1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 15:55:38.198 ID:rl7uMXlm0.net

先生「おいお前たちやめろぉ。俺くんは生まれつきの過度分泌障害の難病を抱えてるんだぞ」

DQN1「でもよぉwww先生wwwwwwwww」

DQN2「何もしてねぇのに突然射精するんだもんなwwwwwww」

俺「・・・」ショボン

女子1「俺君とりあえず保健室行きなよ~」クスクス

女子2「そうだよwwwwさすがにwwwwwその状態で授業はwwwww」クスクス

DQN1「ギャーハッハwwwwwwww」

俺「・・・」ガタン

先生「おい、1人で大丈夫か?」

DQN2「射精して気持ちよくなったせいで一人で保健室行けねぇんじゃねーの?wwwwwwwwww」

俺「・・・」プルプル



2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 15:56:22.651 ID:guqjooT10.net

\              /
 \           /
  \         /
   \       /
     \( ^o^)/   うわああああああああああああああ!!!!!!!!!!
      │  │
      │  │    ~○~○~○~○~○~○~○
      │  │  ~○~○~○~○~○~○~○~○~○
      (  ω⊃~○~○~○~○~○~○~○~○~○~○~○
      /  \ ~○~○~○~○~○~○~○~○~○~○
     /    \   ~○~○~○~○~○~○~○~○
    /      \
   /        \



7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 15:57:30.048 ID:tvZwY0Mq0.net

これは有能な>>2



4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 15:56:26.489 ID:Sr+oO9jD0.net

感動した



転載元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1451544938/




5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 15:57:17.313 ID:rl7uMXlm0.net

俺「・・・1人で・・・大丈夫です・・・。」トボトボ

DQN1「そりゃ1人で射精してんだもんなwwwwww処理も1人でしなきゃなぁwwwww」

クラスメイト「wwwwwwwwwwwwwwww」クスクス

先生「おい誰か俺君について行ってやれ」

クラスメイト「え~やだよ気持ち悪い~」



6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 15:57:24.280 ID:n+BTJ5Rs0.net

僕「(>>1くん・・・)」シコシコシコ...



12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 15:59:22.774 ID:W8vJ9O/u0.net

なんで写生したことわかるんだよ



13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:00:16.438 ID:uSRd04lX0.net

キモい声出しながらプルってたらバレるんじゃね



16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:01:14.928 ID:XC0EflnT0.net

臭いとかじゃね



19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:01:59.978 ID:rl7uMXlm0.net

俺「・・・」


僕は中学2年生。生まれつき難病指定されている過度分泌障害と言って
何の前触れもなく体から分泌液が排出される病気だ。
人によっては涙が突然出る人、突然鼻水が出る人、突然糞尿を漏らす人・・・様々だそうだ。


その中で僕は、突然射精する障害を抱えていた。


この病気に初めて気づいたのは幼稚園生の頃。
公園で遊んでいた時突然下腹部に何ともいえない感覚を覚えたのが始まりだった。

その時このような病気をかかえているとは知らず、ましてや射精の知識などなかった時。
僕はお漏らしをしてしまったと不安になり、両親に怒られることを恐れていた。

しかし異変はそこから次々と押し寄せてきた。


毎日数回、僕は何もせずとも突然射精をしてしまったのである。



21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:03:22.464 ID:5Bqr+QwA0.net

思春期突発性勃起症候群だな



26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:05:57.240 ID:rl7uMXlm0.net

さすがに不安を覚え、正直に両親に伝えた。
最初は両親もお漏らしを誤魔化していると本気にしてくれなかったが
何度も訴える息子の姿についに病院に連れて行ってくれた。


その時に診断された病気が「過度分泌障害」だった。


世界でも希少なため、まだ治療方法も解明されておらず、原因もわかっていなかった。
そこから僕は学校でイジメを受けるようになった。


DQNに呼び出されては射精をせがまれ、その白濁液の自分で飲むように命令されたり
射精マンとあだ名をつけられた。暴力も日常茶飯事だった。



31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:08:18.772 ID:Z4gv9Fbpd.net

頻繁に夢精するMr.ザーメンって呼ばれてるやつならいた



35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:11:04.130 ID:rl7uMXlm0.net

僕「・・・ハァ」


僕「なぜ僕はこんな病気になってしまったんだろう。なんで僕だけ・・・」


タッタッタッ


俺「ん?」

後ろから足音が聞こえた。


よしお「おーい、俺くーん!」タッタッタッ

俺「よしおくん!どうしたの?」

よしお「いや、心配になって先生にお願いして保健室まで一緒に付いていくことにしたんだよ」


よしお君。彼は中学校で同じになったクラスメイトだ。ぽっちゃりした体と温厚な性格で
彼もあまり目立たない方の人間だった。
しかし、隔たりなくみんなに優しい男だ。

俺「そっか、ごめんね。大丈夫だよ1人で。教室戻りなよ」

よしお「ううん、困ったときはお互い様じゃん。それに先生からもお願いされたしさ」

俺「ありがとう・・・」

本当によしお君は優しい人だ。
こんな僕でも心配してくれる人がいるんだと嬉しかった。



37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:12:26.829 ID:ugPdDvH00.net

これはホモの流れ



38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:12:36.882 ID:Pbyw9POD0.net

やっぱりホモやんけ!(歓喜)



41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:13:29.858 ID:uSRd04lX0.net

よしおはホモだな



42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:14:32.247 ID:Cvox3Pj5r.net

これはホモルート



43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:15:06.159 ID:rl7uMXlm0.net

俺「あれ・・・」

よしお「あ~、保健室しまってるね。先生いないのかなぁ」

俺「どうしようかなぁ・・・」

よしお「そうだ!そこのトイレで着替えてきなよ!」

俺「え?でも着替え持ってないんだ。今日で4回目だからもう代えのパンツがなくて・・・」

よしお「まだ昼前なのに4回!?大変だね・・・」

俺「うん・・・朝ご飯食べてる時に1回、登校中に2回、そしてさっきので1回・・・」

よしお「そっかぁ・・・どうしよう・・・」

俺「しかたないよ、この状態で戻るよ」

よしお「いや、でも・・・そうだ!」

俺「・・・!? よ、よしおくん!な、何を!?」

よしおは突然パンツを脱ぎ、僕に差し出した。

よしお「僕のを履きなよ!」



46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:15:51.078 ID:2L+NTfQGp.net

優しい世界



47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:16:21.196 ID:O23lEncb0.net

オムツしろよ



48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:17:21.924 ID:j6o9IVYg0.net

ティッシュ使え



49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:17:39.216 ID:rl7uMXlm0.net

俺「えっ・・・」

僕は戸惑った。好意とは言え、さすがに人が履いたパンツを履くことはできない。
ましてや僕はガリガリでよしおくんのパンツは3Lサイズくらいある。

よしお「僕はノーパンで大丈夫だよ!それにズボン履いてベルトで固定したらズリ落ちないよ!」

俺「で、でも・・・」

よしお「ほら!早くトイレ行くよ!」グィッ



50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:18:10.514 ID:rl7uMXlm0.net

気づけば僕はトイレの個室によしおくんと2人きりだった。



52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:19:11.882 ID:AqAJjkE+d.net

>>50

これはホモセックスの流れ




53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:19:59.324 ID:xUogMbSKd.net

あくしろよ



54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:20:17.067 ID:rl7uMXlm0.net

よしお「さぁ、早く脱いで!僕もこの状態は寒いんだ。」

俺「あ、あぁ、ごめん・・・」ズルッ

戸惑いながらも仕方なく僕もパンツを脱いだ。
ネバネバした液体が付着していた。
そしてよしおくんのパンツを履き、ズボンを履いた。

よしお「よし、オッケー。」

俺「よしおくん、本当に大丈夫?」

よしお「平気だよ!さぁ、教室戻ろうか!」

俺「うん・・・」



僕たちは教室に戻った。



57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:23:32.185 ID:jB6wQk9Cd.net

いいから射精管理展開はよ



58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:23:44.001 ID:rl7uMXlm0.net

ガラガラ

先生「お、帰ってきたか。・・・おっとチャイムか。今日はここまで。日直、号令を。」

キリーツ。レイ!アリガトウゴザイマシター

これから昼休みだ。

席に着いた僕の前にDQN1、2がニヤニヤしながら寄ってきた

DQN1「おかえり射精マンwwwwwwwwwwwwww」

DQN2「お漏らししたらダメでちゅよ~??wwwwwwwwww」ボコッ

僕は殴られた。

よしおくん「やめなよ2人とも!」

DQN1「あぁ???うっせーぞデブ!誰に口聞いてんだぁ??アァ!?」

DQN2「ちょっとお前らこっち来いよ!」

僕とよしおくんは屋上に連れて行かれた。



59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:25:18.983 ID:/n12CxFI0.net

あっ…



60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:25:39.499 ID:V1gnrHuO0.net

ホモスレかと思ったらホモスレだた



61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:26:27.192 ID:rl7uMXlm0.net

DQN1「おい、さっきはなめた口聞いてきたな、あ??」

よしお「かわいそうじゃないか!」

DQN2「テメェ・・・調子に乗ってんじゃねぇ!!!」ボコボコッ

よしお「グフッォッ・・・!」

よしおくんはみぞおちを殴られうずくまった。その体に容赦なく蹴るDQN2人。

DQN1、2「なめてんじゃねぇぞ!!ゴラァ!!!」ボコボコッ

よしお「アッ・・・グッ・・・オェッ・・・!」

俺「よしおくん!!!」



62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:27:40.396 ID:5Bqr+QwA0.net

俺ならよしおに惚れてるわ



63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:29:40.359 ID:acNkf6gnp.net

俺覚醒あくしろよ



64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:30:35.049 ID:rl7uMXlm0.net

よしおくんはうずくまったまま動けなくなっていた。
頭からは血が流れていた。

DQN1「次なめたこと言ってみろ。殺すからな!」

DQN2「クソデブが!!!!」ボカッ

最後のひと蹴りがよしおくんの顔面を襲った。

よしおくん「・・・」バタッ


DQN1「おい俺!お前もこんな風になりたくなかったら調子に乗るなよ?」

DQN2「わかったら返事はァ!?」

俺「は・・はい!!!」

僕は何て情けないんだ・・・。僕に親切にしてくれた人がやられているのに
何一つできない。
僕は・・・何て最低な人間なんだ・・・!


その時僕を聖なる光が包み込んだ。



65: ガイジ ◆VCIS6vlLy6 2015/12/31(木) 16:32:28.783 ID:muHrv5ew0.net

急展開



66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:32:43.023 ID:rl7uMXlm0.net

俺「え・・・」

何だろう、力が湧いてくる・・・
彼らを倒せる力が・・・湧いてくる・・・

DQN1、2「!?」

俺「調子に乗るなよ・・・」

DQN1「な、なんだこの光は!?」

DQN2「何なんだお前は!!!」

俺「調子に乗るなって言ってるんだ!!!!!!」


その時目を開けてられない光が辺りを突き刺した

DQN1、2「ウワァ!!!!!!まぶしい!!!!」



70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:34:55.241 ID:wk37zm8B0.net

なんだこれは



71: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:35:37.490 ID:og2TUVQ90.net

お約束の展開すぐる



72: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:36:30.007 ID:mdFtMCKj0.net

熱くなってきたな、股間が



73: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:36:39.678 ID:rl7uMXlm0.net

僕は彼らがひるんだスキを見逃さなかった。
顔を手で覆い隠しているところにボディブローを何発も食らわせた。


DQN1、2「オウフッ!!」

DQN2人がうずくまった。

DQN1「テ、、メェ・・・何しやがる・・・ッ!!」

しかし二人とも眩しくて目が開けてられなかった。


俺「うおおおおおおおお!!!!!!!!」

僕は日ごろのストレスを雄叫びに変えるように叫んだ。

そしてDQN1の髪を握り顔面を僕の下腹部に近づけた。

DQN1「な、何しやがるんだテメェ!!!!や、やめろ!!!」

しかし僕は気にせずパンツを下ろした。

よしお「・・・?」

よしおもまばゆい光に気を取り戻した。



74: ガイジ ◆VCIS6vlLy6 2015/12/31(木) 16:37:22.247 ID:muHrv5ew0.net

うおおおおお



75: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:37:35.862 ID:ugPdDvH00.net

えっホモってそっちと・・・



78: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:40:04.982 ID:rl7uMXlm0.net

俺「ああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!」

僕はDQN1のまぶたを無理やり片手で広げた。
眩しさと抵抗でまぶたがなかなか開かなかったが力が湧いている僕には容易いことだった。

DQN1「カッ・・・!?や、やめろ・・・!まぶ・・まぶしぃ!!」

僕はDQN1の見開いた片目に陰茎を近づけ、何度も突いた。

DQN1「アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!!?!?!」

俺「うおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」ドピュッビュルルッ

そしてDQNの片目に壮絶な射精をした。

遠くの方で教会の鐘が鳴り響いた。



79: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:40:55.066 ID:O23lEncb0.net

顔射ならぬ眼射



81: ガイジ ◆VCIS6vlLy6 2015/12/31(木) 16:41:57.217 ID:muHrv5ew0.net

何気なくエグい



82: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:42:05.561 ID:ugPdDvH00.net

なんだこれ



なんだこれ



83: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:42:51.402 ID:rl7uMXlm0.net

DQN1「・・・!!!!!!!!!!」

DQN1は声も出せずそのままうずくまった。

俺「ハァ・・・ハァ・・・!」

そして止まりもせずDQN2の方へ足を進め、同じように髪を握った。

DQN2「や・・・やめ・・・て・・・」

DQN2もまばゆい光のせいで目を開けれなかった。

僕は同じように何度もこじ開けた片目に陰茎をぶつけ、射精した。

DQN2「~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!」


DQN2も倒れこんだ。



85: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:43:31.192 ID:V1gnrHuO0.net

うわあああああああああ



86: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:45:31.431 ID:GRhYqo3zp.net

目とちんこが痛い



87: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:46:22.631 ID:rl7uMXlm0.net

俺「ハァ・・・ハァ・・・・」

光は徐々に消えてなくなり、僕は力尽きたかのようにその場に倒れこんだ。

よしおが目を疑うような光景を目の当たりにし、ただ茫然とその場に座り込んでいた。

片目から白濁液を垂れ流すDQN2人と、その場で息を切らしている僕の姿。

よしお「初日の出だ・・・」

よしおは頭によぎった言葉をただ口にするしかなかった。



88: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:47:19.527 ID:VXnhgAvsa.net

失明するだろ…



91: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:51:32.403 ID:rl7uMXlm0.net

数年が経ち、僕は自分の部屋のベッドに横たわっていた。

あれから謎の光と悲鳴を聞きつけた教師たちが駆けつけ
DQN2人とよしおくんを病院へ連れて行った。

後々聞けばDQN2人は片目を失明したそうだった。

DNA鑑定の結果、片目から垂れ流す精液は僕のものだと判明し、僕は警察に捕まり、結果として多額の慰謝料を請求されることとなった。

釈放された僕はそれから学校へは行かず、ただ毎日を部屋で茫然と過ごしていた。

犯罪者の両親と近所から白い目で見られた2人。

父親は仕事をクビになり自殺。母親はうつ病になった。



94: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:53:18.160 ID:CiKhJHgg0.net

ハッピーエンドにしてくれよ



96: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:54:59.432 ID:rl7uMXlm0.net

過度分泌障害。

それは僕の人生を大きく狂わせ、大きな代償を与えた。

僕「・・・ンッ!」ビュルビュルルッ

何度罪を感じようと排出される精液。ついに僕もおかしくなった。

俺「うわああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!」ザシュッ

手に取った包丁で、僕は陰茎を切り取った。

吹き出す血液、襲い来る痛み、絶望。

しかし心のどこかで、これで射精せずに済むと安堵した自分がいた。

そのまま意識が遠くなり・・・・・・・そして・・・・・・











僕は死んだ。



END



97: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:55:41.713 ID:jeXGqRaX0.net

happy end



98: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:56:01.810 ID:m2OOIOp50.net

ハッピーエンドか

素晴らしいな



101: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 16:59:26.335 ID:Pa4HQ96Qd.net

去勢すればよかったのに



102: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/31(木) 17:00:52.692 ID:8HSJEw4da.net

迷言いっぱいぶち込んでくるんじゃねぇよwww
笑っちまったじゃねぇかwww



◆関連記事

【マジキチ注意】女「男が一回射精するたびに手足を一本切断しまーすwwww」

【マジキチ】チンコ「ふわぁ……何この液体……ヌルヌルだよぉ……」オマムコ「グヘヘ…」

【マジキチ】兄「妹の内側のほっぺたと俺のアナルを交換したんだ」
 

おすすめ記事リンク!