1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/13(月) 00:03:04.209 ID:eBPpCEFN0.net

女騎士「新人、お前には拉致ってきたショタオークの見張りを頼みたい」

騎士見習い「別にいいですけど、なんでまたオークなんか連れて来たんスか。それもショタだなんて」

女騎士「色々あるのだ」

騎士見習い「最近どっかに卵産む母体でもいるのか、オークの集落が増えてるんスよ」

騎士見習い「ショタでもすぐ処分しないと、逃げられたら大変っス」

女騎士「だから色々あるのだ。お前が気にする事ではない。……ほら、こいつだ」ジャラ

ショタオーク「ううっ、お父さぁん」

女騎士「牢屋にぶち込んで、今晩私が迎えにくるまで頼んだぞ」

騎士見習い「今晩? 拷問でもするんですか?」

女騎士「……まぁ似たようなものだ。ではな」

騎士見習い「行っちゃったっス」

ショタオーク「お、お姉さん僕にひどい事するの?」

騎士見習い「自分はしないっスよ。いまの人がする見たいっす」

ショタオーク「僕、どうなっちゃうの?」

騎士見習い「それは分からないっス」



転載元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1436713384/




7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/13(月) 00:07:47.504 ID:eBPpCEFN0.net

騎士見習い「とりあえず牢屋に入るっス」

ショタオーク「ううっ、牢屋は嫌だよぉ」

騎士見習い「そんな事言ってもどうしようもないっす」

看守「なんだ新入りオークか」

騎士見習い「のようっす」

看守「まったく女騎士の趣味にも困ったもんだ」

看守「あいつのせいで本当は人間用の牢屋までオーク用になっちまった」

騎士見習い「オークをほかにも捕らえてるんスか?」

看守「あぁ、増えすぎだ」

騎士見習い「なんでこんなに増えてるんスかね」

看守「そりゃ女騎士のせいだ」

騎士見習い「どういう事っすか」

看守「あいつはオークの卵を産んで野に解き放ってる。だから集落が増える」

騎士見習い「」



8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/13(月) 00:10:50.090 ID:eBPpCEFN0.net

看守「なんだお前知らなかったのか」

騎士見習い「やばすぎるっすよ、それ」

看守「でも事実だ」

騎士見習い「上はなんて言ってるっすか」

看守「特に何も」

騎士見習い「国や街の平和の為にも、女騎士先輩をどうにかしないと駄目じゃないっすか」

看守「そう言ってもオークのおかげで兵士も仕事があるしな」

看守「へへっ、まぁいわばオークは必要悪なんだ」

騎士見習い「この国の闇をみてしまった」



9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/13(月) 00:16:14.335 ID:eBPpCEFN0.net

ショタオーク「僕は悪い事なんにもしてないよ!!」

ショタオーク「人間とも友好的にしようって、村のみんなも言ってたんだ」

看守「そうは言っても女騎士はかなり上の人間な上にオークを性的にやるのが趣味なんだ」

騎士見習い「」

看守「あいつ以上の変態は中々いない。というかそのショタオークもしかして女騎士のガキじゃねぇか」

騎士見習い「まさかそんな」

看守「オークはすぐに成長する。人間よりも何十倍も早くな」

看守「可能性はある。自分が産んだ卵から育ったオークとお楽しみとなれば最高に興奮しそうだ」

騎士見習い「ひどすぎる」

ショタオーク「お姉さん助けて!!」

騎士見習い「じ、自分にはちょっと荷が重いっす」



10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/13(月) 00:17:54.503 ID:swF/K75Bp.net

見習いも女かよ



11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/13(月) 00:22:21.951 ID:eBPpCEFN0.net

看守「大変だな新人お前もよ」

騎士見習い「ほかの国に行きたいっす」

看守「そう言うな」

騎士見習い「この国はおかしいっす」

看守「おかしいとしても、お前を国は手放さない」

騎士見習い「自分は見習いですから、代わりなんていくらでも」

看守「馬鹿お前、女騎士はさらにオークを増やす気をしている」

看守「母体も増やそうって思ってて、見習いは全員は母体候補らしいぜ」

騎士見習い「」

看守「強いメスから産まれたオークは強くなるらしい」

騎士見習い「……」

看守「当然お前もいつかオークの卵を産む母体になるわけだ。国が見逃すハズがねぇ」

騎士見習い「そ、そんなのイヤっす」

看守「イヤもクソもねぇ、これは義務なんだこの国の。恨むなら女騎士を恨むんだな」



12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/13(月) 00:28:44.383 ID:eBPpCEFN0.net

パンパン

騎士見習い「な、なんの音っすか」

看守「あっちで始めたか」

騎士見習い「何がっすか」

看守「こっちに来い」

騎士見習い「これは……ほかの先輩がた」


先輩「いやぁもうやめてぇ」パンパン

オーク「俺だって、俺だってやりたくねぇよぉ、けどやらないと殺されちまうんだぁ!」パンパン

先輩「いやぁあああ」パンパン


騎士見習い「……」

看守「あれがお前さんの未来だ」

看守「覚悟を決めておくんだな」



13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/13(月) 00:30:49.908 ID:s/gJxgoP0.net

オークさんかわいそう・・・



14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/13(月) 00:37:16.937 ID:eBPpCEFN0.net

騎士見習い「こんな事、心が痛まないんすか」

看守「俺だって痛むさ」

看守「必要悪って言ったが、本当のオークは心優しい種族なんだ」

看守「ただ、少しばかり外敵に荒々しいってだけでな」

看守「それもテリトリーに敵が入った時だけの話だ」

看守「俺だって、こんな事駄目だと思うが、しかし女騎士の権力は絶大だ。顔とスタイルは良いからな、王様もあいつの虜だ」

騎士見習い「そんな」

騎士見習い「自分は、自分はどうしたらいいっすか」

騎士見習い「こんなの間違ってるっす!」

看守「……お前さん見てると、俺の娘を思いだしちまうぜ」

騎士見習い「娘さん、っすか?」

看守「あぁ、あいつも騎士だったが、今はもう……向こうの牢でオークの卵を産む為に」

騎士見習い「看守さん……」

看守「チクショウ、チクショウ……おい、こっちに来い。抜け道教えてやる、逃げろ」



15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/13(月) 00:42:21.430 ID:eBPpCEFN0.net

騎士見習い「いいんすか?」

看守「あぁ、お前を見てたら、娘の事が頭から離れねぇ」

看守「娘は助けられなかったが、お前さんは助けてやりたい」

ショタオーク「ぼ、僕は……」

看守「お前もいたか。お前も……逃げろ」ガチャ

騎士見習い「牢屋の鍵を……逃がしたなんてなったら、看守さんの立場が」

看守「俺の事はいい、ただ、隣国にこの国の現状を伝えてくれ」

看守「この国は滅ばねばならないのかも知れない」

騎士見習い「ごくり」

女騎士「……早く仕事が終わったゆえに、ショタオークの元にはせ参じたかと思えば、これはどういう事だ」

騎士見習い「女騎士先輩……」

看守「ちっ……いけ!」バッ

騎士見習い「えっ」

看守「ここは俺が食い止めてやる!!」



16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/13(月) 00:47:18.465 ID:eBPpCEFN0.net

女騎士「なるほど」

女騎士「看守、貴様、新人に教えたな?」

看守「へっ、教えちゃ悪いのかい? 都合でも悪いのかい? 自覚あんじゃねぇか」

女騎士「口答えとは良い度胸だ」スチャ

看守「こう見えても俺は昔は強いって評判でな」

騎士見習い「看守さん、生きてて欲しいっす」

ショタオーク「あ、あの人怖いよぉ」

騎士見習い「一緒に来るっす!」

女騎士「どこへだ?」

騎士見習い「え?」クルッ

看守 首ポーン

女騎士「どこへ行こうと言うのだ?」ニコリ

騎士見習い「そんな……一瞬で」



17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/13(月) 00:53:10.846 ID:eBPpCEFN0.net

女騎士「どこへ、行こうと言うのだ?」

騎士見習い「あわわ」ガクガク

女騎士「はぁ、全く」

女騎士「まぁ良いだろう」

女騎士「看守のおそらくお前に伝えたことは、全て真実だ」

騎士見習い「ごくり」

女騎士「お前にはいずれオークの卵を孕んでもらうつもりだった」

騎士見習い「そんなこと」

女騎士「しかしバレてしまっては仕方ない。いずれではなく今よりその任を与えることにしよう」

騎士見習い「え?」

女騎士「そこのショタオークと交尾しろ」

ショタオーク「え?」

女騎士「私の見ている今ここで」



18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/13(月) 00:59:48.577 ID:eBPpCEFN0.net

騎士見習い「は、恥ずかしくないっすか!!」

女騎士「どうしたそんなに声を荒げて」

女騎士「生理か? なら都合が良いな。すぐに孕むだろう」

騎士見習い「そういう事じゃ――ひっ」

女騎士「私はあまり気が長いほうではない」ピッ

女騎士「やらぬのであれば、殺すしかなくなるが」

ショタオーク「や、やめて!! このお姉ちゃんは悪くない!!」

女騎士「ほう……」

女騎士「奇妙な情があるようだな」

女騎士「ふむ。そうだな、ではショタオーク、お前が動いてこの新人を孕ませてやれ」

女騎士「そうすれば両方とも殺さないでおいてやろう」

騎士見習い「じ、自分の事は良いッス、ショタオーク君は早く逃げるっす、ここは自分が食い止めるっす」

女騎士「新人の分際で勇ましいな。私は伝説の勇者すら切り伏せたのだぞ?」

騎士見習い「そ、それでも」

ショタオーク「……ぼ、僕が頑張れば、このお姉ちゃんを、殺さない、んだね?」



20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/13(月) 01:10:43.338 ID:eBPpCEFN0.net

女騎士「そうだ、私の悲願の為に頑張って腰を振るのだ」

騎士見習い「悲願、っすか」

女騎士「私はオークの集落を増やし、世界中をオークで埋め尽くしたいのだ」

女騎士「そしてそこで私はオークの女王となり、新世界の神となる」

騎士見習い「反吐が出そうな夢っすね」

女騎士「ふっ、いずれお前には理解出来る日が来よう」

女騎士「では、早くしろ、ショタオーク」

ショタオーク「……」

騎士見習い「こ、こんなヤツの言う事聞く事ないっす!!」

ショタオーク「ごめんね、ごめんね、お姉さん」スルスル

ショタオーク「僕、お姉さんに死んで欲しくないんだ」ヒックヒック ガッ

騎士見習い「あっ、ふ、服を/// だ、駄目っすこんな事」

ショタオーク「耐えて、耐えて、僕も耐えるから」ビリビリ

女騎士「ふふっ、微笑ましい光景だ」



21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/13(月) 01:23:18.037 ID:eBPpCEFN0.net

――そして、世界はオークで埋め尽くされた

どの国も懸命に抗ったが

「だってこうしないと殺すってよぉおお」

と叫ぶオークの猛進は止まらず
その上増殖し続けるというのだから、手になどおえない

オークの軍勢に攻め、占領され、女は利用されオークの増える速度は掛け算のようであった

そして、一人の女王がそこには鎮座していた


女騎士「くくくっ、これぞ私の夢であった、見果てぬ夢の執着地点!!」

女騎士「そう思うだろう? おっと、いつからだろうかな、そんな生気のない瞳をするようになったのは」


騎士見習い「……」

オーク「お姉さん、お姉さん……」パンパンッ

オーク「ごめんね、ごめんね、でも、僕、お姉さんに死んで欲しくなかったんだ」パンパンッ ヒックヒック

騎士見習い ビクンッ

女騎士「卵が動いたか。ははっ、どんどん増やして、この調子で今度は魔界にでも攻め入ってみようか」

……完



◆関連記事

女騎士「拷問してやる!」騎士「お願いいたします!」

ショタオーク「うぅ…」 女騎士「ふふふ…」

【外道】勇者「姫様が魔物しか食べられない身体になっちゃいました!」
 

おすすめ記事リンク!