1: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)22:49:47 ID:SZrTSpegL

語らせてくれ。
長いから書き溜めたけど、
パンツはしばらく履いたままで。
ところどころ、小さいところはフィクション入れます。
あ、言っておくけど相手は女装子だからな。

スペック
俺・・・182/75/33 バイ ブサイク
その子・・・160ないくらい?/軽かった/20なりたて

その子とは某有名サイトで知り合った。




転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1399297787/




2: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)22:52:04 ID:SZrTSpegL

可愛い子を探すため、その日俺はダラダラとプロフ写真を眺めていた。
汚女装どもが真顔で薄気味悪い表情を浮かべる地獄絵図のなか、
その子の少し照れたような笑顔の写真を見つけたときの衝動は忘れない。
まぁ可愛くて愛らしくて、見れば見るほど完全に女の子なんだよ。
これは絶対に加工しまくった写真使ってんだろうなって、
他のプロフ写真も覗いてみた。
稲妻が走るってこういうことを言うんだと思ったね。
綺麗というよりは可愛い系で、とにかく透明感っていうの??がハンパなかった。
芸能人で誰に似てるかと言うとすぐには思いつかないけど、
有村架純ちゃんみたいな雰囲気。
メイクでどうこうしようとしてる感じじゃない、あの元から可愛い感じ。
とにかく可愛くて仕方ない。
面倒だからこれからその子を架純ちゃんと呼ぶことにします。



5: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)22:54:54 ID:SZrTSpegL

しかしだ、俺も6人の女の子、そして4人の女装子とセクロスした男。
もう簡単に写真詐欺には騙されない。
すこし様子を見るべく、簡単なメッセのやりとりの後、
フレンド申請を送り無事に友達になれた。
普段は三日に一回開くか開かないかのサイトを毎日開きまくる日々が始まった。
さっそく俺は架純ちゃんと仲良くなるべくメッセのやりとりとか、コメントつけたりしまくった。
ときどき日記に自分の写真を載せるのだが、
それはもう全てが可愛くて、書き込むコメントには困らなかった。
しかしこの子やたら人気があるらしく、他にかなりの数のコメントが寄せられていた。
やりとりを眺めていると、どんな変なコメントにも嫌なそぶりを見せず、
相手の気分が悪くならないようなコメントを返していた。
アホっぽく、可愛いらしく。



6: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)22:58:14 ID:SZrTSpegL

一見天然だけど、ちゃんと考えている、そんな印象だった。
顔も頭も性格もいいんだな、ライバルも多いわけだ。
と思ってますます架純ちゃんが気になってしまった。
ただひとつ気になるのが日記にのなかのコメントに、
いつ会ってくれのかとか、彼氏にしてほしいと何回も言ってるんだけど、という質問があったことだ。
遡って日記を読みふけると、ここで誰かと会ったことはないと架純ちゃん自身が言っている記事を見つけた。
ビッチじゃなかったいう安心感と、ここでは会えないのかという不安感が同時に襲ってきて、
複雑な気持ちになった。



10: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:01:22 ID:SZrTSpegL

そんなある日、架純ちゃんが素敵な曲を見つけたという日記をうpしていた。
それは世界中でヒットしたものの、日本ではあまり知られていない名曲で、
俺も大好きだったからここぞとばかりに食いついた。
俺も架純ちゃんも周りにそういう話が出来る友達がいなかったため、
それはそれは楽しくメッセしまくった。
そのあたりの音楽がもっとききたいんですけど、何からきいていいかわからなくて。。。
チャンスだと思ったね。
そこは俺の得意分野、ここで勝負かけるしかない。
DL法案にビビっている情弱架純ちゃんに、音源をいっぱい貸す約束をとりつけた。



11: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:03:07 ID:SZrTSpegL

約束は二週間後、俺にはまだやることがあった。
会ったとき、いかにセクロスに持っていくかという作戦を練ることだった。
音源を貸すだけでは、渡して終わりになりかねない。
というか、たぶん架純ちゃんもただ借りるだけだと思っているだろう。
そこで俺はニセの出張作戦を思いついた。
夕方から会う約束のため、今日は東京に泊まりなんだよね、
と都心のビジネスホテルに誘い込む作戦だ。
誘い込むには、ある程度の信頼が必要だろう。
どうする?コウイチ。



12: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:05:18 ID:SZrTSpegL

散々悩んだ結果、俺は自分の写真や家の中をメールで架純ちゃんに送ることにした。
俺も顔を送るから、安心してほしいっていう意味で。
親近感を沸かせるが、俺が架純ちゃんのタイプじゃなければ即終了という諸刃の剣作戦だった。
俺はブサイクだ。
THE柔道部という顔をしている。
男臭いという言葉は聞き飽きるくらい聞いてきた。
ただ救いがあるとすれば、そっちの人には意外とモテるという俺なりの統計だけだった。



13: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:05:53 ID:SZrTSpegL

「ブサイクなんだよね俺。生理的に大丈夫??」
と恐る恐るメールしてみた。
返ってきた言葉は、
「ボクシングの武蔵さんすきなのでだいじょぶですよー??」
というものだった。
え?ボクシング?それより武蔵だったのか俺は?
まぁいい、とりあえず一安心した。



14: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:08:19 ID:SZrTSpegL

それから、当日出張で泊まりになったから待ち合わせは都心の○○で。
会社負担だからダブルルーム取っちゃったよ、架純ちゃんも泊まっていけばいいよ、と冗談っぽく伝えた。
「そんなに遅くなったら、コウくん次の日のお仕事たいへんでしょー??
お仕事の邪魔はしたくないからちゃんと帰りますよー♪」
可愛い。俺の下らないウソに本気で気を使ってくれてる。
単にイヤなのかもしれないが、本当にイヤなら最初から来ないだろう、多分。
「気を使ってくれてありがとう。でもどこかでお酒飲んで音楽の話したいし、
盛り上がるかもだから泊まれる準備しておいでよ。あれなら違うホテルでも泊まればいいよ、俺がお金出すから。」
「お金はいいですよー、いっぱい音楽かりるんですし。んー、じゃあとりあえず用意だけはしていきますねー。」
ジェントルマン作戦も成功。
架純ちゃんが写真のままだったら、違うホテルになんか泊まらせるわけないのにフヒヒヒ



15: 名無しさん@おーぷん 2014/05/05(月)23:09:15 ID:SOZmejJld

濃厚なホモスレ



16: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:10:14 ID:SZrTSpegL

当日、なぜか俺はシャワ浣を済ませスーツを着てマンションを出た。
もしかしたら架純ちゃんがタチの可能性もあるからだ。
そしたらどうしよう。
初めてなの///って正直に言おうと思った。
実は俺も都内に住んでいて、
マンションから待ち合わせの場所までは電車で三十分かからない距離だった。



17: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:12:17 ID:SZrTSpegL

目的の駅に到着し、ホテルでチェックインを済ませて早めに待ち合わせ場所に向かう。
時間を確認すると15分も前だった。
さすがにウキウキしすぎたと思いながら待ち合わせ場所が近づいてきてふと顔を上げると、
いた、架純ちゃん。
ぬはーーーーー可愛いいいいいいいいいい!!
写真より可愛いじゃねぇか!
動いておる!動いておるぞ!!
架純ちゃんはマスクもしておらず、
ナチュラルメイクの可愛いすぎる素人の女の子として、
そこに立って何かの看板を眺めていた。



18: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:13:31 ID:SZrTSpegL

何ていうんですか。
程よく丸みのある輪郭、スラっとした体型、ツヤツヤのショートヘアー、全てが女の子。
小さくて、細くて、顔なんか俺の半分くらいの大きさしかないの!
これまで話したことのある全ての女の子の中でもトップ3に入っちゃうくらいの可愛さ。
何より微笑んでいるかのように少しだけ上がっている口角と、
看板を読むためか細めているのに大きな目に、
横顔だけで一目惚れしてしまって、足が止まってしまった。
ふとこっちに目線が動き目と目が合った瞬間、
架純ちゃんはにかんだ様な笑顔でペコリと頭を下げた。
後で聞くと、「あ、やっぱり武蔵だ。」と思ったらしい。



19: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:14:29 ID:SZrTSpegL

「こんばんは。はじめまして。」
奇跡を見たね、声まで女の子。
裏声なのか分からないけど、違和感はほとんどなくてビビった。
「架純ちゃん、初めまして。早かったんだね、可愛くてビックリした。」
架純ちゃんは少し恥ずかしそうにモジモジしていて、
最初だけしか視線をしっかり合わせてくれなかった。
時折目が合ったかと思うと、架純ちゃんの目はすぐに泳いだ。
その仕草がとてつもなく可愛いかったし、
単にネットで絡むよりも恥ずかしがり屋な子なんだなと思った。



20: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:15:14 ID:SZrTSpegL

緊張していだけかもしれないし、
実際は俺も緊張してるし、これは飲むしかないと、
「お酒飲めるタイプ?ちょっと飲んで、話そう!」と近くの外国人の集まるバーに連れて行った。
地元にある同じ店は行き慣れているし、周りが日本人よりも外国人の方が架純ちゃんは安心して飲めるだろうし、
何よりちょっとカッコつけたかった。
ブスだったら居酒屋で良かったんだけどな、本当に一目惚れしてしまったから。



21: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:16:16 ID:SZrTSpegL

乾杯すると、改めて自己紹介みたいなことから始めた。
他愛もないところから攻めていく手筈だ。
何より架純ちゃん、あまり喋らない。
ずっと微笑んでるからイヤではないんだろうが、
なぜあんまり喋らないんだ?
男は聞き上手がモテるんだという事を思い出し、
何とか架純ちゃんに喋らせようと頑張った。
ところが架純ちゃん、お酒に弱いwwww
一杯目の半分くらいですでに酔っていた。



22: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:17:12 ID:SZrTSpegL

架純ちゃんにあまり喋らないんだねと言うと、
「声を出して男の子ってバレちゃったら、コーくんが恥ずかしいでしょ??」
ほんのり顔を赤くしながらまたニコニコしてそう言う。
バッキャロー。バレないって。そんな顔と体型と声で、まず疑う人なんていないって。
むしろ何でこんなブサメンがこんな可愛い子と歩いてんだろうって思われてますって。
気にしないで喋っていいって。
それと敬語やめなさい、タメ口でいいから!
とまくし立てた。
じゃあ、と架純ちゃんが口を開く、さぁ来い。



23: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:18:09 ID:SZrTSpegL

「猫で一番かわいいと思うところは??」
は?え?部位ってこと??
んじゃ、顔!それか肉球!あれか、ケツか!?
おしい、尻尾だよー。あの自由なうごき。ずっと見てられるもん。
というよくわからない話から始まり、
いつの間にか俺は音楽から恋愛話まで長々と熱く語っていた。
架純ちゃんがいいタイミングで相槌や質問をするもんだから、
話が止まらなかったのだ。
完全に聞き上手は架純ちゃんだった。
この小娘、やりよる。
ずっと微笑んでいる架純ちゃんを見ていると、
自分の彼女だと錯覚してしまいそうになっていた。



25: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:20:20 ID:SZrTSpegL

しばらく無言で反省していると、
「あのね、聞きたいことあるんだ」
微笑みを崩さずに架純ちゃんは言った。
「はい架純ちゃん、どうぞ。」
「なんで東京に住んでるのに、出張で東京にとまるの??」
・・・あれ!?バレてる!なんで知ってんの!?
トイレのとき財布の中の免許証見られたか!?
こっちはトイレから戻るとき、遠くから馬鹿みたいにデカイ外国人の中に華奢で
小柄な架純ちゃんを見つけて萌えまくったというのに。



26: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:21:52 ID:SZrTSpegL

「コーくん、最初の方のやりとりで東京に来て10年以上経つけど
こんなに美味いもつ鍋に出会ったことないって言ってたから。あ、東京に住んでるんだーって。」
ダサい。完全にダサいヤツだ。
まずは謝らねば。
俺もだいぶ酔っていたし、こうなったらぶっちゃけようと思った。
写真を見てから架純ちゃんのことで頭がいっぱいになった。
メッセやりとりして架純ちゃんのことを少しずつ知るたびに嬉しかった。
音源を渡すだけの関係じゃ満足できない。
セクロスとかじゃなくて、どうしても一緒に泊まって同じベッドで眠りたい。



27: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:23:25 ID:SZrTSpegL

そしたら架純ちゃんは小さく声を出して笑った後、
「コーくんかわいい」とボソっと言った。
「引かないの?」と聞くと、
「ウソはすきじゃないけど、自分から顔写真送って安心してって言ってるから変な人じゃないなって思ったんだ。
それにメールのやりとりの中で、大体の人はえっちな写メ送れとか身体のこととか聞いてくるけど、
コーくんは違ったから。すごく新鮮だったよ??」
と言った。
もうこの場で押し倒してしまおうかと思ったけど冷静を装って聞きたいことを聞いてみようと決心した。



28: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:24:18 ID:SZrTSpegL

「これまで付き合った人っているの??」
「うん、一年半くらい同じ人と付き合ってたんだけどフラれちゃったんだー。ワガママだったから仕方ないね。」
「そうなの?そんな感じしないけど。思いあたるとこあるの??」
「なくはないかも・・・。」
「そこってどういうところ??」
「んー。好きになりすぎて、ずっとかまってほしくなるんだ。」
「かわいいじゃん。っていうか俺、架純ちゃんなら逆にずっとかまってたいけどな。」
「ホントにー?うれしい!」
「もしさ、俺と明日まで一緒にいて楽しいと思ったら付き合ってよ。」
「そっか、うん。分かった、考えてみるね♪」
みたいなやりとりだったと思う。



30: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:26:38 ID:SZrTSpegL

さり気なく架純ちゃんの明日までの予定を確保した俺は、
そっとトイレに立ちレビトラを飲んだ。
今夜は長そうだぜ、とつぶやきながら。

トイレから戻ると、肩の力が抜けたのか架純ちゃんはボーッとしているように見えた。
それからは少しくだけた話になって、軽くセクハラな言葉も出せるようになった。
目もそらさず話してくれるようになって、
俺は幸せを噛みしめていた。
架純ちゃんのことを可愛いと言うと、その度にほっぺたあたりが赤くなるのがホントに可愛くて、
何回可愛いと言ったか分からない。
架純ちゃんもとてもいい気分なのか、突然「ここでならチューしてもいいよ」と言ってきた。
こんなところで出来ないのを知っていながら、この小娘が!
ヤバイ、やりたい。
この子を犯したい。
俺のなかで何かが弾けた。



31: 名無しさん@おーぷん 2014/05/05(月)23:27:17 ID:FWDxpimLi

俺もサークル新入生に一目ぼれしたわ。結婚したい



32: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:27:58 ID:SZrTSpegL

>>31
全  力  で  い  け  !  !


出ようか、と言って腰に手を回した。
一瞬ビクっとしていたが、俺はさも当たり前のように手を離さなかった。
ここは外国人の集まるバー、これくらいのボディータッチは普通なのだ。
ふん、これも計算通り。
腰は本当に男なのか疑うくらいほっそりしていて、でも柔らかかった。
シアリスが効き始めたのか、俺は歩きながらも元気になるチ○ポをおさめるのに必死だった。
あまりに元気なため、隣にいるのが日出郎だと思うことにした。
しかし横を見ると、ニコニコした架純ちゃんである。
そのままおさまるワケもなく、開き直って元気なまま歩いた。
こんな女の子が隣にいて、勃起しない方が失礼だろうが、あ?道行く野郎ども!
もしベッドで拒否されてもやってやる。
親父、お袋、新聞に載るかもしれんすまん。



33: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:29:49 ID:SZrTSpegL

ホテルに戻り部屋のドアを開けた瞬間、俺の理性は吹き飛んだ。
先に入った架純ちゃんの肩を掴んでくるっとこっちを振り向かせると、
ビックリしたような表情で、見上げられた。上目づかいで。
何か喋ろうとしている架純ちゃんの口を塞ぐようにして、思いきりキスした。
唇は薄くて、舌を入れると喉ち○こに当たるんじゃないかと思うくらい口内は狭かった。
腕は俺を押すようにして時折ちょっと待ってみたいなことを言っていたが、
直感で本当に嫌がっているのではないと思った。
普通に舌を絡めてきていたし、何より俺の舌は気持ち悪いほど長く、
自分では分からんが、キスはそれなりに上手いらしいのだ。
そのまま耳と首筋を唇で愛撫しながらいい匂いだなぁと思っていると、
「お、お風呂入りたい・・・。」と言われた。



34: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:31:05 ID:SZrTSpegL

最初にコーくん入って?と言われ、高鳴る鼓動を抑えながらシャワーを浴びてる最中、
あれこれもしかして財布持って行かれるパターン?とか頭を過ったが、
架純ちゃんに限ってそんなことはしないだろうと思って入念に身体を洗った。なぜかシャワ浣も、改めてした。
シャワーから上がると、架純ちゃんはちゃんとベッドに座っていてコンタクトを外していた。
「よく見えない方が恥ずかしくないから。
あのね、ひとつだけ言うとね、架純、すごくエッチ好きなんだけど、引かないでね。お風呂入ってくるね。」
と言うとシャワーを浴びに行った。
引く?最高じゃないですか。ありがとう神様。
イエスマンとして社会に貢献してきて良かった。
お風呂上がりの架純ちゃんは、バスタオル一枚の姿だった。
肩幅も腕も鎖骨の綺麗さも身体のラインも、男だとはどうしても思えなかった。
およそ筋肉というものが見当たらない、そんな感じ。
こうなったらブツを見るまで信じないことにした。



35: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:32:24 ID:SZrTSpegL

架純ちゃんが水を出そうと冷蔵庫を開けた後ろ姿を見て、
俺の理性はまた弾けた飛んだ。
水を飲んでる後ろから架純ちゃんを抱きしめると、んんっと言って水を吐き出しそうになっていた。
口の端から少し出てしまった水を拭ってあげて、またキスをした。
前から後ろから抱きしめながら、キスしまくった。
5分くらいしたところで次に行こうとすると、
「やだ、まだ。」と言ってキスをねだってきた。
ほう、おねだりもするんですね、たまらんす架純ちゃん



36: 名無しさん@おーぷん 2014/05/05(月)23:32:54 ID:0g3HDobSq

なんか希望が見えてきた



39: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:34:29 ID:SZrTSpegL

>>36
希望しかないわ!!



37: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:33:10 ID:SZrTSpegL

だからその後も対面座位の体勢や寝転がってキスしまくった。
架純ちゃんはずっと小さい声で喘いでいた。
時折、消え入りそうな声で「ふやけちゃう・・・」とか「もうだめだよ・・・」と言うのでやめようとすると、
「もっと、もっと」とつぶやく。
よっぽどキスが好きなんだろう。
そのまま三十分くらいキスをしながら身体を撫でていた。
しかしこの子、口が全然くさくない。
笑ったときに真っ白な歯だなと思ってたけど、
さっき飲んだ酒の匂いもしてこない、どうなってんだ体の中。
若いってこういうことか??



39: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:34:29 ID:SZrTSpegL

さっきまでの架純ちゃんとは別人のように、キスしてる途中から目がとろんとして積極的になった。
「架純ちゃんって呼ばないで、架純って呼んで、お願い。」
「コーくん、目を開けて架純だけ見てて・・・??」
みたいなことを言っていた。
正直興奮しすぎててこの辺は覚えてない。
途中で気づいたがバスタオルの股間部分が膨らんでいて、やっぱり架純ちゃんは男の子だと確信した。
生で見てみたいと思った俺は、鎖骨周辺を愛撫しながらバスタオルを剥ぎにかかった。
まずは胸だ。



38: 名無しさん@おーぷん 2014/05/05(月)23:34:14 ID:aCGLgvjme

ホモホモ



40: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:35:57 ID:SZrTSpegL

露わになったおっぱいは、ほんのちょっと、わずかに膨らんでいるような感じだった。
女の子の最貧乳みたいな。
だが、乳首である。
まっピンクとは言えないまでも、ほどよくピンクと肌色の混ざったような、
文句なしの綺麗な乳首だった。
そしてその肌質。
同じ男だとは思えないようにきめ細かくて、スベスベで、モチモチしていた。
柔軟剤使っただろ、くらいの。
セクロスの極意は焦らしだと2chで知った俺は、
回した腕でスベスベの背中を撫でながら、ひたすら乳首の近くをキスしたり舐めたりした。



41: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:36:28 ID:SZrTSpegL

架純ちゃんは、男を興奮させる天才だと思う。
仕草だとか反応だとか、いちいち可愛くてそれだけでチ○ポが破裂しそうになる。
男の子だけに、野郎が萌えるポイントを知っているというのは通説だけど、本当だと思う。
計算じゃなく滲み出てしまっているから、こっちも萎えることがない。
本当にエロい子だと思った。



42: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:37:04 ID:SZrTSpegL

架純ちゃんの乳首を触らないでいると、
「コーくん、おねがい触って・・・??」
「どこを?」
「おっぱい・・・」
「おっぱいは触ってるよ、今。どこ触ってほしいの?」
「・・・わかんない」
「どこ?」
「・・・」
「じゃあ触れないよ、分からないないから。」
「・・・ちくび・・・」
みたいな。



43: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:38:15 ID:SZrTSpegL

乳首を触ると反応がこれまでとまた変わって、声が少し大きくなった。
ずっと顔を背けながら、呼吸が荒く乳首は固くなっていく。
たまらなくなった俺は乳首を舐めてみた。
いきなり大げさな音を出して吸ってみると、
「んっ・・やだ・・・恥ずかしいよ・・・コーくんっ」
とまた顔を赤くするので、飲んでなかったら俺のチ○ポも限界だったなと思った。
その後も、色んな体勢でお腹や背中をゆっくり丁寧に舐めまくった。
だが俺には気になることがあった。



44: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:38:59 ID:SZrTSpegL

架純ちゃんはパンティーを履いていたのだが、
我慢汁でパンティーが濡れまくってもっこりしてはいるものの、一向に先っぽがパンティーから顔を出さない。
あんまり気持ちよくないのかなと少し不安になりつつも、
パンティーの中に手を入れると、
小さいチ○ポがもうギンギンのビッシャビシャですよ。
あまりにビシャビシャだったから、それを使っていきなり亀頭をぬるぬる触った。
「だめ、いっちゃう・・・」と言って手を押さえてきたから、たまらずもっとグリグリ触った。
押さえようとしても無駄ですよ、こちとら昔とは言え柔道で鍛えた腕ですもん、
そんな二本まとめて折れそうな君の腕では押さえられるわけがないんです。



46: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:41:53 ID:SZrTSpegL

とか興奮しながら触っていたら、
「・・・や、やだ・・・出ちゃうぅ・・・」と言ってイってしまった。
手にかかりまくった大量の精子を架純ちゃんに見せた。
「すごい出たね。ずっと出してなかったんじゃない??」
と言うと、呼吸が整わない架純ちゃんは何も答えずに、赤くなった顔を背けてちょっと震えていた。
やばい、超かわいい。いかせてしまったが、ここからさせてくれるんだろうか?と思い、
「どうする?」と聞くと、手だけ洗ってほしいと答えた。
聞いた話だと、人の精子は愛おしいけど、自分の精子は大嫌いらしい。
そんなものを目の前に持っていって見せてしまったのか俺は。



47: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:42:23 ID:SZrTSpegL

すぐに手を洗って架純ちゃんのパンティーを脱がせて身体についた精子を拭いた。
すると架純ちゃんは嬉しそうにありがと、と笑って手にキスをしてくれた。
またたまらなくなった俺は、架純ちゃんのお尻を解しにかかった。
賢者モードになってないか心配だったが杞憂だったようで、触るとすぐにまた喘ぎだした。
アナニーもだいぶしていないということだったので、指が三本入るまで相当な時間をかけた。
普段なら面倒くさいだけだが、架純ちゃんなら何時間でもしてあげたいと思った。



48: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:43:19 ID:SZrTSpegL

指で前立腺を刺激しながらフェラしようとすると、
架純ちゃんが「架純が舐めたいです・・・舐めさせてください・・・」とお願いしてきた。
急に敬語!?
まぁ、会ってからずっと、この子はMだなと思っていたのでこっちもそういうモードに入った。
「架純、チ○ポ大きくできる?」と言いつつパンツを脱ぐと、
レビトラ効果でこれ以上ないくらいガッチガチのチ○ポが現れた。
「もうおっきい・・・え、すごい・・・」
自慢させてくれ、俺の武器は長いベロと19cmのムスコなんだ。
俺のチ○ポをゆっくり愛おしそうに舐めはじめた架純ちゃんを思い出すだけで、ふぅ。
舐める体勢もちゃんと分かってる、女豹っぽい感じというか・・・上目遣いで手を使わないで舐めてくる。
焦らしを今度は架純ちゃんがする番なんだなという思いと同時に、
ここで主導権を渡したらMの架純ちゃんに失礼だと思った。



49: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:44:04 ID:SZrTSpegL

「何で勝手に舐めたの?まだいいって言ってないのに。」
と言うと、架純ちゃんは泣きそうな顔でごめんなさいと言ってチ○ポを口から離した。
そんな顔に今日100回目の欲情に駆られた俺は、
「口、開いて。そのまま動くなよ。」
と言って、反応を見ながらチ○ポを口にねじ込んだ。
ギリギリ怒らないところまでいじめたくなったんだ。
ゆっくり奥までストロークする。
奥まで行くと、架純ちゃんがえづく。
でもそのまま奥の方で小刻みに腰を動かした。
しばらく、えづきながら逃げようとする架純ちゃんの顔を抑えながら動かし続けた。
「もうやめる?なら挿れてあげないよ?ほらさっきみたいにこっち見てて。」
と顔を上げさせると、架純ちゃんのほっぺたに涙がつたっていた。
ごめんよぉぉぉぉぉ!
可愛い顔を汚しちゃったよぉぉぉぉぉ!



50: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:44:35 ID:SZrTSpegL

努めて冷静を装いながら、
「涙出ちゃったね、舐めるのはもういいね、ごめんね。」
と頭を撫でながら言うと、架純ちゃんが涙拭いながら鼻声で
「もっと舐めたいです・・・」
もう一回言う、イエスマンで頑張ってきてよかった。
「また俺の好きにするよ??」
と言うと架純ちゃんはまた少し照れたように微笑んで頷いた。
あー可愛い。



51: 名無しさん@おーぷん 2014/05/05(月)23:44:44 ID:TtUEdJRDA

見てるぞー



52: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:45:55 ID:SZrTSpegL

>>51
お前いいやつだな。ケツ貸せよお願いします。




それから20分くらいは舐めさせた。
もともと遅漏の俺は、レビトラと酒の効果でさらに遅漏になるのを知っていたからだ。
舐めてる間、様子を見ながらずっと言葉で架純ちゃんを責めた。
「こんな大きいチ○ポ、架純の小さいマ○コに入るかな?」
「そんな顔で舐めるんだ?チ○ポ大好きなんだね、エロい子だ。」
「こうやって口を無理矢理犯されてそんなに濡れてるんだ、へぇ。」
嫌な顔されたら、すぐにでも鉄板土下座するくらいの気持ちで、賭けた。

してる間中、架純ちゃんは勃ちっ放しだったから、多分成功だったんだと思う。
最後に思いきり喉の奥まで堪能したところで、
むせている架純ちゃんの顔まで行って、「どうしてほしい??」と聞いた。
ここでビンタされたら笑えたんだけど、
また舐めてきて「ほしいです・・・挿れてください・・・ガマンできないよぉ・・・」
と泣きそうになっているのを見て、
ソッコーで正常位の体勢にした。



53: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:46:40 ID:SZrTSpegL

ただ挿れるのも味気ないし、レビトラ効果で萎える心配も全くない。
となると、やっぱりやってみたかったひたすら亀頭をアナルに擦りつけてなかなか挿れないやーつ。
身体がもじもじと動き、物欲しそうな顔で見つめてくる架純ちゃんに内心すぐにでも挿れたくなったが、
俺はこの状況を楽しむことにした。
「架純の小さくて入らないよ。自分で広げてみて」
「・・・イヤ。恥ずかしいからそれはイヤなの。」
これマジなやつだ、雰囲気が。
調子乗りましたすみません。
「じゃあ、ゆっくり挿れるよ?痛いときは言って」
メリメリと俺のチ○ポが架純ちゃんの中に入っていく。



54: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:47:31 ID:SZrTSpegL

亀頭だけ入ったところで架純ちゃんを見ると、
また顔を背けていたので手でこっちに顔を向けると、少し苦しそうな顔をしていた。
「大丈夫?やめとく?」
「こんなおっきいの初めてだから・・・でもだいじょぶ」
とまた微笑むので、俺は愛おしさのあまりグイッと腰を動かしてしまった。
いきなりチ○ポが半分くらい入ってしまい、
衝撃にのけぞりながら言葉にならない言葉を発する架純ちゃん。
身体がまた震えている。
ごめん可愛くてつい、と言って、
そのまま架純ちゃんに挿れたままずっと抱きしめてた。



55: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:48:02 ID:SZrTSpegL

抱きしめてる間中ずっとアナルがヒクヒクしていたが、
身体の震えは大分おさまってきた。
「・・・もうだいじょぶ。動かしても・・・。」
と架純ちゃんが言うので、ゆっくり少しずつ奥まで挿れた。
奥に行けば行くほど、架純ちゃんはいい表情をした。
切ないというか、艶っぽいというか。
これは後でもっと堪能すべきだと思って、
3/4くらい入ったところで全部入ったよと言ってみた。
架純ちゃんは、安心したように小さく頷いた。
何回でも言おう。可愛すぎ。
今までやったどんな女の子よりもずっとずっと可愛いんだ、ホント。



56: 名無しさん@おーぷん 2014/05/05(月)23:48:19 ID:mvoowy09m

ふぅ…



57: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:50:25 ID:SZrTSpegL

>>56
早っwwwwwwwww



騎乗位では頑張って動くものの、途中で力が抜けて俺の胸に倒れこむような体勢になったので、
そのまま抱きしめて容赦無く下から緩急つけて突き上げまくった。
もちろんずっと褒めながら。
バックでは少し慣れてきたのか、強めに腰を振ると
イヤとかやめてとか壊れちゃうとか言っていたが、
どう見てもイヤそうではなかったので腰を振り続けた。
すると「変になっちゃ×△○!」と思いきり叫んでピクピクしだした。
さすがにビビった俺はチ○ポをぬいて架純ちゃんをゆっくり仰向けにすると、
架純ちゃんの小さいチ○ポから、ガマン汁か何かわからないけど、透明な液がダラダラ垂れてた。
これがトコロテンってやつか・・・。



59: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:53:17 ID:SZrTSpegL

「エッロ・・・」と思わず言ってしまって、絶え絶えの呼吸で見ないでおねがいと懇願された。
そんな状況が急に俺のオーガズムを近づけたらしく、そろそろイキそうだなと思った。
正常位に戻り、さっきとは違い早く強めに突いていると、
架純ちゃんはキスしてと言って顔を両手でそっと触ってきた。
キスしたものの、もはや架純ちゃんに舌を動かす余裕はなく、
俺が一方的に舌を入れるみたいな感じになった。
声も「あっ・・・あっ・・・」という、喘ぎよりは呼吸に近いものだった。
すると突然、架純ちゃんが「ごめんなさいぃぃぃぃ」と小さく言った。



60: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:53:55 ID:SZrTSpegL

俺のお腹に生温かい感触が伝わって、下を見るとまたイッてしまったみたいだった。
ごめんなさいにちょっとビックリしたが、ごめんなさいて可愛いなと思うと、
俺もすぐにイキそうになった。
「架純、俺もイク・・・はっ・・・はーーっん!!!」
「お口に・・・ほしいのっ・・・」
オッケェェェェェ!!!
アナルファァッカーー!!
どぴゅどぴゅどぴゅーー!!!



61: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:54:25 ID:SZrTSpegL

3日分の精子を架純ちゃんの口に出しまくった。
そのまま架純ちゃんは俺のチ○ポをしゃぶると、
残りの精子も全部吸いとって飲んでしまった。
終わって最初の一言が、
「ありがと、コーくん優しいから安心してエッチできたよ、ありがと」
だった。
ごめんな、イラマとかして。
自分が憎い。



62: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:55:05 ID:SZrTSpegL

俺は全く賢者になることなく
ピロートークをしながら、
架純ちゃんのワガママなところを見せてほしいとお願いした。
すると架純ちゃんの奇妙なワガママっぷりが発揮されるのである。



63: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:56:36 ID:SZrTSpegL

テレビは可愛い子がいっぱい出てて、我に返りそうだから見ないで。←可愛い。
これからもう一回、エッチして。←むしろしたい、レビトラ飲んだおっさんなめんな。
この世でEXILEほどどうでもいいものはない←分かる
明日の朝は、お化粧が終わるまで絶対に起きないで。←どうせ化粧薄いし、いま汗と涙でほぼすっぴんですやん。
一時間に一回はちゃんと手首まで手を洗って。←風邪をひいて死にそうになってから、自分も他の誰にもひいて欲しくないらしい。
架純が寝るまで身体とあたまに触れてて。←とても萌える。
ゴーヤのカーテン作りたい←この前誕生日だったようなので、プレゼント何がいいと聞いたら。
ハーゲンダッツを買うくらいなら、セブンのフローズンマンゴーを買うべき。ちなみにフローズンブルーベリーを単品で食べる人は信用できない←知らんがな
帰るまで、外では必ず手を繋いでほしい←帰るとかいう単語言うな



64: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:58:07 ID:SZrTSpegL

それからずっと話していると、架純ちゃんが意外と不思議っぽいところがあることを知った。
地デジになってからアンテナを揺らすとテレビの映像がどうなるか知りたくて、
ベランダから必死に物干し竿を使ってアンテナを揺らしたものの、
振り返って確認しようとしたらベランダからテレビが見えなくて悲しかった。
とかそういう類の話は掘れば掘るほど出てきた。
話を聞いているうちに、架純ちゃんの全てが愛おしくなって、
一回り以上も違う男の子に、恋をしたんだなと思った。
二回目のセクロスの後、約束通り身体と頭に触れてベッドに入ったら、
架純ちゃんは安心したようにすぐに寝息をたてていた。



65: ◆uutOPdylChac 2014/05/05(月)23:59:33 ID:SZrTSpegL

次の日の帰り際に、手を繋ぎながら朝ごはんを食べるためにカフェに入った。
テラス席で、一緒にいて楽しかったか聞いた。
「すっごく。」
「なら付き合ってほしい。」
「ワガママ、昨日はまだお試し期間だもん、全然もっとひどいよ。
例えばいま付き合ってる状態だったら、このシフォンケーキをあーんして食べさせたいって言うよ??人が見てても。」
「断ったら?」
「喋らない。」
「へー。そんなもんなら別に、機嫌とるし。」
「頑固だよ??架純。だからコーくんも急がないで、ゆっくり考えて??
今だけかもしれないでしょ、付き合いたいって思うの。
だからこれ返す時まで、もうちょっと考えてみて。
返すときに何も言われなくても、架純は何も聞かないから。」
「分かった、駅まで送るよ。」
「だいじょぶ。ホントにありがとう。またね♪」
そんな感じだったと思う。
でも最初とは違う、もっと子供っぽく微笑んで架純ちゃんは行ってしまった。



66: ◆uutOPdylChac 2014/05/06(火)00:00:58 ID:ZVdLFjQvL

あまりに楽しい出来事が終わるとポッカリ胸に穴があいた様になるじゃん??
帰りの電車がまさにそれで、ボーっとしながら昨日今日を振り返っていた。
そしたらLINEが来たんだ、架純ちゃんから。
「カフェのお金払うの忘れちゃったごめんなさい。次に会うときにちゃんと払うね。いやっほぉぉぅぅぅ!」
それなの?と思っていたら、
すぐにふたつめが来た。



67: ◆uutOPdylChac 2014/05/06(火)00:01:31 ID:ZVdLFjQvL

「ありがと、コーくんに出会えてよかった。何でかは、もし付き合ったら教えるね。
だからゆっくり考えて??架純はコーくんのことが好きだよ。優しいとこも少しドジなとこも、ね?
ホントにホントにありがと。うぇぇぇぇい!」
最後にバイバイキーンのスタンプが送られてきた。
電車の中で三十半ばのおっさんが一人で泣きそうになってたわ。



68: ◆uutOPdylChac 2014/05/06(火)00:02:48 ID:ZVdLFjQvL

で、返却予定日までもう時間がないんだ。
おまいらに勇気をもらおうと思って・・・・・・



69: 名無しさん@おーぷん 2014/05/06(火)00:07:18 ID:Bmaw1HZwx

裏山しいと思って読み進めていたが、俺の元カノに似てる
超絶メンヘラの不思議ちゃん
顔はかわいい
こっちまで精神病みかけて振り切るように別れた
悪いことはいわん
やめた方がいい
今は盲目状態で聞かないだろうけど



70: ◆uutOPdylChac 2014/05/06(火)00:11:21 ID:ZVdLFjQvL

>>69
いやいやありがたいっす。
実際ふとしたところに底知れぬ闇を見たからちょっと怖くて。
失礼かもしれないけど、どういう別れ方したの??



71: 名無しさん@おーぷん 2014/05/06(火)00:17:17 ID:Bmaw1HZwx

>>70
なんだ完全盲目状態ではないんだな
さすが伊達に歳とってない
俺は遠距離で休みの日に彼女の方に会いに行くってスタンスだったんだけど俺が身の危険を感じて電話で振った
もちろんなかなか納得しなかったから半ば一方的にな



72: 名無しさん@おーぷん 2014/05/06(火)00:19:21 ID:Bmaw1HZwx

付き合ってる頃は肌は荒れるわ体重落ちるわ理由もないのにイライラするわ無気力になるわでひどかった
友達と遊んでる時も彼女の愚痴しか出てこなかったから今となっては申し訳なかったなと思う



73: ◆uutOPdylChac 2014/05/06(火)00:22:32 ID:ZVdLFjQvL

>>71
意外と冷静な部分あるよねこの歳ってwwww
そうなのかー、よく押しかけてこられなかったなー。
まさにそういうところがちょっと怖いんだわ。
やべぇ考えだしたら眠れない・・・



74: 名無しさん@おーぷん 2014/05/06(火)00:30:13 ID:Bmaw1HZwx

>>73
まあこんなこと言うと無責任だしその子にも失礼だけど一回付き合ってみたら?
多分これでオサラバっつってもあんたも悶々とする日々を送ることになるだろうし飽きるまで抱けばいいんでない
疲れ果てたら別れればいいんだよ、それもまた一つの恋愛
そして俺にその子抱かせてくれ



75: ◆uutOPdylChac 2014/05/06(火)00:40:05 ID:ZVdLFjQvL

>>74
すごく核心つかれてる感じ、それがベストだよね。
リサイクルって言うと語弊があるかもしれないけど、
「情熱的に」誰かに依存する人はヤドカリみたいに安住できるところを変えていけばいいと思うんだよ。
ずっとそのままなんて最初から決めつけない方がその人の世界は広がる気がするんだよなぁ悪い意味じゃなく単純に。
架純はやらんけどwwwww



76: 名無しさん@おーぷん 2014/05/06(火)00:42:28 ID:Bmaw1HZwx

うむ
がんばれよ!
またエロエロなことがあったら濃厚に描写頼む
そして俺もそんなかわいい子と出会いてえよ



77: ◆uutOPdylChac 2014/05/06(火)00:46:41 ID:ZVdLFjQvL

>>76
あんた大丈夫だろ、普通に口説けそうな気配ぷんぷんしてるもんwwww
濃厚にか、分かった次は期待に添えるよう頑張ります!
ありがとうねー!



◆関連記事

僕が初めて女装してハッテンバへ行った時の話を聞いてください

俺の女装子とのセクロスの話

【画像】女装してるから30レスついたら何かうpる
 

おすすめ記事リンク!