1: 名無しさん@おーぷん 2015/01/26(月)23:01:27 ID:1Nr

壁ドンの意味って今全然違うよね
書き溜めてないしお酒グビグビだよ



2: 名無しさん@おーぷん 2015/01/26(月)23:02:20 ID:0Hw

ドン!



3: 名無しさん@おーぷん 2015/01/26(月)23:03:27 ID:1Nr

>>2
まぁそれをされていたのは私なのだが

専門学校からとある地方大学に編入した時にあった話さ
まぁ暇つぶしだと思って聞いてくれ



転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1422280887/l50




4: 名無しさん@おーぷん 2015/01/26(月)23:07:35 ID:1Nr

専門からとある大学に編入した俺は当初の問題として住むところに悩んでいた
不動産屋を回ろうかと思っていたが専門学校に講師として来ていた編入先の講師が管理している寮を紹介してくれた
家賃も安いし大学の隣といっていいほどの近場だったから喜んで入居を決めた



5: 名無しさん@おーぷん 2015/01/26(月)23:15:01 ID:1Nr

一つ誤算だったのはそこに女性しかいなかったこと
別に女性の相手ができないわけではないが徒党を組む女性なんかと関わるのは嫌だった。
入居先のJDが正にそんな感じであった。紹介してくれた先生が女性だったことや学科的に女性が多かったこともあったから仕方ないと半ば諦めた。
なによりこれ以上入居のことで手間取ると入学式等に間に合わなくなることもあったから俺は止む無くそこに住み始めた。

寮だった建物を改装したため玄関ホールで靴を脱ぎ部屋にあがるといったものだった(じゅうたんみたいな廊下)
俺の部屋は空いていた角の部屋で大学側にあり、他の部屋にはない庭部分のガラス戸のほかに横窓もあった(大学が見える)
間取りは六畳だけどキッチンは独立しててバス・トイレも別だった。家賃も結構安かったのは大学の先生で管理をしていたからと聞いたがあまり興味はなかった



6: 名無しさん@おーぷん 2015/01/26(月)23:23:18 ID:IkX

なるほど続けて



7: 名無しさん@おーぷん 2015/01/26(月)23:24:11 ID:1Nr

俺のほかに住んでいたのは女性7人、オレ含めて八人だが1階と2階でタイプが分かれていた。
1階に住んでいたのはやんちゃでビッチ感漂うJD3人、二階に住んでいたのは真面目やムードメーカーなタイプ
先生が意図してこうしたのかどうかは分からないが1階と2階のJDでの交流はそんなになかった

玄関ホールで他のJDに会うことはあるが見た目がいかつく目もパッチリしていた俺は不審にみられていたらしく
「ちっす」と体育会系のノリで挨拶するとビクッとしながら挨拶を返されていた。但しそれは二階のJDの話
一階のJD三人は正に三者三様で無視か覇気のない挨拶か、「よっ」と返すかのどれかだった。

女性だらけの場所に男が来てしまったのだからあまり歓迎はされないだろうと諦めはついていたし
「これでいいかな」と気にせず過ごした。
現にそから一年間は特に何もなく、俺もサークルやバイトでアパートにいない時間が増えたため関係をどうにかしようとか下心を出そうとか思わなかった。



8: 名無しさん@おーぷん 2015/01/26(月)23:28:57 ID:IkX

ふむふむ



9: 名無しさん@おーぷん 2015/01/26(月)23:30:58 ID:0Hw

なるほど







分からん



10: 名無しさん@おーぷん 2015/01/26(月)23:31:17 ID:IkX

おいww



11: 名無しさん@おーぷん 2015/01/26(月)23:31:46 ID:1Nr

編入生からの大学だったため認定単位が少なく科目はフルでとっていたしバイトも重なってアパートには寝るために帰っていたようなものだった。
ただそれだけじゃなくアパートにいたくない理由も増えた。隣のJDが無視をする奴でなかなかのビッチだった。
男と酒盛りなんのその、ひどいときはセクロスの喘ぎ声まで聞こえてきた。俺が少しPCから音を漏らすとそれだけで壁ドンしてきた。
一階のJD全員と男たちと酒盛りをしたときは何も音を出してないのに壁ドンをされた。どうせこんなのばかりなんだろうと諦めてたし、部屋にあまりいないから何も言わなかった。
何よりこれだけの住みやすく安い物件を手放したくなかったってのもあった。

ある時、夜中に帰宅すると酔った男にからまれた。ラグビー部の同じ学年の奴だってすぐわかった。
あの女の部屋で酒盛りをしていて酔ったままコンビニに買い物にいくつもりだったらしい

「なんだテメー!ここは女専用だぞ!」

と叫びながら髪をつかまれ下駄箱に叩きつけられた。



12: 名無しさん@おーぷん 2015/01/26(月)23:36:05 ID:IkX

なんというクソ野ろう
そいつだって男のくせに



13: 名無しさん@おーぷん 2015/01/26(月)23:38:59 ID:1Nr

ラグビーやってる人の体格って分かる?マジでムキムキ
但しそいつはどっちかいうと細いほうだった。

自分も昔は素行がよくなかったからなのか「(あ、こりゃあやられるな)」と覚悟はできていた。
顔の左側を盛大に下駄箱にぶつけられるメガネが落ちた。拾おうと思っても相手は髪の毛を離さない

「んだオラァhkshjふぃhdしfじ;へうぇhどk」

もう何言ってるかわからないしパワーバカほどめんどいものないなぁと意外と冷静だった。
冷静に金玉にアッパーした。

うん、冷静じゃないかこれ



15: 名無しさん@おーぷん 2015/01/26(月)23:45:11 ID:1Nr

切れてました。ただ単に切れても大声あげないので無口なまま

私は私で古い下駄箱の破片が尖がっていたため顔を切って血を流していたし相手は相手で金玉までは鍛えられないので悶絶してた。
騒ぎを聞きつけた一回の女共と男、さらには二階の住人も降りてきた。

一階の連中も二階の連中もどうしていいかわからなかった。
うめきながら悶絶する屈強なラグビー部を見下ろす私、はたから見たら俺が何かやらかしたかといわんばかりの光景だが、私は顔から血を流していた

流石にまずいと思ったのか、それとも私に絡んできたのが問題起こすやつだってわかっていたのか?1階組は男をかかえて部屋に退散
二階組は「あの・・血」と私に声をかけてくれたが私は私で冷静になって迷惑をかけたくなかったので

「ああ、大丈夫ですよ、擦り傷みたいないものですから」

と一言いって部屋に戻った。



16: 相反するインキュベーター◆d1bIho9adc 2015/01/26(月)23:47:19 ID:yM2

女だけの寮に男一人編入とかエロマンガ



23: 名無しさん@おーぷん 2015/01/26(月)23:58:34 ID:1Nr

>>16
入った大学、学科的にも女が半分以上
加えて紹介してくれた先生がその学科の人だったからね>>18



21: 名無しさん@おーぷん 2015/01/26(月)23:52:02 ID:1Nr

部屋に戻って怪我を鏡見ながら治療し、その日はそのまま寝ようかと思ったけど友達の家に転がりこんだ
渦中の男が隣の部屋にいるわけだから
友達に相談したら「いや、先生に言えよそれ」と言われた。が、これがこじれて住めなくなるのは嫌だったし明確に報復でもされないかぎり何もしないと決めた。
折角、大学まできてそんな問題で親に迷惑もかけたくなかったし、殴られるのは慣れている部分もあったから

なにより編入生という既存の学生より少ない期間で卒業に向かわないといけない立場だったので問題を大きくしたくなかった。
これが分岐路だったのは後々身を以て知ることとなる



23: 名無しさん@おーぷん 2015/01/26(月)23:58:34 ID:1Nr

数日後、大学の学食でカツカレーをモリモリ食べながらノートの写しをしていると後ろから話しかけられた。
あの時、私を殴ったラグビーくんだった(以下ラグビーくんと名称)

「あの・・すいませんでした」

見た目細マッチョで柄も悪そうなのに開口一番に謝るラグビー君に面食らってカツを床に落としそれに涙する私

「ああ、いや、俺もやっちゃったしね」
「あの・・」
「はい?」
「自分・・なにをしたんですか?」
「!?」

よくある話、ラグビー君は強いお酒を飲みすぎて記憶がなく、後から自分が喧嘩をしていたと聞かされたそうだ。
状況を聞かされた際に相手の顔から血が出ていたと聞いて青くなっていたそうだ。ところが謝罪しようにも私が捕まらない(友達の家ハシゴしたりネカフェでレポートやってたから)
そしてようやく今日、学食で私を見かけて声をかけたそうだ



26: 名無しさん@おーぷん 2015/01/27(火)00:10:13 ID:8DY

とりあえず事のあらましをラグビー君に話した。私と彼との間で何があったか、そしてなぜ私があそこに住んでいるのか
全てを話したうえでラグビー君は再度私に謝罪してきたが「子どもできなくなったらゴメンネ」と私も謝った。ラグビー君はそんなことないですよと笑っていた。

あの夜のことは酔っていた上での突発的なことであったし、お互い手を出してしまったから両成敗で水に流すことになった。
私があそこから追い出されたくないから問題にもしないという立場も彼は尊重してくれた。
私はそこからあの部屋の女、もといあの寮アパートの一階の女性メンツについて聞いた。接触を断ち完全なガラパゴスな状態だった私には情報源がなかった。
なぜあそこまで酒盛りをするのか?そもそもどんな連中なのか?私はなにも知らなかったからだ。興味本位であったのも否めない
ラグビー君の話をまとめると

・1階メンツの部屋が奥にいくほどビッチ度があがる(一番奥が私の部屋)
・特に私の隣の部屋の女は体育会系どころか他大学の奴ともズブズブ
・危ないお薬やってる
・教授に色仕掛け
・合コンあたりまえ
・酔えばどの部屋の女の子もいける
・二階面子は一回の連中と同じような目で見られるの嫌っている
・一番奥がビッチ度最高ならあの男(私)の穴は名器なのでは?←冗談まがいの噂が広まりホモ扱い

ということになっていた



28: 名無しさん@おーぷん 2015/01/27(火)00:12:28 ID:KMX

ホモ扱いwwww



31: >>1◆CKdSPqJzM2 2015/01/27(火)00:26:52 ID:8DY

>>28
同学年の人達の関わりはあれど実は他学科のほうが知り合い多くて俺のことを知る人が少なくてな
ホモ扱いも後日サークルや友達を通して無くなったw



29: 名無しさん@おーぷん 2015/01/27(火)00:15:48 ID:n1E

うわぁ とんだ災難



30: >>1◆CKdSPqJzM2 2015/01/27(火)00:20:34 ID:8DY

ID変わっちゃった・・

私に対しての噂は冗談まがいでいいが、とりあえず私と同じ階に住んでるいるのはいろんな意味でやばいのばかりだと知った。
ただ一番手前に住んでいる(ビッチ度1レベル)のギャルはそこまでひどくないしあまり私のことも嫌っていなかったという話も聞けた。
他の二人はタイプじゃない男には知り合いでなくても罵詈雑言や誹謗中傷あたりまえの女のため私が目障りだといっていた。

というより女性寮に男がいるのが気に食わないらしい、いやお前らのもんじゃないだろこことツッコミたかったが
ラグビー君はその日先輩二人とその部屋を訪れていたそうだが、もちろん下心あっての行動だったそうだ。
結果的に俺とのいざこざがありできなかった。後日、その時に来ていた先輩はギャル二人とはやったらしい
手前ギャルはビッチっぽいしビッチな部分もあるがガードが固くできなかったそうだ。



31: >>1◆CKdSPqJzM2 2015/01/27(火)00:26:52 ID:8DY

ラグビー君から貴重な情報を手に入れることができた。最後に私はラグビー君に

「そんなビッチが子供の教育(学科的に)携わろうとしてるの?」

「世も末ですね」

「いや、下心あったでしょキミ!w」

割と冷静なコメントされて「うぉい」と心から思ってしまった。
情報は得た。が、特別何かをしようとは思わなかった。寮アパートにいる時間は短いし、ビッチの相手なんてごめんだ。
特にタバコが嫌いだった。隣の部屋の女は壁ドン、大声、さらにはタバコと嫌なものだらけだった。
あまり触れず学生生活を送っていこうと思いそのまま生活を続けた。
ラグビー君とは後日一緒に心霊スポットにいっておしっこを少し漏らした。



32: >>1◆CKdSPqJzM2 2015/01/27(火)00:32:10 ID:8DY

事件から二か月経ち、何事もなく日々は過ぎていった。
いや、相変わらずの壁ドンや男との酒盛りはしていたがもうそれが日常と割り切っていた。
この頃から一種の悟りを開き気にしなくなっていた。手塚治虫の「ブッダ」は偉大だった。

さらに三か月、半年近くもたつと隣の人とは誰ぞや?という境地に至った。
もはや視界には入らない、このまま私の大学生活は続いていくのだと思っていた。

そしてあの日がきた



33: >>1◆CKdSPqJzM2 2015/01/27(火)00:39:53 ID:8DY

その日私はバイト先の居酒屋(個人経営)の店で目まぐるしく働いていた。
別学科の教授が私のバイト先の話を聞きつけゼミの打ち上げを頼んできていたからだ。
一つの間を貸切飲みまくる教授と生徒
ゼミ生の中には私の知り合いもいたため予約→開催まではすぐだった。

誤算があるとすればみんな飲兵衛で飲み放題+大人数ということだった
案の定飲み潰れる生徒、そして酔って語りだす教授

ただただカオスな現場がそこに広がっていた。ズボンを脱ぎだしたゼミ生を蹴り上げるバイト定員(私)がそこにいた。

ゼミ飲みということもあり1時前には終わった。その後2次会にいったそうだが、そこまでは知らない
私はくたくたになりながら食器等洗いながら掃除を続けた。しかしシーズン的に客がたくさん入る時期だったのでバイト連荘で疲れ切っていた。
すると店長が今日はもう帰っていいと私を帰してくれた。元々他のバイトが抜けた穴を補填していたこともあったし客を呼んでくれたからサービスとニコニコしていた

賄の焼き鳥を持ち帰り、私は愛車の自転車サンタモニカ(ビーチクルーザー)で帰路についた



34: >>1◆CKdSPqJzM2 2015/01/27(火)00:47:10 ID:8DY

居酒屋から家まで30分
ゆっくりいってもさほど時間は変わらないため私はゆっくりとふらふらしながら自転車をこいでいた。
すると途中で警官に呼び止められる。よくある自転車検問だった。

「ちょっといいかな?それ君の自転車?」
「あ、はーい・・そうです」

疲れ切っていた私はゆるい返事で返すと警官の顔が少し眉をひそめた

「君大丈夫?お酒飲んでるの?」
「あ、いや居酒屋のバイトで疲れてるんですよ」
「ふーん」

疑いの眼を向ける警官はとても若く、後からわかったことだが勤続一年目の若手だったそうだ。
私の動向がおかしかったため疑いをかけていたようだが、今にして思えば薬でもやってる人と勘違いされたのかと後から思った。
警官は二人いて、もう一人は年を取ったニコニコ笑顔の老練な人だった。その人は先に止めた自転車の対応をしていた。

「じゃあこれ照会していい?」
「あ、別にいいですよー」

自転車取締警官につかまると否応なしに照会されるからやましいことのない俺はそのまま照会OKといいガードレールに腰をかけた。



35: >>1◆CKdSPqJzM2 2015/01/27(火)00:56:57 ID:8DY

自転車が自分のものなのは確かだから別に慌てることなく座して待っていた。
すると照会した若手の警官がさらに疑うような目でこちらを見ながら無線対応をしていた。無線が終わるともう一人の警官に話にいった。
私は不思議だった。いつもならここで「あ、OKです」と言われ解放されるのに何かおかしい 若手(以降、若手と名称)がこちらにくる

「君の身元確認できるものもってる?」
「ふぇ?ああ、免許書ありますよ」

私はなにも考えることなく免許書をとりだし警官二人に見せる
すると若手はさらに鋭いまなざしでこちらを見る。というかほぼ見下しのようにこちらを見る。
なにやってんだコイツ?と思っていると老練(以降、老練と名称)の警官がニコニコ笑顔で私の所在を口頭で確認してくる。
ただし作り笑顔とかでなく自然体な感じで取り調べ的なことをしてきた。
後で思ったことだが経験豊富な人になると喜怒哀楽から声のトーンまで悟られない技術はすごいと感じた。

「君の住所はこれでいいのね?」
「あ、はい」
「名前もか!」

若手のほうがぶっきらぼうに声を荒げて名前のことを聞いてきた。ちょっとムッとした。

「ああ、親からもらった名前ですから」

と嫌味っぽく返した自分が大人げなかった



36: >>1◆CKdSPqJzM2 2015/01/27(火)01:06:10 ID:8DY

「君ちょっと来なさい!」

若手が私の手に手を回す。

「なんですか!?自分の自転車ですからこれ!」
「いいから君ちょっとそこの交番まで来なさい!」

若手は何かを疑っているのはバレバレだった。老練な人は最後までニコニコ対応だったが
少し強引な若手に老練は若手を制止し、一旦その場を離れて二人で話していた。私はそのまま待った。
二人が戻ると老練さんから

「悪いね、少し嫌な思いをさせてしまった。まず誤解をとこう。これは君の自転車だ。」
「じゃあなんなんですか?きてほしい要件ってのは?」
「君がこの免許書や情報通りの人間であるならある件に深く関わっている可能性があってね。そのことを聞きたいと思っている」
「・・疑いってことですか」
「気を悪くしないでほしい、でも君に何か不都合なことはある?聞かれたくないこととか?」
「ありませんよ。ああ、一つありすますね。その人(若手)の対応ぐらいは」
「それについては詫びよう」

そう言って老練は若手に謝罪をさせた。
私はそのあと近くの交番に連行される形で連れて行かれた。
そこの交番は彼等が務めている勤務場所ではなく、さらに別の警官が二人いた。私を連れてきた二人は奥でその警官と話を始めた。
私はイラッとしたのでその場で焼き鳥を食べ始めた。



37: >>1◆CKdSPqJzM2 2015/01/27(火)01:14:02 ID:8DY

私は素行こそ悪かったが犯罪までする人間じゃなかった。だから着いていくことに何ら問題もなかった
とりあえず焼き鳥をムシャムシャして警官を待っている4人は奥から出てきて私に質問を始めた。

「○○○(女性の名前)を知っている?」
聞きなれない名前だった。同じ名前の別学科の生徒を知っているが彼女ではなかった。苗字が違う
「今日何をしていた?」
大学が終わりバイトに直行、予約が入っていたので18時にはバイト先にいた。終わって帰っている途中にこの二人に止められた。
「なぜ止められたと思う?」
そこの若手が俺の自転車を盗品かなにかと決めつけてずっと見下すような目をしていたから。自分が間違っていてミスを認められないんじゃないの?
若手に更に睨まれたが、ムカついていたこともあったので言い放った。
「君が今日何をしていたかを証明できる人はいる?」
バイト先の店長、この時間ならまだ店で片づけしてるか飲みにいってる。
「夕方からずっとバイト?」
してたからこの時間に帰宅、店長に電話を繋げ話してもらう。まだ店にいたため、店近く交番から警官に出向いてもらい確認もこの後とった

全て正直に答えると警官4人はまた奥に入り話をしていた



38: >>1◆CKdSPqJzM2 2015/01/27(火)01:22:49 ID:8DY

奥から警官がまた出てきた。すると老練さんが

「君、誰かと揉めた?たとえば女性とか?」
「彼女?ならいないよ。オレ編入生で余裕ないし」

私はそのまま大学に入ってからの経緯と自分のとりまく状況を話した。警官は4人はお互いに顔を合わせる。
じれったくなった私はそのままつっこんで核心を聞いた。

「俺が何の疑いでここに連れてこられたんですか?」

警官4人は困った顔をしていたがそこに若手が口を開き

「君の同じアパートの住人が襲われた。君の隣の部屋の娘がね」
「は・・?」

もう何か頭がフリーズするってこういうことなのか一瞬思った。思考が戻ると俺がその犯人ということ?と思い更に謎がふかまった。

「いつの話ですか?」
「今日だ。夜の話だ」

そんなわけないと思った。自分はバイトもしていたしアリバイだってある。ただただ女性だらけのアパートに男が俺一人なだけ
正直そこはアチャーと思ったが、何もしてない以上ひるむ理由はなかった。
自分がその犯人に疑われるのは心外だが、身の潔白を証明するしかなかった。警官と話を続けた。
すると現場のほうで何かあったらしく私と警官二人で現場に出向くことになった。わけがわからなかった



39: >>1◆CKdSPqJzM2 2015/01/27(火)01:30:22 ID:8DY

住み慣れた(?)とは言い難いが家に戻ると泣き崩れる隣部屋ビッチ
オドオドする二階組、泣いたビッチをとりまくビッチ2号、手前のギャルはその場にいなかった。
泣き崩れたビッチは泣いてうつむいたままだった。
私は警官に連れられ自分の部屋に通された。壁にぽっかり空いた穴、落ちている黒パンティー
空いた穴の瓦礫で潰れる唯一のガンプラ(にせガンダム)

最早わけがわからないが腕が折れたガンプラにショボンとした
改めて自分が何もしていないか現場に警官に問われアリバイを証明し、無実であることを訴えた。
なにより打ち上げをしていた別学科の教授と生徒たちに連絡がとれ、現場まできて証言してもらった。
もっとも、そうしなくても俺の無実は分かっていたそうだが、ビッチは俺が来る前にすべてを自供していたらしい



40: >>1◆CKdSPqJzM2 2015/01/27(火)01:36:30 ID:8DY

事のあらましは単純だった。
隣部屋のビッチは男を連れ込んでいたがそいつは手前部屋のギャルが狙っていた男だった
ビッチとその男がヤろうとしていた時にギャルがドアを開け修羅場になった。
ただしそこにビッチを狙っていた別の男が訪ねてきたため(まぁヤるためだったそうだが)よつどもえのヒートアップ
更に二人とも屈強なスポーツマンだったため荒々しく喧嘩になり、その過程に壁に大穴をあけた。住みやすいとはいえ築年数はそれなりのものをリフォームしていたからだ

冷静になった4人は手前ギャルが最初の男を連行して逃げていき、後からきた男も逃走したそうだ。
住めなくなることを懸念したビッチは穴からパンティーを投げ込み俺が以上性癖者で自分を襲おうとでっち上げたそうだ。
もっとも、いきあたりばったりの計画だったこともあり警官の質問でミスをしてそこからあれよあれよとバレてしまったそうだが



41: >>1◆CKdSPqJzM2 2015/01/27(火)01:43:41 ID:8DY

最初に俺を取り調べした警官たちはあまり俺を疑ってなかったらしい
見れば分かるって後から言ってた。若手は経験浅いし、やる気が空回りって老練な方が行ってた。

後日、隣の部屋は空き部屋になった。あんなことはあっても私はそこに住み続けた。
迷惑をかけたと隣部屋のビッチ母と父から転居先を工面する提案があったが断った。
うちの親も経験だって一言で終わった。内心「オイオイ」と思ったのは言うまでもない。

自分が住んだ環境が環境だから関係構築しないでガラパゴスにしていたことが裏目にでた一件だなと思い
それからは他の住人とも話すようにした。二階の住人もそれ以降は俺と関わった。
後から分かったことだけど先生がこの一件で住人同士のコミュニケーションを図ることを通達したらしい。俺にはなかったけど当事者だったからかな

ビッチは別のアパートに住んだが若干村八分されたらしいがすぐに別の関係を築いて大学生活を送り卒業していった



42: >>1◆CKdSPqJzM2 2015/01/27(火)01:57:47 ID:8DY

その後の話として一階住人とは酒を嗜むくらいの仲になった。
夜に一番手前のギャルが扉あけて酒もってくることもあった。
ビッチ2号は突撃までしてこなかったが、少しおとなしくなっていた。

事件からしばらく経ち二階の住人2人とギャルとで酒を飲んでいたとき事件の話になり笑いながら話した。

「逮捕寸前だったな」
「マジで勘弁してくれ!」

修羅場だったけど喉元過ぎればなんとやらであると思った。
自分の無実は証明されたし、さほど気にしてもいなかった。

ただ腑に落ちないこともあった。
事件当日、近く防犯カメラには少なくとも4人の男性が写っており、うち二人は渦中の者であったが残り二人は誰かわからなかったこと
そのカメラは私の住む寮アパートにむかうまっすぐの道の入口のため、そこに写るということは寮アパートに用事があったのではないかと推測された

ただビッチの広大な男性関係の一部であろうと問題にもされなかったが、事件からしばらくして空き部屋をノックすることがちょくちょくあった
夜中にノック音が聞こえるほうがある意味きつかった



43: >>1◆CKdSPqJzM2 2015/01/27(火)01:58:26 ID:8DY

さぁてgdgdやってたら酒も切れた
他にも色々あったが、それはまた別の話
今日はこれで寝ませうか



◆関連記事

さっき警察から帰ってきた俺が理由を話すスレ

男女での壁ドンの認識の違いがわかる漫画wwwwwww

3時間くらい隣人に壁ドンされ続けてるんだけど
 

おすすめ記事リンク!