空を見上げて

みなさまへ

初めまして、園長の 佐田 淳一(さだ じゅんいち)と申します。

このページを訪れていただき ありがとうございます。

『園のホームページ』を開設しました。

初めての方は まずはこちらをご覧ください。

(2015年7月)

『分かち合いの社会 をつくりたい。

 みんながそれぞれの立場 で輝ける社会 をつくりたい。』

そんな想いを持ちながら、

「自己肯定感を育むこと」をテーマに

保育に「心のあり方」からアプローチする 新しい保育園

を2008年8月 に開園いたしました。


園の場所は、

市川市柏井町2-75-2、

自然に囲まれ「ここしかない」という絶好の場所では と思います。


園児さん・一緒にやっていく ご家族さま、

随時募集中です。


お問い合わせ先    電話 : 047-338-1706

             メール : genki@hidamarihoiku.sakura.ne.jp
                     (「@」を小文字の「@」に変更し送信ください)

 《ひだまりの関係者に ひだまりについて紹介してもらう コーナーです》

 《日々の出来事の中に 想いや考えを盛り込んでいる「園長の日記」へ》


hidamarihoikuhidamarihoiku  at 00:00  | コメント(1)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ごあいさつ  

心地よい飾りつけ(七夕)

みなさまいつもありがとうございます。

0701七夕1


















自分の”願いごと”が書かれた短冊を手に、願いごとの発表会に。1人ひとり披露して、みんなは拍手。なかなかいい雰囲気でした。

「アイドルになりたい」、「カブトムシ、カナヘビをたくさん捕まえる」… 大きい子は内容をしっかり覚えている。2歳児クラスの子でも「ショベルカー!(に乗りたい)」、覚えている子もいる。

短冊とはまったく違うことを言い出す子がいるのも面白い。「お花が好き!」、「バレエやりたい」・・・


0701七夕3


















そして、自分の短冊を自分で飾り付けをする。自分の家族の分も飾る。

すべての飾り付けが終わった後に、みんなで改めて「願いがかないますように」と祈念して締めくくった。


0701七夕2


















異年齢2チームに分かれての飾りつけ。4・5歳児クラスは脚立に乗って高いところを担当。自分で片結びができない小さい子は、私が糸で輪を作り笹の先から通す。うまく通して、ずり落ちないようにするのは意外と大変。なので、1つひとつ丁寧にやってもらう。

特に印象に残ったのは、片結びができる3歳児クラスの子たち。自分でさっと結ぶことができるので、作業が早い!脚立にもたつく大きい子以上のスピードでどんどん飾っていく。飾る場所は、立ったまま結ぶのにちょうどいい下のほうに集中。

上のほうの飾りが手薄な中、下のほうはこんもりと飾られている。これも何だか面白い。




0730笹1


















飾りつけに使った笹は、門を入ってすぐのところに自生しているもの。毎年この時期に生えてくるように、かと言って勢力が拡大しすぎないように適度なバランスで管理しています。敷地内の笹を使っての飾りつけ、何だか贅沢だと思いませんか?



子どもたちそれぞれが自分のペースで取り組みつつも、全体として一体感もあって、今日も心地がよかったです。みんなの願い、天までとどけ!

お読みいただきありがとうございます。

0701七夕4


















私 佐田主催の 気軽なお話会を開催します。
どなたでも参加いただけますので、
興味がある方は お出かけくださいませ。

〈給食〉

0701給食

















・麦ごはん
・厚揚げとチンゲンサイのツナ炒め
・切り干し大根とにんじんのおみそ汁
・のりの佃煮

〈おやつ〉

0701おやつ

















・こんぶとおかかおにぎり

[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 日記  

淡々と・心地よく過ぎていった参観

みなさまいつもありがとうございます。

0630大町1


















今までの参観の中で一番、普段着の自分でいられたかなぁ。

参加のご家族との付き合いは長く、ひだまりの保育を理解いただけているのが分かっているので、繕う必要がない。繕いきれるものでもないのですが(笑)

頑張らない、でも、手は抜かない。細かいところは、その場の流れに「お任せ」。私の中には根拠のない安心感がありました。

参観といっても、「見せる」必要はない。参加のみなさまの感性で感じてもらえばいい。私はみなさまと心地よい時間を過ごす、それぐらいのことを考えていれば十分。


0630大町2



















今日は4歳児クラスの保育・給食参観。全員で”おあつまり”をした後、大町自然観察園へお出かけ。園に戻って給食をみんなでいただきました。


0630大町3


















お散歩も、各所で色々なものを見て、お話をしましたが、「今日はこれをしました!」というような特別な出来事があった訳ではありません。全体的には流して歩いてきた感じ。これもひだまりのお散歩のひとつの形なのですが。

参加のみなさまには、今日の午前中、どう映ったのだろう。聞いてみたいな。

私は… 今日という日をみなさまと過ごせて、とても満足です。


0630大町4


















〈給食〉

0630給食

















・五分つきごはん
・豆腐とにらのさっと煮
・まいたけのおみそ汁
・トマトとわかめの甘酢和え


お母さま方の中では、「トマトとわかめの甘酢和え」が新鮮だったようです。全体的に「おいしい」というコメントをたくさんいただいて嬉しかったです。給食担当も喜んでおりました。

お読みいただきありがとうございます。


〈おやつ〉

0630おやつ

















・桜えびおにぎり

[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 日記  

お互いを高めていきたい、と改めて想う

みなさまいつもありがとうございます。

0629畑1


















両手・両腕・お腹も使って、じゃがいもを運ぶ。自分で掘り上げた分は自分で運びたい。それも1回で。服の汚れなんて気にしない…

2回に分けて運んでもいいのに…と思いますが、ほぼ全員1回で運ぼうとしていて面白かった。そして1回で運ぼうとすると、みんな大体同じような格好になる。

中には、シャツの前の部分をまくり上げて袋状にし、そこにいもをのせて運んだ子も。この子、普段は比較的服の汚れを気にするのに、今日はそんな素振りはまったくなし。そんな姿が見れて何だか嬉しい。

同時に枝豆も収穫しましたが、早速おやつでいただきました。


0629畑2



















0629姥山

















(その後、バスで姥山貝塚公園へ)





職員さんの日誌の内容にじーんとしてしまいました。抜粋してシェアさせてください。

先日、じゅん先生がおっしゃっていた「心を整える」というワードが心にずっと残っています。ひとりひとりが、その場に影響を与えるのだとしたら、私もまずは自分の内側を整えよう!そう思います。

内側を意識すると、目の前のイヤな出来事、例えば、電車の中で口論(ケンカ)を目撃したとか、ぶつかられてすごく痛くて腹が立ったという日常の場面が、ただイヤな気分になるのではなく、私の内側にある感情、本当は心地よくありたいという想いをきづかせるために起こっているのだ、と今までとは違う角度からみられるように変化してきて、自分でもおもしろくなってきました。

怒りや不安など、おさえず閉じこめず、受け入れるとはこういうことなのかなぁ…と体感中です。


内容についての細かい解説はしませんが、何というか、この雰囲気を感じていただきたくて… こういった方と一緒にお仕事ができることに、感謝の気持ち、いっぱいです。

「ひとりひとりが、その場に影響を与える」、その通りだと思います。ひだまりに関係するすべての人たちと影響を与え合いながらお互いを高めていきたい、そんなことを想いました。

お読みいただきありがとうございます。

私 佐田主催の 気軽なお話会を開催します。
どなたでも参加いただけますので、
興味がある方は お出かけくださいませ。

〈給食〉

0629給食

















・そぼろにんじんごはん
・油あげと小松菜の煮びたし
・じゃがいもと玉ねぎのおみそ汁

〈おやつ〉

0629おやつ

















・こんぶとおかかおにぎり
・枝豆(収穫したもの)

[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 日記  

「意識」と「想い」を見定めて

みなさまいつもありがとうございます。

0628園内1

















(七夕の飾りづくり。3歳児クラス。)

0628園内2

















(こちらは2歳児クラス)

0628園内3

















(4・5歳児クラス)


昨日の記事でさらっとこんなことを書きました。

ブログを書くにも、だらだらと書き始めると筆が進みません。自分の「意識」と「想い」がどこに向かっているか、自分自身でより深く知ることが大切。そうして自分の「心の定まり」を自覚できるようになってくると、書くのがずっと楽になってくるのは最近実感するところです。さらに、気持ちをより素直に相手に伝えることもできるようになってきますね。

そのためには、普段子どもと接している時も、自分の意識がどこに向いているのか常に観察しておくことが必要。大変なように思えるかもしれないけど、実はそれが一番効率がいい。

今日はそれに関連してもう少し書いてみます。




この記事でも紹介した「編集術」の講座、フェイスブック上で受講後のフォローページが開設されています。そこで受講者の方からこんな質問がありました。

投稿する時のタイトルを決めるのに時間がかかります。
書きたいテーマがぶれてるからなのかもしれないのですが。
タイトルはどのように決められてますか?みなさんはさっときまるほうですか?

みなさまはいかがですか?

私も同じように時間がかかります。ブログのタイトルも一番最後につけることがほとんど。ですが、講座を受けて「タイトルを決めてから書き出すスタイル」に少しづつ変えているところです。

ブログの記事、「こんなことを書きたい」と範囲を絞り込んだ上で書き始めているつもりです。が、そのうちに何が書きたかったのか分からなくなり、うまくまとまらない事もしばしば。

講師の七沖さんは、こんなことを言っていました。「みなさんの文章をプロの目で読んでみると、『本当はもっとこんなことを言いたいのだろう』といったことが分かる」と。

この話を聞いたときに、「あっ、それ私だ!」と思いました(笑)。ブログの結論だって、書きながら二転三転することもよくありますもの。「自分を知る」という意味で、「私の意識や想いがどこにフォーカスしているのか」の把握がまだまだ甘い、のだと思います。

もっときめ細かく、自分のことを知っていきたい。ブログのタイトルを先につけるのも、それにつながる訓練でもあります。昨日書いたように、執筆時間の短縮化や省力化にもきっとつながると思いますし。




写真撮影、これも講座を受けて私としては意識して取り組むようになりました。

かっこいい写真を撮ること自体、その写真を使っての園の訴求が目的ではありませんよ。

子どもを漠然と狙ってシャッターを切るのではなく、「今、私が彼らのどんな表情・気持ちに感動してシャッターを切りたいと思ったのか」明確に意識していたい。当然、構図などについてもこだわりが出てくると思う。

写真のために写真を撮るのではなくて、子どもたちのことをもっと知るために、子どもを通して自分自身のことをもっと知るために、シャッターを切っていきたい。そこまで意識を高めていきたい。私がそうした感性でいることは、ひだまりにとっても、絶対にプラスになるはず。

「書くこと」と「撮ること」、共通点が多い。まずは自分の意識と想いを見定める。その精度を上げる。そうすることで、自分のより素直な気持ちが表現でき、結果として相手にも響く発信ができるようになる。無理なく、短時間でも発信できるようになるだろう。大切にしていきたいことです。

お読みいただきありがとうございます。

私 佐田主催の 気軽なお話会を開催します。
どなたでも参加いただけますので、
興味がある方は お出かけくださいませ。

〈給食〉

0628給食

















・五分つきごはん
・納豆(のり・おかか混ぜ)
・かぼちゃのおみそ汁
・ピーマンとこんにゃくのきんぴら風

〈おやつ〉

0628おやつ

















・すりごまおにぎり

[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 日記