2016年07月15日

Windows10 と UAC

windows10 を使ってみるとやはりUACの設定を変更したい欲求にかられます。
通常インストールしたアプリは普通に起動するけど、あるサービスを起動したり停止したりする場合にUACにより画面の暗転 が起きますね。

かと言って以前のようにUACを完全に切りたくもないし…

はい、方法があります。でもこれも悪用されるのでしょうかね?
オホホホ

遠隔操作アプリ TeamViewer がとっても素敵ですが、インストールすると用もないのにバックグラウンドで動作してます。
・あぁ止めたい
・PCの動作に負担を掛けたくない
・必要な時だけ起動してヘルプ案件での遠隔操作をしたい

必要とあらば方法があるもんですね。

TeamViewer はサービスを止めればアプリも消えます。
停止の場合
net stop TeamViewer 
起動の場合
net start TeamViewer

それぞれ、テキストエディタで bat ファイルを作成して任意の場所に置いておきます。
次にスタートボタンのコンテキストメニュー>コンピューターの管理>タスクスケジューラー
と進み、右ペインのタスクの作成をクリックします。

作成画面で
・全般タブ名前欄に任意の文字を入力(例 NoUAC1)し最上位の特権で実行するにチェック
・操作タブ新規ボタン>参照ボタンから先程の停止用batファイルを指定>OK
・同じく起動用のタスクも新たに作成(例 NoUAC2)

次にデスクトップ画面で右クリック、新規作成>ショートカット から
C:\Windows\System32\schtasks.exe /run /tn NoUAC1
をコピペして名前を任意入力して作成します。(例 停止TeamViewer)
同じく
C:\Windows\System32\schtasks.exe /run /tn NoUAC2
も新規作成から 起動TeamViewer として作成します。

コンピューターの管理>サービスとアプリケーション>TeamViewer11 のコンテキストメニュー>プロパティから
全般タブ>スタートアップの種類を手動に変更します。

以上でUAC暗転に悩む事なくショートカットをダブルクリックで操作できます。

teamviewer