1: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)17:41:58 ID:Mlo

少女は目覚めると、薄暗い地下室にいた
全裸で粗末な椅子に縛り付けられている

少女「な、なにこれぇ…ほどいて…ここからだしてよォ」

男「ダメだよ。君はこれから生け贄になるんだ」

少女「あなた誰?何言ってるの?意味分かんない…」

男「君のご両親が悪いんだよ。ある人の恨みを相当買ったんだ。だから君が犠牲にならなきゃならない」

少女「いやぁ、助けて…誰かぁ!」

男「大声を出しても無駄だよ。誰にも聞こえない。さ、君が悶え苦しんで死にゆく様をビデオに収めようか」

男「どんな拷問から始めようか」

>>5



転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1457167318/




3: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)17:42:27 ID:hAt

解放する



5: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)17:42:45 ID:k1g

生おっぱいを羽でぐすぐる



7: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)17:52:30 ID:Mlo

男「まずは軽~く行こうか、何、ほんのお遊びみたいなものさ」

男は鳥の羽を使った刷毛のような道具を持ってくる

少女「何…するの?」

羽が少女の胸にゆっくりと近づいていく

少女「ひ…変なことしないで…」

ふっ、とそれが少女の露わになった乳房、その先端の桃色の突起に触れた

少女「あひっ!?へ、変態…ひう!?」

極度の緊張で固くなった体はちょっとした刺激にも大げさに反応し、跳ね上がる
羽はなおも乳房への接触を続け、表面を撫で上げる

ふわ…つつつ…

少女「はううっ!?…い…ひい…っく!」

身をよじって反応を示す少女
男は両手に一本ずつ羽の刷毛を持って、少女の両乳房を同時に責め始める

ふわ…ふ…つつ…ふわ…

少女「あうぅ!?や!やめ…って!いっ…ふう!?あひ…!ああ!」

どのくらい責めが続いただろうか
少女が刺激に慣れて反応が鈍くなる頃、男は少女の乳房を弄ぶのをやめた

少女「はあ、はあ、はあ、あ、頭おかしいんじゃないの…こんなことして…はあ、はあ」

男「まあ、こんなもんだろ。次は…>>12



10: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)17:56:50 ID:eBt

加速



11: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)17:57:15 ID:Thx

ナイフの峰で太ももナテナデ



12: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)17:57:41 ID:j5G

美味しいご飯をお腹いっぱい食べさせる



14: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:01:49 ID:97M

優しいなおい



13: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:00:09 ID:Rsn

>>12
フォアグラの製法的な



15: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:02:56 ID:l5y

もしかしたら薬が入っているかもしれない



16: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:07:51 ID:Mlo

男「これから過酷な責めが続くだろうからな、食事が必要だろう」

少女「ハァ…ハァ…(な、なんだろう…嫌な予感が…)」

男は米飯でいっぱいの大きなお櫃を持ってくる

男「さ、遠慮せずに食え」

少女「食えって…縛られてちゃ食べられないじゃない…」

男「そりゃそうだな、手伝ってやろう」ガシ…

男は手でつかめるだけの米飯を掴むと少女の顔面に押し付ける

少女「がふ!?ぶはっ!?な、なに…ふぶ!?」

男「食え、食わないとお仕置きだぞ…」

少女「う…」パク…モニュモニュ…

味には満足だったが、少女は食べ方の下品さに嫌気が差す。しかし言われたとおりご飯を食べ始めるのだった


少女「うぷ…もう…食べられません」

あれから茶碗何杯分を食べさせられただろう
男は少女があらかた食べるたびに米飯を口へ持って行き、休む暇を与えなかった
その結果、少女は普段の食事量の何倍もの量を意に反して食べさせられていた

男「もっと食べなきゃ体力つかないぞ?ほら、食うんだ!じゃないとぶん殴るぞ」ググッ

男は少女の顔にググっと米を押し付ける

少女「うえ…ふ、ふぁい…」パク…モニュモグ



17: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:08:54 ID:97M

優しくなんかなかった



19: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:10:13 ID:GpE

きが くるっとる



20: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:10:34 ID:j5G

食べるときの音がバキっぽいな・・・



21: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:10:43 ID:Thx

熱々の炊きたてご飯でハフハフさせながら
「お口に下さい」とか「もっとちょうだい」と言わせるのかと思ってた俺は変態ですか?



22: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:10:59 ID:97M

>>21
安心しろ俺もだ



23: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:12:03 ID:Rsn

これは腹パンからの吐瀉に期待



26: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:24:37 ID:Mlo

少女「うえ…もう無理です…限界…いくらなんでも…うぶ…」

少女の腹はかつて経験したことがないほど膨れ上がり破裂しそうなほどだ。
限界であるというのは嘘ではない

少女「(バシーン!)ひぃ!?」

男の平手打ちが飛ぶ

男「ご飯を残してはいけません!まだまだたくさんあるだろ!?」グッ

少女「い…もう…うぇ…んぐ」パク…モグ…モグ…

口に押し付けられる飯に吐き気を感じながらも口を動かし、精一杯の力で嚥下する
一噛み一噛みするだけで重労働だ
食べ過ぎて頭がぼーっとしてくる。飲み込む時には吐き戻す力と必死で戦わなくてはならなかった
そんな辛い作業のような食事が更に続いた


少女「もうだめぇ!もう絶対これ以上はたべられまぜん!もういっぱいなんですぅ!いやぁ…」

男「何で?まだ食べなきゃ。半分以上残ってるのに」

少女「は、半分…うげ…」

その事実を突きつけられただけで吐きそうになる

男「食べられないならお仕置きだ…ほら」ボグ!

男の拳が少女の膨らんだ腹を捉える

少女「ぎゅううう!!…おえ…ううぷ」ビクビク!

吐瀉物が口まで出かかる

男「吐いたら更にひどい目に合うからな?」

少女「う…ぶう!?」フルフルフル

口いっぱいにゲロをためながら涙目で首を横に振る少女

男「もう一発行くかあ!?うらあ!」ボグ!

決壊の時が来た

少女「うげええええええ!!げぼおおおお!!エオエロエロ…」びちゃびちゃびちゃ…

男「あーあ、やっちまったなあ。こりゃきつーいお仕置きが必要だよなあ?何がいいかなあ>>30



28: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:26:48 ID:Qx0

ksk



29: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:27:17 ID:O52

温かいお風呂に入れて、洗ってあげる



30: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:27:34 ID:Qx0

野外露出



33: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:31:14 ID:44S

あーいっすねぇー



34: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:37:09 ID:97M

ここでそれか



35: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:39:35 ID:Mlo

少女「はあ、はあ、っばあ…ぶ…えぐ…ッペ…うぷ…はあ、はあ」

椅子に縛られたまま天井を見上げ、口と鼻から体液と粥のような吐瀉物を垂らしている少女
荒い息に胸は大きく上下する。監禁されているストレスと嘔吐の苦しみのせいで顔面は蒼白だが、
体中からは玉の汗が吹き出し熱気のようなものをまとっている

少女「ハァ…ハァ…」

男「じゃ、お仕置きを実行しようか。これからお外に出るけど、逃げたらどうなるかわかってるよね?」

少女「ど、どうなるって…」

男「お前も家族もぶっ殺す!!!」

少女「っひい!?」

生まれて初めて受ける大の大人の本気の殺意
その後もそんな恫喝が繰り返され、少女は洗脳に似た状態に陥っていく
まさに男の言いなりになっていくのだ…


男「この車から降りて、公園を一周して戻ってくる。ゆっくりと、だ。裸だから逃げられないよ。いいね?」

少女「は…はい」

全裸で黒塗りのバンの後部座席に座る少女。すっかり男に怯え、その言葉にできるだけ逆らわないようにする以外何も考えられなくなっている

男「逃げたらぶっころだから?いいね?さ、行って」

………ガラーッ

ためらいつつバンのドアを開け公園に少女は降り立つ
久しぶりに感じる日光に目を瞬かせる
ふっ、と、視線を下に下げる
そう、自分は今、裸なのだ

少女「は…はは…こんなの、おかしいよね」

少女は全裸で日中の公園を闊歩するという非日常の世界へと一歩一歩進んでいくのだった。



40: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:48:15 ID:Mlo

初老男性「あ!?な、何だ!?」

子供「ままー、あの人はだかだよーっ?」

子連れ母親「ひっ!?み、見ちゃダメ!」

女子高生「いじめ…?」ヒソヒソ

少女「うっ!?」バッ!

衆目に晒され、とっさに左手で乳房を、右手で股間を隠す少女
しかし男の言葉が思い出される

(ずっと見てるからね?隠すような真似をしたらぶっころだよ?)

少女「い…で、できな…ひ…はあ、はあ、はあ…」

恐る恐る、手を下ろす

少女「はあ、はあ、はあ、はあ、はあ、」ドキ、ドキ、ドキ、ドキ

少女の脳内は真っ白だ。不思議な浮遊感がする。気持ちがいい、と言ってしまっていいのだろうか
一種のトランス状態だった
体を風がそのまま撫でていく感覚が経験したことのない体験を嫌でも意識させる
そのままゆっくりと公園内を闊歩し始める

少女「はあ、ふう、はあ、ふうぅ…ふう…ふ~…」ドキドキドキドキ

破裂しそうな心臓を抱えて少女はやっと公園を一周する
大人の人に呼び止められたりするかと思っていたのだが、みなあっけにとられてか反応することができなかったようだ

男「よくできたね、さ、戻ろうか…さて、次は>>45



43: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:50:37 ID:97M

ksk



44: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:50:40 ID:Qx0

ksk



45: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:50:41 ID:GOq

スカルファックして赤ちゃんの部屋を凝視



46: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:52:29 ID:97M

しらべたけどなにこれ



49: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:53:19 ID:oVE

>>46
マンコとかに頭つっこむ



51: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:54:49 ID:97M

>>49
うわえっぐ



52: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:55:39 ID:oVE

>>46
英語圏では口以外の頭にある穴にチンポを入れる行為という意味でもあるらしい
例えば耳とか目とかに



53: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:56:46 ID:97M

>>52
こっちもやべぇな



54: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:56:54 ID:GOq

赤ちゃんの部屋=子宮を凝視するには頭を入れるしかないな
今までの生ぬるい展開には終止符だぜ



55: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:57:18 ID:5os

またこのスレかよ



57: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:58:14 ID:GOq

しかし間に合ってよかった
前の眼姦脳姦に続きスカルも安価を踏めるとは



58: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)18:59:41 ID:5os

前は両耳ちぎって右目えぐって後頭部剥ぎ取ってたぞ



60: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)19:01:22 ID:jLq

>>58
はっ!?やべえなおい…



61: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)19:01:35 ID:Mlo

男「ふう~、全くさっきの露出散歩はいい絵が撮れたなあ、お父さんお母さん、これ見たらびっくりしちゃうゾ?」

少女「…」

先ほどの行為は精神的にかなりのダメージを受けたようだ
しかし次にくる惨劇に比べれば何のこともないのだった


少女「いやああああ!!!痛い!!痛い痛いいたいいいい!!!」

男「おいおいこのくらいで泣きわめいてたら今回の最終目的なんて絶対果たせないぞ?」

少女はM字開脚の状態で拘束され、陰毛も生え揃わない未発達な秘所を大きく広げさせられている
そこに太い張り型が挿入されんとしていた
明らかに処女である少女が受け入れることができる大きさのモノではない
しかしこれを挿れることが最終目的ではない以上、たしかにこのくらいで泣きわめいてなどいられないのだった

ズズズ…

少女「あっぎいいいいいいいいい!!!」ビクビク!

ついに張り型が少女の小さな穴を抉る。少女のものとは思えない叫びが地下室に響き渡る

少女「ぎあああああ!!い゛だい゛ぃぃぃ!!いだいよおおおお!!!」

グリッグリッグリ

張り型が円を描くように動かされ、少女の狭い膣を乱暴にほぐしていく

少女「いあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!」

しかしこれも所詮最終段階への準備にすぎないのだった



65: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)19:03:49 ID:Rsn

張型を使う辺り、>>1はさすがだな



77: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)19:18:39 ID:Mlo

ズッポォ…

少女「ひっぐぅ!?はぐ…!ひ…ふ…いぃだ…い」

ある程度ほぐれたと判断されたところで張り型が乱暴に引き抜かれる
少女の中を散々暴れまわったそれからは処女血がたらりと流れ落ちた
少女の幼い穴は同年代と比べてあり得ないほど広く口を開け、男根をいくども突っ込まれた使い込まれた膣口のようだった

男「まだまだこのくらいじゃ足りねえよなあ」

少女「ひぐ…ひっぐ…ひううぅぅ…な、何するの…?これ以上…何を…ゆ、許してぇ…」

少女は知らない。まだ…こんなものではないのだということを
男が五本の指先をなるべく束ねて尖らせ、手を細めて少女の膣に近づけていく
少女は次に自分がなにをされるか直感的に知ると恐怖に体を震わせる

少女「ひ!!絶対無理!!死んじゃう!!いや!!誰か!!やめて!!助けて!!いやあ!!!」

つぷ…ズズズズズズズ

少女「ひぎっ!!!」

男の中指が少女の膣に侵入し始めると、薬指、人差し指、小指、と続いた
めりめり、ぷちぷち、という少女の肉が限界を迎える感触が男の手に伝わる

少女「ぎゃあああああああああああああああ!!!抜い゛でえええ!!!!しぐ!!!!じぬううううううううう!!!ああああああああ!!!!」



78: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)19:19:48 ID:GOq

ハアハア・・・シコシコ



80: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)19:21:07 ID:GOq

マダ・・・マダダヨ
メインディッシュガアルカラダスノハガマン・・・



81: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)19:22:45 ID:5os

ラストはホモ20人突撃で決まりやな



82: ■忍法帖【Lv=9,ごうけつぐま,MIE】 2016/03/05(土)19:23:26 ID:e70

>>81
前も聞いたことが…



83: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)19:23:31 ID:oVE

>>81
ホモが幼女を襲うのか...........
困惑



85: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)19:24:30 ID:5os

前はホモ10人?突撃させて男が襲われずに終わったから今回はそうはさせない



87: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)19:25:19 ID:5os

100人だ★



89: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)19:26:01 ID:5os

俺が1000人のホモ突撃させる



94: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)19:28:09 ID:5os

ホモになるように調教する



95: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)19:28:49 ID:Mlo

ズズズ…ズ…

男の手は親指が差し掛かったところで止まってしまう
やはり狭すぎたのだ

少女「っひ、っひ、っふ、っふ、っひ、っひ、ふ…」

少女は痙攣するように必死で呼吸をしようとあがくが、下腹部からの圧迫感は横隔膜が正常に収縮することを許さない
結果、まるで出産中であるかのように呼吸が途切れ途切れになる

少女「っふ、っひゅ、っふ、っふ、ぬ、ぬいて…っふ、ヒュ…ひゅ…ッフ…ぬい…」

ぐりぐりぐりぐりぐりぐり

少女「いぎゃあああああああああああああああああああああああああ!!!」

男は不完全な呼吸の合間に発せられた懇願など一顧だにせず、
差し込んでいる手をねじり、ドリルのように少女の中を掘り進ませた
膣肉が裂け、血が飛び散った

少女「ひぎゃああああああ!!!ひぎぃいいいいいい!!ぎいいいいいい!!!」

ミチミッチチ‥ミチ…

大陰唇も小陰唇も切れ目が入る
括約筋も断裂が始まり、筋肉がブチブチとちぎれる激しい苦痛が少女を苦しめる

少女「ぎゃぎぎぎいいいいいいいいいいいいいいいい!!!」

縛られた不自由な体ながらも全力で弓のように体をそらして苦痛から逃げようとする少女
しかしそんなことをしても無駄だった
ついに手首まで男の腕が少女に埋まる

少女「が…っは!!は!!が!!!ぎはあ!!!」ビクビク!



98: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)19:30:12 ID:GOq

ええよええよ
そろそろ次は頭を突っ込みくるかハアハア



101: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)19:32:19 ID:97M

グロいなあ



102: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)19:32:22 ID:GOq

この>>1はぐう有能なのです
描写が上手いからなおいい
ファンが出来るのも頷ける



106: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)19:37:27 ID:Mlo

ついに男の腕は肘まで突き刺さったのだった
少女はとうの昔に気絶していた

少女「…ァ…ゥ」

男「あーっ、つっかれたなあ…でもこれで半分ってところか?もう一本入れて初めて頭が入るレベルになるだろ」

男は自分の腕を血をダラダラ流しながら飲み込んでいるオマンコに、もう一方の腕をあてがう
隙間など一片たりともありはしないが、陰唇をつまみちぎって無理やり隙間を作る

ぶちっ

少女「ッッッ!!!!がはぁっ!!??」ビク!

雷に打たれたように少女の体が跳ねた

男「もう一本いくよ~」

少女「び…も…もういっぽん‥・うわああああああん!!!うわああああああ!!」

まだ暴虐は終わらない。気絶から目覚めたばかりの彼女につきつけられた信じられない現実にただ泣くしかなかった

ムチムチミリミリ…

もう一本の腕が入っていく

少女「あっがあああああああ!!!あぎゃぎいいい!!!!ばがああああ!!!!じぐううううう!!!ごろじで!!!!ぎがああああ!!!」

縄で縛られているというのにどうしてこんなに身を捩ることができるのだろうか。そう思わせるほど少女の抵抗は凄まじかった
何の意味もないのではあったが



110: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)19:43:44 ID:97M

これ確か>>1が実際にやってる説でてなかった?



111: 侍◆Lq8zqqjpmzIn 2016/03/05(土)19:43:53 ID:A2r

>>110
あったな



112: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)19:44:09 ID:GOq

>>110
胸熱



113: 侍◆Lq8zqqjpmzIn 2016/03/05(土)19:45:06 ID:A2r

全員洗脳されてる説



114: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)19:45:30 ID:97M

>>113
そうそれ



115: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)19:45:46 ID:GOq

なんと裏山けしからん
>>113
なんぞそれ



116: 侍◆Lq8zqqjpmzIn 2016/03/05(土)19:48:00 ID:A2r

>>115
俺ラは全員文章で脳内麻薬が抽出され、洗脳されている



117: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)19:48:13 ID:Mlo

少女は薄れた意識でぼーっと自分の下腹部を見下ろしている
あまりの苦痛に脳は抵抗を諦め、脳内麻薬で一時的に少女の精神を救うことを選択した
故に半ば眠ったような意識ではあるものの少女はある程度冷静に自分の身に起こっていることを把握できていた
少女の膣に男の太い腕が二本も刺さっているという現実を

少女(なに…これ?夢?…夢なら悪趣味にも程がある…こんな)

ずるるるるる

少女「かっはぁぁぁ!?」

腕が引き抜かれる、その刺激により復活させられた痛覚
それが少女の意識を地獄に引きずり戻した

ずっぽぉ!!

少女「がふう!?」

男の腕が二本共膣口から抜き出された
少女の膣は今や出産直後のように引き伸ばされ、人の頭など簡単に飲み込みそうだ
血をダラダラと垂れ流している

少女「う゛…ぶううううう…」グラグラ

少女は出血と痛みのショックで再度意識が不明瞭になる
それでよかったのかもしれない
これから起こることを鮮明な意識で見てしまったらショック死しただろうから
男が、頭を突っ込んだ。ほかならぬ少女の破壊しつくされた穴に

ズブウ

少女「はぐがッッ!!!!!あがああああああああああ!!!!」

少女の脳内がショートする。ホワイトアウトする。真っ白になる。
割れた肉が再度引き伸ばされた痛みは少女をいとも簡単に廃人寸前まで追い込んだ



119: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)19:57:52 ID:97M

救いはないんですか!?



122: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)20:02:34 ID:Mlo

男「あ…ったけえ…母体回帰か…いいもんだ。このまま子宮観光と行こうか」ぬ゛ぶぶぶぶっぶう

少女「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛…あ゛あ゛あ゛あ゛…あ゛あ゛…あ…」ガクガクガクガク

少女がガクガクと大げさなまでに痙攣し始める。危険な状態と言えた

少女「し…ぬ…あ……んぎ…が…ごぁ……」

少女が感じているのは痛みなのだろうか
極限まで凝縮されたそれは少女の脳を常にシェイクしているような、異様な感じを覚えさせる
苦痛が吐き気に変わり、頭の中が高速でかき回されているような感覚だった
そんな間にも男の頭部は少女の内部を進む

ずずずずずずずずず

少女「んげ…ぐげぇ…げ…ぎ…あ……」

少女は限界まで口を開き目を見開く、白目をむきそうになりながら。
今はただの苦痛を感じるだけの生き物
それ以外のすべてが少女の脳内から消え去ってしまった
男の頭は躊躇なく少女の中を進み、髪は少女の血を吸って塗れそぼる
不意に、それが穴の中で回転し、上を向いた

ぐりゅん

少女「がぐかッッ!!!!」ガクン!

男の目の前には確かに子宮があった
広げられた子宮口から子宮内部の広がりが確かに感じられた
男は満足し頭を引き抜く

ずっっぼおおおお!!!

少女「…っ…」ビクン!

少女の反応は一回跳ねただけ
もう気力も体力も残っていなかったのだ

男「さて…次…なにができるんだ?オマンコだらしなくおっぴろげちまったこいつに>>130



125: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)20:03:42 ID:GOq

ふぅ
最高だ
ksk



127: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)20:06:30 ID:97M

ksk



129: 侍◆Lq8zqqjpmzIn 2016/03/05(土)20:08:17 ID:A2r

ぶん殴る



130: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)20:08:28 ID:97M

20人のホモが男を連れ去る



132: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)20:14:02 ID:jLq

クソワロタ



133: ■忍法帖【Lv=9,ごうけつぐま,MIE】 2016/03/05(土)20:15:16 ID:e70

キター



135: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)20:16:26 ID:Mlo

男「さて次は…」
バターン!

ホモ1「うらあ!ここかあ!?」

ホモ2「いたぜ!男だァ!」

ホモ3「うっほ♪」

男「な、何だお前ら…よ、よせ!?う、うわあああ!!」

ホモ×20「ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!」

…バターン…

少女「…」

少女「…」

少女「…ぅ゛」

少女の膣は完全に破壊されていた。もはや妊娠はおろか普通にセックスを楽しむこともできないだろう
足腰も立つかどうか怪しい

ズリ…ズリ…

少女「ぃ…ふ……ぃ…」

地面を這ってなんとか出口に向かう
しかし既に彼女は大量の血液を失い、しかも出血は止まっていなかった

少女「ぁ……ぉか…さ…」

やがて動きが止まる。呼吸が止まる
少女は暗い地下室の中で冷たくなっていくのだった
生きているものが誰もいなくなった部屋の中、男の残したビデオカメラだけがバッテリーが切れるまで、彼女の躯を録画し続けた






136: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)20:17:38 ID:miJ

ビデオカメラほすぃ

乙!!あんど乙



137: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)20:19:11 ID:miJ

はっぴぃえんど
でしたな



138: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)20:21:59 ID:97M

殺されるよりはましかな



139: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)20:22:29 ID:jLq

おつ!楽しかったぜ



141: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)21:32:40 ID:FNh

こうして毎度無駄に才能が費やされていくのであった



◆関連記事

【鬼畜】少女「お願い、家に帰してください…帰してェ…」

【鬼畜】少女「ここはどこ!?出して!!出してよお!!」 男「出られないよ」

【鬼畜】少女「ここは…どこ?」 男「やあ、目が覚めたかい?」
 

おすすめ記事リンク!