1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/06/24(金) 21:27:17.365 ID:6wjYbI0ba.net

妖精「やっぱり人じゃないと嫌ですよね...」

俺「人っていうかサイズがさぁ。ほら、ね?」

妖精「小さい女の子が好きって言ってましたよね?」

俺「そうだけど...限度ってものがね」

妖精「小さすぎたらだめなんですか?なんでですか?」

俺「...体の相性とかあるじゃん?」

妖精「なんですかそれ?」

俺(妖精ってもしかしてエッチしないのか)

妖精「小さくても気持ちがあればよくないですか!?」

俺「...そ、そうだね。でも俺も男だから性欲があって。君とはそういうことできないから浮気しちゃうかもーって」

妖精「あぁぁ!........そういうことだったんですね///」

妖精「それならそうと早く言ってください...妖精はしませんけど人間が愛しあう時にする行為なら本で学んで練習してきました...私なりに....ですけど....」

俺「そんなことしてたの!?...いや、すごいね」

妖精「だから証明するんで//......脱いでください」

俺「そんな、いいよっ。俺付き合うつもりないし。ごめん」

妖精「あなたのために練習してきたんですっ...せめて一度味わってから考え直してくださいっ!」スポッ

俺「うわぁ!パンツの中に!?」



5:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/06/24(金) 21:28:36.790 ID:vuwM7oZFd.net

パンツ脱いだ

6:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/06/24(金) 21:28:37.080 ID:tmcG7gYd0.net

亀頭頬擦り

7:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/06/24(金) 21:29:53.174 ID:0+xn8LJQ0.net

妖精の全身ズリ結構好き

8:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/06/24(金) 21:31:34.680 ID:6wjYbI0ba.net

妖精「これがあなたのなんですね....想像よりちっちゃい...?あっつ!」ツンツン

俺「ふぁっ....」

妖精「歪な形ですけどあなたのだと思うといとおしいです」ダキッ

俺「うっわ(女の子が俺のちんこに抱きついてる...)」

妖精「あ、そっか。大きくなるんでしたね....すごい...私の腕の中でどんどん大きくなって....ハァァ...///」

俺(妖精を侮っていた...これはやばい!俺は踏み入れちゃいけない領域に片足を)

妖精(私で大きくなってくれてる...私で興奮してくれたんだよね。頑張れば私でもお相手できるってこと証明しなくちゃ...太股で真ん中をしごいて手でカリと色んな所をまさぐって舌で裏筋を丹念に....)

俺「フォォォォォォ!!!」ビクビク

妖精「どうしました?気持ちいいんですか?私気持ちいいですか?」サワサワペロペロ

俺「やばい....」

妖精「ふふふっ....すごいビクビクしててネズミに乗ってる気分ですよ...脈動が伝わってきます///」

俺「とてもいけないことをしてる気分だよ...」

妖精「いけないことですよ?本来妖精は人間と体の関係を持つことを禁止されていますから...私はあなたを好きすぎてタブーを犯してるんです...だからこんなこともできちゃいます」ズポポ

9:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/06/24(金) 21:34:46.392 ID:peyU6D4iM.net

フォォォォwwwww

10:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/06/24(金) 21:35:02.633 ID:0+xn8LJQ0.net

俺「フォォォォォォ!!!」

続けて?

11:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/06/24(金) 21:37:27.597 ID:6wjYbI0ba.net

俺(皮の中に頭すっぽり入れちまってるよ...息できんの?....)

妖精(顔全部包まれて....暖かくて柔らかくて安心する....不思議な気持ち。なんだか産まれる前こんな所に居たような....はっ!)

妖精(気持ちよくしてあげなきゃ!とりあえずおもいっきり顔スリスリしてあげればいいかな?)スリスリスリ

俺「うっ...くすぐった...」

妖精(なんかヌルヌルしてきた...精子出ちゃったのかな?....あ、ここだ。尿道。えいっ)ズボッ

俺「なんか入ってきた!?」

妖精(すごい....舌が全部入っちゃった。ぐるぐるすれば気持ちいいかな?)

俺「フォォォォォォ!!!」

妖精(気持ちいいみたいね....もっともっと)

妖精(あ、息苦しくなってきた。一度息継ぎに出なきゃ....あれ?髪が引っ掛かって皮から抜けない!)ジタバタ

12:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/06/24(金) 21:38:45.559 ID:peyU6D4iM.net

フォォォォォォ!!!

コレ

13:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/06/24(金) 21:38:54.275 ID:0+xn8LJQ0.net

皮余ってるのか
まぁよくあることだよな

14:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/06/24(金) 21:42:26.041 ID:m2XLEpyJx.net BE:222422489-2BP(2016)

これは真性ですわ

16:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/06/24(金) 21:50:49.090 ID:6wjYbI0ba.net

俺「いててっ」

俺「暴れてる?....やっぱ息苦しいのか」

妖精「あうえてーあいでーんんんん!!」

俺「お、おぅ!」ムキッ

妖精「プハーッ!死ぬかと思いました!!」

俺「大丈夫か?」ナデナデ

妖精「あっ///はいぃ」

俺「そっか。よかった」

妖精「....むー」

俺(なんだ?もっと撫でてほしかったのか?)ナデナデ

妖精「....えへへっ///」ニコニコ

俺(か、かわいい...この子がさっきまで俺の包皮の中に顔突っ込んでたんだよな....エッチだ)ドキドキ

妖精「私も!亀頭ナデナデしますねー。わー手にまとわりついてきますね。柔らかーい。」ナデナデ

妖精「顔も触ってください///...あ、ベトベトしてますよね。ごめんなさい。拭かないと」

俺「俺のだし君が謝ることはないよ」ナデナデ

妖精「で、でも!」ナデナデナデナデ

俺「フォッ.....」

俺(今上目遣いで様子を伺ってくるこの子にぶっかけたらどんなリアクションをするんだろう...全身精液まみれにしても怒らないんだよな...)ゴクッ

妖精「あ、あの....俺さん?ちょっと怖いですよ....」

俺「ごめん...俺、君をめちゃくちゃにしてしまうかもしれない」

妖精「えっと....痛いことをしなければ私はなんでもウェルカムですよっ!」ビクビク

17:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/06/24(金) 21:57:59.910 ID:6wjYbI0ba.net

俺(こんなに震えて...怖いんだね。そりゃそうだ。俺のちんこと同じサイズだもんな)

俺「大丈夫。君を傷つけるようなことはしない。絶対」

妖精「....っ!そんなことあなたがするとは最初から思ってないですよー!あはは」ビクビク

妖精「どうでした?私でもあなたの性欲とお付き合いできますよ!私頑張りますから!」

俺「そうだね...妖精がこんなことしてくれるなんて思ってなかったから....よろしくお願いします」

妖精「......」

妖精「やったー!やったやった!!俺さんと私がカップルー!うふふ」

俺「そんなに喜ばれると俺まで嬉しくなってくるな」

妖精「でもサイズ的に考えると実質私の恋人はおちんちんかもしれませんね。あはは!」

俺「それはなんか嫌だな。立ち話もなんだし俺の家来る?」

妖精「行きます行きます!あ、飛ぶの疲れたんでここいれてください」スポッ

俺「えぇ」

妖精「家に着くまでにイカせてあげますね...まだ精液浴びてないですから。これからよろしくお願いしますねおちんちんさん」ダキッ

俺「ハァ...ハァ....ハァ......」

23:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/06/24(金) 22:31:23.730 ID:6wjYbI0ba.net

それから彼女は所構わずパンツの中で俺を責めてきた。彼女いわく思った以上に楽しくてやめられないそうだ。
しかし外でイカされると色々と困るため常にすんどめ。日中は苦しい時間が続いた。だから家に帰るとその苦しみを彼女にぶつけてしまう

ドピュッ

妖精「射精って何度も見てもいやらしいですね....人間の女性は私の手のひらサイズのおちんちんしか見れないと思うと得した気分です」

俺「まだ....足りない」

妖精「私もそう思ってました!まだティーカップの半分までしか溜まってませんよ。肩まで精液風呂に浸かりたいです」

俺「まだ....マダダ」

妖精「さすがに10発も抜いたら疲れましたか?気持ちに体がついていってないって感じですね...素敵です!」ペロペロ

妖精「皮の中めちゃくちゃにしてあげます....覚悟してくださいね」グチャグチャ

俺「フォォォォォォ!!!」

END

24:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/06/24(金) 22:32:45.284 ID:6wjYbI0ba.net

充電がもう切れそう

25:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/06/24(金) 22:39:35.629 ID:peyU6D4iM.net

フォォォォォォ

26:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/06/24(金) 22:53:38.650 ID:0+xn8LJQ0.net

フォォォォォォ乙


◆関連記事

男「オナホ妖精が欲しい」

ふたなり家小人♂「こんにちは、妖精さん」ふたなり妖精♀「…」

妖精「旅人さんが落とし穴に落ちてるから>>3してあげる!」
 

おすすめ記事リンク!