空を見上げて

みなさまへ

初めまして、園長の 佐田 淳一(さだ じゅんいち)と申します。
このページを訪れていただき ありがとうございます。

0902集合写真















『園のホームページ』を開設しました。
初めての方は まずはこちらをご覧ください。(2015年7月)

『分かち合いの社会 をつくりたい。みんながそれぞれの立場 で輝ける社会 をつくりたい。』

そんな想いを持ちながら、「自己肯定感を育むこと」をテーマに、保育に「心のあり方」からアプローチする 新しい園(ひだまり保育園)を2008年8月 に開園いたしました。


さらに2017年9月、『保育園・幼稚園の垣根を越えた園でありたい』、『親(特にお母さま)も輝きを増していけるような園(コミュニティー)でありたい』という想いをのせて、名前を「ひだまりおやこ園」に新しくしてスタートしました。


園の場所は、市川市柏井町2-75-2、自然に囲まれ「ここしかない」という絶好の場所では と思います。


園児さん・一緒に歩んでいくご家族さま、随時募集しております。


お問い合わせ先    電話 : 047-338-1706
             メール : genki☆hidamarihoiku.sakura.ne.jp
                     (「☆」を小文字の「@」に変更し送信ください)

 《日々の出来事の中に 想いや考えを盛り込んでいる「園長の日記」へ》

 《ひだまりの関係者に ひだまりについて紹介してもらう コーナーです》


hidamarihoikuhidamarihoiku  at 00:00  | コメント(1)  |  この記事をクリップ! ごあいさつ  

晩秋の風物詩、落ち葉を集めに

みなさまいつもありがとうございます。

1122行田公園1


















やきいも大会で使う「葉っぱと枝」を行田公園へ集めに向かいました。

ひだまりでは晩秋の風物詩のごとく、毎年行っているこのイベント。「何度やってもやっぱりいいな。」と思います。

わくわくが溢れていて、楽しかった〜。私自身もまだ余韻に浸っているところです。



1122行田公園2


















お出かけ前の玄関先でのエピソードです。

みんなを集め、今日の活動について話します。「今日はバスで行田公園に行きます。でも、今日はお仕事です。さあ、何をしにいくでしょうか?」

すると… 「う〜ん、マラソン?」との返答が…。マラソンはお仕事ではないですからね!みんなの中で、そんなに義務的なのでしょうか(笑)。

それはさておき、袋を見せて「今日は何かを集めにいきます。」と伝えると、ほどなく「やきいものための葉っぱ集め!」と上級生から正解が。そしてみんなの雰囲気がパッとわくわくしたものになりました。

「やきいもグーチーパー」の手遊び歌を歌い出す子がおり、周りの子も加わって合唱のようになりました。いい感じだなぁ。



1122行田公園3


















「お仕事」とはいっても、この日はゆるく楽しみながらやるぐらいで十分だと思っています。異年齢で行っていますし、1・2歳児クラスは飽きて遊び出しても普通だとも。

作業自体が遊びになっている面も大きいのでしょうが、みんな本当によく動いていました。夢中でやった小一時間、明らかに遊んでいる子は1人もいませんでした。

おかげで「みんなでやり切った。」という一体感・満足感をそれぞれが感じることができたかと思います。

1122行田公園5


















1122行田公園4

















(5歳児クラスは枝集めを担当)



1122行田公園6


















そして、葉っぱ12袋と枝2袋を子どもたちがバスまで運びます。

この作業も見ていて「いいな。」といつも思います。運ぶみんなも本当に楽しそうですし、今日の作業の1つひとつがやきいも大会につながっていきますからね。


1122行田公園7


















5歳児クラスを中心に運んだ、枝の袋。

枝が袋いっぱいに詰まって、袋の口を結べないほど。幼児が運ぶにはかなり重いです。しかも、袋の下側を支えるように持たないと、袋が破けてしまいます。

かなり苦戦しながら、バスまで150mぐらいの道のりを運びました。「ちゃんと持って!」・「持つのは下だよ!」・「重い〜、落ちる!」などの声が飛び交っています。

でもその苦労がいい思い出になるんだよ。5歳児クラスにとっては最後のやきいも大会だからね。



1122行田公園8


















そして、袋をバスに積み込んで持って帰ります。

その様子は、1年前の記事で描写しましたのでそちらに譲りますが、今年も大体同じ感じ。楽しい時間でした。


やきいも大会は12月の予定。みんなで楽しみたいと思います。

お読みいただきありがとうございます。

〈給食〉

1122給食

















・麦ごはん
・冷奴(カリカリじゃこのせ)
・白菜とにんじんのおみそ汁
・じゃがいもの煮ころがし

〈おやつ〉

1122おやつ

















・こんぶとおかかおにぎり

[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 日記  

徒然

みなさまいつもありがとうございます。

1121上山公園1

















(上山公園にて)


木々が落とした葉っぱが、空中をゆっくりと舞い降りてくる… そんな季節になりましたね。昨日の行田公園・今日の上山公園とそんなシーンにたくさん触れることができました。

葉が落ちると、幹や枝の姿が際立ちますが、そんな木々を眺めるのも好き。色々な方向に自然に伸びる枝のシルエットは美しく、その(フラクタル)構造にうっとりとしてしまう私です。

木々の姿からはしっかりとしたエネルギーを感じます。落葉樹たちは休眠期に入っていきますが、春になれば花を咲かせ・葉を出すだけの養分は既に蓄えられていますよね。新緑や青葉の時期も素敵ですが、ひょっとしたら今が一番エネルギッシュと言えるかもしれません。


1121上山公園2


















上山公園を訪れるのも久しぶり。夏場は蚊が多くて敬遠していましたが、やっぱりここ、いいな。傾斜地に作られた公園だけあって、斜面が多くて楽しいです。自然な起伏って、何てわくわくするのだろう。名物のローラー滑り台も楽しいですが。

先日、4歳児クラスがいい流れと書きましたが、5歳児クラスもいいなと思います。

この記事で書いた、「助走+ジャンプ+斜面に着地+そのまま斜面を駆け下り」が2人の子が出来るようになっていたり、とても豊かな表情で遊ぶのが印象的な子がいたり、色々と育まれている感じがします。

これから寒い季節になりますが、子どもたちと色々な力を育み・蓄えていきたいな。今すぐに芽が出なくても、春になって・もっと先の季節で大きく花開けるように。

まとまりのない文になってしまいましたが、今日はこの辺で。お読みいただきありがとうございます。

1121上山公園3


















〈給食〉

1121給食

















・五分つきごはん
・厚揚げときゅうりのみそ和え
・さつま汁(さつまいも・豚小間肉・にんじん・しめじ・ねぎ)

〈おやつ〉

1121おやつ

















・豆腐白玉きなこがけ

[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 日記  

(第3回)入園説明会を開催します

みなさまいつもありがとうございます。

1120行田公園1

















(行田公園にて)


新たな試みとして先々月9月に開催した「入園説明会」、来月12月にもう一度開催することとしましたので、ご連絡させていただきます。

日程は12月16日(土)の10時から

「来年度4月からの入園」を考えている方・「もっと直近の入園」を考えている方・「入園はもう少し先」だけど…という方まで、入園に興味がある方でしたらどなたでもご参加いただけます。

この機会に新しい出会いが生まれることを楽しみにしております。どうぞよろしくお願いいたします。


参加にあたっては、準備の関係で事前にご予約をいただきたいと思います。ご予約はメールか、お電話で。

メールの場合は、園のアドレス(genki☆hidamarihoiku.sakura.ne.jp(☆を小文字の@に変えてください))へお願いいたします。ご予約完了の返信をいたしますので、こちらのアドレスから受信ができるようにしておいてください。2日以内に返信が届かない場合は、お手数ですが再度ご連絡をお願いいたします。

電話の場合は、平日の14時から14時半の間にお願いいたします。急用などの場合は折り返しとさせていただく場合がありますのでご了承ください。




(以下は日々の日記です)

前回は各幼稚園の説明会が盛んに行われている9月に開催しましたが、今回は来年度の認可保育園への申請手続きなどが始まってくる12月にやってみたいと思っています。


12月に開催をする計画は以前からあったのですが、発信までに少々時間がかかってしまいました。

というのは、最初は「12月にやっておかないとご縁を逃してしまうかなぁ。」みたいなネガティブな感覚が私の中で強かったのです。でも、「それは何か違うなぁ。」と思って企画が止まっていました。

前回の説明会の時には、「ご縁に導かれて絶妙なタイミング」での出会いをたくさんいただきました。出会う人は必然的に出会ってしまう。その意味では、開催時期が9月とか12月である必要はないのですよね。


ところで、前回の説明会は「ライブ感」を大切にしました。面白いもので1回目と2回目では雰囲気はまったく違うものになりました。「場を創る、そこで人と人とが出会うってそういうものだよなぁ。」と改めて学びました。

「そうした新しい出会いの場をもう一度創ってみたい」と心底思うことが出来ましたので、今回の発信に至っています。12月に開催することに関しても、今はしっくりときていて、なぜか「機が熟した」みたいな感覚があります。

説明会の流れは前回のものを踏襲しようと思ってはおりますが、雰囲気はまた違ったものになるでしょう。その覚悟もありますし、楽しみにもしています。


在園・卒園のお母さま、今回も参加者と交流いただきたいと思っています。お手伝いをいただける方は佐田までお願いいたします。ただし、決して無理はしないでくださいね。自然な流れで来れる方に来ていただきたいと思っております。

このあたりはいつもの通りです。それがひだまりですからね。

どうぞよろしくお願いいたします。


お読みいただきありがとうございます。

1120行田公園2


















1120行田公園4


















1120行田公園3


















〈給食〉

1120給食

















・五分つきごはん
・納豆(おかか・のり混ぜ)
・さつまいもとブロッコリーのおみそ汁
・もやしの甘酢和え

〈おやつ〉

1120おやつ

















・すりごまおにぎり

[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 日記  

初めてのお昼寝で

みなさまいつもありがとうございます。

1117じゅん菜池1


















(じゅん菜池緑地にて)


新入園の1歳児クラスの男の子、今日が初のお昼寝となりました。

いつも思います、「ご自宅を離れて初めてお昼寝をするってすごいことだよなぁ。」と。お散歩や給食中と違って、お昼寝は意識を失って何もかも委ねなければならないですからね。

それだけに「初のお昼寝は安心して迎えてほしいな。」と願っています。


この仕事を始めて10年、気付けば寝かしつけが相当に上手になっている自分がいました。

「家ではまったく寝ないんです。」・「授乳をしておなかがいっぱいにならないと…」などお母さま方からは色々とお聞きします。ですが、私の寝かしつけにかかって寝ない子はいない(笑)、ぐらいに勝手に思っています。

トントンする、さする、なでる… 子どもの気持ちがいいゾーンは結構分かっているつもりです。ですが、「そうした上辺のテクニックだけで寝かそうとするのはどうなのかな?」と思ってもいます。寝かしつけ中にも「子どもとの心の交流」があるのですから。


子どもの感覚は繊細で、大人が何を考えているのか分かっていると思うこともしばしばです。少なくとも「大人が今どんな気持ちでいるかは常に観察をされている」ぐらいに思っておいたほうがいいだろうなぁ。

寝かしつけ中、自分のこころを静かに保ち、子どものこころに呼びかけます。「大丈夫だよ。安心してほしい。」、と。私の寝かしつけでみんなが寝てくれるのは、こうした気持ちが通じているから、だと本気で思っています。

また、例えばトントンをしていて「あっ、今、響いた!」と感じる瞬間があるんです。子どもが「その場所をその強さでトントンして。」と返してくれたような感覚。そういった直観もとても大切にしています。


さて、初めてのお昼寝の男の子ですが、お陰さまでうまく布団で寝てくれました。本人が安心してくれたならば嬉しいですし、お母さまもホッとしてくださったかな。

そうしてひとりの子が、少しづつひだまりに慣れていって… やっぱり嬉しいことだなぁ。


お読みいただきありがとうございます。

1117じゅん菜池2


















1117じゅん菜池4


















〈給食〉

1117給食

















・五分つきごはん
・ちくわと切り干し大根の煮物
・わかめとおふのおみそ汁
・さつまいものごま焼き

〈おやつ〉

1117おやつ

















・こんぶとおかかおにぎり

[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 日記