1: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)11:48:41 ID:6Ly

少年霊「…」

女(…アパートで一人暮らしをはじめてから早一週間)

女(ずっと見てみぬ振りしてたけど…)

少年霊「…」ジッ

女「あ、あのぉ」

少年霊「…」

女「あんた、幽霊かなにかですよね…」

少年霊「…」

少年霊「うん」

女「うおっ喋るの!?予想外だわ」

少年霊「…」

女「えーっと、そのー。ここ、私の家なんだけども」

少年霊「知るかそんなの」

女「えぇ…」



転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1425869321/




4: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)11:52:07 ID:6Ly

女「あ、あのね。このアパートの部屋は、私が契約して私が住んでるの」

少年霊「…」

女「だからね、あんたがここに居ると居心地悪いっていうか」

少年霊「気になさらず」

女「いやいや、居間で知らない男の子が膝抱えてたら誰だって気にするわ」

少年霊「…」

女「何で面倒くさそうなんだよぉ…。こっちが面倒くさいよぉ…」

少年霊「見えてないかと思ってた」

女「普通に見えてるよ…。霊感あるもん。みて見ぬ振りしてただけ」

少年霊「あっそう」

女「だからね、他の所に行ってくれないかなー」

少年霊「無理」

女「…」



5: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)11:55:22 ID:6Ly

女「ふざけんなよガキ…」イラッ

少年霊「うるさいおばさん」

女「はぁあ!?私まだ19だよ!JDだよJD!」

ドンッ

女「うわ」ビク

少年霊「隣の人もうるさいってさ」

女「隣の人から見たら一人で喋ってる痛い女か、私は…」

女「あー、どうしても出て行ってくれないのね?」

少年霊「…」フヨーンフヨーン

女「じゃあ、分かった。こうしよう」スタスタ

少年霊「…」クルクル



7: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)12:00:17 ID:6Ly

女「じゃーん、これ何か分かるかな」

少年霊「…砂糖?」

女「はい不正解、正解は私が婆ちゃんから譲り受けた清めの塩です」

少年霊「へぇ」

女「私の一族、霊感持ち多いのよ。婆ちゃんは一応名の通った霊能力者なんだ」

少年霊「ふーん」

女「これを…あんたに撒くとどうなると思う?」

少年霊「さあ」

女「清められてここから追い出されるのよ!食らえ!」バッ

少年霊「…ひゃ」

バラバラ

女「ざまあみやがれ!さっさと出て…」

少年霊「…」フヨフヨ

女「あれーおかしいな」



8: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)12:03:05 ID:6Ly

少年霊「もう一回やってみたら?」

女「うん」バッ

バラバラ

少年霊「…」

女「…」

少年霊「しょっぱいね」

女「何故!?」ガーン

少年霊「分かんない。ってかさ、居間汚れただけじゃん」

女「…」

女「掃除機どこだっけ…」トボトボ

少年霊「あはは」クルクル

女「腹立つわ…。きっと塩の効果が薄まってたんだ、うん」

少年霊「そうだといいね」

女「そう!絶対そうだから」バンッ



9: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)12:05:58 ID:6Ly

ブオーブオー

女「よし、塩掃除終了」

少年霊「…」クスクス

女「…畜生、格安物件なんか借りるんじゃなかった」

少年霊「自分が悪い」

女「いや99パーセントあんたのせいだから。出てけよ」

少年霊「やーだ」

女「もおおお…」

少年霊「どこ行くの」

女「大家のところ。帰るまでに出て行ってくれると嬉しい」

少年霊「多分無理」

女「はいはいでしょうね」ガチャ

バタン



11: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)12:10:20 ID:6Ly

大家「ほえー、やっと出たの!」

女「やっと出たのっていうか、来た時から気づいてはいたんですけど」

大家「そりゃあもうあんたの責任なんじゃなーい?私は一応注意はしたのよ」

女「…うー」

大家「で、あんたどうしてそんなに冷静なのよ」

女「あー、結構良くある事ですから」

大家「じゃあ別にいいじゃない」

女「普段は私がお経唱えたり、塩まいたりすればいなくなるんですよ。けどアレは駄目なんです」

大家「そうねぇ。前住んでた人もお札貼ったり霊媒師呼んだりしてたけど、いなくならないんですって」

女「そんなぁ…」

大家「諦めるか引越しね」

女「大家が引越しを勧めるってどうなんですか…。でもここ、凄く便利な立地なんですよ。無理です」

大家「じゃあ我慢しなさいよ」



12: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)12:14:27 ID:6Ly

女「あそこの部屋で何があったんですか」

大家「それがねぇ、なーんにも無いの」

女「は?自殺とか一家殺害とかそういうのは…」

大家「無いのよー。おかしいわよねえ」

女「おかしすぎますよ。じゃあアレは何なんですか」

大家「知らないわー。何か声を聞いたり足音聞いたりとかしたの?」

女「姿が見えるし、会話もしてくるんです」

大家「それは初耳ね。霊の姿が見えたって事例ないもの」

女「はぁ…」

大家「まあ、こういう失敗もあるわよ若いんだから~。良い人生経験になったわね」

女「…」



女「…クソ」

少年霊「おかえり」

女「おかえりじゃねーよ。何家人気取ってんだ出て行け」イライラ



13: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)12:18:40 ID:6Ly

少年霊「大家さん何て言ってた」

女「あんたに話す必要はない」ガタン

少年霊「…」

女(引越し…。あーでも、お金ないしなぁ…事情言えばお母さんに工面とか…。うーん)カチャカチャ

少年霊「なにしてるの」ヒョイ

女「夕ご飯作ってんの。あっち行ってよ」

少年霊「なにつくるの」

女「何でもいいでしょっ!もう、邪魔しないでよ鬱陶しいなぁっ」

少年霊「更年期?」

女「………」

少年霊「カルシウムとらなきゃ」

女「何だコイツ、本当に会ったことないタイプなんだけど」



19: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)12:48:48 ID:6Ly

女「…」モグモグ

少年霊「…おいしそう」ジー

女(全然怖くないし、悪意を感じない)

女(…自縛霊、とかかなぁ。でもここでの事件はないし…)

少年霊「ねぇ」

女「近い離れて」

少年霊「いいじゃん別に。ちょっとそれちょうだい」

女「駄目。ってかあんた死んでるんだから食べられないでしょ」

少年霊「…」ムス

女(…思ったんだけど)

女(今まで見てきた霊って、グロかったり怖かったりジジババだったりして)

少年霊「一口だけなのに。けち」

女(…こいつ結構綺麗だよなー)

女(いやいやいやいや、何を考えている邪念を捨てろこいつは敵だ)

少年霊「どうしたの?」

女「いや、何でも。あのさ、聞きたいことがあるんだけど」



20: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)12:52:04 ID:6Ly

少年霊「なに」

女「自分の名前、年齢って分かる?」

少年霊「名前はわかんない。歳は多分13歳」

女「成る程。えっとじゃあ、ここに住んでたことあるの?」

少年霊「分かんない」

女「分かんないって…。何かないの、生きてたころの記憶とかさぁ」

少年霊「僕ずっとここにいた」

女「ずっとって何年くらいよ」

少年霊「さあ」

女「……はぁ…」

少年霊「そっちは?」

女「は?」

少年霊「名前、何ていうの」

女「…女だけど」

少年霊「そう。おんな、ね」



22: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)13:00:10 ID:6Ly

少年霊「女」

女「気安く呼ばないでくれる。ってか敬称つけなさいよ、年上なんだよ?」

少年霊「おんな、おんな。ふふ」クスクス

女「…」

少年霊「僕のこと好きに呼んで」

女「必要ないよ…出てけってば」

少年霊「霊だから、霊でいいよ」

女「聞けってば!!あああむかつくなお前」モグモグ

少年霊「女、テレビつけようよ」

女「電気代節約するから嫌!見たいのないし」

少年霊「じゃあ借りてたビデオ見よう」

女「…!だ、だめっ。触らないでよ!」

少年霊「…」

女「あのねえ!あんた何様なの。人ん家で好き勝手しないで!」



23: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)13:05:49 ID:6Ly

女「…」ゲッソリ

少年霊「ねえねえ、この観葉植物こっちに置こうよ。ここ日当たり悪い」

女「…」

少年霊「女聞いてる?」

女「うるっせーな…。なんであんた急に怒涛の如くコミュニュケーション取り始めるの」

少年霊「だってようやく話しかけてきたから」

女「無視しとけば良かった…マジで」スタスタ

少年霊「どこ行くの」

女「寝るのよ。着いてくるな」

少年霊「…おやすみ」

女「朝起きたらあんたの姿がないことを祈るわ」ガチャ

バタン

少年霊「…」

少年霊「…」フヨフヨ



24: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)13:09:15 ID:6Ly

女(私は静かに暮らしたいだけなのに、どうしていつもこうなる)

女(ほんっといらない、この霊感)ゴロン

女(…明日、起きてまだいたら)

女(今度こそ本気で追い払う。うん)

女(…ってか、あいつ寝室に入ってこないよね?)チラ



女(…もういいや。どうせ明日でおさらばだし)

……



少年霊「おはよう、女」

女「だと思ったわ畜生」

少年霊「朝ごはんまだ」

女「なんでテメーに作ってやらなきゃいけないんだ」スタスタ



25: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)13:12:03 ID:6Ly

少年霊「テメーじゃなくて霊だよ」

女「喋りかけないで鬱陶しい」

少年霊「どこに電話かけるの」

女「もう、黙ってて!」ポチポチ

女「…」

少年霊「?」ジッ

女「あ、もしもしお婆ちゃん?私だよ」

少年霊「ねぇねぇ朝ごはん」

女「…殴られたくなかったらそこで正座しとけ」ボソ

少年霊「…」チョコン

女「あ、ううん。なんでもないよお婆ちゃん」



28: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)13:17:16 ID:6Ly

女「あのね、私先週引越ししたじゃない」

「あらー、そうだったわねぇ。どうなの新居の居心地は」

女「最低なのよ。実は…」

少年霊「あ、ビデオ今日返さなきゃいけない日だよ」

女「だから黙っ…」

「…あらあら。可愛い同居人がいらっしゃるみたいねぇ」

女「え」

「男の子かしら?小学校高学年くらいで…ちっちゃくて、まあ。可愛いお顔ね」

女「お、おばあちゃん!?分かるの!?」

「ええ。はっきり分かるわ。あなたもうなつかれちゃったのね」

女「懐かれたとかそういう問題じゃなくってね、こいつが…」

少年霊「なに?僕がなに?」

女「あ、あっち行ってろってば!しっしっ」

「まあ。小さい子にそんな言葉使いしたらいけません」

女「いやだからぁ…そうじゃなくてぇ…」



31: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)13:24:11 ID:6Ly

女「最初は居間で膝抱えてこっち見てるだけだったから無視してたの」

女「だけど私が見えてるって分かった瞬間、めちゃくちゃうるさくなってきて」

「いいじゃないの。悪意はないわ。あなたが珍しくて遊んでほしいのよ」

女「ノイローゼになる…。私は静かに生活したいんだってば」

「あのね、私はもともと女ちゃんの一人暮らしには反対だったの」

「都会は人も霊も淀んだ感情の者がいっぱいいるのよ。あなたはそういうのすぐ呼んじゃうでしょう」

女「でも私は…」

「いいじゃないの。その子は守りの霊よ。あなたの味方よきっと」

女「…こいつが?」

少年霊「…映画、らぶふぉーえばー…?古いやつだね」

女「何勝手に見てんだ!返せ!!」

「そろそろお仕事の時間だから、切るわね。仲良くしなさい」

女「え、ちょ」

ブツッ

女「…」

少年霊「女のお婆ちゃん、良い人だね」

女「はぁぁ…もう泣きそう」



32: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)13:27:43 ID:6Ly

女「まあでも、悪い霊ではないんでしょ」

少年霊「分かんない」

女「私を殺したり、傷つけたりしたいんじゃないんでしょ?」

少年霊「うん」

女「…それだったらまだ、マシなんだけど」

少年霊「…」クスクス

女「ま、もういいや。くよくよ考えるのが面倒くさい」

少年霊「おー」

女「けど、私の邪魔したりウザい絡みばっかりしてきたら容赦しないから」

少年霊「うん」

女「本当に分かってんのかなぁ…」



35: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)13:31:23 ID:6Ly

女「…」パタパタ

少年霊「お化粧してる。何処行くの」

女「DVD返しに行かなきゃいけないんでしょ。ついでに買い物するの」

少年霊「ふーん…」ムス

女「何よその顔は」

少年霊「留守番つまんない」

女「知るか!言ったよね、私のプライベートの邪魔は…」

少年霊「しないしない」フワフワ

女「…。じゃあねバイバイ。留守の間変なこととかしないでよ」ガチャ

少年霊「あ、待って」

女「は?」

少年霊「…うーん、近道はしないで遠回りしたほうがいい」

女「…何言ってんの」

少年霊「いってらっしゃーい」ヒラヒラ

女「…?」



38: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)13:34:45 ID:6Ly

女「何なのあいつ…」カツカツ

女「…近道、ってこの道のことかなぁ?こっち通ったほうがレンタルショップに近いんだけど」

女「…」

女「何であいつの言う事聞かなきゃいけないの。無視」スタスタ

「………」


女(次は何借りようかなー。あの俳優主演のはだいたい見終わったし…)

「…」

女「…」ゾク

女「…」クル

男「…」ジッ

女(…あ、やばい。人じゃないな)



39: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)13:37:35 ID:6Ly

女(こういうのは、無視に限る)スタスタ

男「……」ヨロヨロ

女(…うわ、着いて来るし。嫌だな…また呼んじゃったかな)

女(…走ろうっ)タッ

男「……」


=レンタルビデオ店

女「はぁ、はぁ」

女「撒いた?あー、もう疲れた」

女「さっさと用事済まして買い物行こう…」



40: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)13:41:55 ID:6Ly

「お会計、…円になります」

「ありがとうございましたー」

女「…重」

女「安売りしてたからついつい買いだめしちゃった。徒歩で帰るのだるいな…」

女「…」スタスタ

男「…」ヨロヨロ

女(うわ、まだいた!?)

男「…」

女(面倒くさいなぁ、もう、何なの本当に)タタタ

女(…ぐ。買い物袋重くて…全然スピードでない…)ヨタヨタ

男「……」

女「…っ、何?」

男「……」

女「いつまでもフラフラしてないで、さっさと行くべき所行けばいいじゃない。付きまとわないで」

男「…」ギロッ

女「…!」



41: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)13:46:22 ID:6Ly

女(まずいな、執着させちゃったかも)

男「…ぁ、あ…」ヨロヨロ

女(塩あれば…よかったのに!ああもう!)ダッ

男「……」

女(駄目だ、あいつの方が早い!追いつかれちゃうかも…)ハァハァ

男「ぁ…」

女「…!うわっ!」ドサドサ

女「ふ、袋破け…!ってうわああ卵がああ!?」

男「…」ダッ

女「…ひっ。嫌、来ないで!」

男「あぁ…あ…」

女「…っ、嫌っ…!」

「…あのー、このお姉さんは違うと思うよ」

女「…は」

少年霊「…」フヨフヨ





45: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)13:49:52 ID:6Ly

男「…」

少年霊「探してる人とは違うよ。この人は、あっちのアパートに住んでる人」

男「…」

少年霊「あんたの探してる人は、多分もうここにはいない」

男「…」

少年霊「行きなよ。一人じゃ寂しいでしょ」

男「…」フラ

男「…」スゥ

女「消えた…」

少年霊「おお。ハッタリが通用したー」クスクス

女「…っておい!!!あんた何でここにいんのよ!?」

少年霊「嫌な気配したから追いかけてきた」

少年霊「遠回りしてって言ったのに。きかんぼ」ムス

女「え、えぇ…?」



48: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)13:53:05 ID:6Ly

女「ちょっと待って。あんた、こうなること分かってたの?」

少年霊「うん。あっちの道に交通事故で亡くなった人の気配感じた」

女「…え、じゃあ」

少年霊「一応忠告したつもりだったんだけど。女聞いてくれないから」

女「…」

少年霊「大丈夫?」

女「う、うん。大丈夫…。私は」

少年霊「袋破けてる。ドジ」

女「う、うるさい…」

少年霊「早く帰ろ。暇」フヨフヨ

女「……」



49: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)13:57:20 ID:6Ly

バタン

女「あー…久々に肝冷えた。疲れたー」

少年霊「今度からは素直に聞いてよね」

女「…あの、さ」

少年霊「なに」

女「何で助けてくれたの、私を」

少年霊「…んー」

少年霊「なんでだろ」フワフワ

女「…ありがとう」

少年霊「!」

女「うん、一応世話になったし。ありがとう。助かった」

少年霊「…」

少年霊「ど、どういたしまして…」

女「え、何で赤くなってんの」

少年霊「なってないよ。意味わかんない」



51: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)14:01:22 ID:6Ly

女「ってか、あんたここの地縛霊ってわけじゃないんだね。外出てたし」

少年霊「そうみたい。はじめて出た」

女「謎すぎる…。何なの一体」

少年霊「しらなーい」フワ

女「まあいいや。今日は何食べようかなー」ガサガサ

少年霊「…ねぇねぇ」

女「なに?」

少年霊「外出れるんなら、出て行け…とか言うと思った」

女「…出て行きたいのならそうしたら?」

少年霊「…」ブンブン

女「じゃあこのままでいいじゃん」ガサガサ

少年霊「…」

少年霊「ふふ」

女「何にやにやしてんのよ。きもいなー」

少年霊「ふふ、あはは」クルクル



55: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)14:23:39 ID:6Ly

少年霊「女はさー」

女「何」トントン

少年霊「お仕事してる人?それとも学生?」

女「ああ、大学生だけど。今は長期休みなのよ」トントン

少年霊「ふーん。前はどこに住んでたの」

女「叔母さんの家。そこから大学に通ってたんだけど、ついに一人暮らしデビュー」

女「実家は九州のほうのド田舎なんだけどね」

少年霊「へぇー。好きな食べ物は?」

女「卵料理。って何、うるさいんだけど」

少年霊「僕女のこと知りたい」

女「…なんじゃそりゃ」

少年霊「友達だから」

女「おいおい何時からそういう設定になったわけ。ちょっとそこ退いて。醤油取れない」

少年霊「女の婆ちゃんも仲良くしなさいって言ってたよ」

女「それはそれ、これはこれ」カチャカチャ

少年霊「む…」



57: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)14:30:02 ID:6Ly

女「…」カリカリ

少年霊「何やってるの」

女「勉強。一応大学生なんだから」

少年霊「…りんしょうしんり?」

女「もう、勝手にテキスト読まないでよ」

少年霊「女、これどういう意味」

女「心理学よ心理学。分かる?」

少年霊「えーっと、心の勉強ってこと?」

女「そう。私、カウンセラーになりたいからその勉強なの」

少年霊「へぇ…。すごいね」

女「別にすごくはないわよ…。そういうあんたは、何か夢とか無かったわけ?」

少年霊「…わかんないや」

女「ほんっと記憶ないわねー。素性が分からん」

少年霊「うーん、眠ってて、起きたらここだったから」

女「はぁ…?」

少年霊「よく分かんない」フワフワ



58: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)14:33:56 ID:6Ly

女「……」カリカリ

少年霊「…」ジッ

少年霊「…」チラ

少年霊(もう夜の11時なのに。ずっと勉強してる)

女「……」カリカリ

少年霊「…」ゴシゴシ

少年霊「ふあ…」

女「幽霊でも眠くなるんだ」

少年霊「うん」

女「じゃあ寝たら?そんなじっと見られても落ち着かないし」

少年霊「まだ…おきてる…」

女「夜更かしすんな…って幽霊に言うのも変ね」



59: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)14:38:31 ID:6Ly

少年霊「…」カクン

女(あら、落ちたか)

少年霊「…ん」パチ

女「あのさあ、本当寝たらいいじゃん。何でそんな頑ななわけ」

少年霊「女が寝るまで、寝ない」

女「私今日は結構遅くまで勉強するつもりなんだけど…」

少年霊「だい、じょうぶ」

女「…はぁ」

少年霊「…」カクン、カクン

女「もう、横になりなさいよ!ほらっ」

少年霊「…わかった」フワ

女(これで少しは静かになる…。やった)

少年霊「…」スー

女「…」カリカリ



女「いやちょっと待て。あいつ何処行った」バッ



60: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)14:41:19 ID:6Ly

女「てっきりここで寝るのかと思ってたのに…!」

女「ま、まさか」タタタ

ガチャ

少年霊「…」スゥスゥ

女「…そこ、私のベッドなんだけど」

少年霊「…」スゥ

女「お、おーいってば。ねぇ、寝るなら居間で…」

少年霊「…ん、うるさい…」ゴロン

女「……」

少年霊「…」スゥ

女(睫毛ながっ…。いいなぁ)

女「…あー、もう」

バタン



61: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)14:45:08 ID:6Ly

……


少年霊「おはよう」

女「…」

少年霊「なんでソファで寝てるの?」

女「あんたがベッド占領してたからでしょうが!」

少年霊「占領はしてない。ちゃんと女のスペース空けてた」

女「なんで私があんたと一緒に寝なきゃいけないわけ!?馬鹿なの!?」

少年霊「別に僕は気にしないよ」

女「は…ぁ?わ、私も別に気にしてるわけじゃないよ」

少年霊「じゃあ一緒に寝ればいいのに」

女「……」

少年霊「男の子と寝たことないの?」

女「!!!」

女「……っ!」バッ

少年霊「痛い。何で塩投げるの、やめてよ」



63: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)14:49:04 ID:6Ly

女「最っ低。もう一回死ね」

少年霊「あ、そういえば朝に電話鳴ってたよ」

女「…はあ。あっそ」カチャ

女「…あ」

少年霊「誰から?」

女「だ、誰でもいいでしょ。関係ない」

少年霊「…」ムス

女「…ちょっと外出てくる」

少年霊「僕も行く」

女「電話掛けなおすだけだから来ないで!」ガチャ

少年霊「えー」

バタン

女「…なんだあのガキ」

女「…」ポチポチ

プルルル プルルル



64: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)14:53:22 ID:6Ly

「もしもし?」

女「あ、先輩…。すみません電話気づかなくて」

「ああ、いいよいいよ。急ぎの用事じゃなかったし」

女「え、えっと…。何かご用件が?」

「えー、と」

女「…」

「その、今日暇だし良かったら会おうかなぁって」

女「え、…」

「忙しいよね?ごめんね、急に」

女「忙しくないです!全然!」

「そっか、良かった。じゃあ10時に図書館で」

女「は、はい!」

ガチャ

女「……」



66: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)14:56:34 ID:6Ly

女「…ふふ」

少年霊「何笑ってんの」

女「うわああああああああああああああああ!?」ビク

少年霊「誰からだったの?」

女「き、聞いてたの?いつからっ!?」

少年霊「え、電話切るところしか見てないけど」

女「あ、あっそ。ならいい」ガチャ

少年霊「お婆ちゃんから?」

女「ん…、まあそんなとこ」

女「あ、私今日用事あるから外出るね」

少年霊「えぇー」

女「…」

少年霊「つまんないの」ムス



67: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)14:59:45 ID:6Ly

女「…どっちにしよう」

少年霊「僕はこっちのひらひらスカートが良いと思う」

女「えー、でもちょっと甘すぎじゃ…」

女「…」

少年霊「どうかした?」

女「着替え中だから、あっち行ってろ!!」

少年霊「うわ怖い」

女「あんたね、いくら子供だからってマナーくらい守りなさいよ!」

少年霊「上しか見てないよ?」

女「出てけ!!!」

少年霊「怒鳴らないでよー」フワフワ

女(あああイライラする)



68: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)15:02:34 ID:6Ly

女「…いってきます」ガチャ

少年霊「ねえねえ、何時かえってくるの」

女「分かんない!」

少年霊「…あ、ちょっと待って」

女「もう、遅れそうなんだけど…」

少年霊「…えっと、お酒は飲まないこと」

女「…また何かの警告?」

少年霊「今ね、ちらっと見えた。お酒は駄目だよ」

女「分かった。気をつける」

バタン

少年霊「…いってらっしゃい」ヒラヒラ



70: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)15:07:20 ID:6Ly

女(やだなあ、また何か変なことおこるのかな)

女(…お酒も何も、私未成年だけど)

女「…あ」

女「…お待たせしました、先輩!」

先輩「あ、こんにちは女さん」

女「遅刻ですか?ごめんなさい」ペコペコ

先輩「いやいや、ちょっと待っただけだから良いよ。それより急に呼び出してごめん」

女「いえ!えっと、今日は…」

先輩「うん、ちょっと研究で困ったことがあるから、女先生の力を借りようかと」

女「先生、って…。あはは、大それた」

先輩「じゃあ、図書館でやろうか」

女「はい!」



71: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)15:10:20 ID:6Ly



女「なんとか資料見つかりましたね」

先輩「うん。いやー助かった!ありがとうね女さん」

女「いえいえ。私は別に…」

先輩「…あ、ごめん。もう夕方だね。時間、大丈夫?」

女「大丈夫ですよ」

先輩「そっか。あの、じゃあさ…」

先輩「今日付きあわせちゃったお礼、したいんだけど…いいかな?」

女「え」

先輩「美味しい料理の店があるんだ、行こう」

女「…!」

女「はい、是非」ニコ



73: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)15:15:56 ID:6Ly

女(夢か、これは)

先輩「でね、教授が…」

女(いや現実だ)

女(研究の手伝いとかはしてたけど、まさか食事になんて…)

女(…ああ、何て良い日なんだ)

先輩「…女さん?」

女「あっ、はい!ええと確かにあの教授の講義面白いですよね」

先輩「女さんもそう思う?でも皆全然同意してくれなくてさ」

女「あはは…」

先輩「…あ、そういえばここのデザート美味しいんだよ。頼まない?」

女「本当ですか。どれがおすすめですか?」

先輩「このチョコレートムースかなあ。良い匂いのするリキュール使ってるんだよ」

女「…」

女「あ」

…お酒は駄目だよ

女(リキュール…ってお菓子用だけどお酒だよね)



75: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)15:21:16 ID:6Ly

女(うわ、でもおすすめ聞いておいて断るのはなぁ)

先輩「どれにする?」

女「え、っと。私…お腹いっぱいなので結構です」

先輩「そう…」

女(あああ、ごめんなさい先輩…!)

先輩「じゃあ、俺だけにしとくね。また今度来ようね」

女「は、はい!」

……


先輩「今日は楽しかった。またね」

女「はい!また今度」


女「…ふふ。また今度来よう、だってー」

女「あいつの言う事聞いたから良いことあったのかなー」




78: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)15:25:41 ID:6Ly

女「たっだいまぁー」ガチャ

少年霊「おかえりー」

女「ふんふん」

少年霊「ご機嫌だね」

女「そうかなぁ?そう見える?」

少年霊「見える。にやにやしてる」

女「あはは。そっかそっかー」クルクル

少年霊「…何なの。怖い」

女「あ、それよりアドバイスありがと。ちゃんとお酒は避けたよ」

少年霊「そう。相手の男も飲んでなかった?」

女「は」

少年霊「あの男の人だよ。眼鏡かけてて背の高い」

女「……あんた」

女「まさか、付いてきてたの…!?」

少年霊「ちょこっとだけ」

女「……っ!」

少年霊「あれ、いけなかった?ごめんね」



79: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)15:29:58 ID:6Ly

少年霊「でも図書館入ってったの遠くから見てただけだよ」

女「…あのねぇ」

少年霊「あの人、女の好きな人?」

女「…!」

女「だったら何なの」

少年霊「…」

少年霊「あの人あんまり良くないね」

女「は?」

少年霊「なんだかね、もやもやが付いてる。あんまり良くない」

女「ちょっと待ちなさい。いい加減怒るよ」

少年霊「うーん、本当のこと言ってるだけなんだけど」

女「あのね!」

少年霊「はいはいごめんなさーい」フワ

女「…もう」



81: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)15:33:56 ID:6Ly

……


女「…」

少年霊「ねぇねぇ、またどっか行くの?」

女「そう」

少年霊「…昨日から全然喋ってくれないの、どうして」

女「自分の行動をよーく振り返ってみなさいよ」

少年霊「…」

少年霊「?」

女「分かんないんなら一生そうしてなさいよ、死んでるけど」

少年霊「なんなの」

女「だから自分の胸に聞けってば」

少年霊「…怒ってるの?」

女「さあ?」

少年霊「あ、待って…」

バタン

少年霊「…」



82: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)15:37:02 ID:6Ly

少年霊「おこりんぼうだなぁ、女は」フワ

少年霊「…」

少年霊「何かしたっけ…?」

少年霊「…んー?」

少年霊「あ、勝手にでーとに付いて行ったからか」

少年霊「邪魔してないんだし、怒らなくてもいいのに」

少年霊「…邪魔したかったけど」

少年霊「女が楽しそうだったから、我慢したのになー」

少年霊「ちぇ」

少年霊「…早く、帰ってこないかなー」



84: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)15:41:32 ID:6Ly

……

「いい、よく聞きなさい」



「今後一切、私に断りなく塾を休んだりしないで」

…はい

「私はあなたのためを思って言ってるのよ?分かってるの?」

けど、僕

「遊ぶのならもう少し品のある子にしなさい。何なの、塾生を無理矢理サッカーに付き添わせて…」

あの子たちは悪くないよ…

「なに?また口答え?」



「そうだ、家庭教師の時間をもう少し増やしましょうね」



「私はあなたのためを思って言ってるのよ、分かって頂戴」

……




85: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)15:44:16 ID:6Ly

少年霊「…ん」パチ

少年霊「…夢か」

少年霊「変な夢」ゴシゴシ

少年霊「…ふぁ。…もう夜だ」

少年霊「…女、遅いなぁ…」

ガチャ

少年霊「!」

少年霊「おかえり、おん…」

女「大丈夫ですか、先輩!」

先輩「…っ」

少年霊「…あれ?」




86: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)15:47:56 ID:6Ly

女「ソファに横になっててください、今お水持ってきますから…」

先輩「ごめ、ん…」

少年霊「ねぇねぇ女、なにごと?」

女「ちょっ…。どいて!コップ取れない」

少年霊「あの人顔色悪いね。どうしたの」

女「気分悪くなったって言うから、家につれてきたの」

少年霊「ふーん…」チラ

先輩「……」

女「先輩、大丈夫ですか。お水、飲めますか?」

先輩「うん。ありがとう…」

少年霊「…うーん」

女(なにやってんのよ、先輩から離れて)ボソボソ

少年霊「やっぱもやもやするんだよね…」フワフワ



88: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)15:52:04 ID:6Ly

先輩「…なんか、肩が重い」

女「…」ギロ

少年霊「わ、怖」ヒョイ

先輩「あれ、軽くなった」

女(これ以上具合悪くしてどうすんのよ!やめて!)

少年霊「女、帰ってもらおうよ」

女「はぁ?」

先輩「な、なに?」

女「い、いえ何でも…」

少年霊「この人、黒いもやがいっぱいついてる。女の人の髪みたいなの」

女(何言ってるの、そんなもの見えないよ)

少年霊「僕には見えるよ」

先輩「…っ、ごほっ…」

女「先輩っ…!薬とか持ってきましょうか?」



90: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)15:55:38 ID:6Ly

先輩「…うん、頭痛薬とかお願い…」

女「分かりました!」タッ

少年霊「だめ」サッ

女「ちょ、何考えてるの、通してよ」

少年霊「薬なんかいらないよ」

女「もう、いい加減にして」ガチャ

少年霊「言う事聞いて、女」フワフワ

女「じゃあなに?具合悪い先輩を放っておけってこと?」ガサガサ

少年霊「帰ってもらおうよ」

女「しつこい。あ、あった…」

少年霊「聞いて。あの人ね、髪の毛いっぱいついてるの。女の人のが、いっぱい」

女「先輩、薬ありましたよ」タタタ

少年霊「ちょっと!」



92: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)15:59:17 ID:6Ly

女「…あっち行ってよ。邪魔しないで」

少年霊「…」

女「…」

少年霊「気をつけて、女」スゥ

女(…あ、消えた)

先輩「…女さん?どうかした?」

女「いえ。薬どうぞ」スッ

先輩「ありがとう…。女さん、優しいね」ギュ

女「い、いやそんな…」

先輩「…入学したときからそうだったよね。女さんは優しくて、良い子だ」

女「…」カァ



93: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)16:03:01 ID:6Ly

女「お、お世辞ですか?水もう一杯持ってきますね」クル

先輩「…」

女(は、恥ずかしい。なんだこれ)ザー

ギシ

女「…?」

先輩「…」

女「先輩、寝ててください。具合が…」

キュ

先輩「…女さん、薬なんていらないよ」クス

女「え?」

先輩「…っ」グイ

女「!」

先輩「嘘、だから」クスクス

女「え、は?」



95: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)16:07:12 ID:6Ly

先輩「ちょっとからかってみたんだ」

女「え、っと…?」

先輩「一人暮らしの女の子が、簡単に男を部屋にあげていいの?」グイ

女「…先輩、離して…ください」

先輩「…くす」

先輩「入学式のときから、可愛いなあって思ってた」サス

女「!ちょ、なっ…」ビク

先輩「…ねぇ、部屋にあげたってことはさ」

女「…い、嫌です。離してくださいっ」

先輩「同意、ってことでいいんだよね?」ギュ

女「……っ、い…」

ガシャン!

先輩「…!」ビクッ

女「…あ。は、離してくださいっ」バッ

先輩「チッ、ちょっとガード固すぎるんじゃない?」



98: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)16:11:19 ID:6Ly

女(何、今の音。勝手に花瓶、割れて…)

先輩「逃げるなって」グイ

女「きゃっ…!」

先輩「…っ、俺のこと好きなんでしょ?じゃあいいよね?」

女「……!」フルフル

先輩「…っ、可愛いよね、ほんっと…」グイ

女「やっ…!」

「……っ!!」

ガタンッ

先輩「うわ!?」

女(あ、明かりが消えた…?まさか)

先輩「なんだよ急にっ。くそ…」

「女から…」

先輩「え」

「離れろっ!」

ゴッ

先輩「…」ドサ

女「え、ええ!?」



101: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)16:15:01 ID:6Ly

パチン

女「……」ハァハァ

少年霊「うわ、やっちゃった」

女「あ、んた…」

少年霊「女、大丈夫?どっか痛いとこない?」

女「……」コクコク

少年霊「ブラウスのボタンはずれてるよ。留めたら?」

女「…っ」バッ

少年霊「生きてるかな」

先輩「…」

少年霊「瓶でちょこっと殴っただけだし、大丈夫か」

女「…」

少年霊「だから言ったでしょ、もう」

女「…っ」ジワ

少年霊「え」

女「こ、怖かった…!」ポロポロ

少年霊「え、え。よしよし。大丈夫だよ」ナデナデ



103: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)16:19:55 ID:6Ly

女「…っ」ポロポロ

少年霊「大丈夫。もう僕がやっつけたから」ナデナデ

女「…っ。うん…!」

少年霊「よしよし。ちょっとエロいことされただけだから、もう泣かないで」

女「うる、さい…!」

少年霊「おお元気だ」

……


女「…友達から聞いたんだけど」

少年霊「うん」フワフワ

女「あの人、酔った女の子片っ端から手つけてたって」

少年霊「あー、だからか」

少年霊「あの人の体中、髪の毛がいっぱいだったのって。女の子の恨みだね」

女「…馬鹿だなー私」

少年霊「良かったね、初めて盗られなくて」

女「…普段なら怒るとこだけど、今回はやめとく」

少年霊「ふふ」



111: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)16:43:16 ID:6Ly

女「迂闊だったわ。完全にのぼせ上がってた…」

少年霊「ふふーん」

女「本当に、あんたが助けてくれなきゃ…」

少年霊「感謝してね」

女「うん。してる。ありがとう」ニコ

少年霊「…」

少年霊「ふふ、やった」フワ

女「これからはあんたの言う事をちゃんと聞いたほうがよさそうね」

少年霊「そうそう。はじめっからそうしとけば良かったの」



117: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)16:51:55 ID:6Ly

女「っていうか、あんた中々やるわね。あんな激しい霊障初めて…」

プルルル!

女「うわっ、びっくりした」

少年霊「誰から誰から?」

女「なんであんたは異常なほど電話の相手を知りたがるのよ…。あ、お母さんだ」ピッ

「あんた!男には注意しなさい!」

女「お母さん…。もう遅いよ、それ昨日に言って」

「あら、そう。また間に合わなかったのね。残念」

女「…私のお母さん。予知っぽい霊能力あるけど、だいたい遅すぎるの」ボソ

少年霊「わー、意味ない」

「ああ、そうそう。あんた、男の子の霊囲ってるでしょ」

女「言い方が悪いわよ!囲ってません、居座ってるんです」

「どっちでもいいわ。あ、そうそう。お婆ちゃんがあんたに会いたいってさ」

女「え、婆ちゃんが…?」

「あんた長く顔出してないし、新幹線代出すから帰ってきなさい」

女「う…ん、いいけど」

「決まりね。じゃ、ばいばーい」

ガチャ

女「また急なこと…」

少年霊「女の家族ってアク強いね」

女「そうなのよ…。だから静かに暮らしたいわけ」

少年霊「ふふ、旅行、旅行」

女「いや何であんたが付いて行く前提になってんのよ!」



118: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)16:55:25 ID:6Ly

少年霊「駄目なの?」

女「だめっていうか…行く意味ないじゃん」

少年霊「昨日のことで確信したけど、女は危機感が薄い」

女「う。うるさいわね」

少年霊「だから僕がついてなきゃ危ない」

女「は、はあ?」

少年霊「霊のこともあるし、僕がいるのがいい」

女「いや、でも…」

少年霊「大丈夫。新幹線代はかからないよ」フワ

少年霊「…霊だから!」ニコ

女「…もう。しょうがないな」

少年霊「やったー」



128: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)20:46:30 ID:6Ly

女「…っと、34番…あった」

少年霊「おおー。これが新幹線」キョロキョロ

女「ちょっと、フラフラしないでよ。こっちだってば」

少年霊「すごいなぁ。自動車より早いの、これ」

女「そうだよ。比べ物にならないくらい早い」

少年霊「へー」フワフワ

女「…よいしょっと」ドサ

少年霊「よいしょっと」

女「…なに隣に座ってるの」

少年霊「え、駄目?」

女「駄目って言うか、そこ他の人の席なんだけど」

少年霊「えぇ…。じゃあ僕どうすればいいの」

女「浮いてなさいよ」

少年霊「やだよ、疲れるもん」ムス



129: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)20:50:27 ID:6Ly

初老男性「…っと」

女「ほら、この人の席なの。どきなさい」

少年霊「はーい」フワ

少年霊「…っしょ」ストン

女「!」

少年霊「狭いから膝に乗せてね」

女「な、な、なにしてんの!降り…」

初老「…?」

女「あ、う。何でもないです、ごめんなさい…」

少年霊「女の腿あったかいね」

女「~~っ…。へ、変なことしたら殺すから…」ボソ

少年霊「変なことって?」

女「必要以上に動くなってことよ!」

少年霊「うん」



137: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)09:00:30 ID:AYV

少年霊「…あ、走ってる」

女「窓から外見てみなさいよ。早いでしょ」

少年霊「うん!すごい!」キラキラ

女(単純よのぉ…。こういうところは歳相応なのね)

初老「…」チラ

女「…?」

初老「ご旅行ですか?」

女「あ、いえ。実家に帰省してるんです」

初老「そうですか…。元気なことですね」

女「は、い?」

少年霊「うわあ、景色がびゅんびゅん流れてる!すごい!」ピョンピョン

初老「いえ…」

女(…何だこの人…。見た目は老紳士って感じだけど、いきなり変なの)

少年霊「ひゃっほー!」

女「…いい加減座りなさいよ」ボソ

少年霊「ねぇ女、いつ着く?もう着く?」

女「今出発したばっかでしょ!馬鹿ね」



138: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)09:05:43 ID:AYV

女「…っふう、窮屈だった」ノビー

少年霊「楽しかったぁー!」フワフワ

女「はいはいよかったね」

少年霊「女、ここが女のじっか?」

女「違うわよ。もっとド田舎なの。これから電車に乗るのよ」

少年霊「でんしゃ!それって早い?」

女「期待してるとこ申し訳ないけど、新幹線よりは遅いわ…」

少年霊「えー」


ガタン ガタン

少年霊「うわあああ早い!!」キラキラ

女「あんたの判断基準が謎すぎるわよ!何でもかんでも感動すな!」

少年霊「だってこれ、人が走るより早いよ」

女「文明舐めすぎでしょうが…」ハァ

少年霊「それはそうと、全然人いないね。貸しきりだ」フワ

女「まぁこんな田舎、わざわざ行く人いないものね」

少年霊「…ふーん」



139: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)09:09:37 ID:AYV

女「…」

少年霊「すごいねー、綺麗だね」

女「どこがよ。何にもないじゃない」

少年霊「僕、こんなにいっぱい木とか花とか見たことない」

女「…都会っこね」

少年霊「女は嫌いなの?いなか」

女「田舎っていうか、…ここが嫌いなのよ」

少年霊「どうして?じっかでしょ?」

女「…」ハァ

女「ちょっと聞いてくれる?」

少年霊「なになに、昔話?」

女「そう。…私、中学までここらへんに住んでたけど、高校大学はあっちなの」

少年霊「ふんふん」

女「何でだと思う?」

少年霊「…とかいしこう、だったから?」

女「…ううん」



140: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)09:14:53 ID:AYV

女「逃げたかったから。…ここから」

少年霊「え、どうして」

女「私、こんな変な体質でしょ?」

少年霊「うん」

女「あっさり肯定すんのね…。まぁ代々こういう体質の家で、近所からも…色眼鏡で見られてたっていうか」

女「だから、友達とかも全然寄り付かなくてさぁ。酷いものよね」

少年霊「…」

女「中学になるまで、ほとんど誰とも仲良くしなかったわ。都会に行けば、私の事情を知らない人がいる、って思って」

女「反対押し切って、あっちの高校を受験したの」

少年霊「…寂しかったんだね」

女「…そんなこと言ってないでしょ」

少年霊「ううん。女の心は泣いてる」

女「…臭いこと言わないでよ。うるさいわね」

少年霊「友達なら、ここにいるよ」ギュ

女「…」

女「うん。そうね。あんたがいるわね…」クス



141: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)09:19:35 ID:AYV

少年霊「僕もね」

女「うん」

少年霊「女が来るまでは、ずっと一人ぼっちだったんだ」

女「…」

少年霊「部屋に来る人は、僕に気づいてくれなくて、僕を怖がるんだ」

少年霊「仲良くなろうと思っても、すぐ引越ししちゃうし」

女「それは、まぁ…防衛本能よね」

少年霊「でもね、女が部屋を見に来た時、あ!って思った」

少年霊「だって僕のこと見て、うわぁ…って顔してたから」

女「したわね。ガキが窓際で膝抱えてんだもの」

少年霊「それでね、この人きっと僕が分かるんだって嬉しくなった」

女「ふーん」

少年霊「でも、ちょっと恥ずかしくて…女が声かけてくるまで何もできなかったんだ」

少年霊「女とおしゃべりしたいとは思ってたけど」

女「そ、そう…」

少年霊「ふふ」フワ



143: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)09:23:20 ID:AYV

少年霊「僕、何処から来たかも誰なのかも分かんなくて不安だった」

女「そう」

少年霊「けど、今は不安じゃないよ」

少年霊「…女がいるから!女が友達だから」

女「…そう」

少年霊「僕、女のこと好き」ニコ

女「!」

女「あ、ああ!もうすぐ着くわよ。準備しなきゃっ」バタバタ

少年霊「ふふ」

……


少年霊「うわー本当に何もない」

女「歯に衣着せろ…。一応私の故郷なのよ」

少年霊「でも、空気が綺麗で澄んでる。いいきもち」フワフワ

女「…まぁ、確かに。懐かしいかんじだ」



144: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)09:27:05 ID:AYV

女「お母さんに連絡入れなきゃ…」ポチポチ

「…あれっ」

女「ん」

青年「…女、さん?」

女「…」

少年霊「誰?知り合い?」

女「…」フイ

青年「うわ、懐かしい!帰ってきてたの?」タタタ

少年霊「わあ!この人犬連れてる!やだなぁ」フワ

女「…こんばんは」

青年「こんばんは!本当に久しぶり、いやぁー」

少年霊「この人いけめんだね、女ー。もとかれってやつ?」

女「…」ギロ

少年霊「うわ」



145: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)09:31:04 ID:AYV

青年「大学はどうしたの?あ、今は長期休みか」

女「ええ、まあ」

少年霊「わんわんー。お座り」

犬「…バウッ!!」バッ

少年霊「うわ!これだから犬はいやだ」フワ

青年「おい、落ち着け。ごめん、普段はめったに吠えないんだけど」

女「…」

女「私家に行くんで。これで」ペコ

少年霊「え、女待ってよー」

青年「え、待ってよ。暗いし俺送ってくよ」

女「結構です。すぐなんで」

青年「大荷物だし、持つって!」ヒョイ

少年霊「うわー。良い人だね、女」

女「…どこが」ボソ



146: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)09:35:31 ID:AYV

女「あの、本当に大丈夫ですから」

青年「俺も同じ方向に行くし。いいからいいから」スタスタ

女「…」

少年霊「どうしてそんな怖い顔するの?スマイル」フワ

女「…よく聞いて。あいつは私の敵なの」

少年霊「てき!?…ははぁ、振られたとか?」

女「ちっがう!あいつはね、私を…」

青年「どうしたの?こっちだよ」

女「…っ」カツカツ

少年霊「え、何ー。気になるよ」フワフワ

女「後で話す。着いてきなさい」


女「ありがとうございました。すみません」ムス

青年「おばさーん、女さん帰ってきたよー」ガラガラ

女「え」

少年霊「常連さんてかんじだね」



149: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)09:57:58 ID:AYV

母「あらああああああ!青年君じゃないの!あ、今ねじゃがいもあるからもって行きなさい」ドドド

女「…」

青年「うわあ美味しそう、ありがとうございます」

母「あら女。おかえりなさい」

女「た、ただいまお母さん」

母「久しぶりねぇー。あら、何よそんな高いヒールなんか履いちゃって。都会に染められたわね」

女「相変わらずね…」

少年霊「おお、女のお母さんも中々美人さんだね」

母「あらぁ、ナイスショタ!ありがとう~」

青年「は?ショタ…?」

少年霊「びっくり。見えてるんだ」

母「ああ何でもないの。青年君、晩御飯食べてく?」

青年「いえ。女さんを送ってきただけなんで。また明日」

女(…なにがまた明日、よ)ムカ

青年「ばいばい、女さん」ヒラヒラ

女「…」ペコ

母「またね~」



151: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)10:09:54 ID:AYV

母「さて」

女「さて、じゃないわよお母さん。何なのあいつ、慣れなれしい」

母「あらいいじゃないの。イケメンだし」

女「なっ…でも、あいつ」

母「それより、まぁあ!この子があんたの手篭めにしたショタなのね!」バッ

少年霊「ふふ。こんばんはー。てごめってなに?」

女「おかあさあああん!」

母「かっわいいわねぇ…。私も一人で良いから男の子欲しかったわ。あなた、お名前は?」

少年霊「分かんない」

母「あらそう、じゃあ歳は?女と知り合ってどれくらい?何処までいった?」

少年霊「歳は多分13で、女とは二週間くらい一緒にいるー。何処までいった、って…」

女「いい加減にしろ二人とも!!アホか!!」バシッ

母「いった!DVやめなさいよ!」

女「子供に変なこと吹き込まないでよ!なんで私がこんなチビと…」

少年霊「チビー?え、僕のこと?」

母「いいじゃないの!娘が一つ屋根の下で霊体だけど男と暮らしてるのよ?気になるじゃない!」

女「……」ゲッソリ

少年霊「女が一瞬で疲れてる…」

母「まあいいわ。お腹すいたでしょ。今日はすき焼きよ」スタスタ

少年霊「怒涛の人だ」



152: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)10:26:59 ID:AYV

女「そういえば、お婆ちゃんは?」

母「ああ、離れに居るわよ。晩御飯準備するから呼んできて」

女「分かった」

少年霊「あ、僕も行くー」フワ

女「お婆ちゃんはよく離れで仕事してるの」

少年霊「仕事?なにやってるの」

女「主に除霊とかね。結構有名なんだよ」

少年霊「えー…。僕ちょっと怖いな」

女「多分大丈夫だと思う。あんたのこと褒めてたし」

少年霊「そうなの!ふふ」クル

女「…おばあちゃーん。女だよ、かえって来たよー」

「…お入りー」

少年霊「ここ、良い匂いのする木がいっぱいある。いいきもち」

女「ガーデニング趣味だからね」ガララ



154: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)10:44:09 ID:AYV

女「おばあちゃーん、久しぶり…」

祖母「あらあら、ちょっと見ない間に綺麗になったわねぇ」

女「う。そ、そう?」

祖母「お友達まで連れてきて…。まぁまぁ」

少年霊「…」

女「ほらあんた、私の後ろに隠れてどうすんの。出てきなさい」

少年霊「…」ヒョコ

祖母「こんばんは。女のおばあちゃんよ。女と仲良くしてくれてありがとうね」

少年霊「…うん」

祖母「良い子じゃないの。可愛いわね」

女「ん、まぁ…」

祖母「この子を取り巻いてる雰囲気は優しいわ。女を守ろうと背伸びしてる」

少年霊「背伸びしてないよ。僕…」

祖母「くす。そうね、そうね」

少年霊「…えへへ」

女「おばあちゃん、夕飯だよ」

祖母「ええ。今行きますよ」



155: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)10:49:06 ID:AYV

少年霊「女のお婆ちゃん、良い人だね」

女「そうね。私もお婆ちゃん大好き」

少年霊「なんだかね、お婆ちゃんの周りがほわほわしてるんだ」

女「あんたさぁ、先輩の時もそうだったけど、何か色々見えてるわね」

少年霊「見えてるよー。例えば女のお母さんは、ばちばち。元気なんだよ」

女「あはは、納得だわ」

少年霊「…女はね、うーん、難しい」

女「は?」

少年霊「お婆ちゃんのほわほわと、紫のがある。混ざっててちょっと心配」

女「どういうこと?」

少年霊「うーん、分かんない」

女「怖いこと言わないでよ…。不安になるじゃない」

少年霊「大丈夫だよ、僕が居るもん」

女「…あんた何か最近自信まんまんよね」

少年霊「うん。僕、悪い奴らには負けないよ」

女「はいはい、頼もしいわね」

少年霊「あー。信じてないでしょ」

女「信じてる信じてる」ガララ

少年霊「もー」ムス



156: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)10:54:15 ID:AYV

少年霊「わああ…」キラキラ

母「女が久しぶりに帰ってくるし、奮発しちゃった」

女「ちょ、これ…。めちゃくちゃ高い肉じゃない。やった」

少年霊「うわぁあ…」キラキラ

祖母「お友達は食べられるのかしら?」

少年霊「分かんない。でも食べたい」

女「幽霊が食事するなんて聞いた事ないわよ?無理でしょ」

少年霊「またそうやって女は意地悪する。食べれるよ」

母「じゃあ食べなさい食べなさい。男の子なんだから肉食いなさい!」ドバドバ

女「わ、私の霜降り牛…!」

少年霊「えへへ。いただきまーす」

女「あんた余計なことしてくれたわね。許さないから」

祖母「ふふ。仲良しなのね」

女「そ、そんなんじゃ…」

少年霊「うわあああ…美味しい…」

女「で、食べれるの!?あんた何者なのマジで」



157: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)10:58:48 ID:AYV

少年霊「ごちそうさまでしたっ」パン

母「はーい。いやぁ男の子の食いっぷりはいいわねぇ。興奮するわ」

女「…肉が…」

少年霊「女、お鍋は戦争だよ。さっさと取らなきゃ」

女「うるさいっ」

祖母「…うふふ。やっぱり子供が食卓にいると、明るくていいわね」

少年霊「僕も皆でご飯食べれて嬉しいー」フワフワ

女(…確かに、楽しい。実家っていいな)クス

母「さーて、込み入ったことは明日にして、風呂入って寝なさいよ」

女「は?込み入った話?」

祖母「今日のお湯はいいわよ。入浴剤良いのみつけたから」

女「ちょ、何?え?」

母「いいから入ってきなさい」

女「…嫌な予感がするのは何故かしら」

少年霊「おふろ、おふろー」

女「……」



158: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)11:03:01 ID:AYV

女「…確かにいきなり呼び出された時点でちょっと怪しかったけど」

少年霊「ねぇねぇ女、お湯熱い?ねぇねぇ」

女「…一体何の話…。まさか帰って来いとかそんなの?」

少年霊「広いお風呂だねー。女のとこシャワーしかないのに」

女「あああ何なのよ一体、怖い怖い!」

少年霊「ねぇ女、何でお湯にみかんが浮いてるの?食べるの?」

女「…」

女「何故いる」

少年霊「え、お母さんが面倒だし一緒に入っておいでって」

女「……」

少年霊「おお、あったかーい。女もおいで。恥ずかしがってないで」

女「…」

ガン

「いっ……たぁああい!!」



159: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)11:08:40 ID:AYV

女「お母さん何考えてるの?幽霊にお風呂とか必要ないでしょ」

母「いいじゃないのー。何、意識してんの?」

女「マナーの問題よ、マナーの」

少年霊「いたいよぉ…。おばあちゃん、頭取れてない?」

祖母「大丈夫ですよ。ちゃんとありますよ」ナデナデ

母「何も殴らなくていいじゃないの、野蛮ねぇ」

女「どうして私が悪い方向になっている?ていうかなんでお前は私の部屋がシャワーだと知っていた?」

少年霊「それはー」

女「もういい聞きたくないわ。最低、変態」

少年霊「…ひどい…」

祖母「女ちゃん、優しくしてあげなさい」

女「この家の人の貞操観念はどうかしてるんじゃないかしら…」ゲッソリ

少年霊「ごめんね、女…」

女「…もう気にするのが馬鹿らしいわよ。いいわ」

少年霊「女って、どうして胸の近くにホクロがあるの?」

女「やっぱ許さない、殺す」



160: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)11:13:41 ID:AYV

女「…はぁ…」ゴロン

女(あのガキとこの家の人が一緒だと、とんでもない化学反応おこすわね…)

女(…楽しいっちゃ楽しいけど、疲れるわ…)

少年霊「うわー、お布団ふかふか」コロコロ

女「…」

少年霊「ふふ、おばんです、女」

女「あんた一緒に寝る気?」

少年霊「だって女のお母さんが…」

女「あーもういい。分かった」

少年霊「ふふ、あったかいね」

女「…」

少年霊「しあわせ」クス

女(…温度がない。やっぱ幽霊なんだなぁ…)

女(あんまり自然にいるから、忘れそうになる。こいつはもう、霊なんだ)

少年霊「どうしたの?じろじろ見て」

女「なんでもないわ」



161: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)11:16:54 ID:AYV

女「…ただ、あんたって温度がないなあって思って」

少年霊「そう?自分じゃ分かんないや」

少年霊「女はあったかいし、ふわふわだね」ピト

女「!だ、誰が触って良いと言った」

少年霊「わ。怖い」

女「…もう」

少年霊「…ねぇねぇ、女ー」

女「なによ」

少年霊「もうちょっと近く行って良い?」

女「す、好きにしたら」

少年霊「ふふ」ゴソゴソ

女「…」フイ

少年霊「あれ、なんであっち向くの」

女「ね、眠いのよ」



162: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)11:21:09 ID:AYV

女「…」

少年霊「顔赤いよ」

女「暑い…のよ」

少年霊「ふーん」ギュ

女「!な…」

少年霊「女あったかい。抱き心地いい」スリ

女「や、やめて。離れて」

少年霊「どうしてー?いいじゃん、別に」

女「あ、あのねぇ。普通、異性の友達はこんなこと…」

少年霊「…僕、ずっとこうしたかった」

女「は?」

少年霊「誰かに触って、ぎゅってしてみたかった」

女「…」

少年霊「…駄目?」

女「だ、だから…。好きにしなさい」



163: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)11:25:19 ID:AYV

少年霊「ねぇ、こっち向いてよ」

女「…」

少年霊「ねぇってばー」コチョ

女「ひゃっ…!わ、分かった。分かったっ」ゴソゴソ

少年霊「ふふ」

女(…ち、近っ。何なの)

少年霊「女、僕にもぎゅってして」

女「は、はぁ?嫌。絶対嫌」

少年霊「…」

女「何その顔。嫌な物は嫌…」

少年霊「…」

女「…」

女「ち、ちょっとだけね」ゴソ

少年霊「ふふ。やった」

女「…何で私がこんなことー…」ギュ

少年霊「ん…」

女「……」

少年霊「震えてる」

女「…震えてない」



164: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)11:29:41 ID:AYV

少年霊「もっと強くしてもいいんだよ?」

女「や、やだ」

少年霊「じゃあ、僕がする」ギュッ

女「!…っ」

少年霊「…気持ち良い。安心する」

女「……」

少年霊「胸ばくばくいってる」

女「…うるさい」

少年霊「女、なんか可愛い」

女「な、殴られたいの?」

少年霊「…ふふ」スリ

女「…なんなのよー…」

少年霊「女ー」

女「何」

少年霊「いなくならないでね」

女「…え」

少年霊「…」

女「それ、どういう意味」

少年霊「…」スゥスゥ

女「このタイミングで寝るか、普通…」



165: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)11:32:12 ID:AYV

「いい加減にして!」



「どうして私を苦しめるのよ?」

…ちがう

「あんたのせいなのよ!全部!」

…っ

「何であの人は帰ってこないの?」

分かんないよ…

「あんたが…あんたが、いるから」

…え

「あんたなんか…あんたなんか…」





「死ねばいいのに…」





166: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)11:36:08 ID:AYV

女「…」ゴロ

女「…っ。ふぁ…」

女「…朝か」

女「…」ムク

女「あれ、あいつどこだ…?」

「お座り、お座りっ」

女(…縁側から、声?)

女「…」ガラッ

犬「ぐるる…」

少年霊「お座りってばー。もう、できないの?」

女「あんた、何してるの」

少年霊「あ、女おはよー。あのね、この犬全然躾なってないよ」

女「犬もあんたには言われたくないと思うけどね…って」

女「犬…?」

青年「あ、女さんおはようー」

女「!!!?」ビクッ



167: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)11:39:32 ID:AYV

青年「あ…っと。今起きたばっかり?ごめん」

女「…っ」ダッ

少年霊「あ、待ってー」フヨフヨ

女「さ、最悪!何であいついるわけ?え!?」

少年霊「朝のお散歩ついでに寄ったんだってー」

女「ぐっ…。寝起き見られた…」

少年霊「大丈夫だよ、ちょっとパジャマのボタン外れてるけど」

女「!!」バッ

少年霊「他は全然…」

女「早く言いなさいよ!この馬鹿!!」

少年霊「うわ、何で怒ってるの?」


青年「…女さん、どうしたのかな」

犬「ワン」



172: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)13:56:36 ID:AYV

女「おはよう…」

母「あらお早う。ちょっと、紅茶テーブルに運んでくれない」

青年「あ、俺やりますよ」

女「……」

少年霊「女の顔がすごいことになってる」

女「疲れた、もう」ストン

祖母「青年君はよく働いてくれるわねぇ」

青年「いや、ははは…。あ、女さんパンは…」

女「朝はあんまり食べないから結構です」

母「あら?そうだったっけ?中学のときは…」

女「余計な事言わないで」

少年霊「お婆ちゃん、ゆで卵ちょうだい」

祖母「ええ。どうぞ」

女(皆自由だ…。私だけが負の感情を持ってるんだわ…。泣きそう…)

青年「…」ジッ

女「…なにか」

青年「い、いや」



173: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)14:00:29 ID:AYV

青年「ご馳走になりました!じゃあ、俺はこの辺で」

母「またいらっしゃいねー」

女(二度と来るなぶわぁあああか)

青年「女さん、またね」ニコ

女「はぁ」

少年霊「…」モグモグ

少年霊「女はどうしてあの人のこと嫌いなの?」

女「諸事情よ!色々あったのっ」

母「さて…お洗濯でもしようかしらね」

女「待ちなさいあなた。なにか話があるって言ってなかった?」

母「え?…あー…あるようなないような」

母「まあとにかく、あんたも久しぶりに帰ってきたんだから散歩でもすれば?」

女「はぐらかさないでよ、ちょっと!」

母「あー忙しい忙しい」バタバタ

祖母「…」

女「おばあちゃん、何なの一体」

祖母「焦らない、焦らない」



174: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)14:03:46 ID:AYV

女「…ああもう!」

少年霊「何処行くの、女」フワフワ

女「散歩よ散歩!」

少年霊「僕も行くー」

女「勝手にどうぞ!」

少年霊「カリカリしないよ、女ー。リラックスリラックス」

女「うるさいっ!」

バタン

祖母「…」

母「行った?」

祖母「ええ。そのようで」

母「はぁ…。あの子に説明するの気が重いわ」

祖母「あなたの手は借りませんとも。私が話をつけるわ」

母「でも、お母さん…」

祖母「きっと女も分かってくれます。大丈夫ですよ」



175: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)14:06:42 ID:AYV

女「…」ズンズン

少年霊「女ー、散歩はゆっくり歩くものだよ」

女「…」

少年霊「女ってずっと怒ってる。紫が大きくなるよ」

女「訳分かんない」

少年霊「いつか分かるよ。ほら、ゆっくり行こう」ギュ

女「…はぁ」

少年霊「綺麗だねー。田んぼいっぱい」

女「…うん、そうね。静かで綺麗ね」

少年霊「ふふ。女が笑うと僕も楽しい」

女「…私、怒りっぽいかしら」

少年霊「ちょっとね。でも、女は真面目だからしょうがないんだよ」

女「…そう」



177: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)14:11:21 ID:AYV

女「…ここ、昔は私の通学路だったの」

少年霊「へぇー。そうなんだ」

女「毎日一人で登下校してた」

少年霊「ほほう…。それは寂しいね」

女「…あっちに神社があって、よく遊んでた。女の子の幽霊がいたのよ」

少年霊「友達?」

女「うん。でも、いつの間にかいなくなっちゃってた」

女「…あっちには小川があるの。狐みたいなのが三匹いた」

少年霊「それも?」

女「そう。友達だった、けど…その子たちもどこかに消えた」

少年霊「幽霊って自分かってだからね。しょうがない」

女「…誰も信じてくれなかったのよ、気味悪がってるばかりだった」

少年霊「そっかー」

女「…あいつだけは違ったけどね」

少年霊「あいつって?」

女「青年」



178: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)14:16:37 ID:AYV

少年霊「そうなんだ」

女「…ちょっとここらへん座ろうよ。疲れた」

少年霊「いいよー。休もう」

女「…はぁ」

少年霊「お日様きもちいねー」

女「本当。静かで気持ち良い」

女「…」

女「昔話していい?」

少年霊「うん!聞きたい」

女「…青年は、仲良くしてたわけじゃないけど、近所に住んでて」

女「一応、小中学校は一緒だったの」

少年霊「ほうほう」

女「あいつは学校でも人気者で、誰にでも好かれてた」

少年霊「そんな感じするね」



179: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)14:24:13 ID:AYV

女「小学校5年くらいの時かな」

女「私が神社で例の女の子幽霊と遊んでたら、そいつが来て」

女「それからなんとなく…一緒に遊ぶようになった」

少年霊「あれれ、仲良しじゃない」

女「その時はね!あいつは私が幽霊と遊んでるって信じてくれた」

少年霊「うんうん」

女「でもある日、自分の友達ぞろぞろ引き連れて神社に来て」

女「…女ちゃん、今日からこの子達も仲間だよ!一緒に登下校しようよ」

女「…と」

少年霊「良い奴じゃーん」

女「問題なのはそのグループの中に、地元で大きい顔してたプライド高い美少女がいたこと」

少年霊「…ん?」

女「分かんない?そのー、私は皆に避けられてた身じゃない」

女「それを人気者のあいつが、その美少女の前で構いだすと…」

少年霊「あー!しっとだしっと!昼ドラだ」

女「そうよ…それなのよ」

女「私は地元の女子ほぼ全員から忌み嫌われたの」

少年霊「あちゃー…」



180: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)14:29:19 ID:AYV

女「最悪なのは、それを青年が気づいてなかったということ」

女「んで…私があいつをマジで嫌いになった出来事があって」

少年霊「なになに?」

女「あいつ、また一人で遊ぶようになった私に向かってこういったの」

「女ちゃん、幽霊と遊んでばっかりじゃだめだよ。人間と仲良くしなきゃ!」

少年霊「…」

女「…」

少年霊「な、なんだか…悪気は無いってことは分かるけど」

女「原因作ったのほぼテメェだろうが!!」バン

少年霊「うわああ、何か、うん、うわあ」

女「畜生…あいつのお陰で私は暗い青春を…」

少年霊「何か救いようないね…すごい…」

女「逆恨みかもしれないけど許せないのよ。今でもあの人苦手だわ」

少年霊「でも、あの人は悪気ないよ」

女「分かってるわよ!それが余計ムカつくの」



182: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)15:16:49 ID:AYV

少年霊「無邪気な少年が起こした悲劇だ…」

女「ま、そういうことがあったわけ。お分かり?」

少年霊「うん、よーく」

女「さ、じゃ今度はこっち行ってみようか」

少年霊「おー」フワ


女「…廃校になってたんだ」

少年霊「わーどうりで人がいない」

女「ここの地区も子供少なくなっちゃったしね…」

少年霊「ここ、女の通ってた小学校?」

女「そう。…なんだか寂しいわね」

少年霊「へー…小学校、かぁ」フワ

少年霊「…」

女「懐かしいな。よくあの木の下で読書したのよ」

少年霊「…」

女「…どうしたの?」

少年霊「ん…」



184: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)15:21:16 ID:AYV

少年霊「…」フワ

女「ねぇ、ちょっと」

少年霊「……」フワフワ

女「ああ、入っていいのかなぁここ…。待ってってば!」

少年霊「…女ー」

女「何、どうしたの」

少年霊「…あのね、何か…。僕、似てる所知ってる気がする」

女「え、そうなの?」

少年霊「…」クル

少年霊「…」

なあ、お前も一緒に遊ぼうぜ!

野球できるか?サッカーは?

塾?へぇえ、他にもクラブ行ってるんだ

少年霊「……」クルクル

……


あんたなんか、生まなければ良かった…

少年霊「…!」ビクッ

女「どうしたの、ねえ!」



185: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)15:25:25 ID:AYV

少年霊「…」

女「なん、で。あんた…」

少年霊「…」ポタ

女「泣いてるのよ…?」

少年霊「……」

女「どうしたの?何か、辛い事でも思い出しちゃった?」スッ

少年霊「…わかん、ない」

女「…こっちおいでよ。大丈夫。ここには悪いものなんていないよ」

少年霊「うん…」ギュ

女「よしよし」

少年霊「……」

「あれ、女さん?」

女「…げげ」

少年霊「ありゃ」

青年「奇遇だなー。何してるの?」スタスタ

女「えーっと、ここ廃校になってたのかって思って」

青年「あ、そうなんだよね。残念。…ってか今誰かと喋ってなかった?」

女「は?いえ」

青年「そう?」



186: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)15:28:41 ID:AYV

青年「散歩?」

女「ええ。でももう帰ります」

青年「あ、じゃあ送ってくよ」

女「結構です」

青年「俺も同じ方向なんだもん、あはは」

少年霊「ふんふん、嫌いなわりによく会うね」フワフワ

女(あ、あんた…大丈夫なわけ?さっきの何よ)ボソ

少年霊「わかんなーい」

女「…なんじゃそりゃ」

青年「ん?」

女「なんでもないです」スタスタスタスタ

青年「あ、待ってよ女さーん」

……




187: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)15:33:06 ID:AYV

少年霊「…む」ピク

女「…」

青年「そういえばさ、中学校のほうも色々変わってて…」

女「はぁ」

少年霊「女、女」クイクイ

女(…何?)

少年霊「分かれ道に注意、左に行くこと」

女「…っと、待ってください。左のほう行きましょう」

青年「何で?こっちのほうが近いけど…」

女「じゃああなたはそっちで。私はこっち行きます」スタスタ

青年「えええ、ちょ、待ってよ」タタタ

少年霊「うわ、女そっけない」

青年「…女さん、そのー」

女「はい?」

青年「あの、俺…女さんに嫌われてる?」

少年霊「あ」

女「え」



188: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)15:38:05 ID:AYV

女「な、何ですかいきなり」

青年「いやあ、だって…」

少年霊「あれだけそっけないんだもん、気づくよねー普通」フワフワ

青年「女さん、ってさ。まだ幽霊とか見えたりするの?」

女「だったら何ですか」

青年「俺、信じてたよ、女さんがそういう力持ってるって」

女「…」

青年「でも不思議なことに、全然怖くなかった。寧ろ凄いなあ女さん、って思って」

女「はあ」

青年「…俺、やっぱ女さんに何か失礼なことしちゃったかな」

女「…」

少年霊「今更かー」

青年「俺も子どもで、きっと無意識のうちに女さんに酷いこととか言ってたかもしれないし、その」

女「…えっと」

青年「ずっと、謝りたかったっていうか…」

女「…」

少年霊「だってさ、女」

女「…私は…」

青年「ちょ、女さん危ない!」

女「え」



189: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)15:42:55 ID:AYV

グラッ

女「きゃ…!」

少年霊「うわ、女!落ちる!」

青年「…っ」ガシ

女「……あ」

青年「ここの側溝見えづらいんだよね、危ない危ない」

少年霊「かんいっぱつ、だね」

女「…あ、ありがとう…」

青年「あ、ごめん!勝手に腕掴んじゃったりして、ほんと、ごめん」バッ

女「い、いや。私の不注意だった。助けてくれてありがと」

少年霊「わー、ひゅーひゅー」

女「……っ」ギロ

少年霊「うわ怖…」

青年「ど、どういたしまして…あはは」

少年霊「この兄ちゃん顔真っ赤だねー。女のこと好きなんだ」

女「…」



190: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)15:47:54 ID:AYV

女「…ありがとう、送ってくれて」

青年「いや、あはは。また一緒に散歩しよう」

女「…」ハァ

少年霊「兄ちゃん積極的ー」

青年「じゃあ、また」クル

女「あ、あの。青年…、さん」

青年「え?」

女「私…何も怒ってないですから。ただ、久しぶりに会って緊張してただけ、なんで」ボソ

青年「そ、そうなの?」

女「そう、です。そういうことです。さようなら」ガララ

バタン

青年「…」

青年「そっかー」



少年霊「ちょっと女、もう別の男の子に切り替えるの?」

女「お前はアホか!私も失礼な態度とってるって自覚くらいあったわ!」

女「あーあ馬鹿らしい。もうどうでもいいわ、許す」

少年霊「ふふ、優しいの」

女「うるっさい!!」



191: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)15:53:45 ID:AYV

少年霊「どうでもいいけど、女ってもてもてなんだね」

女「は?どこが?」

少年霊「僕には分かるよー。女の知らない人でも、きっと…」

女「はいはい嘘嘘。ありえないから」

少年霊「例えば女のよく行くコンビニの店員さんとかー」

女「黙りなさい」

少年霊「はーい」

女「っていうかさ、左に行っても良いことなかったじゃない。コケそうになるし、恰好悪い」

少年霊「んー」

少年霊「だって、右には何か大きい力があったんだもん」

女「大きい力…?」

少年霊「そう。ぐおおって」

女「何だろう…。幽霊なの?」

少年霊「違う。生身だよー。けど、良いか悪いかよく分かんないんだ」

女「ふーん…。ま、回避できたからいいんじゃないの?」

少年霊「そうだねー」フワ

……




192: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)15:59:41 ID:AYV

母「ちょっと女」

女「ふわーい」

母「夕飯の買い物、付き合ってくれないかしら?」

女「えー…スーパーまで歩くの?」

母「いいじゃないの!ぐうたらしてないで行くわよ!ほらっ」グイグイ

女「あだだだ。行くわよ、行くから引っ張らないで」

少年霊「…ん、どこ、いくの…」ゴシゴシ

母「あら、ショタ霊君は寝てて良いわよ。お家いなさい」

少年霊「…でも、女ー」

女「いいから。飛ぶのも疲れるんでしょ、寝ときなさい」

少年霊「…んー。いってらっしゃい」ヒラヒラ

バタン

少年霊「…」スゥ

少年霊「…」フワ

少年霊「…何かお話でもあるの?お婆ちゃん」

祖母「あらぁ、お見通しなのね」



193: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)16:02:25 ID:AYV

祖母「ちょっとこっちにおいで」

少年霊「うん」フワ

祖母「私の離れでお話しましょう。おやつもあるから」

少年霊「おー。やった」

祖母「あなたは素直で良い子ね。ふふ」

少年霊「おやつ、おやつー」フワフワ

……


女「…は?あいつが、何よ」

母「だから、成仏させなきゃまずいんじゃないって話」

女「…はぁ?」



194: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)16:05:24 ID:AYV

女「ちょ…っと、何いきなり。そんなこと言われたって…」

母「あんた、あの子に塩を撒いてみたんでしょ」

女「お婆ちゃんの?うん、やってみたけど」

母「効かない、そうよね?」

女「それが何か?」

母「あの子、さ迷ってるんじゃないかしら」

女「さまよう…?」

母「そう。自分が何者か分かってないんだわ。現世に未練があるのかどうかすら」

女「そりゃ、記憶は無いって言ってたけど…」

母「だから…危険、なのよ」

女「…え?」



196: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)16:10:08 ID:AYV

母「お母さんの塩が効かないってことは、よほどこの世に執着があるからだわ」

女「…」

母「けど本人がそれを分かってない。これって異常よ」

女「けど、けど…どうしたら」

母「だから、本当に自分を全て失ってしまう前に、成仏させてあげるのよ」

女「…!」

母「女、相手は霊よ。どんなものであれ、この世に残っているのは後ろめたい理由があるからなの」

女「でも、あいつは悪いやつじゃないよ!」

母「だから尚のこと、この束縛から解放してやるべきなんじゃないの」

女「…!」

母「違う?」

女「……で、も」

母「あの子は良い子よ。守護霊的な役割もある。けど、お母さんすら初めて見るほど、空っぽなのよ」

女「空っぽ…?」

母「そう。空っぽ。なのに、力がありすぎてる」



197: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)16:17:23 ID:AYV

少年霊「…からっぽ?」

祖母「そう。あなたは自分が誰か説明がつくのかしら」

少年霊「女の友達だよ」

祖母「そうじゃないの。まだしっかり肉体があったころの話よ」

少年霊「うう、それが分からないんだ」

祖母「なのに、ここに留まり続けているのね」

少年霊「…うん。どうしてだろ」

祖母「ずっとこの世界にいるのは、辛いんじゃないかしら?」

少年霊「ううん、楽しいよ。女がいるもん」

祖母「…女ね。分かった。ちょっとこっちにおいで」

少年霊「うん…」フワ

祖母「あのね、お婆ちゃんははっきり言うと、あなたをお空に返してあげたいの」

少年霊「えー…?」

祖母「あなたは今でこそ、女の霊力のおかげで存在を保ててるの、気づいてるでしょう?」

少年霊「うん」

祖母「それを続けていくと、どうなるかしら?」

少年霊「…女のれいりょくが弱くなる?」

祖母「そうね。正確に言えば、女の生きる力を、あなたが盗ってしまうのよ」

少年霊「…!」



198: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)16:21:58 ID:AYV

少年霊「お、女が病気になっちゃうってこと?」

祖母「そういう場合もあるかもしれないわね」

少年霊「そ、そんな。嫌だ、僕…」

祖母「あなた、前に女を助けてくれたわよね?」

少年霊「心当たりがいっぱいあるけど…」

祖母「女に男難の相が出ていたときよ。誰かに、そう…乱暴されそうになったとき」

少年霊「ああ、せんぱいさん?うん、助けた」

祖母「どうやって?」

少年霊「えーと、花瓶割って、電気消して、ビンで頭ごんってした」

祖母「女が来る前は、そんなことできた?」

少年霊「…できなかった」

祖母「女の気を少しずつあなたが吸い取っているからよ」

少年霊「…」

祖母「悪気は無いわよね、だからそんな顔しないで」ナデナデ

少年霊「ぼ、僕…」



199: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)17:28:51 ID:AYV

少年霊「…」

祖母「何か思い出せることはないの?」

少年霊「…」

少年霊「…車。ゆっくり走ってて、…僕は助手席にいる」

祖母「…」

少年霊「運転席には、女の人」

祖母「それだけ?」

少年霊「あと…校庭で顔は分からないけど、男の子と遊んでる」

祖母「そう…」

少年霊「僕、女の邪魔?」

祖母「そんなことないわ。女がそう思うかしら?」

少年霊「思わ、ない…」

祖母「あの子は優しい子だもの。あなたのこと大好きですよ」

少年霊「…」

祖母「ゆっくりでいいから思い出していきましょうね」

少年霊「…うん…」



202: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)17:33:08 ID:AYV

母「ただいまー」

女「ただいま…」

少年霊「あ、女とおかあさーん。お帰りなさーい」フワフワ

母「買いすぎちゃったわー。今日の晩御飯も奮発するからね」

少年霊「やった。ふふ」

女「…」

少年霊「女、どうしたの?」

女「あ、いや。なんでもない…」

少年霊「今日の晩御飯なにかなぁ。お寿司ー?」

母「握れないわよ!」

女「…」

女(成仏…こいつが、いなくなる…)

母「…女」

女「あ、はい。今買ってきたもの片付ける…」

祖母「…」



203: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)17:39:04 ID:AYV

女「…」

少年霊「おーんな」

女「あ、や、やあ」

少年霊「何見てるの?お月様?」

女「いや…別に、ぼーっとしてただけ」

少年霊「そっかー。僕もぼーっとしよ」

女「なにそれ…。本当変なの」

少年霊「ふふ」

女「…」

少年霊「おつきさま、まん丸で綺麗だねー」

女「うん…」

少年霊「…あのね、女」

女「な、なに?」

少年霊「神社で遊んでた幽霊の子とかがいなくなったとき、どう思った?」

女「え、それはー…」

女「いきなりだったから寂しかったし、悲しかったよ」

少年霊「…そっか」

女「でも、成仏できたんなら良いかなって思うよ。…それが本来一番良いし」

少年霊「そだね」



204: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)17:41:54 ID:AYV

女「何でいきなりそんなこと聞くの?」

少年霊「ん、なんとなく」

女「なんとなくって…」

女「…」

女「あのさ、あんたは…成仏とかしたくないの?」

少年霊「じょうぶつ?…」

女「…」

少年霊「したいよ?」

女「…!そ、っか。だよね、普通そうだよね…」

少年霊「うん」

女「あはは…」

女「…」

少年霊「…」



205: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)17:44:46 ID:AYV

母「…はぁ」

祖母「気になりますか」

母「勿論。だってあの子、あんなに楽しそうなのに」

祖母「そうねぇ…。お友達を奪われるのは悲しいもの」

母「前にもこんなことあったものね」

祖母「ええ…不憫な子ですよ」

母「こんなこと、私だってしたくないわ…」

祖母「…そうね」

母「はぁ…」

祖母「残りの時間にきちんと二人が、どうするか決めるでしょう」

母「…だといいけど」



206: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)17:48:37 ID:AYV

少年霊「…すぅ、すぅ」

女「…」ムク

女「…はぁ」

ガラッ

女(…寝れない)

女(…あーあ、だから霊に情をかけたくなかったのよ)

女(懲りてたはずなのになぁ…)

女「…」カツカツ

「お散歩ですか?」

女「うわ!?」ビクッ

初老「ああ、すみません。こんな時間に若い女性がいたんで、気になって」

女「あ、えっと。私ここの家の者で…ちょっと夜風に当たろうかと」

初老「そうですか…。ここの空気は澄んでいていいですね」

女「は、はあ」



207: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)17:54:13 ID:AYV

初老「…あなた、ここの家のお嬢さんということは…」

女「え?」

初老「祖母先生のお孫さん、でしょうか?」

女「え、祖母をご存知なんですか」

初老「ええ。以前大変お世話になったんですよ」

女「そうなんですかー。あ、まだ起きてるんで呼んできましょうか?」

初老「いえ結構です。どちらかといえば、あなたに用事が」

女「え?」

初老「…あなた、憑かれてますね?」

女「…!」

初老「実は私も霊能力者の端くれでして…。新幹線で見たときから気になっていたんですよ」

女「…あ。隣の席の!」

初老「ええ。大変元気で利発そうなお子さんを連れていましたね」

女「え、ええまぁ…」

初老「見たときから気になっていたんですよ。あなたは執着されている」

女「…」

初老「はっきり言いますと、危険です」

女「いいえ。そんなことありません」



208: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)18:10:29 ID:AYV

初老「あなたは若いから分からないんでしょうが…」

初老「私からすれば、あの子は一番危険なタイプです」

女「…」

初老「あなたと仲良くするあまり、あなたを自分の拠り所だと勘違いしている」

女「成仏させろって言いたいんですよね?そんなこと分かってます」

女「母にも進言されましたし、そうするつもりですけど」

初老「…そんな甘い問題ではないと思うんですがね」

初老「…まあ、いいでしょう。私は一応あなたの味方ですから」

初老「どうしても困った時は、こちらに電話を」

女「…名刺?」

初老「では。御機嫌よう」

女「…」

女「やーなジジイ」ボソ




209: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)18:14:23 ID:AYV

……


母「おはようー」

女「ん、おはよう」

母「随分早いのね、どうかした?」

女「どうかしたって、帰るのよ」

母「あら、今日だったっけ?」

女「忘れっぽいわねー…。あ、そだお婆ちゃん」

祖母「はーいー?」

女「昨日、お婆ちゃんの知り合いと会った。はいこれ」

祖母「まあ。名刺?誰かしら…」

女「なんか変なお爺さんだったよ。私に名刺くれたけど、いらない。返す」

祖母「あらそう…」ピラ

少年霊「む、…おはよー」

女「あ。あんた!今日帰る日だって忘れてたでしょ!早くしなきゃ新幹線遅れちゃうよ」

少年霊「えー!もう帰るの!?」




213: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)19:30:04 ID:AYV

少年霊「ちょっと待ってよー」

女「幽霊に身支度も何もないでしょ?早くしてよ」

少年霊「…」チラ

祖母「どうしたの?」

少年霊「おばあちゃん、その紙なに?見せて」

祖母「ああ、どうぞ」

少年霊「…」

少年霊「ありがとー」

女「じゃあ、お母さんお婆ちゃん、またね。お元気で」

少年霊「お世話様でしたー」ペコ

母「寂しくなるわね…」

祖母「本当。またいつでも帰っておいでね」



214: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)19:34:29 ID:AYV

女「…お母さん、大丈夫だから。私、ちゃんとあいつのこと解決する」

母「そう。困ったらいつでも連絡しておいでね」

女「うん。ばいばい」

少年霊「女ー、電車間に合わないよー」

女「はいはい、今行くっ」タタタ

「…女さん!」

女「…あ、青年さん」

青年「今日帰っちゃうって聞いて…。あの、元気でね」

女「青年さんも。色々お世話になりました」ペコ

青年「うん。あ、これお土産。持ってって」

女「…ありがとう」ニコ

青年「…またね」

少年霊「犬ばいばいね」ナデナデ

犬「…わん」



215: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)19:37:41 ID:AYV

女「…ふー」

少年霊「わー、どんどん遠くなっていく」

女「寂しいわね」

少年霊「うん。僕、あの家好きだったな」フワ

少年霊「あ、でも女と二人っきりのアパートも好きだよ。ふふ」

女「…」

女「ほら、座りなさい」グイ

少年霊「おお。いいの?」

女「うろちょろしないの。大人しくしてなさい」

少年霊「ふふ。お邪魔します」ストン

女(…帰ったら、こいつのこと調べよう。帰してあげなきゃ)

少年霊「やっぱ早いなー。かっこいい」

女「…」



216: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)19:41:34 ID:AYV

女「よい、しょっと」ガタ

少年霊「大丈夫?重くない?」

女「大丈夫よ。…っと」フラ

女「…!」グラ

少年霊「お、女!」

女「大丈夫。ちょっと立ちくらみしただけだから…」

少年霊「女、病気?具合悪いの?」

女「違うわよ…。大丈夫だから心配しないで」

少年霊「……っ」

女「…はぁ」

少年霊「…僕のせい、だ」

女「え?」

少年霊「…ううん。なんでもない…」



217: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)19:44:30 ID:AYV

女「ただいまー」

少年霊「ただいまー。うわ、懐かしいね」フワフワ

女「懐かしいって、数日くらいしか空けてないじゃない」

少年霊「やっぱり僕の帰る場所はここだなー。ふふ」

女「私の帰る場所だっての…」

少年霊「…女、まだ顔色悪いよ?」

女「女性にはこういう日もあるんだよ。少年君」

少年霊「…」

女「あーあ、移動だけでも疲れたわね。今日はまったりしよっか」ドサ

少年霊「うん…。あ、あのゲームしようよ」

女「おー、するかー」



218: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)19:48:43 ID:AYV

少年霊「…」スゥスゥ

女「…」カタカタ

女(ネットで調べられるのは事件事故くらいか…。当てはまるかな)カタカタ

女(えーと、13歳 少年 死亡…)カタカタ

女(…ヒットなしか)

女(ってことは事件事故に巻き込まれた可能性は低い、のか?)

女(明日大家さんに聞き込みしてみるか。あの人ここの古株だし…)

少年霊「…おーんな」ガバッ

女「!お、起きてたの?」バタン

少年霊「何かたかたしてたの?」

女「学校の調べ物…。うるさかった?」

少年霊「ううん」



219: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)19:54:24 ID:AYV

女「…ねぇ、あんたさぁ」

少年霊「なーに?」

女「何か思い出したり…した?その、生きてたころのこととか」

少年霊「…」

少年霊「ちょこっとだけ」

女「ほ、本当!?何で言ってくれなかったのよ、教えて!」

少年霊「うーんとね。僕は広い校庭のある学校にいて、あと自動車に乗ってた」

女「学校…って小学校かな?」

少年霊「うん、多分。そんで、誰か男の子と遊んでた」

女「自動車って、どんな車種?分かる?」

少年霊「車種は分かんない…。けど、運転席に女の人がいた」

女「その人は何歳くらい?あんたとどういう関係なの?」

少年霊「分かんない…」

女「そっか…。分かった、ありがと。また何か思い出したら教えてね」カリカリ

少年霊「うん」



220: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)19:56:25 ID:AYV

少年霊「ねぇ女、寝ないの?」

女「ん、じゃあ私も寝ようかな」

少年霊「はやくはやく」

女「当然のように私のベッドに行くのね…」

少年霊「ふふ」フワ

女(…あと何日くらいこうできるのかな)

女(…はぁ)

……




221: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)20:00:29 ID:AYV

少年霊「またお出かけー?」

女「そ。あんたも行くのよ」

少年霊「言われなくても着いていくけど。何処行くの?」

女(リストアップした近隣の小学校を当たる…)

女「ちょっと散歩よ。行こ」

少年霊「おお、散歩ー!アイス買って」フワフワ

女「はいはい…」


女「…いい天気ねー」

少年霊「ほんとだねー。アイスも美味しい」

女(…まずはアパートから一番近い小学校ね。どうかな)

女「あ、あー。こんな所に小学校あったんだー」

少年霊「何で棒読み?」

女「ど、どこが?めっちゃ感情篭ってたじゃない」

少年霊「そうかなぁ」



222: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)20:04:11 ID:AYV

ワーワー

女「ガキは元気ねー」

少年霊「…」

女(じっと見てるけど…どうかな)

少年霊「あ、あの子転んだ。あーらら」

女(脈なし、か?)

女「行こ」

少年霊「はいはーい」フワフワ


女(次はちょっと遠いけど隣の地区の小学校ね)

少年霊「今日はよく歩くんだね」

女「そう?探検みたいで楽しいじゃない」

少年霊「ん、そうだね」

女(…どうかな)

少年霊「そろそろ給食の時間かー」

女(…違う、ね)



224: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)20:08:56 ID:AYV

少年霊「ねぇー、もうお昼だよ。何か食べようよ」

女(…うーん?ここも違うのか…もうこれで3校目だけど…)

少年霊「今日の女なんか変」ズイ

女「何言ってるの。いつも通りよ!」

女「…っ」クラ

少年霊「!」

女「…っ、うえ…。きもちわる」

少年霊「お、女!大丈夫っ?」

女「あー平気。多分水飲まないで歩きすぎたせいね」

少年霊「……」

女「自販機で何か買って飲もうか」

少年霊「…」

女(な、なんだ。何で泣きそうなんだ)

女「ちょっとー。聞いてる?ジュースいらないの?」

少年霊「…いる」

女(おかしいのはそっちじゃない…。何なのよ)



225: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)20:13:00 ID:AYV

女「…ぷは」

少年霊「…」

女「はー乾いた体に染み渡るね」

少年霊「女、本当に大丈夫?」

女「うん。復活復活」ブンブン

少年霊「そう…」

女「さって、散歩再開しますか!行こー」

少年霊「…うん」


女(…ここが4校目。ここじゃなきゃもう今日は帰る)

少年霊「…あ」

女「!ど、どうかした?」

少年霊「あっちに美味しそうなうどん屋さんがあるよ」

女「…」ガク

女「あのねー…。流石に食事は外ではできないよ。私以外に見えてないんだから」

少年霊「ちぇー」

女「しかしお腹が空いたので入ってみるか」スタスタ

少年霊「なんだそりゃ…」



226: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)20:16:52 ID:AYV

女(ここら辺って、レストランもスーパーもあるし住みやすそうね)

少年霊「うっどん、うっどんー」フワフワ

女(土地代高いんだろーなー。なむー)

「なあ、今日の模試どうだったー」

「全然だめだった。もう最悪」

少年霊「…」ピタ

女「…どした?」

「俺数学の小テスト満点だったー!」

「うわ、すっげー!」

女(…個人経営の学習塾?)

少年霊「……」

女「ここ、知ってるの?」

少年霊「…」フワ

女「あ、待って!」

少年霊「……あ」クル

少年霊「……」クルクル



227: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)20:21:53 ID:AYV

少年霊「…」

「…今日も居残りか、偉いな……は」

「ん?お母さんの迎え…?ああ、そっか。迎え待ってるのか」

「すごいじゃないか、模試トップだぞ!お前天才だ!」

少年霊「……」クルクル

「…模試、どうだったの」

「あら。ここケアレスミスじゃない。もったいない…」

少年霊「…」クル

「塾のお金だって馬鹿にならないんだから、しっかりしてよ」

女「…ねぇ」

少年霊「…」フゥ

少年霊「ここ、知ってるよ」

女「!ま、まじで!」

少年霊「僕、ここで勉強してた。多分」



228: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)20:26:51 ID:AYV

女「クラスとか分かる?」

少年霊「そこまでは分かんない…。けど、優しそうな太った先生がいた」

女「名前は…分かんないか。ちょっと待ってて」

少年霊「ん」コクン

「帰り本屋寄って行こうぜー」

女「あ、ちょっと僕たちいいかな?」

小学生「…ん?えっと、誰?」

小学生2「なんぱ?」

女「違うわよ…。ちょっと聞きたいことがあって」

小学生「なーに?」

女「ここの塾に、太った先生っている?」

小学生2「ああ、塾長のこと?いるよー」

女「いるのね。ありがと!」タタタ

小学生「…?なんだろ」

小学生2「さあ?」



229: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)20:30:54 ID:AYV

女(怪しまれるかなー…。でもなりふり構ってられないや)

女「あ、あのー…」

女性「はい?あ、お迎えですか?」

女「い、いえ。塾長はいらっしゃいますか?」

女性「ええ。今丁度授業が終わったところです」

女「呼んでもらってもいいですか?」

女性「ええ、分かりました」

少年霊「おお、なんだかぐっと近づいてきたねー」

女「本当。探偵にでもなった気分だ」

塾長「…こんにちはー。どうかなさいましたか?」

女「あ、こ、こんにちは。えっと…」

少年霊「…塾長だ。覚えてる、社会の先生!」

女「ちょっと…お聞きしたいことがあるんですけど」

塾長「はい?」

女(…あ。何て聞けばいいんだ…)



231: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)20:40:46 ID:AYV

少年霊「…」フワフワ

女(そういえばこいつの名前すら知らないんだった…!どう聞けばいいの!?)

少年霊「…5年生、Sコース 受験番号14番」ボソ

女「!」

塾長「あのー…?」

女「あの、ここの塾にいた男の子を捜してまして」

塾長「はあ」

女「5年生Sコースにいて、受験番号が14番だった生徒…ご存知ありません?」

塾長「…」パチクリ

女(うっわあああああめっちゃ不審者見る目してるううう)

塾長「…少年、君?」

少年霊「…」

女「えっ」

塾長「いえ。同じ番号の生徒を担当してたことはありますけど」

女「そうですか!」



232: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)20:54:54 ID:AYV

少年霊「あ、合ってたんだ」フワ

女(ど、何処行くの!)

少年霊「幽霊にしかできないことがあるでしょー」フワフワ

塾長「でも…うーん、何時ごろの話ですか?」

女(五年生…っていえば、10、11歳くらいか?ってことはー…)

女(あいつは今13歳とか言ってたし、それが正しければ2、3年前か)

女「えーと、2年くらい前の…」

塾長「えーと…どうでしたけ…」

少年霊「みーっけ」ガララ

女「!!」

塾長「どうかしましたか?」

女「い、いえ…(何勝手にデスク漁ってんのよあのばか!!)」

少年霊「ふんふーん」ピピ

女(しかも勝手にコピー機使ってるうううう!?)

塾長「あのー?」

女「い、いやああはは、最近の模試ってどんどん難しくなってるんですかねー!?」



234: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)20:57:47 ID:AYV

少年霊「女、できたよー」フワ

女「!あ、あのっ、やっぱ失礼しますっ、ありがとうございましたっ」バッ

塾長「は、はあ…?」

女「…っ」ダッ

女性「…変な人でしたね」

塾長「…」ボー

女性「美人だからって鼻の下伸ばすな」バシン



女「…っ、大胆すぎんのよ!あんた!」

少年霊「だって今しかないって思ったんだもん」

女「あーもう、私完全に不審者じゃん!」

少年霊「どんまい」

女「誰のせいだと思ってんのよおお!」



235: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)21:03:17 ID:AYV

女「で、何その紙」

少年霊「塾に張ってある成績優秀者の紙ー」ヒラヒラ

女「それ、あんたのってこと?」

少年霊「多分ね」ピラ

女「…5年Sコース 番号14番… ●●小学校生、全国模試3位」

女「はあ?あんたがぁ?」

少年霊「そうみたい」フワフワ

女「全国模試3位って…めちゃくちゃすごいじゃない」

少年霊「そうなの?」

女「怪しいわねー…」

少年霊「●●小学校、かぁ。どこ?」

女(リストには載ってないんだけど…。帰って調べてみようかな)

女「じゃあ、今日の散歩はここまで。帰ろうか」

少年霊「いえっさー」



237: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)21:08:59 ID:AYV

女(…●●小学校)カタカタ

女(…なにこれ、ちょっと遠い地区じゃん)

女(うげー面倒臭い。ってか何で地元の塾行かないのよ)

女「…」カタカタ

女(あの個人塾、結構人気あんのね。へえ、成績も良いじゃん)

女(ってことは、結構教育熱心な家庭にいたのね)

少年霊「…」スゥスゥ

女(見る影もないけど)

少年霊「…ん」

女「…はあ」パタン

女(早く分かれば良いな…)

女(…本人が望んでるんだし。うん)

女「…」ナデ

少年霊「…ふふ」



238: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)21:13:31 ID:AYV

女「…」

女(なんか体ダルいな…。昨日歩きすぎちゃったかな)

少年霊「女ー。今日もお出かけなのー?」

女「うん。あんたも準備…」

少年霊「…ん、お留守番しときたいな」

女「え?」

少年霊「昨日いっぱい外でて疲れちゃった。ここにいるー」

女「そ。珍しいわね。じゃあ、多分昼ごはんまでには帰ってくるから」

少年霊「…●●小学校、5年1組担当、教師」

女「…それ、思い出したこと?」

少年霊「うん。その先生が何かあるかも」

女「分かった。行ってくる」

女(…ってか、薄々気づいてたけど、私があいつの身元調べてるってバレてたのね)

少年霊「いってらっしゃーい」



239: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)21:17:19 ID:AYV

バタン

少年霊「…」フワ

少年霊「…」スッ

少年霊「え、と。…」ピピピ

プルル プルル

「…はい、もしもし?」

少年霊「もしもし。僕の声、聞こえますか」

「…ああ、君か。祖母先生のお孫さんについてる…」

少年霊「はい。やっぱりあなただったんですね、大きい力って」

「君は鋭いなぁ…。あのお嬢さんでさえ気づかないことなのに」

少年霊「名刺見て、あなたのこと調べてみたんです」

「ほう」

少年霊「お婆ちゃんの元弟子で…。除霊が上手なんですよね」

「ああ、そうだよ」

少年霊「…」

少年霊「お願いが、あるんですけど…」



243: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)21:33:50 ID:AYV

女「…」ドキドキ

教師「ああ、この子…。少年君ですよね!覚えてますよー」

女(しょうねん、っていうんだ…)

教師「いやあ彼は優秀でしたよね。2年前だけどしっかり覚えてますよ」

女「そうですか…。で、少年君は、何かこう、変わったこととかは…」

教師「んー?変わったこと?ああ、ここだけの話なんですけど…」

女「はい」

教師「あの子、中学受験に失敗しちゃって」

女「は、はあ」

教師「インフルエンザにかかっちゃってたんですって。実力は十分だったんですけどねー」

女「中学…。あの、その後とかって分かりませんかね?」

教師「…えーと、ううん…」

女「な、なにか?」

教師「…噂で聞いたから確かではないんですけど」

女「はい」

教師「中学校には、行ってないというか。不登校なんじゃないか、って…」

女「なるほど。ありがとうございました」

教師「いえいえ。児童福祉局の人も大変ですねー」

女「は、はい」

女(これバレたらまずいかしら。でもあの人3歩歩いたら忘れそうだし、いっか)



245: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)21:39:49 ID:AYV

女(でも収穫はばっちりね。●●小学校卒、少年君。中学はこの近くね)

女「次は、中学校ね。中坊でも捕まえて聞き込みしよ…」クラ

女「…う」ガクン

女(うう、最近どうしたんだろ。田舎にいたから反動とか?)

女「…っ」

女(頑張らなきゃ。あの子のためにも…)

……




247: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)21:43:31 ID:AYV

バタンッ

女「た、ただいまっ」

少年霊「…んー」フヨ

女「ちょ、ちょっとどいてっ。パソコン使わせてっ」ダダダ

少年霊「…」

女「……」カタカタ

女「や、っぱり…!」

少年霊「…」

女「ねえ聞いて!あんたの身元がようやく分かりそうなの!」

少年霊「だから?」

女「だから、って。あのね…!」

少年霊「どうでもいーい」フワフワ

女「はあ!?自分のことでしょ、何よその言い方っ」

少年霊「…うるさいなぁ」

女「!なっ…」

少年霊「…」



249: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)21:47:55 ID:AYV

女「わ、私こんなに調べてるのに。何その態度」

少年霊「頼んでないけど?」

女「…なっ…」

少年霊「だいたいさあ、あんた必死だよね。笑っちゃうよ」フワ

女「…どうしたの、一体?」

少年霊「どうしたもこうしたもないでしょ」

少年霊「僕に隠れて、こそこそ僕のこと調べあげちゃってさ」フワ

女「だって、成仏するには記憶が…」

少年霊「じょうぶつ、ねぇ」

少年霊「そんなに僕に成仏してほしいんだ?」

女「…っ。それ、は。あんたが望んでることだし…」

少年霊「嘘だー。僕が邪魔だから一生懸命成仏させようとしてんでしょ」

女「は、あ?違っ…」

少年霊「違わない。あんたってそういう人だったんだね」

女「本当にどうしちゃったのあんた…?」



252: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)21:53:59 ID:AYV

少年霊「…くす」フワ

女「…っ」

少年霊「僕、成仏なんてしないよぉ」

女「ど、どうして」

少年霊「…あんたって、本当にお気楽者だよねー」スッ

バチンッ

女「…きゃっ!なにっ。暗いっ…!」

「本当、馬鹿みたい。皆して僕を良い霊だって思い込んじゃってさー」

女「…っ、明かり点けて!やめなさい!」

「だから気をつけろって言ったじゃん」

女「…や、な、に。体…重いっ…」

「あんたは、悪いのを呼んじゃう体質、なんだってさ」

女「…っ、ぁ…!」

「最近、頭がくらくらするでしょ?体がだるいでしょ?」

女「…!」

「僕があんたの命を吸い取ってるから、なんだよ?気づかないの?」

女「…え」



254: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)22:01:20 ID:AYV

ギシッ

女「!…っ」ビク

「あんたが弱るたびに、僕はどんどん強くなっていくんだよ」

女「違う。嘘よ!」

「嘘じゃないよ。証明してあげよっか?」

女「…!」

少年霊「…捕まえたっ」ガシッ

女「…や、めっ…!」

少年霊「あはは、本当に弱い。今まで無事だったのが不思議なくらい」ギリギリ

女「…っ、うっ…」

少年霊「力抜けてくでしょ?このままあんたの体、貰っちゃってもいいかなぁ?」クスクス

女「はぁ、はぁ…!」

少年霊「答えないの?じゃあ、いいんだね」ギシッ

女「……っ、いやあああああああああっ!!!」バッ

少年霊「あはは、逃げるの?無駄だってば」フワ

女「…っ、来ないで、嫌っ…!」

少年霊「くす。あはは、おっかしい…。あははは…」フワフワ

女「…っ!」ブン

バラバラ

少年霊「…!」



255: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)22:06:31 ID:AYV

少年霊「…なに、塩?」

女「…はぁ、はぁ…」

少年霊「…ふふ」

女「……」

少年霊「震えてる。僕が怖い?」

女「…っ」

少年霊「…そう。それでいい。最初からそう思ってれば良かったんだよ」フワ

少年霊「…あーあ、もうあんたはやめた」

女「……」

少年霊「今度はもうちょっと隙のある奴にしとく。あんたは用済み」

少年霊「あんたもこれを機に、警戒心を持ちなよね。じゃ」クル



女「…っ、はぁ、はぁ…」ドサ

女(体、軽くなった…!息が止まりそうだった…!)

女「…」

女(あんな、あんな強い力初めてだった…。こわ、かった…)



269: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)08:18:10 ID:JW2

……


女「…」ムク

女(…あいつ、昨日は結局帰ってこなかったな)

女「…はぁ…」

僕に成仏してほしいんだ?

女「…」ゾク

女(昨日の、一体何だったんだろう。あんなに怖かったのいつぶりだ)

女「…」

女(おばあちゃんに、連絡してみようかな…)ピピピ

女(…ん?何これ。履歴に見たことない番号が…。ってか私昨日電話使ったっけ?)

女「…?」

プルル プルル

「はーいー」

女「あ、お婆ちゃん。私だけど…」

「…女?何があったの?」

女「…お見通しってわけね。それが…」



271: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)08:23:09 ID:JW2

「あら、そう…」

女「あんなこと初めてで、私どうしたらいいか…」

「実はね、私も昨日あなたと幽霊君が離れ離れになる夢を見たの」

女「そうなの?」

「けれど、どうしてかしら…。いつもよりずっと不鮮明でもやもやして」

「こう、物凄く強い力が無理矢理あなた達を引き剥がしてるみたいな…」

「…でも、それに幽霊君は納得しているの。顔が穏やかだったし…」

女「強い、力?納得?」

「…おばあちゃんにもよく分からないの。こんなこと初めて」

女「……」

「もう少し若ければ、何か見えたのかしらねぇ」

女「…ううん。十分だよ」

女「……」

「思いつめちゃいけませんよ。また悪い癖が出てる」

女「うん、分かってる」



272: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)08:26:18 ID:JW2

ガチャ

女(…強い力)

女(そういえば前にも聞いたことがあるような気がする)

女「…」

女「…思い出せん」

女(本当にもう、どこ行っちゃったの。それとも、やっぱり悪霊だったの?)

……


「いいんだな?」

「はい、お願いします」

「分かった。場所を移そうか」

「…」



273: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)08:33:10 ID:JW2

女「…」

少年君、ですか

うん。何か知ってること、ない?

少年…何か分かる?

え、あんた知らないの?一年の間で噂になってるじゃない

うちら二年だよ…。そこまで耳広がらないって

えっと、噂なんですけど

…うん

少年君、……で……

女「…」ゴロ

女「…っ」ズキ

女(あったま痛い…もう、最近何なの…)



「…はい、お願いします」

女「…え?」

ガチャ

女「…なに、今の」



274: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)08:37:10 ID:JW2

女(一瞬、何か見えた)

女(電話をつかう…あいつ?)ムク

女(も、もしかしてこれ透視とかそういうやつ?私にもできるんだ)

女「…私がいない間に何してんのよ…」

女「……あ」

女「この番号、もしかして…」

……


祖母「…」

母「お母さん、昼寝するんならちゃんと毛布かけて…」

祖母「…!」ガバッ

母「うわああああああああああ!?」ビクッ

祖母「……あんの馬鹿たれ!まだそんなことやってたの!!」

母「え、え!?何?どうしたの!?」

祖母「…母、電話持ってこんね!女に繋ぎなさい!」

母「え?り、了解」



276: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)08:41:43 ID:JW2

祖母「……」

母「お母さんどうしたの。何が…」

祖母「今はっきり見えたが。幽霊君の居所が」

母「そうなの?」

祖母「…私の不注意だった。まさかあの人が近づいてるとは思わなかった」

母「…誰?」

ガチャ

「はい、もしもし」

祖母「女っ。大変なことになってるが!よく聞きなさい!」

「…お婆ちゃんも見えた?私も今、気づいたの」

祖母「流石私の孫ねぇ。何が見えた?」

「電話をかけるあいつ。何かを必死に頼んでる」

祖母「それじゃが。誰か心当たりあるね?」

「……初老の、男」

祖母「そう。よく聞きなさい、あの男は昔私が面倒見てた弟子なの」



277: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)08:49:26 ID:JW2

「弟子?」

祖母「そう。優秀な力を持ってたけど、恐ろしく高慢ちきだったが」

祖母「あいつはね、成仏の時期、条件、霊体の意志関係なく成仏させられるの」

「…なっ」

祖母「危険だから止めなさいと何度も忠告した。けれど聞く耳を持たんと」

「じゃあ、あいつまさか」

祖母「…いい、女。あいつの除霊は危険だけど、確かに成仏できる」

祖母「それがあの子のためになるか、しっかり考えてごらん」

「…ならないよ、お婆ちゃん。自分が何者か分からないで消えるなんて、駄目」

祖母「そうね。じゃあ、よく聞きなさい。あとはあんたがどうにかするのよ」

「分かった」

祖母「あいつの住所を言うから、しっかり覚えなさい。いいね」

「…うん!」



278: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)08:54:37 ID:JW2

少年霊「…変なにおい」

初老「除霊に必要なものなんだよ。さ、そこの中心に座って」

少年霊「…」ストン

初老「最後になにか言いたいことはあるかね?」

少年霊「ないよ」

初老「分かった。じゃあ、始めよう」

少年霊「…」

ピンポーン

初老「…ん?」

ピンポンピンポンピンポンピンポンピンポーン

少年霊「ぴんぽんだっしゅ…?」

初老「ちっ…儀式は始まってる。無視して集中しなさい」

少年霊「う、うん…」

ドンドンドン!ピンポンピンポンピポピポピポピンポーン

初老「…」イラッ

少年霊「うるさ…」



279: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)08:58:50 ID:JW2

初老「いいか、逃げるんじゃないぞ。分かったな」

少年霊「はーい」

初老「…ったく」ブツブツ

ピポピポピポピポピポピポ…

初老「はい!どちらさんですか、うるさいですよ!?」ガチャッ

女「こんの馬鹿ぁああ!」ガシッ

初老「うお!!!?」

女「あいつ何処にやった!今すぐ返しなさい!返せ!」

初老「な、何のことだ!やめろ!離せ!」

女「しらばっくれんじゃないわよ!あんたのやり方は間違ってる!つれて帰る!」

初老「そっちこそふざけるな!あれは私の獲物だ!返さん!」

<ギャーギャー

少年霊「…いつまで正座してればいいの?」



280: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)09:03:59 ID:JW2

女「おい!クソガキ!!そこにいんでしょ、出てきなさい!」

少年霊「…!」ビク

女「何でこんなことするのよ!勝手に逝くなんて許さないよ!」

少年霊「…おん、な」

初老「馬鹿が!もう儀式は始まってる!あの悪霊を外に出してはならん!」

女「悪霊!?あいつが悪霊なわけないでしょ!だから退けジジイ!!」

初老「警察呼ぶぞこの小娘!!」

女「呼べばいいでしょ!…っ、どけっ!」ドン

初老「うわ…!!」

女「…っ!」ダッ

初老「こら、待て!やめろ!」

ガラッ

少年霊「…!」

女「はぁ、はぁ…。やっぱりいた」

少年霊「お、女…」

女「馬鹿なことやってないで、帰ろう。あんたの身元は私が責任取るんだから」

少年霊「…」

少年霊「や、だ…」



281: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)09:09:06 ID:JW2

女「どうして!こんな成仏間違ってるよ!」

少年霊「…来ないで!」

パリンッ

女「!」

少年霊「こ、今度は女の頭の上に落とそうか?」

女「…どうしてこんなことするの?」

少年霊「…っ」

パリンッ

初老「だ、だから言っただろう!悪霊だ、君を傷つけるんだぞ!」ヨロヨロ

女「黙ってろ!…ねえあんた、あんたも本当は嫌なんでしょ?」

少年霊「…っ、今度は本当にやるから」

女「やれば?」スッ

少年霊「!く、来るなってばぁ…!」

女「できるわけないでしょ、あんたに」

少年霊「…っ、僕は悪霊なんだ!あんたを取り殺すことだって簡単にできるんだ!」

女「…」

少年霊「来るなぁああ!!」



282: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)09:13:26 ID:JW2

女「…っ」グイ

少年霊「やっ…!」

女「何を怖がってるの。私はあんたの味方なのに…」ギュッ

少年霊「……っ」

女「帰ろう、一緒に。私が全部解決してあげる」ギュウ

初老「い、いかん!振りほどけ!」

少年霊「……」

女「ね、お願い。あんたとこんなお別れするなんて、嫌だよ」

少年霊「…っ」

少年霊「ぼ、僕だって…」

初老「おい!話が違…」

少年霊「僕だって、嫌だよ…」ギュ

少年霊「で、でも。僕が女から離れないと、女の体が悪くなっちゃうんだよ…!」

女「なにそれ、初耳」

少年霊「お婆ちゃんも言ってたし、本当だもん…」



283: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)09:17:07 ID:JW2

女「…」

少年霊「僕が居ると女に迷惑がかかる。僕、さっさとこうするべきだった」

女「…間違ってる」

女「私の気持ちは無視なのね。自分勝手すぎるよ」

少年霊「ち、が…」

女「うん。あんたは私を守ろうとしてくれた。だから、今度は私が恩返しする番」

少年霊「…っ」

女「ね」

少年霊「…女、女…」ギュウウ

女「実はね、もうあんたが誰か目星はついてるんだ」

少年霊「そう、なの?」

女「だから私に任せて。あんたをちゃんと帰してあげる」

少年霊「…うん…」

初老「…なんだこれ」ポツン



284: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)09:21:37 ID:JW2

女「お騒がせしました」ペコ

少年霊「しましたー」ペコ

初老「…」

女「えっと、乱暴しちゃってごめんなさい。けど、あなたのやり方は間違ってます。改善すべきです」

初老「む…」

女「お婆ちゃんの弟子なら、もっとお婆ちゃんのやりかたを見習ってください」

初老「先生か…。何か言っていたか」

女「怒ってました」

初老「…だろうな」

女「あなたは悪い人じゃないと思います…。けど、良い霊がいるってことも覚えておいてください」

初老「…ああ」

女「それじゃあ、本当、申し訳ありませんでした」ガチャ

バタン

初老「…はぁ」

初老「しっかりしたお孫さんですね、先生…」



285: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)09:26:04 ID:JW2

少年霊「ねぇ女、これからどこ行くのー」

女「着いてからのお楽しみ」

少年霊「…む」

少年霊「…あのね、女」フワ

女「なーに?」

少年霊「僕ね、女に言ってないことがあった」

女「何よ」

少年霊「…記憶、ね。本当はもっと思い出してたけど、言わなかった」

女「ふーん…どんなの?」

少年霊「…お母さんの、記憶」

女「…」

少年霊「お母さんに、死ねって言われた記憶」

女「…そう」

少年霊「僕、何回もお母さんの期待を裏切った。だから、バチがあたった」

女「…」

少年霊「勉強も、全然…。お母さんの言うとおりにできなかったし」

女「あんたは頑張ってたよ」



286: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)09:28:41 ID:JW2

女「…結局昨日一日中あんたのこと調べまわったの」

少年霊「そう」

女「あんたの名前は、少年って言うのよ」

少年霊「少年…」

女「そう。頭が良くて、優しくて、お母さんを大事にする子だった」

少年霊「…」

女「さ、着いた。ここだよ」

少年霊「…病院?」

女「おいで。大丈夫、私が居る」

少年霊「…うん」フワ



287: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)09:30:53 ID:JW2

少年霊「…」

女「どう、何か思い出す?」

少年霊「ううん」

女「そう。…ちょっとここで待ってて」

少年霊「はーい」

女「…」タタタ

女「…はい、面会をお願いしたいんですけど」

女「215室ですね。はい。ありがとうございます」

少年霊「…」フワフワ

女「行こ」

少年霊「…うん」



288: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)09:34:36 ID:JW2

女「…今から、あんたの正体が分かる」

少年霊「…」

女「怖い?」

少年霊「…」コクン

女「どうして?」

少年霊「僕、…正体を知ったら消えなきゃいけないから」

女「…」

少年霊「女ともう、会えなくなる…」

女「さっきまで勝手に消えようとしてたくせにねー」

少年霊「だってあれは…。決心が、ついてたけど」

女「大丈夫。これでいいんだよ」

少年霊「…」

女「エレベーター着いた。ここだよ」

少年霊「…うん」フワ



289: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)09:38:08 ID:JW2

女「…」カツカツ

少年霊「…」フワフワ

女「…ここ」

少年霊「…」

女「手、繋ごうか。大丈夫だよ」

少年霊「うん…」ギュ

女「入るよ」

少年霊「…」

ガラッ

看護師「…あら?」

女「あ、面会です。…大丈夫ですか?」

看護師「ええ、勿論。ごゆっくりどうぞ」

少年霊「…」

女「だってさ。おいで」

少年霊「…」スゥー

少年霊「…」ハァー

女「…」

少年霊「…うん。男だからもう、覚悟…決める」



290: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)09:41:58 ID:JW2

少年霊「…」フワ

女「…これを見れば、きっとあんたの記憶も戻るよ」

少年霊「…っ」

女「…少年」

少年霊「…!」

おかあさーん、塾のテストで100点とったー

…偉いわね、少年は。良い子

少年「…ぁ」

お母さん、あのね、今度の模試…

…今忙しいの。後にして

女「…」

おかあさん、ごめんなさい……

いい加減にして!そんなんじゃ、お父さん帰ってこないわよ!

少年霊「…これ」




少年「…」

少年霊「…僕、だ」



291: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)09:47:49 ID:JW2

女「…少し前、隣の地区で一人の中学生が自殺を図った」

少年霊「……」

女「彼は中学受験に失敗し、親は離婚していた」

少年霊「……」

女「母親から大きなプレッシャーを受けていた彼は、ある日突然失踪して」

少年霊「…思い出した。僕、手首を切った」

女「…」

少年霊「お母さんが、あんたなんか生まなければ良かった、死ねば良いって言ったんだ。それで…」

少年霊「病院、女のアパートの近くで…」

少年霊「僕、救急車の中で自分を見下ろしてた」

少年霊「そしたら急にどうしても逃げたくなって、飛び出して…」

女「丁度近くに私のいた部屋があった」

少年霊「…うん、そうだ」



292: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)09:51:54 ID:JW2

看護師「…この子にお友達がお見舞いにくるなんて、初めてですね」

女「…そうなんですか?」

看護師「ええ。お母様は毎日いらっしゃいますけど…」

女「…お母さんは、何て」

看護師「毎日泣いてます。かわいそうに、一人息子だったんですから」

女「…」

看護師「じゃあ、私はこれで」

バタン

少年霊「僕、生きてるよね?」

女「そう。ただ二つに分かれちゃったのね。あんたと、体と」

少年霊「僕は生霊、だったんだ」

女「そう」

少年霊「…そっか…」フワ

女「どうする?」

少年霊「…戻れる、かな」

女「手伝う。やってみよう」

少年霊「うん。お願い」



293: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)09:55:14 ID:JW2

女「…目を閉じて、意識を集中して」

少年霊「…うん」

女「自分の体に戻りたい、って強く思うの」

少年霊「…」

女「ゆっくり、ゆっくりでいい」

少年霊「…」

女「自分と、体が重なるところをイメージして」

少年霊「…」

女「もう少しだよ」

少年霊「…」

女「よし、じゃあ、体の胸に触れてみて」

少年霊「それ、したら…僕はいなくなるの?」

女「ううん。帰るんだよ」

少年霊「女は…女の子とは、忘れちゃうの、かな」

女「…」

少年霊「…嫌だ」



295: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)10:00:14 ID:JW2

女「…」

少年霊「…けど」

少年霊「女が、手伝ってくれたから…。帰る」

女「うん」

少年霊「あのね、僕、女のこと忘れない。絶対」

女「私も、忘れないよ」

少年霊「…ふふ。女、ほわほわだね」

女「え?」

少年霊「紫の嫌なのがなくなってる。もう、僕が居なくても大丈夫」スゥ

女「…少年」

少年霊「あ、ちょっと待って」スッ

女「!あ…」

少年霊「えい」チュ

女「!あ、あんた何っ…!してんの!?」

少年霊「あはは、こわーい。逃げろー」フワ

女「こら、待て…!」

少年霊「くす。ばいばい。女、大好き」スゥ

女「…!」



296: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)10:03:46 ID:JW2

女「…きえ、た」

女「…最後に何してくれちゃってんのよ」

少年「…」

女「…起きなさいよ」

少年「…ん」モゾ

女「……!」

ガラッ

少年母「…あら、どなた?少年になにか…」

少年「…おかあ、さん」

少年母「…!!」

少年母「少年っ…!?意識、戻ったのね!?」バッ

女「…」

少年「おかあさん、ごめん…なさい」

少年母「何言ってるの!私が、私が悪かったの!ごめんなさい、ごめんなさい…!」ポロポロ



297: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)10:06:38 ID:JW2

少年「…」ギュ

少年母「うう…っ。ぐす…」

少年「…」チラ

女「その、良かったね。少年」

少年「…あ、の」

女「…」




少年「…誰、ですか…?」

女「…」

女「…ふふ」クス

女「えーっと、あなたの先輩。ちょっとお見舞いに来たの」

少年「え、…?」

女「…じゃあね。ばいばい」クル

少年「……」

バタン



298: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)10:11:08 ID:JW2

女「…ふー」ノビー

女「…一件落着、か。うどんでも食って帰るか」

プルルル プルルル

女「…って何。もうへとへとなんだけど…」ピ

「…終わったのね、女」

女「あ、お婆ちゃん。うん、今終わったとこ」

「そう。あの子、どうだったの」

女「簡潔に言うと、生霊だった。本体に戻しておいたわ。あーあ、つっかれた」

「…」

女「しかもさあ、あいつ私のこと忘れてやんの。あんなに恩あんのにね」

「女、大丈夫なの」

女「なにが?全然…大丈夫だけど」

「辛かったらまたいつでも帰ってきなさいね。婆ちゃんはあなたの味方よ」

女「…あはは。だから、大丈夫だってば。もう切るね」

「ええ」

ピッ

女「…」

女「ふー」ゴシ



303: ♂阿部♂アッー!♂◆Nn2KKZDtL2 2015/03/11(水)11:21:15 ID:Jo8

(´;ω;`)



332: 名無しさん@おーぷん 2015/03/15(日)16:33:01 ID:sg5

女「…」スタスタ

女ぁー

女「…」スタスタ

女、お腹すいたぁ

女「……」スタ

女の怒りんぼ、ケチ!

女「……っ」

大家「あら、女ちゃーん。お帰りー…って」

女「あ、大家さ…」

大家「あなた、どうしたの。泣いて…」

女「なんでもありません!あはは、花粉症っすよ花粉症」ガチャ

大家「…女ちゃん?」

女「…忙しいんで、ごめんなさい」

バタン

大家「…」




334: 名無しさん@おーぷん 2015/03/15(日)16:35:22 ID:sg5

女「…」ポイ

女「…」ドサ

女「……」

女(もう…)

女(もう、いないんだな)

女(私一人になっちゃったんだな)

女「…」ゴシゴシ

女「…」ノソ

女(ご飯、もうカップラーメンでいいや)

女「…ん」

女(なにこれ、冷蔵庫にメモ…?何時の間に)

女「……」ピラ



337: 名無しさん@おーぷん 2015/03/15(日)16:39:21 ID:sg5

女「…きったない字。しかも私のスケジュール帳破いてるし」

女「…」

女へ

ぼくはそろそろいなくなります。たぶん。

なんで分かるかというと、なんとなくです。

女はぼくがいなくなると、かなしいと思います。なくと思います。

女「…」

けど、女は生きてます。

女「…」

ぼくと違って、だれにでも見てもらえて、しゃべってもらえます。これってすごいことなんです。

女はかわいいです。やさしいです。

女「…」

だから、ぼくをわすれるくらい、もっといっぱい友だちをつくってください。

かれしは、せいねんくんがいいと思います。かっこいいから。

女「…」

さいごに。

女、いままでありがとう。ぼくはあなたがだいすきでした。

女「……」



338: 名無しさん@おーぷん 2015/03/15(日)16:41:32 ID:sg5

女「…なにが」

女「何が…」

女「……っ」ゴシゴシ

女「ばっかみたい……」

女「誰が泣くか!誰がっ……」

ポタ

女「……っ」

ポタ ポタ

女「…少年」

女「…ぐすっ…っ。…ああああ…」ポロポロ

女「うわああああああああ……!」



339: 名無しさん@おーぷん 2015/03/15(日)16:47:43 ID:sg5

……


女「…」ボー

祖母「女ちゃん、大丈夫なの?」

女「…」

母「ほら、鼻水拭きなさいよ汚ないわねー」

女「…」ブーン

祖母「よしよし。女は偉いわね。あの子の前では泣かなかったんだもの」

女「…」コク

母「…にしてもあんたメソメソしすぎじゃない?もう帰ってきて二週間よ」

女「うっさいわねー」ズビッ

母「うっさいわねー、じゃないわよ。大学もそろそろ始まるじゃない、失恋くらいでいつまでもメソメソしないの!」

女「し、失恋じゃないし!うるさい!!」ポロポロ

祖母「母、やめなさい。好きなだけメソメソさせなさいよ」



340: 名無しさん@おーぷん 2015/03/15(日)16:51:20 ID:sg5

祖母「しかし家に篭っていつまでも泣くのは良くないわ」

女「…でも」

祖母「ということで、買い物行ってきて頂戴よ。外で泣いてリフレッシュしなさい」

女「えええええ」

母「はいバッグ持って。行った行った」

女「…あんまりよ」グス



犬「わんわん!」

青年「お、おいどうしたんだよ!」

女「あ、青年君…。こんにちは」ズビ

青年「あ、女ちゃん!あはは、久しぶりに出てきたね」

女「毎日会ってたじゃないのよ。暇なの、あなた?」

青年「だっていつまでも君が泣いてるから…。励ましてあげなきゃって思って」

女「はいはいどうもね」ズビ

青年「よく涙枯れないね…。まだ泣いてる」



341: 名無しさん@おーぷん 2015/03/15(日)16:55:02 ID:sg5

犬「わんっ!」バタバタ

女「…今日、そのこなんか元気ね」

青年「そうなんだよ。女ちゃんが前に来たときもこんな吠えてた」

女「…そ」

青年「ねぇ。いい加減、いつまでも泣いてる理由を教えてよ」

女「…」

青年「俺には言えない理由なの?俺、君の役に立ちたいんだけど…」

女「…」ピタ

青年「女ちゃん、その。俺は君が…」

犬「わんわんわんっ!!」

女「…あ、れ」

青年「え、ちょ。うわっ!」グイ

犬「ばうばうばう!!」ダダダ

青年「良いところだったのに!この犬!待てオラァ!」

女「…っ」タッ

青年「え、ちょ。女ちゃんも何処行くの!?おーい!?」

女「…」タタタ



342: 名無しさん@おーぷん 2015/03/15(日)16:58:11 ID:sg5

犬「…」タタタ

女(なんだろう、この感じ)タタタ

女(胸がどきどきする。なに、これ)タタタ

犬「…わんっ」クル

女「…バス停、だ」

犬「わん」チョコン

女「…ここで待てば良いの?」

犬「わふっ」

女「分かった。ありがとう」ナデナデ

犬「…」プイ

女「……」

女(近づいてくる)

女(ゆっくり、懐かしい感じが。近づいてくる)

女「…」ポロ

犬「わふ」

女「……っ」ポタポタ



343: 名無しさん@おーぷん 2015/03/15(日)17:01:24 ID:sg5

ブロロロ…

女「…あ」

犬「わん!わんっ、わん!」

女「バス…」

犬「わん!わん!」グイグイ

女「…うん。分かってる」スクッ

「…●●、停車します。ご利用ありがとうございました」

女「…」

トン トン

女「…」

犬「わんっ!」

ブロロロ…





少年「…」トン

女「……」




344: 名無しさん@おーぷん 2015/03/15(日)17:05:47 ID:sg5

犬「…わん!」バッ

少年「う、わ。ひゃっ…!」

犬「わんわん!わう!」パタパタ

少年「も、もう何。この犬。お座り!」

犬「わん!!!」

少年「お座りってば、ねえ!」

女「…」

少年「…もう」

女「…」

少年「…この犬さ、全然僕の言うこと聞かないよね」クス

女「…そう、だね」





少年「…女。ひさしぶり」

女「…!」



346: 名無しさん@おーぷん 2015/03/15(日)17:09:46 ID:sg5

少年「…ふふ」

女「…」

少年「女、泣いてる」

女「…」

少年「すっごい馬鹿みたいな顔して、泣いてる」

女「…っ」

女「あ、あんたが、言うな…!」

少年「あはは、そうだねー」

女「…どう、してよ。忘れたんじゃなかったの…?」

少年「…僕、忘れたりなんかしない」スッ

女「…な」

ギュ

少年「女のこと、大好きだから。絶対忘れない。何度だって思い出す」ギュウ

女「…!」

少年「女は?」

女「…い、言わなくても分かるでしょ」

少年「…んー?」

女「…っ」




女「忘れるわけないでしょ!」ギュウウッ

少年「あはは、痛いよ女ー」

犬「わん、わんっ!」

お終い。



347: 名無しさん@おーぷん 2015/03/15(日)17:10:11 ID:yo3

乙!



350: 名無しさん@おーぷん 2015/03/15(日)17:12:41 ID:70a





351: 名無しさん@おーぷん 2015/03/15(日)17:13:27 ID:sg5

途中いなくなってすまんな…
前作と似た流れになったけどまあいいや。
ショタは日本の宝です,以上!



352: 名無しさん@おーぷん 2015/03/15(日)17:15:13 ID:hat

ふぅ...
>>1本当にお疲れさまでした



354: 名無しさん@おーぷん 2015/03/16(月)00:43:04 ID:4db

1乙!
次回作も期待してるぜ!



◆関連記事

メイド「二人きりになってしまいましたね、坊ちゃま」 少年「うん、そうだね」

少年「おいオカマ野郎、一緒に帰るぞ」男の娘「言われなくても」

少年「その『忠告』を受け入れなかったのは君だ」
 

おすすめ記事リンク!