72: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:38:31 ID:Fm7

後の仕事の世話まで頼むのが理解できんわ
野垂れ死にしようが知ったこっちゃねえ!って方だからかな



74: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:40:13 ID:sYR

>>72
追い詰められると人間何をするかわからない。
戦争で敵を包囲するときも、敵が必死で抵抗する死兵にならないように、わざと逃げ道を開けておくものだってじっちゃんが言ってた。



73: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:38:41 ID:sYR

その後、と言うか先週、やっと彼女からお金が振り込まれた。
振り込まれましたという報告も張總にした。
彼は俺への償いか、結構大きな仕事を2つほど俺にふってくれた。
へへへ、稼がせてもらいましたぜ。
んで、更に汚名返上のためか、また女の子を紹介しようと言ってきているwww
まずいな、実は今、もう彼女ができたことを彼に説明しないといけない。
もちろん、その彼女というのは游小姐ではないw



75: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:40:53 ID:sYR

よっしゃ、だいたいこんな感じだわ。
ごめん、最後のどんでん返しはなしw
普通に淡々と片付いたわw

じゃあさかのぼってレス始めます。



85: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:54:19 ID:9aP

今の彼女と幸せにな!



87: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)19:04:05 ID:sYR

>>85
ありがとう!



86: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)18:59:25 ID:wdT

終了



 

おすすめ記事リンク!