July 08, 2012

柏×名古屋

前半戦最後の一戦、柏×名古屋

激しい雨のなか、名古屋がオリンピック代表の永井のアシストでジョシュアの先制ゴール。その後同点にされるも、後半、淳吾のCKが柏のオウンゴールを呼び、8分近いロスタイムを凌ぎアウェイで勝ち点3を持ち帰ることができた。
ホント、みんなよく頑張った。数日前に手術を受けたばかりの守護神楢崎。歴代2位タイの出場記録をつけた。ジョシュアも久しぶりのゴールで調子も上がってきたことだろう。
次節からは後半の折り返し。前半戦は、とても満足のいく内容ではなかった。残り半分で勝ち点7の差を縮め上回らなければならない。首位、仙台との直接対決。勝って射程圏に入れに行こう。
遠征組のみなさん、大雨のなかお疲れさまでした。

hibiya1976 at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!NAGOYA 2012 

July 06, 2012

柏×名古屋

柏×名古屋、前半戦最後の対戦。これで折り返しになる最後の一戦。負けられない、負けたくない。勝ち点1に泣いた昨シーズン。あの時勝ってればと未だに思うことがある。
サッカーは勝ったものが強い世界。二戦続けて強者との戦い。一戦必勝。一試合一試合手堅く勝ち点を積み重ねていかなければ厳しい状況の名古屋。
明日は、久しぶりの国立。以前は得意なスタジアムではあったが最近では、勝ちに巡りあったことがない。そんなジンクスを思わず戦って行きましょう。まだまだシーズンは折り返しに入ったところ。名古屋には十分勝機がある。
必ず勝って上を目指して戦って行きましょう。

hibiya1976 at 13:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!NAGOYA 2012 

July 03, 2012

名古屋グランパス20周年記念グッズ

名古屋グランパス20周年記念レプリカユニフォーム

20120628_uniform01


20120628_uniform02


□予約受付期間:
7月2日(月) 21:00 〜 7月4日(水) 17:00
(FC会員先行予約受付分)

7月4日(水) 21:00 〜 7月16日(月) 23:59
(一般予約受付分)

□販売方法:
インターネットによる予約販売 ※FAXによる受付は行ないません
名古屋グランパスオフィシャルオンラインショップ


お買い求めはお早めに

hibiya1976 at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!NAGOYA 2012 

July 01, 2012

横浜×名古屋

51b4316e.jpg


横浜戦、お疲れさまでした。
リーグ再開後、2勝2分で勝ち点8。しかし、昨日は、ともかく、少なくとも2点は、失っている。今の名古屋は永井でしか得点出来なくなっている。チームは好調にみえてまた、新たな問題に差し掛かってきている。次節アウェイ3連戦、前半戦の折り返し。宿敵、柏を撃破して上を目指そう。

hibiya1976 at 09:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!NAGOYA 2012 

June 27, 2012

狙え3連勝

リーグ再開後はキャンプの成果か連勝。オリンピック代表永井の活躍が光る。今日は、ACLに参戦していた4チームの対戦。名古屋はG大阪とアウェイで戦う。敵は今年、大不調で降格圏内に。ここ4年ほど名古屋が負けていない。以前は苦手意識があったがいまはお得意さんにぬりつつある。今日勝って3連勝すれば、上位に食い込み首位仙台が射程圏に入ってくる。
アウェイ3連戦、全部勝ってホームへ帰って来よう!

hibiya1976 at 12:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!NAGOYA 2012 

June 25, 2012

第15節 名古屋×磐田

第15節 名古屋×磐田。ホームゲームで久々の勝利。

キャンプの成果が少しずつ出てきたかな。アウェイ3連戦で真価が問われる。

次勝てば上位進出だ。

IMG_0473
お疲れさまでした。

IMG_0476
中日新聞

IMG_0475
中日スポーツ

hibiya1976 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!NAGOYA 2012 

June 21, 2012

第14節 鹿島×名古屋

 三週間前、名古屋は1試合少ないとはいえ、首位仙台との勝ち点10、13位に低迷。ACLラウンド16で敗退した。その後、飛騨古川でのハードキャンプを終え、新たなスタートをと残り21試合全部勝つつもりでリーグ戦に臨んだ。
かっての鬼門、カシマスタジアムの鹿島戦。鹿島もまた精彩を欠き低迷している。どちらも負けられない一戦となった。
 玉田もケガで離脱し、本来のボランチのポジションの選手もケガのため離脱。ダニエルがボランチの位置についた。また、ジョシュアの腰の状態も気になるところだが、オリンピック代表候補に選出された永井をはじめ、金崎、小川、藤本と攻撃に厚みを加えた。
 この後のゲームの流れはオフィシャルを参照。
前半、シュートの撃ち合いのなか、なかなか得点にまでは至らない。キャンプの成果なのかゴールへの意欲が伝わってくる。しかし、なかなか得点入らず。前半終了間際、名古屋のミスから鹿島に先制点を許した。ボランチとして起用されたダニエルも攻撃の起点になっていない。
後半に入ると同時に失点の発端とみられた増川は下げられダニエルをセンターバックにおき田口を導入した。すると次第に名古屋はリズムを掴みだし永井の同点弾を生み出し、永井からのパスで金崎が逆転のゴール。しかし、このまま引き下がる鹿島ではない。すかさず同点に追いつかれる。そして勝ち越し弾は、またしても永井のミドルシュートが鹿島のゴールネットを揺らした。
 終わってみればノーガードの撃ち合いのゲームを名古屋が制した。決して楽に勝ったわけでもなく、名古屋のサッカーをしたわけでもなく。再開戦を勝つことができたこと。これがイチバン大切ではなかろうか。ピクシーの厳しさも選手に伝わったのではなかろうか。
 この一戦の勝利がこの中盤戦に続いていけば強い名古屋がもどってきたことになる。次節に向けて準備しよう。

鹿島戦の勝利、お疲れさまでした。

hibiya1976 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!NAGOYA 2012 

June 17, 2012

やっと勝った

リーグが再開した大事な初戦。難所カシマスタジアムで永井の1アシスト2得点の大活躍で鹿島に逆転勝ち!

hibiya1976 at 06:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!NAGOYA 2012 

June 13, 2012

初心に返り

 飛騨古川キャンプも終え、土曜日からのリーグ再開戦に向け準備ができたかどうかはわからないが、日曜日に行った選手へのメッセージも何らかの形で各々伝わったのではないだろうか。

 ケガ人が出ていて万全の態勢にはほど遠いがチーム一丸となって再開するリーグ戦で答えを出してれることを信じている。今、名古屋はこの5年間でイチバン苦しい局面を迎えている。その度に一丸となって乗り越えてきた。まだまだ名古屋はチャレンジャーであることを忘れてはならない。常勝に慣れてしまい、チャレンジ精神を忘れていたような気がする。今こそチームもサポーターも初心に返り原点からのスタートのつもりで進んでいかなければならない。結果は後からついてくる。
 みんなの気持ちが一つになりチームに力を与え信じられない奇跡を起こす。それがULTRAS。

hibiya1976 at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!NAGOYA 2012 

June 09, 2012

飛騨古川に力を

前述のとおり、明日は飛騨古川のキャンプへ行けるひとは駆けつけて名古屋に力を!

hibiya1976 at 16:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!NAGOYA 2012