今日のひだまり

 今年2月に発足したこの会ですが、好評につき第2弾を企画し、先日開催されました。
前回より参加人数も増え、活気あふれる会となりました。
講師に、訪問介護事業所の介護職員 丸山さんを迎え
今回挑戦したものは・・・

“フライパンでパン作り”
お菓子作りの苦手な私が、パン作りなんてもってのほか(とても自身がありましぇん
ですが、気軽にフライパンで出来るとあって興味津々・・・
その他、旬の食材(新じゃがいも・新玉ねぎ)をふんだんに取り入れ、おかずには鶏ひき肉を使った
“松風焼き風”と、スープに“ミネストローネ”を作りました。

パン 1
工程のチェックをしています。
野菜を刻み、調味料を計って下準備OKです。

















パン①
パンの生地をこねて・・・
伸ばして・・・
時には台に叩きつけ・・・
叩きつける際には、
誰からとも無く ひと言
(日頃の文句?)を言ってから
勢いよく バァン
と叩きつける。
いったい何のストレス?
といわんばかりの凄い音に皆で大笑い











ぱん 2

何度も繰り返した後に
包む感じに丸めて
フライパンへ
























ぱん 4




フライイパンに大さじ1の水を入れ
とろ火で1分したら火を止めて20分
放置(1次発酵)














一次発酵を終えてフタを開けると、ぷぁ~ん と生地は1.5倍に膨らんでいて
調理室中が ぷぅ~ん といい香り
 「 すでにパンじゃん!! 」 「まだ食べられないだけ??」
と、皆さん大興奮 
ぱん 5


台に生地を取り出し、手のひらで押しガスを抜く。
一つを4等分に分けお好みの具を入れる
(レーズン・くるみ・餡子・クリームチーズ等)
包み丸め、再度フライパンに並べる














ぱん 6
とろ火で1分したら火を止めて15分
(2次発酵)


その後、フタをしたままとろ火で10~20分焼きます。

最後は、シートを外して生地をひっくり返し
とろ火で8分焼いたら出来上がり!











ぱん 7




焼き加減はお好みで

焼きたてのパンの香りって、
幸せな気持ちになりますよね。
大成功に、このドヤ顔ですゎ

















ぱん 8














ぱん 11













ぱん 9














ぱん 10


















素敵に盛り付け、出来上がりに皆さん大満足!
食べきれないパンは、家族へのお土産に持ち帰りました

反省会を兼ねながら、皆で食し、次回は何がいい?なんて声を聞くことが出来ました。
仲間でワイワイしながらの調理、楽しいですよね

次回も乞うご期待

デイサービスでは、利用者の皆さんと 「小豆ほうとう」 作りに挑戦しました!
粉に水を入れ、こねてこねて・・・
ほうとう1




















 のし棒とのし板で、伸ばします!
 「こんな事は、毎日やってたこんさぁ~」と、懐かしそうでしたが
 さすがに昔やっていただけあって、手つきはプロです。
 みるみる薄く伸びていきます。
ほうとう2



















ほうとう3




















こんな感じで、包丁を入れました。
不ぞろいの長さ、厚さに、手作り感が出ていますね
ほうとう4




















茹でて、小豆と絡ませたら ハイ出来上がり!
ほうとう5

































 皆さん懐かしい味だと大満足!
 程よくコシもありました。
 山梨に生まれ育った私も、初めて頂きました。
 小豆&ほうとう・・・じつは、ちょいと引き気味だったのですが
 なんのなんの、とっても美味しかったですよ
 まだ、食してない方、一度お試しあれ

ほうとう6ほうとう7












ひだまりでは 喰い隊 という会を発足いたしました
どんな会だと思われますか?
ネーミングからして、食す ・・・・・ですよね
でも、ただ単に 食す だけではないのです!

女性職員の多い介護職、仕事を終え、タイムカードを押すと
主婦にギアチェンジする毎日。

さて、今晩は何にしよう
そんな時のヒントに・・・
〇〇〇を作ってみたいけれど、イマイチわからない。自信が無い。
今さら聞けないこんな事・・・
などなど、食または食材を通しての交流会なのです。
これも、一つの食育ですかね(笑)

ある日、一人の職員が「巻き寿司が上手く出来ない。コツを知りたいけれど、誰か教えてくれないかな?」という声から「私も、私も」という声が上がりました。
という事で、募った職員でこのような会が出来ました。

第一回目のお品書きは
 巻き寿司  
 お吸い物  
 鱈のホイル焼き  

巻き寿司①今回の講師は、ひだまりで毎日おいしい手料理を作っていただいている調理員のお二人。

時間短縮のため、中に入れる具(椎茸・かんぴょう)は、あらかじめ煮てきてくれました。

作業中は、皆さん真剣そのもの。
講師が手順を話し、実演しながら一つ一つのコツを手取り足取り伝授してくれました。









巻き寿司②

巻き寿司の中身は、
卵焼き
きゅうり
椎茸
かんぴょう
人参

それに、意表を突く
くるみ
このアクセントには、驚き





巻き寿司③



上手に巻けた時の嬉しさ
思わず、自慢したくなります。










巻き寿司④

 完成品

 彩りよく出来ました。
 酢飯も、最高









巻き寿司⑤
巻き終わり、片づけを終えるころにはオーブンのお魚も焼き上がり食事会となりました。

感想を述べ合い、次へのチャレンジ話に花を咲かせました。

次回も楽しみです














このページのトップヘ