1: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)20:00:49 ID:k9L

需要あるなら書いてく



3: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)20:59:06 ID:9hv

ワイにタイムリーなスレ、イッチよ頼むで



4: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)20:59:24 ID:EFr

見るで



6: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)20:59:43 ID:H8R

期待しとくで







13: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)21:09:22 ID:k9L

古代ギリシャにて

(´・ω・`)「なんだか元気が出ない……ゆううつ」

彡(゚)(゚)「お、原住民やんけ!どうしたんや?」

(・ω・`)「やきうのお兄ちゃん……最近ずっとゆううつで……
楽しいこともないし死んでしまいたいよ」

彡(^)(^)「それはメランコリーやな!黒胆汁が原因や!」


メランコリーとは……

古代ギリシャにおいてはヒトは四つの液、すなわち「血液」「黄胆汁」「黒胆汁」「粘液」のバランスが崩れることによって病気になると考えられた
例)血液が優勢で黄胆汁が腐敗すると下痢

この時、黒胆汁が優勢になるとヒトはゆううつになるとかのヒポクラテスの時代には考えられていた
ゆううつを意味するメランコリーは、黒胆汁に由来する言葉である



16: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)21:10:29 ID:H7o

治療なんて薬以外にあるんか



20: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)21:12:41 ID:enJ

>>16
食事、睡眠環境、運動、ストレスの改善など



17: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)21:10:45 ID:kMj

古代ギリシャの時点である程度医学的な根拠は考えられてたんやね



18: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)21:10:48 ID:lCk

一応病気扱いはしてたんすねぇ



21: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)21:20:52 ID:k9L

(;ω;`)「黒胆汁が原因なのはわかったけど、どうやったら治るの?ずっとこのままは辛いや」

彡(゚)(゚)「問題は黒胆汁が多すぎることやな……」

彡(^)(^)「せや!下から全部出せばええんや!」



   。゚_・゚ 。。'。゚          
       (;ω;`)⌒。゚_・゚ 。。'。゚
       と。と,ノ、(,__つ ブリブリブリィー


黒胆汁が多くなるのが原因と考えられていたので、治療は必然的に黒胆汁を体から追い出す方向へと向かった
瀉下療法と呼ばれ、人類初のクスリとも言われる下剤(薬草)を用い、ただ脱糞させた
驚くべきことにこの瀉下療法は、1870年代まで続いたという



22: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)21:22:37 ID:lCk

えぇ...
鬱だと脱糞させるのか...



23: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)21:23:08 ID:W5h

>>22
体から悪いものを出すって考え方はよくある



26: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)21:28:27 ID:k9L

(´。ω゜`)「お腹が……お腹が……」

(´;ω;`)「他の治療法はないの……?」

彡(゚)(゚)「わがままな奴やな」

彡(-)(-)「しかしどないしたもんかな……
黒胆汁は血液から作られる……せや!」

彡(^)(^)「血抜いたろ!」

( °ω° /)


これは瀉血療法と呼ばれ、要は血抜きである
中世の西欧では好んで行われ、瀉血療法のしすぎで血の一滴まで抜き去って死亡したという悲しい例がある



27: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)21:32:25 ID:lWL

えぇ…



30: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)21:35:09 ID:K3P





34: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)21:41:33 ID:k9L

(´。ω゚`)(。ω゚`)(´。ω゚)「」

彡(゚)(゚)「しかし瀉血療法でも瀉下療法でもダメか……」

彡(-)(-)「いったいどうしたら……」

彡(゚)(゚)「あの人を訪ねてみるか」

???「ワタシ、どいつカラ来タダイジョーブ博士デース」


……………………


「あひゃひゃひゃ」

ダイジョーブ博士「科学ノ進歩、発展ニ犠牲ハツキモノデース」


彡(^)(^)


なんのことだかわからないが、ようは阿片である
ケシの実に傷を入れ、乳液を取り出し乾燥させたもので鎮痛、多幸感などの効果が得られるため、うつ病の治療にも使われた

いうまでもなく麻薬である
依存が問題となったためか、次第に治療法としては中心的な位置からは離れいくが、近年になって注目も浴びた



41: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)21:45:58 ID:aVY

電気痙攣療法はまだか?



43: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)21:50:57 ID:k9L

(´・ω・`)「ひどい目にあったよ……もう治療はしなくていいかな」

彡(゚)(゚)「ほーん、まだ他にも治療法が……」


(´;ω;`)「もうお腹いっぱいだから他の人にしてあげて!」

彡(゚)(゚)「そういうならしゃーないわ(ただの生活指導なんやけどな)」




ここで四体液説のおさらいである
血液、黄胆汁、黒胆汁、粘液のバランスが崩れるとヒトは病気になる
血液や粘液はそのまま血液と粘液であり、黄胆汁は嘔吐した際に見られた胆汁そのものであると思われる
黒胆汁の実態のみは不明だが、飲食によって作られるとした

そのため生活習慣を整えることが指導された
運動、食事、風呂、セックス、休養などである

加えて、精神療法的なアプローチに力を入れた医者も存在した
ローマ時代のケルススは希望を与え、褒めるなどといったことを重視した



44: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)21:51:44 ID:K3P

普通だな!



45: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)21:51:59 ID:blE

ここにきてマトモなの混じってて草



46: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)21:52:01 ID:8HI

金!(希望)
暴力!(運動)
セックス!(セックス)



47: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)21:52:23 ID:UdM

やっぱ日々の生活を整えるのが一番なんやね



48: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)21:52:26 ID:mja

まともやんけ!
ここだけ有能



53: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)21:54:25 ID:QER

鬱になればセックス出来るんか…



75: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:04:23 ID:k9L

番外編~中世の精神病~

(´・ω・`)「見えない人が話しかけてくる!」
(´・ω・`)「なんか急に怒りっぽくなっちゃう!」


彡(゚)(゚)「あっ……(察し)」

パラケルスス(有名な医者)「う~ん、これは魔女w」

J( 'ー`)し 「火あぶりね」


(´・ω・`)「えっ!でもやきうのお兄ちゃんはメランコリーじゃないの?」

ヨハン・ワイヤー「メランコリーは黒胆汁っていう、体の病気ですし……」



J( 'ー`)し 「でもどうせだし火あぶりがいいわ」


(´・ω・`)彡(゚)(゚)

(´^ω ^`)彡(^)(^)


中世において魔女狩りが行われたのは周知の通りである
以前思われてたより小規模ではあるものの、周りと違うものが異端=魔女として火あぶりに処せられた
この中には多くの精神病者がいたとされる

それに反しうつ病の患者では、治療法が発展しなかったことと引き換えに、体の病気という考えは根強く、魔女狩りを免れていた
おそらくゆううつ気分は誰もが体験するためではないだろうか



77: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:05:36 ID:lCk

はえ~
まぁ落ち込んだだけで魔女扱いもなぁ



78: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:05:51 ID:mja

落ち込まない→鬱じゃない→魔女やん火あぶりや!

躁鬱無事死亡



81: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:06:43 ID:aVY

>>78
躁鬱は躁期にハイテンションで動き回るから火あぶり不可避やろうなぁ



82: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:06:57 ID:r8A

魔女狩り怖いンゴ・・・



83: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:07:29 ID:rXN

怖E



87: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:12:34 ID:r8A

鬱でも落ち込まないだけで魔女か・・・
それただのヒステリックやん



88: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:14:08 ID:k9L

18世紀にて

彡(-)(-)「時代は啓蒙主義や……今までの古い考えは捨てなあかんな」

彡(゚)(゚)「おい、ちょっとこっち来てくれや」

(´・ω・`)「わかったよやきうのお兄ちゃん
でもどこ連れてくの?」

彡(●)(●) 「ええから、ええから」



ドババババァァァァッッッッッ!!(穴に落ちた音)
                            ;;,、`●''●;:● :●;;,,● :●;;,, :●●
                      ∵;;":●;":●;":●;":''`゛:;●;:● ●:●:●゛∵;,":             
                    ●;.●`●'。゚_・゚∵;;":●;":●;":●;":''`゛:;●;:● ●:●:●゛∵;,":       
  (;ω;`)⌒∵;;":●;":●;":●;":''`゛:;●;:● ●:●:●゛∵;,":●●●''`●;":●●;.●`●'。゚_・゚ 
  と 。 。と,ノ、(,_つ●;.●`●'。゚_・゚ ''`゛∵;,":●; ":●●;'`●●,;:;";i●;;. ''`゛∵;,":●; ":●●;'`●●,;:;";i●;;.  



(´。ω゚`)「わっ!なにここ、うんちがたくさんある!助けて!」




彡(^)(^)「wwwwwwwwwwww」




18世紀後半、なぜかメランコリーは怖がらせれば治るという精神療法が生まれた
実際にはうんちではなく蛇がうようよいる穴に落としたり、橋の途中が抜けるようになっており池に落とすなどの手法が考案された

なお実際にメランコリーの患者が強盗に襲われ、川に飛び込み格闘をしたらメランコリーが治ったという逸話がある



89: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:14:50 ID:feT

>>88
ええ・・・



90: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:15:10 ID:UdM

ショック療法かな?



93: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:15:33 ID:r8A

あんまりにもびっくりしすぎると人間ってポジティブになるんやな・・・



95: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:16:30 ID:lCk

死にかけたら鬱も治る理論



96: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:18:02 ID:K3Z

この時代の精神病治療は水責めやら旋回椅子やら強制マラリア感染とか頭おかC



97: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:18:43 ID:UdM

>>96
水責めや旋回椅子はともかく最後は普通に死ねますやん・・・



99: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:19:24 ID:K3Z

>>97
なおマラリア感染開発した医者はノーベル賞貰っとるで



101: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:19:45 ID:UdM

>>99
何て人や?



105: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:20:27 ID:K3Z

>>101
ユリウス・ワーグナー・ヤウレック
まぁ完全にトンチキ療法じゃなかったみたいで



102: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:19:52 ID:r8A

>>99
キ○ガイやんけ・・・



104: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:20:24 ID:W5h

>>102
新しい医療を開発した人なんてそんなもんやで



106: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:21:10 ID:r8A

>>104
現代も未来でいつかこういう風に言われる時代が来るんやろな



108: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:21:36 ID:k9L

(´・ω・`)「びっくりさせないでよ!あーまだゆううつだよ……」


彡(゚)(゚)「ほーん、せか……、効かんかったか……」




彡(●)(●)





( ´・ω・`)
(  ´・ω・)
(  ´・ω)
(    ´・)
(    ´)
(     )
(´     )
(・´   )
(ω・´  )
( `ω・´ )
( ・`ω・´)



この恐怖を与えれば治るという手法をさらに発展させたものの一つが、回転椅子療法である
高速で回転する椅子に患者を縛り付け、回す
口、鼻、耳あたりから出血するまで回す
ちなみにこの療法を発明したのはかのダーウィンの祖父であり、無害な拷問というカテゴリー名称?が用いられた
その他にも水責め、大砲の音を耳元で鳴らす、真っ暗で無音な部屋に閉じ込める、挙句には鞭打ちなど、バリエーションは多岐にわたる



115: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:22:44 ID:r8A

>>108
出血のところが怖すぎる



110: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:22:02 ID:W5h

>口、鼻、耳あたりから出血するまで回す

ヒエッ



111: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:22:30 ID:K3Z

遠心分離かな



112: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:22:37 ID:haU

鞭打ちとかご褒美やんけ!!



117: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:23:07 ID:W5h

>>112
プレイのとはまったく違うと思うんですけど(名推理)



113: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:22:40 ID:K3P

無害(大嘘)



116: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:22:58 ID:UdM

これ絶対精神病患者をいじめて楽しんでる奴おったな



123: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:26:46 ID:feT

>大砲の音を耳元で鳴らす

セミにも撃つし、この時代の人たち大砲好きすぎじゃない?



124: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:27:09 ID:UdM

大砲は男の子のロマンやからね



128: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:31:55 ID:k9L

(´・ω・`)「もう僕はダメだ……死んで天国に行きたい……」


「そこまで思いつめとるんか……辛かったな……」


(´;ω;`)「お兄ちゃん……」




J( 'ー`)し(天使のコスプレして急に登場)


彡()()


J( 'ー`)し「私は天使よ……あなたの罪は赦された……」




(´・ω・`)





 (´・ω・`)
 (     )
  `u-u'


それまでの反動を受け、モラル療法というあらたな精神療法が誕生した
こころに優しく働きかけるのを目的とし、メランコリーの原因に共感し、涙し、慰め、希望を与えるなどが治療の方針であった

例えばピネルは自分は罪深い……と自殺を願う躁うつ病患者に、天使の扮装をさせたエキストラによって「罪は赦された」と宣言させた
この例ではうまくいったため回復したという報告がなされているが、効果は決して高くなかった
実際ピネルの弟子も「効果は長続きしない」と述べている

茶番



129: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:32:44 ID:UdM

ギャグかな?



130: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:32:45 ID:K3Z

カーチャン…



134: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:33:15 ID:r8A

唐突なマッマは草



140: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:42:33 ID:k9L

催眠療法

(´・ω・`)「やきうのおにっ……」

彡(゚)(゚)「ワイはメスメルや!」

(´・ω・`)「えっ急に何を

彡(●)(●)


(´・ω・`)


(´・ω・`)「メスメルさん」



彡(゚)(゚)「世の中には動物磁気に溢れてる」

彡(゚)(゚)「その配分を直せばホラ!」

彡(゚)(゚)「治ったやろ!治ったよなぁ!?(脅迫)」



メスメルは独自の理論を応用し、医療に用い、大成功を収めた
神経症(現代でいう心因性疾患)が治ったという患者が続出し、大盛況となった
しかしこの方法を他の医者が真似しても成功せず、ペテン師という非難はあったものの、実際に楽になったという患者が多いため、メスメルのカリスマ性が患者を治している、という結論に至った

mesmerize(魅了する)の語源はメスメルであり、現代でも用いられる催眠療法の創始者となった

そしてある時ある男がこの催眠療法に出会う……
男の名はフロイトといった



141: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:43:55 ID:feT

修造理論ってことでおk?



142: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:44:06 ID:r8A

ええ・・・



144: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:44:30 ID:mja

意味不明過ぎて草



145: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:44:42 ID:UdM

動物磁気ってなんや・・・



147: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:46:27 ID:W5h

>>145
ピップエレキバンみたいなもんやろ(適当)



161: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:55:16 ID:k9L

彡(゚)(゚)「催眠療法……なんとも不思議なもんや」


彡(-)(-)「いったい何故これで神経症が治るんや……?」


J( 'ー`)し「無意識よ」


彡(゚)(゚)「無意識か」



フロイトの名を知らない人は少ないと思う
彼は天才である
フロイトは催眠療法に出会い、人間には意識できない精神の領域があり、そこから心の病気になると考えた
それゆえ今までのようにただ語りかけるのではなく、精神の奥底にある問題を見つけられた時、治療として成功すると考えたのだ
事実、当時の神経症(ちなみにうつ病と神経症は違う、フロイトもメスメルも主にヒステリーを相手取っていた)の治療には多くの実績が上がった

そしてフロイト曰くうつ病の心理とは無意識にある別れ、そして別れた人への怒りの抑圧である

しかし今日の精神科の医療において、精神分析は少なくともメジャーな方法ではない
治療効果が乏しく、時間がかかり、本当に原因が別れにあるか確証はないなど多くの問題点を抱えているためである

そして何より抗うつ薬が誕生したためである



164: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:56:31 ID:lCk

無意識の別れ?



166: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)22:57:25 ID:UdM

フロイトってやたら下ネタにつなげてる印象(無知)



188: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)23:14:22 ID:k9L

19世紀はじめ

彡(-)(-)「石油から風邪薬やらなんやら作れるようになった……」

彡(゚)(゚)「ワイはもう怖いもんなしやな……」


(´・ω・`)「お兄ちゃんうつ病の薬って……」


彡(゚)(゚)「死ねカス(せやったな!任せとけ!)」


彡(-)(-)「とは言ったもののどうにもうまくいかん……睡眠薬やらは作れたんやが……」


彡(^)(^)「まぁえっか!」


そして1950年代

ドレ&ドニケル「抗ヒスタミン薬(クロールプロマジン)が統合失調症を改善させたのよ~!すごくない!?」


彡()()「ファッ!?なんやこいつらきっしょ!」


(´・ω・`)「じゃあこのクロールプロマジンと似た構造を持つイミプラミンを、統合失調症の患者の人に投与しても良さそうだね!」


カンッジャ「うぉぉぉ!!」(脱走し大声で歌いながら自転車で街を徘徊)


彡(゚)(゚)「はぇ~すっごい元気になるんやなぁ、これ使えばうつ病も治るわ(確信)」



こうして生まれたのが三環系抗うつ薬のイミプラミンである
先に登場していたイプロニアジドのような重い副作用もなく、初の抗うつ薬として、世界に衝撃を与えた
こうして今日の精神科へと時代は移り変わっていくのである

ちなみにこの登場が衝撃的すぎたためか、後に登場する抗うつ薬の多くはイミプラミンの構造を変えたにすぎず、副作用はすくなるものの、治療効果自体は大差がなかった

しかしイミプラミンの登場はうつ病の化学的なメカニズムにも光を当てた
どうやらうつ病の患者では、モノアミンという神経伝達物質が脳内で減っており、抗うつ薬の投薬がそこを増やすことによってうつ病が治る
そう考えられるようになったのだ

その考えに基づきSSRIなども誕生したが、やはり効果に関して言えばそれほど大差はないのが事実である



196: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)23:17:33 ID:lCk

未来のおんJ民「あんな薬使ってたとか昔のやつらアホやなぁ...」



200: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)23:19:23 ID:W5h

>>196
そうなるとええな



227: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)23:54:44 ID:k9L

最後

彡(゚)(゚)クレペリン(精神医学の父)

彡(゚)(゚)「精神障害は色々なタイプがあるな」

彡(-)(-)「うつ病depressionは躁うつ病の一部、つまり内因性疾患や」

クレペリンは精神医学の父であり、かれが生み出した分類法は基本的に今日でも通用する
すなわち全ての精神疾患は心因性(心理的な原因があるもの)、器質性(脳の病気、認知症など)、そして内因性の三つに分類されるというものである

では内因性とは何か?
それはおそらく体質的な要素が原因だと考えられるものである
例えば統合失調症などがそれであり、大事なのはストレスなどで発症するわけではないということである(誘因にはなり得る)



(´・ω・`)後の医者たち

(´・ω・`)「でもやっぱり躁うつ病の中にもうつしかならない人はいるなぁ」

(´・ω・`)「そういう人たちは遺伝的にもうつしかならないし……、躁うつ病とうつ病は違う病気なんだ」


(´・ω・`)「しかもうつ病には器質性のうつ(脳の病気などが原因でうつ状態になる)の人や、単に落ち込んでる人もいるみたい」


こうしてクレペリンの考える躁うつ病の分類は整理されていった
うつ病には、器質性、内因性、心因性の3つのタイプがあることもわかった
抗うつ薬が鮮やかに効くのは内因性である
しかし心因性、内因性の区別は時に難しい



228: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)23:55:18 ID:k9L

J( 'ー`)しアメリカの医者

J( 'ー`)し「今までの診断って曖昧だわ
こんな診断じゃ統計取るのも難しいわ」

J( 'ー`)し「もっと客観的に、どの期間どの症状が何個当てはまったらうつ病と診断する
こんな感じがいいわね」


J( 'ー`)し「まぁ診断基準が間違ってたらその都度修正しましょう、限界も問題もあるけどそれもいつか直せばいいわ」


こうして生まれたのが操作的診断基準DSM-IIIである
ちなみにそれまでの伝統的診断方法が完全に死んだわけでもない
DSMはあくまで暫定的なものであり、今までの診断方法のエッセンスとうまく組み合わせ診断しているのだろう



今の日本社会彡(゚)(゚)(´・ω・`)

彡(゚)(゚)「診断基準とかで結構当てはまるわ!
ワイはうつ病に違いないわ」

(´・ω・`)「失恋が辛くて……
えっ、うつ病ですか、診断基準には当てはまる……はぁ」

彡(^)(^)「ワイは新型うつやで!まぁうつなんて甘えよ」

うつ病などの患者数はこの10年間で2倍に増え、抗うつ薬の売り上げは5倍になった
もちろん未治療の人も数多くいるのは事実である
そういった意味では喜ばしいのだが、過剰診断が問題にもなっていることは事実である
DSMによってアメリカでも日本でも、診断技術は確実に落ちたと言われている
うつ病じゃない人たちをうつ病と診断し続けた結果が、抗うつ薬の効果が落ちたと言われるようになったことかもしれない




232: 名無しさん@おーぷん 2017/04/07(金)00:00:20 ID:Drt

増えてるんか…



234: 名無しさん@おーぷん 2017/04/07(金)00:02:56 ID:8OD

やっぱり精神弱いやつ多いからな
ワイも



235: 名無しさん@おーぷん 2017/04/07(金)00:04:12 ID:Rns

精神弱いくせに逃げたらダメって考えのせいで酷い事になっとるな



237: 名無しさん@おーぷん 2017/04/07(金)00:06:38 ID:9kV

おまけ
色々な治療法

彡(゚)(゚)「電気を頭に流すんやで!」

(´・ω・`)「えっ」

電気けいれん療法はもともとショック療法の一つとして発案された
最近は専ら修正電気けいれん療法という安全な方法で行われており、効果も確立されている


彡(^)(^)「頭に磁気を!」

(´・ω・`)「」

経頭磁器刺激法は、新しい治療法で、脳に磁気刺激を与える方法である
まだ一般的とはいえない


彡(゚)(゚)「ぐるぐる思考を止めるんやで~」

(´・ω・`)「あっ、はい」

現代の精神療法のスタンダード、認知行動療法である
現実とは則さない認知の歪み(例:ワイはなんてイケメンなんやろ!)を、現実と擦り合わせていくことで、不必要に自分を責めたりする行為などの軽減を目指す

これから発展したものとして、ACT、スキーマ療法、弁証法的行動療法などがある


なおいわゆるカウンセリングに近いものであるが、状態が重い時に行うとかえって悪化することもある
カウンセリングにも副作用はある

色々書いてきたがうつ病の治療の基本
それは休養と、服薬であることに間違いはない



240: 名無しさん@おーぷん 2017/04/07(金)00:07:33 ID:9kV

終わりやで!

くぅーつか!



241: 名無しさん@おーぷん 2017/04/07(金)00:07:48 ID:Drt

乙やで面白かったわ



◆関連記事

ワイ産後うつ病きつすぎワロエナイ……

【クズ速報】結婚してから奥さんがうつ病になった奴www

【悲報】躁うつ病でゲイの俺の送信メール履歴が酷すぎる件
 

おすすめ記事リンク!