Life is beautiful

〜素晴しき人生,Trying To Find My Way〜

秀作『シング・ストリート 未来へのうた』

3709『はじまりのうた』ジョン・カーニー監督作品『シング・ストリート 未来へのうた』を観る。

前作と似てると言ってしまえばそれきりだが,この監督の世界観にはどうにも感情が抵抗できないものがあり,一言,「良い

音楽好きだからか?それは間違いなくあるだろうが,それだけではない気がする。あれこれと考え過ぎず,素直に心が受け入れる,そういう力がこの監督の作品にはある。

この❝素直❞というのが映画を観る上でこの上なく大切なこと。素直にこの映画を観て感じてほしい。そういう時期,時代が,自分や社会にあったことを・・・・・。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

3708ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を観る。

❝スター・ウォーズ❞だからそもそも戦争と言ってしまえば仕方ないが,本作はシリーズの他の作品と比べて異色であり,SFというよりも戦争映画の趣が強い。
他の作品で感じる戦いでの爽快感はあまりなく,戦争映画の悲壮感が漂う。恐らくはそれがこの作品の成功(反対者も多いだろうが)の要因の一つとなってるのだろう。

フォレスト・ウィテカーマッツ・ミケルセンドニー・イェンといった曲者名役者を揃えてシリーズファンのみならず,映画ファンの興味を惹くことも忘れていない。シリーズにまた名を遺すだろう。

『ライト/オフ』

3707「久々にホラーでも」とジェームズ・ワン製作の『ライト/オフ』を観る。

まあ最初から期待してなかったので「こんなもの」。ほど良く驚かせてグロさはなく,気軽に楽しめる。なのでよしとしましょう。
ただ気になってしまう点はやはり・・・。か弱い主人公達が必死に戦いを続けてるのに何故に警察があっという間にやられるわけ・・・? そういう細かいところもできれば気遣ってほしかった。
あと設定がもったいないか。せっかく過去が出てきてるのに,あまり内容がない。もっとネタを仕込めば良かったのに・・・。

ま,欲を言えばきりがなし。暇つぶしにはまずまずの作品。

平凡な作品『ドクター・ストレンジ』

3706劇場公開時の話題作『ドクター・ストレンジ』を観る。

この作品を劇場で,そして3Dで観ずにして何を語ると言う人もいるだろうが,全ての人がそれを観れるわけではけしてないので,家のTVで観た感想があってもいいだろう。

「おおー!『マトリックス』 みたい」とつぶやいたアクション・シーンへの感情は,数十分後には冷めていた。「みたい」ではあるがそれ以上ではない。劇場3Dでは違うかもしれないが・・・

映像はともかく内容に新鮮さがない。この手の作品が好きな人にはたまらないかもしれないが,一般的な映画ファンの自分にとってこの作品に特別な魅力は感じられない。途中で飽きてしまった。

前評判に期待して観るのは薦められない。既存の同類の映画と何ら変わりのない平凡な作品。

『ガール・オン・ザ・トレイン』

3705エミリー・ブラント主演のミステリー『ガール・オン・ザ・トレイン』を観る。

極めて分かりづらい展開だが,主人公が壊れていることはすぐに分かる。しかし,やがて周囲の誰もが壊れているような疑心暗鬼に襲われ,更には,その全てが・・・

というような異色ミステリー。

多くの登場人物が怪しげだが,中でもエミリー・ブラントの怪演がすさまじい。衝撃の真相に驚くのも,その怪演あってのものだろう。

分かりづらいせいもあり,先を読むのは極めて困難なミステリー。異色なり・・・。

『ザ・ギフト』

3704サイコ・スリラーらしき『ザ・ギフト』を観る。

正直,もっと緊迫感のあるものを期待してたが,わりと単調。❝ギフト❞というアイテムをもっと効果的に使うべきだったか・・・。人物が出過ぎるとあまりアイテムの意味がなくなってしまう。タイトルのインパクトが薄れてしまった印象。

内容は・・・

これ自業自得としか言い様がないか・・・。妻にも会社からも愛想を尽かされる主人公の性根が明らかになるにつれ,緊迫感とは全く別の感情が沸き起こる。それはそれで納得するのだが・・・

ネタ的にこれでよかったのか・・・? 惜しい作品。

凡作『インフェルノ』&傑作『ハドソン川の奇跡』

3703-2共にトム・ハンクス主演の『インフェルノ』『ハドソン川の奇跡』を観る。

2日連続で観比べしてしまうと両者の差は歴然。観たのがタイトルの順であってもなお・・・。

ネタを知っていながらも「何故そんな仕打ちを?」と,あっという間に共感させられる『ハドソン川の奇跡』。自分の決断に自信と誇りを持ちながらも,明らかになるデータ等によって次第にそれに疑問を持ち始めるサリー。しかし,その大いなる自信と誇りが調査委員会の盲点を浮き彫りにしていく。
静かな,しかし熱い信念と誇り。これに観客は圧倒され,深く共感してしまう。見事な傑作。

3703『インフェルノ』はシリーズ3作目というのもあり,さすがに飽きる。いちいち面倒な謎解きはそんなに繰り返すものではない。正直疲れるし,犯罪者に対して「なんでそこまで凝る?」という実に自然な疑問がわいてきて作品に共感できない。ってか,「そんなとんでもないウィルス簡単に作れるかっ」ってな感じ 巨大な組織ならまだしも・・・

観た順番が逆だったらさぞやガッカリしただろうと,選択に救われた2夜・・・

ヱヴァ・『シン・ゴジラ』

3702庵野秀明総監督の『シン・ゴジラ』を観る。

めっちゃヱヴァ入ってるじゃん(笑)

これは庵野秀明ならではの特権ですな。所々に笑いもあったり・・・ で,古典ゴジラへのリスペクトもしっかりと感じられる。

進化するゴジラ。怖っ・・・。んで第〇形態・・・,これがまた使徒みたいで・・・(笑)

エンディング,あの後どうすんだろ・・・・・

夜桜

3701新潟もようやく桜が満開に・・・

明日からまた暖かくなる予報。本格的な春のシーズン到来。

夜桜もいい・・・・・

※最寄駅沿いの公園にて

Start in my life 2017

この土日,長男の引っ越しで家内と3人で群馬へ・・・。

引っ越しと言っても大学の研修でほんの4ヶ月。それでも家内はだいぶ前から準備していた。
4時間ほどかかる距離。なかなか疲れた。が,長男も満足の十分な部屋で,3人で買物やら荷物整理やらで生活準備は万端。夕べは外食で疲れを癒し,そのまま長男の部屋で1泊。入浴も洗濯も実施済。そして今朝は家内と長男が作った朝食で大満足し,自炊の練習もOK。そして・・・

初めての一人暮らしにちょっぴり不安と大きなわくわく感を抱いている長男を前に,邪魔な我々は帰る時間に・・・。こっちの心配を知ってか知らずか,当の本人は新しい部屋に夢中。
「頑張れよ」と自分は声をかけ,事細かく話している家内と車へ・・・。
たった4ヶ月なのに家内は涙・・・。「泣いてる場合じゃない」と,何度も自分に言い聞かせてる家内。まったく,いつまで経っても子離れできない親・・・(苦笑)

いつか来ると思っていた,その日の準備編のようなこの日・・・。やがて,その日は来るだろう。
今年無事大学に合格した娘は先週入学式。この土日は大学の入学行事へ。子供達がそれぞれの新たなスタートをきった。

あんなに小さかった子供達が今,確実に巣立とうとしている。準備をするべきは,我々親の方かもしれない。

今はただ,2人の新しいスタートを見守り祈るのみ。困難があるだろうが,無事に乗り越えてほしい。大丈夫。絶対に乗り越えられる。

2017年春。我が家の子供達の,それぞれの新しいスタートが始まる・・・・・。
blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
人気ブログランキングへ
New Release
『15th Anniversary Mai Kuraki Live Project 2014 BEST “一期一会” 〜Premium〜』
2015.5.27 RELEASE
倉木麻衣NEW LIVE DVD&Blu-ray
Link
楽天市場
倉木麻衣さん

風鈴ブログパーツセット

Profile
hibo
新潟県在住。
家庭をもつ普通の会社員。
映画「街の灯」と「ライフ・イズ・ビューティフル」の主人公「チャーリー」と「グイド」を人生のバイブルとしている。
Archives
記事検索
QRコード
QRコード
Blog List
ギャラリー
  • 秀作『シング・ストリート 未来へのうた』
  • 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
  • 『ライト/オフ』
  • 平凡な作品『ドクター・ストレンジ』
  • 『ガール・オン・ザ・トレイン』
  • 『ザ・ギフト』
livedoor画像検索
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ