ダラス/アメリカ生活

March 25, 2007

つれづれなるままに近況

だいぶご無沙汰していますが、最近はとにかく公私ともに忙しい状況が続いています。この3月は初の休日出勤も経験し、明日も休日出勤しないといけません。この1週間は平日も夜9時から11時くらいまで働いており、多少は日本復帰に向けてのリハビリになっているのかなと。まあ日本ではこんなものでは済まないですが。

日経とか見ると、関与しているファンドのニュースとかがしっかり出ていますね。見ているとこちらのファンドも日本や中国の不動産を重点地域として投資しているファンドが多いです。まったく日本法が絡まない案件でも、最近はRevolving Credit Facility Agreementのドラフトを担当させてもらっています。やはり契約書は本体だけで100頁くらいになるのでスケジュールがタイトだと本当に大変ですね。ドラフトし終わっても、疲れた頭でプルーフリードする気にはまったくなれません(涙)

こちらでは残業することはまずないだろうと思って、木曜日や金曜日には結構予定を入れていたので、それをドタキャンしなくていいようにするのも大変です。ここまで忙しくなってくると週末の予定も死守しなくては。でも来週のオースティン、サンアントニオ行きは怪しくなってきました。

今日は事務所のパートナーとシニアアソシエイトとオフィシャルなディナーがあって、La Duni Latin Kitchen Baking & Studio(4264 Oak Lawn Highland Park, TX 75219,214.520.6888 )というキューバ料理のレストランに行ってきました。ここはお勧め。デザートもワンダホー!

シニアアソシエイトの奥さんがとても美しかったです。まあ旦那もハリウッド俳優並みの美男子なのでお似合いのカップルです。夫婦共々カラオケ好きらしいので今度一緒にカラオケに行くことになりました。

余談ですが、ダラスは美人が多いです。この話をNYの友人(日本人じゃないです)とかにしてみると有名な話のようで「それは聞いたことがある」と言っていました。渉外弁護士の皆さん、SMUあたりに留学するのもお勧めかと思いますよ(笑)。裁判官は昔からSMUに留学しているらしく、私が東京地裁で修習していたときに名物刑事部部総括もはるか昔にSMUに留学していたそうです。SMUは超お金持ちが通うというイメージですね。学生のくせに皆さんアウディとかベンツ乗り回している気がします。

ここダラスではとにかく交流の範囲がどんどん広がっていきます。Barで交流の輪が広がることもしばしば。あと半年しかないというのもなんだかもったいない気がします。日本もこういう交流の仕方が広がればもっと楽しいのではないかなぁと。

今の事務所はその気になればPermanentベースで採用してくれるらしいのですが、日本の事務所との関係もありそういうわけにはいかないんですよねぇ。

hibiya_attorney at 13:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

March 15, 2007

It's a small world!

今日は、月に1度の日本語・日本文化に興味のある人たちの会合でした。私は英会話を練習すべくそこに通っているのです、今日そこで出会った日本に15年住んでいたことがあるというアメリカ人。なんと、今は違う事務所に所属していますが、私の弁護士としての師匠を知っている人。というか、その人の働いている会社は、その師匠のクライアントで、私も師匠と共にそのクライアントにリーガルアドバイスをしていました。その人に日本で仕事しているときに会ったことはなかったのですが、当然共通の知人がいることが判明。

まさか、このダラスでそんな人と出会うとは。でも、実はその会社の本社はダラス近郊らしいのです。いやーびっくりだ。世間は狭い。



hibiya_attorney at 14:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

November 29, 2006

Dialogue with Ambassador

ダラスに来て、日米の政治・外交に関する話題に接することが多くなりました。所属する事務所がいくつかの日米関係の団体のスポンサーであるため、それらの団体が主催するランチョンなどには必ず出席することになるのです。

これまでも米政府高官や日本の政治を専門とする大学教授を招いてのランチョンなどに参加し、北朝鮮問題や安倍政権の展望などの講演を聴く機会が何度か。今日は、ついに加藤良三駐米大使とのBreakfast Meetingとランチョンに参加。日米関係について、政治・経済から安全保障まで話は多岐に亘る。ランチョンは数百名規模でしたが、Breakfast Meetingは人数が数十名に限られており名刺交換もさせていただくことができました。

こういった貴重な機会が与えられるのも、ダラス経済界におけるこの事務所のプレゼンスが大きいおかげです。日本の法律事務所が何らかの団体のスポンサーになっているという話はあまり聞かないですが、大規模事務所あたりは今後そういった活動もするようになるのでしょうか。

ここアメリカにおいて、リーガル以外の分野にもこうやって接することができるのは自分の視野・興味を広げる意味でとても有用だと実感。ということで最近は日本の政治・外交史についてちょっと勉強しようかなと思ってます。


hibiya_attorney at 09:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 16, 2006

National Boss Day

今朝事務所に行くと、事務所のあちこちに張り紙が。
僕のブースに入り口にも、なにやらカラフルな張り紙が。

「Happy National Boss Day!」と大きく書かれて、カラフルなペンで秘書10人分くらいのサインがされている。
「なんじゃ、これ?」と思って秘書に聞くと、なんでも10月16日はNational Boss Dayということで上司のお祝いをする日らしい。

ということで、朝から秘書が用意してくらたCheesecake Factoryのイタリアン・クリーム・チーズケーキやらを食べる羽目に…。美味しいんだけど甘すぎてとても食べ切れん。何故午後じゃないんだろうか・・・。

ちなみに、張り紙の下のほうには、小さく「According to the Internet」という脚注がついていて、National Boss Dayの説明が(親切だ!笑)。

これによると、1958年にパトリシア・ベイズ・ハロスキーというState Firm Insurance Companyの従業員がアメリカの商工会議所に休日を登録したことに始まる。なんでも10月16日は彼女の父の誕生日という特別な日だったからその日を指定し、その目的は一応上司への感謝を示すためらしい。

うーん、父親の誕生日と上司をお祝いする日が一体どう関係するのか全然わからん(笑)。

アメリカで働いている他の皆さんもお祝いしてもらったのでしょうか。アメリカにこんな慣習があるなんて全然知らなかった。。。


hibiya_attorney at 18:33|PermalinkComments(2)clip!

October 05, 2006

Barneys New York登場!

この間のエントリーのように、ダラスはこの季節はまだリゾート地のような感じなのですが、さすがに職場にはスーツでいかないといけません。アメリカ南部とかテキサスとか聞くと、仕事の服装も比較的ラフなのではないかとイメージしたりもしますが、私が勤務している職場はしっかりとドレスコードがあって、スーツにタイ着用は当然のようです。私の前任者なんかは5時を過ぎて自分のブースでタイを外していただけで注意されたそうな。イメージと違ってかなり厳しいですね。ローファームの厳格なイメージ維持のためなんでしょうね。

ということで、完全な学生生活だった去年とうってかわって今年はしっかりとシャツ、ネクタイ、スーツを揃える必要があります。スーツを着ると身が引き締まるというかやる気がでるので、スーツは元々好きです。

しかし、シャツやスーツなどどこのブランドで揃えたらいいのかなぁというのも悩みどころ。と思っていたら、つい先日、うちから車で5分ほどのところにあるNorth Park CenterというショッピングモールにBarneys New Yorkオープン!

日本ではよくお世話になっていたので、早速行ってみました。

Barneys New York なんか日本やNYにあるBarneysとはつくりが違いますね・・・。

店の中も他のBarneysよりややカジュアルかなと思う部分もありましたが、やはりシャツ売り場などは他店と同じで安心感はあります。なので今後は困ったらここで買物をするでしょう。

今回は、オープニングセールをしていると思っていたのにしてなかったので買物なし(笑)。そういえば銀座店のオープニングセールには行ったなぁ。

それにしてもBarneysが進出してくれるなんて、ダラス、意外とやるねー。
どこかで聞いた話だと、ダラスは何でもNYに次いで全米で2番目に衣服に費やすお金が大きいんだとか。州の所得税がないのが大きいのかな。

そういえば、ダラスは走っている車もベンツやらBMWやら高級車がやたら多くて、アパートの駐車場に車を止めるときも、いつも自分の車と他の車を比較して悲しくなります。何故か若い女の子でベンツを乗り回している子が多いのも不思議だ。。。

hibiya_attorney at 12:49|PermalinkComments(2)clip!

October 01, 2006

週末はこんな感じ

ダラスでの週末は、だいたいどちらか1日はアパートのプールサイドで本でも読みながらぼぉーっとしてます。
これ、うちのアパートのプール。

Pool
















朝晩はだいぶ涼しくなってきたとはいえ、昼間はまだ30度以上まであがり、この週末なんかは35度くらいになりました。ということでまだこの気候が続くうちに目一杯楽しむぞということで週末ごとにせっせとプールサイドに通っているのです(笑)。他の住人もビール片手にプールサイドによく集結してますね。アメリカ人、ほんとに焼くのが好きです。


sky いやー、それにしてもあおむけになって真っ青の空に流れ行く白い雲の動きを眺めていると、人生にはこういう時間も大切なんだなぁとしみじみ感じます。時の流れがとてもゆっくりだ。何をするでもなく。うーん、素晴らしい。

ちなみに近くにDFWとは違うLove Fieldという空港があるので飛行機がバンバン上空を通っていきます。飛行機好きのわたくしには、これまたいとうれし。飛行機って海外へ行くイメージというか「非日常」のイメージがあってワクワクしません?フィラデルフィアではうちのアパートの窓からフィラデルフィア空港へ着陸していく飛行機を見るのも好きでしたが、このプールサイドで寝そべりながら真上を通っていく飛行機を見るのも好きです。

ということで今の季節は週末はこうやって贅沢な時間の使い方をしています。暑さよ、できるだけ続いておくれ。



hibiya_attorney at 16:23|PermalinkComments(6)clip!

September 14, 2006

始まってます!

My Office Tower

またまた暫く更新を怠っていましたが、そろそろ活動を再開したいと思います。ダラスに入った後は引っ越しの荷物を受け取った後、すぐにビザ取得のために日本に一時帰国するなど慌しい生活を送っておりました。日本滞在もほんのわずかで9月5日より既に勤務開始してます。

写真は私の働いている事務所が入っているビル。私のオフィスは32階で窓からの眺めはそこそこいいです。日本では考えられないほどの広さの個室を与えられパートナー気分(笑)。新入生は9月の最終週にまとめて入ってくるらしく、勤務初日の研修は中途入社の数人と一緒に受けることに。

研修を受けていてやっぱり事務所のシステムは日本の事務所と比べて格段にすごいという印象。ファックスも受信すると自動的に名宛人の弁護士へメールで送付されるし、Wordは事務所向けにカスタマイズされている。ドキュメント管理ソフトやクライアント情報管理ソフトも便利。でもどれもこれもなんだか複雑。むー、システムに慣れるだけで最初は大変だ。

アメリカはやはり日本の事務所に比べて出勤が早く朝8時半過ぎくらい。それでも通勤は車だし、Door to Doorで15分くらいなので楽チンです。今のところ暇なので帰りは5時半には(日本の皆さん、すみません)。他の弁護士もクロージング前は別として通常は7時くらいには帰宅しているそうな。何故、それだけの労働時間で事務所経営が成り立つんだろう?日本の渉外事務所の現状を考えると不思議で仕方ありません。

ちなみにブラックベリーは、Foreign Associateというポジションで使う頻度は限られてそうなので、いらないと断わっちゃいました。話の種のために持っておくべきだった?

hibiya_attorney at 14:43|PermalinkComments(6)clip!