夢見蛙の井戸R

このブログは、
管理人・天河明人(テンカワアキト)の
平凡な日常をたんたんと描くものです。
過度な期待はしないでください。

現代視覚文化研究

めだかボックス アブノーマル 第七話「黒神くじらという素敵な名前」

幸せになるくらいなら死んだほうがマシだ
幸せになるくらいなら死んだほうがマシだ

この言葉はボクの座右の銘と言いますか、とかく感銘を受けた言葉として、遺書を書くならこの一文を添えたいと思う程に深く脳髄に刻み込まれております。


「働くくらいなら死んだほうがマシだ」と言えば、
ニートも確固たる信念を持って、ダンコたる決意を持ってして働かないでいるんだと格好よく見えますねwww


そんな感じで、『めだかボックス』で一番好きなキャラクターは群を抜いて球磨川先輩な私ですが、
男キャラではなく女キャラではくじ姉が一番好きなのです。
だからこそ、アニメ放送前、期待も混じったキャスト当て予想で、名瀬ちゃんは沢城さんしかいないというボクの希望が通った時の喜びようといったら!!!!!!!


ではでは、めだかボックス アブノーマル 第7話の感想です。


続きを読む

【めだかボックス】グッドルーザー球磨川『水槽管理のツークツワンク』

水槽管理のツークツワンク
すべてを「なかったこと」にするスキル「大嘘憑き(オールフィクション)」を持つ男・球磨川禊。
安心院さんの端末との勝負(クエスト)を順調(?)にクリアし続ける中、予想外の人物が立ち塞がる!
箱庭学園転校前に起きた球磨川伝説後編、堂々刊行!!



須木奈佐木さん、正直マンガで描いた時はどんな子かよく分からなかったのですが、今回の話で少し分かった気がします。

今後の活躍に期待します。

…今後?
(暁月あきら)



時系列的には、今後咲ちゃんは消費(つか)われて酷使(つか)われて屈託(つか)われて飽食(つか)われるビーストアイドルとして、
『キヲテラエ』でテンション上がっておっぱい見せてくれる大衆文化の活躍を魅せてくれる訳ですが。



須木奈佐木さんは本来、漫画版『グッドルーザー球磨川』で、蛇籠前会長と一緒に螺子伏せられるはずのキャラクターでした。
それがまんまと生き延びて本編に登場したり、今こうして小説版の語り部をつとめていたりするのですから驚きです。
ただまあこの頃の球磨川禊をこんな風に語れるのはたぶん、彼女だけでしょう。
そんなわけで下巻、『水槽管理のツークツワンク』、お楽しみいただければ。
(西尾維新)



ツークツワンク(zugzwang)とは主にチェスにおいて、相手から直接の狙いはないにもかかわらず、自ら状況が悪化する手を指さざるを得ない状況を言う。
言い換えると「できればパスしたい(しかしパスがルールで禁じられている)局面」である。
「強制被動」と訳されることもあるがあまり使われていない。

本来チェス用語であるが、後にゲーム理論の用語ともなった。
ゲーム理論の用語としては、「手番であることでゲーム結果が悪化する」場合のみを指す。
チェスではさらに「手番であることで負けが早くなる」場合も含むことが多い。
ほかに実際の戦争や経済闘争において「動きたくないが動かざるを得ない状況」を指して比喩的に使われることもある。
(Wikipediaより)

ウィキの説明と本編内容を読んで「水槽管理のツークツワンク」と冠された意味が何となく理解できたような。
下巻の主役はまず間違いなく、上巻でも語り部を務めた須木奈佐木さんだと言って過言ではないし、そんな彼女を指しての『水槽管理のツークツワンク』というタイトルなんでしょう。



そんな訳で。
上巻『水槽に蠢く脳だらけ』の感想記事はこちら→http://blog.livedoor.jp/hibino_fumi/archives/51367267.html

こちらの上巻の内容を踏まえた上で、またネタバレありで感想書いてますので、
以上の点を踏まえた上で興味のある方はご笑覧下されば幸いです。


続きを読む

めだかボックス アブノーマル 第六箱「俺の何かになってくれ」

古賀ちゃん くんかくんか
古賀ちゃんエロいよね。
めだかちゃんの風船おっぱいより、古賀ちゃんの直接的で直截的なエロさの方がよっぽどヌけますwww
たわわに実った胸は揉みたくなるし、チラチラと見えるおへそは舐め回したくなるし、ホットパンツから覗く生足は貯まりませんね。太ももスリスリしたいです。
………ふぅ。


そんな感じがそんなわけでそんな風に、めだかボックス アブノーマル 第6話の感想です。


続きを読む

めだかボックス アブノーマル 第五箱「君の命は殺せない」

宗像形
最初の殺人は驚くなかれ五歳の時。
犯行動機は『殺したら死ぬか試してみたかった』から。
以来、彼は世界各国で数え切れないほどの人数を殺してきた。

人を見れば殺すことしか考えられない。
命を見れば奪うことしか考えられない。
虫も殺さないような人殺し。
『殺したがり』という驚異のパーソナリティ!

彼は戦士ではなく、人殺しだ。


続きを読む

めだかボックス アブノーマル 第四箱「俺はお前という化物と」

彼は子供の頃、自分の事を超能力者だと思っていた。
類稀なる己の反射神経を自覚したのは8歳の頃、クライスメイトとドッジボールをしている最中のことだった。
自分には当たり前にできることが他人にはがんばってもできない。
己が優秀さを裏付けるようなその事実は、彼に心地よい孤高感と居心地の悪い多幸感をもたらした。
とは言え、反射神経を除けば彼は屋外スポーツやテレビゲームに熱中するよくいる子供だったし、その『超能力』を悪用なんて大それたことは考えなかった。

が、しかし。
12歳の春、そんな彼に転機が訪れる。

彼の中学入学を祝した家族揃ってのドライブの最中、自分が乗る車が観光バスと大型トラックにサンドイッチされるという交通事故に彼は遭遇した。
両親と妹の血を全身に浴びながら、彼は自分が優れているのではなく外れているのだと気付き、自分が超能力者ではなく化物であることを知った………


続きを読む

絵本の中はみんなチグハグ!

映画スマプリ パンフレット
映画スマイルプリキュア!「絵本の中はみんなチグハグ!」を観て来ました。

こちらはその感想記事になります。
ストーリーのネタバレありなのでご注意ください。


映画スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ! 公式サイト 東映アニメーション


続きを読む

めだかボックス アブノーマル 第三箱「今日中に叩き潰す!」

『アニメでも僕は悪くない』
球磨川禊 CV:緒方恵美
という情報が入ってまいりました。

裸エプロン先輩に緒方さん。
これは正直、素晴らしいチョイスだと思いました。
これが本当なら、球磨川スキーであるボクにとって、異論も反論もありません。
これ以上なくイメージにぴったりで、予想以上のぴったりさで、期待以上の演技を魅せてくれると確信しております。


そんな訳で、めだかボックス アブノーマル 第3話感想、実験開始!!


続きを読む

めだかボックス アブノーマル 第二箱「妹・妹・妹だ!」

変態だーーー!!!!
うわーーーーー!!!!
変態だーーーーー!!!!

やせいの へんたいが あらわれた!
やせいの へんたいは ふじょしの はーとを わしづかみにする あまいこえを している!
「ほうら こおれ!」
「スケスケだぜ!!」
やせいの へんたいが けんこくした おうこく(キングダム)に にゅうこくした!

世界一可愛いよ!!!


そんな訳で、めだかボックス アブノーマル 第2話感想に酔いな!!



続きを読む

永遠の物語

魔法少女まどか☆マギカ 後編パンフレット
変えられない運命だって、壊してみせる。




TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト





続きを読む

めだかボックス アブノーマル 第一箱「ノーマルと、スペシャルと、アブノーマル」

混沌よりも這い寄るマイナス球磨川禊
OPに球磨川禊の姿を確認!!
果たして裸エプロン先輩は登場するのか!?

そんな訳で、めだかボックス アブノーマル 第1話感想です。


続きを読む
Introduction
Profile

アキト

ちぇり☆すの
同人ユニット「ちぇり☆すの」
原作担当とは名ばかりの
フキダシ係
相方氏→りん@sio_Lin
サークル連絡先→
cheri_sno@yahoo.co.jp

DLsiteでの電子版はこちら
『マリコイ』
マリコイ
Twitter
Follow me
Archives
Latest Comments
Article Retrieval
Recommended Links
Recommended Links
Afterschool of the 5th Year
カントク「5年目の放課後」 カントク「5年目の放課後」







『あしあと~カントクアートワークス~』


『STEP~カントクアートワークス2~』







変態王子と笑わない猫。
変態王子と笑わない猫。 公式サイト
『変態王子と笑わない猫。』 TVアニメHP
『変態王子と笑わない猫。』TVアニメ公式サイト
まじかるすいーとプリズム・ナナ
まじかるすいーとプリズム・ナナ
your diary
『your diary』 ゆあ 応援中!
恋する彼女の不器用な舞台
【恋する彼女の不器用な舞台】
CUBE
CUBE
Blog QRcode
QRコード
Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ ブログランキング乙blogram投票ボタン
Subscribe with livedoor Reader
  • ライブドアブログ