空を見上げて

みなさまへ

初めまして、園長の 佐田 淳一(さだ じゅんいち)と申します。

このページを訪れていただき ありがとうございます。

『園のホームページ』を開設しました。

初めての方は まずはこちらをご覧ください。

(2015年7月)

『分かち合いの社会 をつくりたい。

 みんながそれぞれの立場 で輝ける社会 をつくりたい。』

そんな想いを持ちながら、

「自己肯定感を育むこと」をテーマに

保育に「心のあり方」からアプローチする 新しい保育園

を2008年8月 に開園いたしました。


園の場所は、

市川市柏井町2-75-2、

自然に囲まれ「ここしかない」という絶好の場所では と思います。


園児さん・一緒にやっていく ご家族さま、

随時募集中です。


お問い合わせ先    電話 : 047-338-1706

             メール : genki@hidamarihoiku.sakura.ne.jp
                     (「@」を小文字の「@」に変更し送信ください)

 《日々の出来事の中に 想いや考えを盛り込んでいる「園長の日記」へ》

 《ひだまりの関係者に ひだまりについて紹介してもらう コーナーです》


hidamarihoikuhidamarihoiku  at 00:00  | コメント(1)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ごあいさつ  

へ?女性的?(お餅つきイベントやりました)

みなさまいつもありがとうございます。

0218餅つき1


















お陰さまで、「親子餅つきイベント」の1日を楽しく過ごすことができました!

子どもたちが全員元気に参加してくれたことが嬉しいです。また、ご家族のみなさまのご協力もあり、作業をわいわいと、しかも段取りよく進めることができました。つきたてのお餅の味も格別でしたね。ありがとうございました。


この餅つきイベント、臼の周りをみんなが取り囲むため、ブログ掲載用の「子どもの顔をはっきりと写さない」写真は毎年うまくは撮れません。

だからという訳ではありませんが、お母さま・お父さまの素敵な表情をたくさん掲載してしまうことにします。今年はお母さま・お父さま方のわいわい感・わくわく感が私の中では強く印象に残りましたので。

0218餅つき2

















(炊きたてのもち米をつぶしているところ)

0218餅つき3

















(赤ちゃんを背負いながらついてくれました)

0218餅つき4


















0218餅つき5


















0218餅つき6

















(つき終わった後の片付け(お掃除)、助かりました!)

0218餅つき7

















(お餅をみんなで丸めています)

0218餅つき8


















ところで、イベント中に園児の弟さん(0歳児)を抱っこさせてもらう機会がありました。私の胸にピトッとくっついてくれるのが嬉しく「かわいい〜!」という感じでした。周りのお母さま方から「安心して(抱かれて)いますね。」との声かけいただいたのも密かに嬉しく(笑)、そのうちに彼はすやすやと寝てしまいました。


そういえば、「寝かしつけ」に関して私は随分テクニシャン(笑)になってしまったなぁ、と感じています。

色々なタイプの子を寝かしつけるうちに、子どもが気持ちがいいと思うツボが段々と分かるようになってくるのです。胸や背中をトントンする時にも、強さやリズムには絶妙なものが求められます。トントン以外にもさすってみたり、軽く押してみたり、刺激の仕方にも色々あります。

刺激をする場所も、おでこのちょっと上の髪の毛の生え際あたりや、耳たぶの後ろあたりも気持ちがいいツボだと思います。自然と技も増えていきます。

ご自宅ではお母さまが側にいないと寝ない子や、ぬいぐるみなどの物が必要な子も、寝かしつけるだけならさほど難しくない、と思っている自分がいます。

勿論、テクニックだけでは子どもは寝ません。子どもが安心できる「雰囲気」が必要です。そんな雰囲気も出せるようになってきているのかなぁ、と感じています。


先日、澤野さんにフラワーエッセンスのボトルを調合してもらっている時、「佐田さんは男ですけど、女性性が強いです。」と言われ「へ?」っと思いました。私は今まで自分ことを肉食系男子だと思ってきましたので(笑)

息子とテニスをした時は、それこそ「オラオラ〜!」という感じで叩き潰しましたし、会社員時代は競争の中で生きてきましたし。

でも、寝かしつけをしている時や、今日彼を抱っこした時の自分って、女性(母性)的だよなぁ、とちょっと納得できました。


自分の知らない自分って、まだまだたくさんあるのでしょうね。きっと可能性もたくさん。これからが楽しみだ〜


お読みいただきありがとうございます。

[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 日記  

あの高みから彼らは何を見たのだろう?

みなさまいつもありがとうございます。

0217お散歩1



















お散歩中に撮った1枚。崖を登った写真の中央辺り、大木の根元付近に2人の子が写っているの、分かりますか?彼らはこの春卒園をする5歳児クラスの2人です。

この写真では2人のいる高さがよく分かりませんね。下の写真をご覧ください。

0217お散歩2


















先程の崖は、道の右側の壁の上にあります。壁を登り、崖を登っていきました。はい、もう一度冒頭の写真です。

0217お散歩1



















2人なら大丈夫だと思ったので行かせたのですが、崖の勾配は、人が転がり落ちることもできるぐらい。私も最後まで目を離すことはできませんでした。

その斜面を2人はほぼ同じペースで登っていきます。

思えば、筑波山登山では、2人のペースに差ができました。なわとびを始めた時も、2人の上達には差がありました(と言っても、あの時苦戦した子も、今では連続40回以上跳べるのですが。)

それが今日は2人一緒に登っていきます。けっこう大変な斜面を。

人はそれぞれ個性も能力も違いますので、何でも一緒ならいい、という訳ではありません。でも、3年・4年と「ひだまり生活」という旅を続けてきた彼らが、今一緒にこの崖を登っている。彼らを見守ってきた者として、その姿に何だかしんみりとしてしまいました。


「景色が良かった」、彼らが口にしたのはこのひと言だけ。

写真の場所は、大柏小裏手の崖。付近でも一番の高台かと思います。そして、近くに高い建物はほとんどないと思いますので、かなり遠くまで見渡せたはず。気持ちがよかっただろうなぁ〜

彼らの前に開けた景色、それは彼らの前途を暗示しているようにも思えました。うん、前途洋々だよ。


勿論、今日がひだまり最終日ではありません。彼らは今すごく伸びている時期。「難しいことでも挑戦すればできる」という感覚を身につけ、色々なことに臆せず向かっていく姿は本当に素敵。これからも日々変わっていくでしょう。

その刺激を受けて、4歳児クラスの子たちにも挑戦のスイッチが入ったように思えます。こちらも楽しみ。

お陰さまで、今年の5歳児クラスの子たちも、いい感じで熟成されてきました!


お読みいただきありがとうございます。

0217お散歩4


















0217お散歩3

















(こちらは4歳児クラスの壁のぼり)

〈給食〉

0217給食

















・五分つきごはん
・ちくわのきんぴらごぼう
・わかめとおふのおみそ汁
・きゅうりの浅漬け

〈おやつ〉

0217おやつ

















・こんぶとおかかおにぎり

[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 日記  

「緩む」って大切そう

みなさまいつもありがとうございます。

0216園庭1

















(園庭でのひとこま)

「緩む」こと、私の関心ごとランキングの中では、上位に入っています。「緩む」、もう少し詳しく言うと「主に体を緩めるためのアプローチ」のこと。体とこころは繋がっていますので、体が緩めばこころも緩むことと思いますが。



先日、園児のお母さまから「じゅん先生、今年に入ってブログの雰囲気が変わりましたね。何かあったのですか?」と聞かれました。

ですが、私の中では、価値観が変わってしまうような出来事があった訳ではありません。悟ってしまうような体験をした訳でもありません。強いて言えば、日々の体験の中で、私のこころが少しづつ緩んでいっているのかな、と思っています。


こころが少し緩んだからでしょうか、体の方も少しだけ緩んだのだと思います。それがきっかけで、生まれて初めてはっきりと自覚しました。「体に無駄な力がものすごくたくさん入り続けていること」を。そして「力が入りすぎていて、入っている自覚さえ持てなかったこと」を。

今でも、どれだけの力が入っているのかは正直分かりません。ただ、とてつもなく多くの力が入っていることだけは分かるのです。

最近は、呼吸法や瞑想やヨガとなどが空前のブームになっているというのに、自分の体に向き合うことにあまりにおろそかになっていたなぁ、と思います。

自己流であっても、ちょっと呼吸を意識するだけで体が楽になったりします。この領域もとても奥深そうです。


ベストセラー作家、ひすいこたろうさんの「ゆるんだ人からうまくいく。」という本を購入しました。この本の存在は前から知っていましたが、タイトルだけを見て敬遠していました。それどころかバカにさえしていたと思います。「こんな内容で本になるのかよ。」と。ひすいさん、ごめんなさい!

そんな私が、内容も確認せずにタイトルだけを思い出して買うのですから(笑)、いやはや面白いものです。


今週は、テニスやフラワーエッセンスの話も書きましたが、「緩む」ことも継続して追っかけていきたいテーマのひとつです。勿論、並行してこころも緩めていきます。

これからも、色々と楽しめる予感です。


お読みいただきありがとうございます。

0216園庭2

















(思い出したように、竹馬を始めた子どもたち。
 まだ誰も乗れませんが、ブームが来るか?)

〈給食〉

0216給食

















・麦ごはん
・厚揚げと白菜のツナ煮
・大根と小松菜のおみそ汁

〈おやつ〉

0216おやつ

















・きなことごままぶしおにぎり

[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 日記  

興味を持ってもらえるありがたさ

みなさまいつもありがとうございます。

0215運動公園1

















(影を使って「じゃんけんポン!」。船橋運動公園にて。)


「この人のことをもっと知りたい」と実際に会いに行ったり、表現したもの(文章や絵など)から感じようとする機会が増えてきたように思います。

同時に、私やひだまりに興味を持ってくださる方のありがたみも、より繊細に感じられるようになってきているかな、と思っています。「自分が興味を抱くありがたさ」は「自分に興味を持ってくれるありがたさ」に通じますからね。



先週末ネタをもう1つ書きます。「写真家の澤野新一朗さんによる 光と音のフラワーエッセンス ワークショップ」というイベントに参加してきました。

フラワーエッセンスについて、ここで突っ込んで語る気はありません。ですが、少し説明をしないと話が進みませんので、このイベントの案内文を抜粋して転載しますね。

〜南アフリカの自然や花々の 光 音のシャワーに包まれる世界〜

今回も20年以上にわたって南アフリカ共和国ナマクアランドにある「神々の花園R」にて、一斉に咲き乱れるきれいな花々を撮影し続け、同時に、自然のエッセンスを採取して来られた写真家・澤野新一朗さんを、お迎えします。

昨年5月、11月と開催しました2回のワークショップは大好評でした。ご参加の多くの皆さまが、心身に色んな変化を感じられました。
翌朝、感涙で起きれないほどの覚醒体験をされた方もいらっしゃいます。
私自身は、免疫力が上ったのではないかなと秘かに思っています。

フラワーエッセンスとは、花のエネルギーを水に転写したエネルギー水で、英国ではエドワード・バッチ博士が体系化し副作用のない代替療法として、世界中で愛されています。

そのエッセンスを口に含んだり、飲物やお風呂に入れたり、スプレーしたりと、日常生活に取り入れることによってストレスや感情の不安定、潜在意識のトラウマやブロックなどに対して、身体と心に本来の調和を導くことが期待されています。

今回は、その「神々の花園」から持って帰って来られた光・音をダイレクトに身体じゅうに浴び、その人に合ったオリジナルのフラワーエッセンスをカスタマイズして頂きます。

そしてさらに、小さいころから数字を色で覚えていたという色彩共感覚者の澤野さんから「身につけると本来の自分を導く色の取り入れ方のワンポイントアドバイス」のサービスも!

・もっと特別なフラワーエッセンスを体験したい方
・悩みやストレスで体と心が疲れている方
・新しいことにチャレンジしたい方
・色や波動による癒しに興味のある方

この機会にぜひ、ご参加お待ちしています!!


澤野さんは毎年一年のおよそ3分の1を南アフリカ・ケープ地方に滞在し、砂漠に一年のほんの数日だけ花園が現れる『神々の花園R』をはじめ、雄大な大自然のもたらす奇跡の瞬間を撮影し続けていらっしゃいます。その様子はNHK BSでドキュメンタリーとして取り上げられるなど国内外のメディアに大きく注目されています。

2014年には南アフリカ大使館より南アフリカ観光大使に任命されました。

現在では、光・色・音に対する心身の変化を測定分析し、医療従事者と共に科学的なエビデンスの収集を進めています。

そんな澤野さんがプロデュースした南アフリカ・ナマクワランドに咲く野生の花々のエネルギーを転写したフラワーエッセンスや隣国ナミビアで転写した環境エッセンスはとってもパワフルです!

私はフラワーエッセンス初体験。園児のご家族や職員さんで使われている人もいますので、興味がない訳ではなかったのですが、今までご縁がありませんでした。

はじめに言ってしまいますが、講座でエッセンスのボトルをいただき、数日間試している限りでは特に変化は感じていません。

フラワーエッセンス自体が、劇的な変化をもたらすものではないらしいので当然かも知れませんが、たとえ効果がなっかったとしてもそれでいいんです。「澤野さんが」やっている講座だから参加してみたいと思ったのですから。


普通にフラワーエッセンスを購入する際は、ボトルをカスタマイズして終わりだそうです。ですが、澤野さん独自のプログラムとして、花園の23種類の光を順番に浴びるという時間がありました。

その間、私は気持ちが良くて寝てしまいました。それぞれの光が何の光だったかは、後から知らされるのですが、何の光でも澤野さんにおまかせで寝ていた感じ。

でも、以前の私でしたら、得体の知れない光を浴びることに、もっと抵抗があったかと思います。「澤野さんのことを信じている私」を信じているので、こころを開いて浴びることができるのですが、こころの開き具合・緩み具合をここでも確認することができました。


冒頭の話に戻りますが、興味を持ってこのブログをお読みいただけること、ひだまりに通っていただけること、見学に来ていただけこと… 本当にありがたいなぁ、と想う今日このごろです。

あっ、私の身につけるといいカラーは、ピンクと黄色だそうです!

お読みいただきありがとうございます。

0215運動公園2


















0215運動公園3


















0215運動公園4


















〈給食〉

0215給食

















・五分つきごはん
・卵と小松菜の桜えび炒め
・豆腐とねぎのおみそ汁
・キャベツとわかめのもみ漬け

〈おやつ〉

0215おやつ

















・こんぶとおかかおにぎり

[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 日記