1: 名無しさん@おーぷん 2016/12/29(木)18:04:43 ID:P69

日本の北の田舎に、俺という青年がおりました。俺は毎日毎日町で自分のちんぽを売って暮らしておりました。
ある寒い冬のことです。その年はあまりちんぽが売れず、俺は生活に困っていました。

「困ったなぁ。どうして誰もぼくのちんぽを買ってくれないのだろう」

俺は自分のちんぽに自信を持っておりました。町の人はみんな俺のちんぽを見ると「すごい、立派だ」と褒めてくれたからです。

ちんぽが売れなければ、俺はごはんや暖を取るための燃料を買うことができません。俺は毎日ひもじい思いをして暮らさなければなりませんでした。着ている服もぼろぼろになり、今ではほとんど裸同然でした。そんな生活がもう半年近く続いていました。
それでも俺は、毎日夜遅くまで町へ出て一生懸命ちんぽを売りました。

「ちんぽはいかがですか。りっぱなりっぱなちんぽですよ」

しかし町の人は俺の方に見向きもしません。俺は思いきってひとりのおばあさんに声をかけました。

「おばあさん。ちんぽはいかがですか」

おばあさんは声をかけられて驚いた様子でした。そして俺を見るとあからさまに顔をしかめました。

「ごめんなさいね。私もう閉じちゃってるから使い道がないのよ」

そして、どこかへ行ってしまいました。

俺はひとりの若い男性に声をかけました。

「ちんぽはいかがですか」

男性は困ったように笑い

「申し訳ないけど、俺にはそういう趣味はないんだ」

と言って忙しそうに歩いて行ってしまいました。







3: 名無しさん@おーぷん 2016/12/29(木)18:07:28 ID:P69

そんなある日、ついにクリスマスがやって来ました。天気は雪です。華やかな町の中を、俺はいつものように裸同然で歩き、ちんぽを売りました。

「ちんぽはいかがですか。りっぱですよ」

しかし誰も買おうとしません。俺はだんだん悲しくなりました。周りの人々はクリスマスを目一杯楽しんでいます。それなのになぜ自分はこんなに寒い思いをしてちんぽを売らなければならないのだろう。俺はついに近くの公園のベンチに座り込みました。

そして、その昔自分のちんぽを買ってくれたひとりの男性を思い出しました。その男性の名前はお前らといいました。

お前らが俺のちんぽを買ってくれたのもこの公園でした。お前らは俺のちんぽを見たとき、大きな声で

「んほっ!なんてりっぱなちんぽなんだ!」

と言いました。そして俺のちんぽを自分のおしりの穴に挿れるようせがみました。俺は言われた通りにちんぽを挿れました。



4: 名無しさん@おーぷん 2016/12/29(木)18:08:33 ID:P69

すると、お前らはとても悦び、今度は腰を前後に振るよう言いました。俺は今度も言われた通りにしました。お客さんの言うことには従った方がいいのだと知っていたからです。俺が腰を前後に動かすと、お前らは

「んほっんほおおおお」

とうなりました。

不思議なことに、俺はどんどん気持ちが良くなり、言われてもいないのに腰を速く動かしました。お前らの声はさらに大きくなり、ほとんど悲鳴のようでした。辺りにはお前らの声と、俺とお前らの体がぶつかる音が響き渡りました。

やがて俺のちんぽの先からなにか暖かいものが飛び出しました。俺はびっくりしてしまいました。おしっこを漏らしたのだと思ったからです。俺は急いでお前らに謝りましたが、お前らは

「いいよいいよ。気にすんな。それより、ほら1万円」

1万円などもらったことのなかった俺は驚いてしまいました。普段は500円くらいしかもらいません。俺はお前らにお金を返そうとしましたが、お前らは

「俺明日にはこの町から出ていくことになってんだ。記念といっちゃなんだが、まあ取っといてくれ」

と言ってどこかへ行ってしまいました。



5: 名無しさん@おーぷん 2016/12/29(木)18:09:31 ID:P69

あの男性は今どこで何をしているんだろう。俺は考えました。きっとみんなと同じようにクリスマスを楽しんでいるに違いない。そう思うと、俺はますます悲しい気持ちになりました。

俺の体には雪がかかっています。風も吹いてきました。俺は、寒いと思いました。何か暖まる方法はないだろうか。

その時、俺とお前らが体を交わした際に、俺のちんぽから暖かいものが飛び出したことを思い出しました。

あれで暖まろう。俺は思いました。そしてちんぽを右手で掴みました。こうやってしごけば、あの暖かいものが出るのではないかと直感しました。しかしいくらしごいても暖かいものは出てきません。それどころかだんだんちんぽが痛くなってきました。

「おかしいなぁ」

俺はつぶやきました。そしてあの時のことをちゃんと思い出してみました。そういえば、あの時は俺のちんぽはとても大きくなっていました。そして、それをお前らのおしりの穴に挿れたのでした。その時の感触を思い出していると、再びちんぽが大きくなってきました。

「そうそう。これこれ」

俺は言いました。これで暖まることができる。俺は少し安心しました。
しばらくしごいていると、ちんぽからあの暖かいものが飛び出し、自分のお腹にかかりました。少ない量でしたが、今の俺にはとても暖かく感じました。

「ああ暖かい」

久々に暖かいものに触れたので、俺は心まで暖かくなりました。



7: 名無しさん@おーぷん 2016/12/29(木)18:10:43 ID:P69

しかし、しばらくすると、その暖かいものは冬の寒さに熱を奪われ、冷えてしまいました。俺は再び寒さに震えました。

「寒い寒い。暖まりたいなぁ」

俺は自分の体を抱くように両手を自分の肩に置きました。

「もう一回やろう」

俺はもう一度ちんぽを握りました。そして、お前らと交わった時のことを思い出しました。すると、またちんぽが大きくなりました。俺は大喜びでちんぽをしごきました。そして、あの暖かいものが出てきました。

「これはいいなぁ」

もう寒い思いをしなくてすむ。俺は大はしゃぎです。

その後も、俺はちんぽから飛び出したものが冷える度にちんぽをしごきました。

しかし、何度も何度も繰り返すうちに、だんだんちんぽから出る暖かいものの量が少なくなっていきました。そして、暖かいものが出る度、なんだか心臓の鼓動がやたら大きくなりました。

俺は、どうしたんだろうと思いましたが、寒さに耐えられず、ちんぽをしごき続けました。

「うぅ寒いなぁ」

俺はまだちんぽをしごいています。だんだん暖かいものが出るまで時間がかかるようになっていました。

「よいしょ、よいしょ」

俺は一生懸命にしごきます。

「あ、あ。出る」

俺は言いました。もうすぐ暖かいものが出そうです。

その時、俺の心臓が大きく跳ね上がりました。俺は

「うっ」

とうめきました。そしてそのままうつ伏せに倒れてしまいました。それきり俺は起き上がりませんでした。

俺の上には雪がどんどん積もっていきます。それでも俺は体を少しも動かしません。ついには俺は雪に埋もれてしまい、次の日の朝に近所のおじさんに見つけられました。

おじさんはすぐさま警察を呼びましたが、警察が駆けつけたときにはもう俺は息を引き取っていました。


おしまい



9: マーテル ◆9L0/8ZHtwo 2016/12/29(木)19:04:43 ID:tw@gasyakora

ふむいったいなぜワロタ



10: 名無しさん@おーぷん 2016/12/29(木)19:08:14 ID:r0J

公園にいた猿がオナニー覚えて死んだの思い出した



11: ジョイントキメタロウ ◆VCB97sTXAqeJ 2016/12/30(金)01:46:16 ID:x3M

テクノブレイクエンド



12: 名無しさん@おーぷん 2016/12/30(金)01:49:36 ID:qVi

またくだらん話を読んでしまった



◆関連記事

男「行くぞォォォォォォォォオオオ!!!!!!」シコシコシコ

バーテン俺「ようこそ。お○んぽミルクバーへ。」

つ <ンモー! ナレーション「ここは、お○んぽミルク農場です」
 

おすすめ記事リンク!