2005年10月07日

その166 愛する

愛する
不安と
悦びが
マーブル模様
描いている


五行歌mixiの会 「愛」という一字が入った五行歌  
Posted by hibinoawa at 11:31Comments(0)TrackBack(0) 

その165 冷たさも

冷たさも
温かさも
溶け合って
生まれるのは
体温のるつぼ  
Posted by hibinoawa at 11:17Comments(0)TrackBack(0) 

その164 胸の奥の

胸の奥の
あたたかな

ゆっくりと
溶け出してきた  
Posted by hibinoawa at 11:12Comments(0)TrackBack(0) 

2005年06月11日

その163 この

この
夏も
いつか
あの
夏  
Posted by hibinoawa at 21:47Comments(1)TrackBack(0)季節 

その162 あなたから

あなたから
衣更え
したくても
着る服が
まだないの  
Posted by hibinoawa at 21:43Comments(0)TrackBack(0) 

その161 塗り込められた

塗り込められた
恋のキャンバス
下地には
「負けたくない」
芸術家の性



性=さが  続きを読む
Posted by hibinoawa at 21:40Comments(1)TrackBack(0)こころ 

2005年05月14日

その160 光と空気

光と空気
孕んで
わたし
澄みゆく
朝  
Posted by hibinoawa at 08:59Comments(0)TrackBack(0)日々 

その159 理由もなく

理由もなく
わたし
大丈夫って
思える
朝の魔法  
Posted by hibinoawa at 08:57Comments(0)TrackBack(0)日々 

2005年04月13日

その158 別れ際

別れ際
キミのほっぺに
友達
なんかじゃないっていう
小さな主張  
Posted by hibinoawa at 21:02Comments(1)TrackBack(0) 

その157 便箋に

便箋に
一片ずつ
したためる
桜色の
想い  
Posted by hibinoawa at 20:58Comments(0)TrackBack(0) 

2005年03月23日

その156 あなたは

あなたは
引っ張ってくれない
私の心の
綱引きを
ただ傍観するだけ  
Posted by hibinoawa at 22:06Comments(2)TrackBack(0) 

2005年03月21日

その155 注いでも

注いでも
注いでも
水漏ればかりする
あなたという
器は  
Posted by hibinoawa at 20:32Comments(2)TrackBack(0) 

2005年03月18日

その154 あなたが

あなたが
滲んできて
原形を
とどめない
輪郭  
Posted by hibinoawa at 21:47Comments(0)TrackBack(0) 

その153 いつか散る

いつか散る
花びら
だから今
あなたに届けよう
桜色の愛



五行歌mixiの会 「愛」という一字の入った五行歌  
Posted by hibinoawa at 21:39Comments(0)TrackBack(0) 

2005年03月15日

その152 うたは

うたは
愛の
バロメーター
あなただから
産まれるの



五行歌mixiの会 「愛」という一字の入った五行歌  
Posted by hibinoawa at 00:41Comments(0)TrackBack(0) 

2005年03月14日

その151 冬嫌いな

冬嫌いな
きみの首には
毛玉のできた
わたしが
いつもいる  
Posted by hibinoawa at 00:51Comments(2)TrackBack(0) 

2005年03月13日

その150 あなたと

あなたと
わたしを
結ぶ
赤い糸は
伸縮自在  
Posted by hibinoawa at 01:07Comments(0)TrackBack(0) 

2005年03月12日

その149 ぐつぐつ

ぐつぐつ
煮込んだ
愛を
どうぞ
召し上がれ



五行歌mixiの会にて  
Posted by hibinoawa at 00:44Comments(0)TrackBack(0) 

2005年03月11日

その148 わたしは

わたしは
食べる
三度のご飯と
切なさを
お腹いっぱい  
Posted by hibinoawa at 01:41Comments(0)TrackBack(0) 

2005年03月10日

その147 そっと

そっと
撫でる
指先が
わたしを
彩ってゆく夜  
Posted by hibinoawa at 00:27Comments(2)TrackBack(0)