空を見上げて

みなさまへ

初めまして、園長の 佐田 淳一(さだ じゅんいち)と申します。

このページを訪れていただき ありがとうございます。

『園のホームページ』を開設しました。

初めての方は まずはこちらをご覧ください。

(2015年7月)

『分かち合いの社会 をつくりたい。

 みんながそれぞれの立場 で輝ける社会 をつくりたい。』

そんな想いを持ちながら、

「自己肯定感を育むこと」をテーマに

保育に「心のあり方」からアプローチする 新しい保育園

を2008年8月 に開園いたしました。


園の場所は、

市川市柏井町2-75-2、

自然に囲まれ「ここしかない」という絶好の場所では と思います。


園児さん・一緒にやっていく ご家族さま、

随時募集中です。


お問い合わせ先    電話 : 047-338-1706

             メール : genki@hidamarihoiku.sakura.ne.jp
                     (「@」を小文字の「@」に変更し送信ください)

 《日々の出来事の中に 想いや考えを盛り込んでいる「園長の日記」へ》

 《ひだまりの関係者に ひだまりについて紹介してもらう コーナーです》


hidamarihoikuhidamarihoiku  at 00:00  | コメント(1)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ごあいさつ  

職員さんの求人、募集しています

職場の人間関係や保護者対応に心をすり減らすことなく、ただ穏やかに子ども達と・自分と向き合っていきたい。そんな方には最適な職場ではないかと思います。

子どもとの心のやりとりが最上の幸せ。そんなあなたが『ありのまま』でいられるように、全力でサポートします。仲間として一緒に成長していきましょう。



〈保育士もしくは看護師資格をお持ちの方〉

 正規職員として以下のどちらも募集中です
  ・平成28年度(今年度)、秋から年度末までの短期間
  ・平成29年度(来年度)以降
 
〈資格をお持ちでない方〉
  ・パートとして週3回程度働ける方(有資格者も歓迎)

ひだまりの理念や感覚に共感いただける方とご縁をつむぎたいです。
詳しくは(担当佐田まで)お問い合わせください。初回のお問い合わせはメールにてお願いいたします。


hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 日記  

姥山の切り取られた空間が気持ちいい

みなさまいつもありがとうございます。

0927姥山2


















姥山貝塚公園のあずまやを中心にした空間。あずまやの中だけではなく、半径数十メートルぐらいは葉を茂らせた大きな木々のおかげで雨の中でも無理なく過ごすことが出来ます。

予報に反して降りだした雨の中、出かけた姥山。公園にはほとんど誰もおらず、雨宿り空間はほとんど私たちの独占。この空間だけが切り取られたように光に包まれるような感覚がありました。幻想的で気持ちがよかったです。



みんな体を動かしたい気分だったのか、子どもたちはよく動き回っていました。3歳児クラスを中心に「よーい、どん」とかけっこを何度もやっていました。よく走るなぁ。雨の中、お出かけをしてよかった〜

その後、あずまやの横で「あぶくだった」が始まりました。ほとんど全員が参加。ペンタトニックの音階が何とも心地いい。「戸棚にしまって、鍵をかけましょ・・・」、「お風呂に入ってゴシゴシゴシ・・・」、5歳児クラスの子のリードが光っていました。上の子がしっかり仕切るとまとまりますね。

その後はどろけい。あずまやが「ろうや」に変身です。子どもたち中心に組み分けをして盛り上がっていました。今まで断固として「けいさつ」しかやらなかった女の子(多分、追いかけられるのが怖い)が、今日初めて「どろぼう」を希望してやっているのも私としては嬉しい出来事でした。



結局、多くの子は汗だく・ズボンや靴下までびしょびしょ、になるぐらい動き回りました。でも、不思議とみんなを包む空間全体としては、とても穏やかで落ち着いた感じがしました。姥山貝塚公園の素敵な「場」、そこに調和して過ごす子どもたち、とても素敵でした。

お読みいただきありがとうございます。

0927姥山3

















(「あぶくだった」をやっています。お布団敷いて眠っているところ。)

0927姥山1



















〈給食〉

0927給食

















・五分つきごはん
・小松菜といり卵の納豆和え
・もやしのおみそ汁
・切り干し大根とにんじんの煮物

〈おやつ〉

0927おやつ

















・こんぶとおかかおにぎり

[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 日記  

第4回ひだまりカフェのお知らせ

みなさまいつもありがとうございます。

0927園庭1

















(”おしろいばな”の花束、園庭にて。)


先日こんな記事を書きましたが、改めてひだまりカフェ開催のお知らせをさせていただきたいと思います。

私自身がありのままの自分でいられますように。参加されるみなさまがありのままでいられますように。

日時:10月16日(日) 10時から11時半 ぐらい

費用:1人 1,200円

 ・ひだまりに実際に入っていただき その空気感を 感じていただきます。
 ・私 佐田が その時にお話したいな と思ったことを話します。
  *(参加人数にもよりますが)出来れば私が 一方的にお話しするだけでなく
    それぞれが 思うことをざっくばらんに話せる会 を目指します。
 ・名称の「カフェ」は、飲食を提供する という趣旨ではなく、
  カフェでくつろぐような「素敵な時間と空間を みなさまと一緒に過ごしたい」
  という気持ちで 使用しています。

定員:私の目の届く範囲で(10人ぐらい?)

 *お子さま連れOK(お子さまは無料)

お申し込みは こちらから

☆お申し込み締め切り:10月12日(水)

 *住所は 市区町村と町名までお願いします。
 *TELは 緊急連絡先として 記載ください。
 *場づくりの参考にしたいですので
   「興味がある話題」・「会に期待すること」・「ご要望」・「質問」など
   自由記述欄に どうぞよろしくお願いします。
 *駐車場が限られますので 徒歩・自転車で来園いただけると助かりますが、
   車で来られる場合は お知らせください。

お申し込み後 2日以内に メールを返信させていただきます。
@hidamarihoiku.sakura.ne.jp
のドメインからメールが受信できるようにしておいてください。

2日経っても メールが来ない場合は
お手数ですが お問い合わせください。

0927園庭2

















(おしろいばな遊び)

0927園庭3


















〈給食〉

0927給食

















・麦ごはん
・油あげときのこの土佐煮
・豆腐と玉ねぎ・わかめのおみそ汁
・じゃがいも炒めのり塩風味

〈おやつ〉

0927おやつ

















・お誕生日パンケーキ

[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 日記  

筑波山登山を終えて

みなさまいつもありがとうございます。

0924筑波山92

















(すべてが終わって登山道から出た瞬間に出迎えてくれた「ひがんばな」。
 ジーンときました。)


ほとんど浮かれた感じのない、ハイキングではなく「登山」でした。



5歳児クラスの2人と筑波山に行ってきました。筑波山神社を出発して、山頂までの標高差は600メートル以上。標高877メートルの女体山頂まで登頂して、5キロ以上の岩場・山道を歩ききり、無事に下山しました。歩いた時間は5時間半以上。

高尾山と比べると歩く距離も少し長く、難易度としては筑波山の方が上でした。高尾山が「山道を登っていく」イメージならば、筑波山は「岩場を越えていく」感じ。山頂付近には鎖場もありました。

そして、降り続いている雨。ひどいぬかるみはドロドロになれば済むのですが、岩場がツルツル滑るようになって、危険度が倍増します。登りはただ心肺機能的にきついだけですが、下りは気を抜くと捻挫の危険性があります。このコンディションで登っている幼児は勿論おらず、本当に気を使いながらの行程になりました。



3月に行った手賀沼、10キロ以上歩いたとはいえ、ゆる〜く歩いて立ち止まって遊んで楽しみました。あの時の雰囲気とは対照的に、今回の道のりは(仏教用語の)「行」という言葉がしっくりとくるようなものになりました。


Aくんは、自分の持っている能力を自覚し、それをフルに活用して状況を乗り換えていく充実感と自信を得たように感じています。

上りでは、彼の粘り強さが光っていました。身体的な持久力もそうですが、彼には職人気質というかコツコツと取り組める力も育っています。登山ガイドでも「標高差があり比較的険しいコース」と形容される御幸ヶ原コースを先頭でどんどんと登っていきます。文句も言わずに黙って。

下りでは、身体能力・判断力・集中力のすべてを駆使して、岩場を的確にスルスルと下りていく姿が本当に光っていました。

普段のお散歩でもお猿さんのように木に登る彼、身軽さはみんなの知るところですが、幼児ですので情緒や集中力のムラも勿論あります。ですが、今回の登山において彼の集中力は本当に高かった。挑戦する対象が見つかって生き生きしているように感じられました。ルート選択も的確で、浮かれた空気さえ出ていなければ、彼の怪我はないな、と思えた程です。むしろ、私自身の怪我に気をつけなくっちゃ(笑)


Bくんは、自分の限界に近いところで物事に立ち向かう、という経験ができたように感じています。

Bくんの体力も身体能力も5歳児としては平均以上だと思います。ですが、Aくんとは少し差があるようで2人の距離はじりじりと開いていきます。心理的にもBくんはきつかったかな、と思います。

濡れた岩場、鎖を伝って下りる、なんて経験は初めてだったでしょう。大人でも一瞬立ちすくむような状況を、慎重派タイプの彼が一歩一歩、ものすごくゆっくりと下りていきました。

登山において筋力や関節の負担の面できついのは、上りよりも下りだと思います。彼の膝が笑っています。一歩踏み出すごとに、「あー」・「う・・・」などとうめき声が聞こえます。限界は近い…

普段からお調子者の彼は、ちょっと歩くと「もうすぐ着く?」と聞いてきました。「何言ってるの!まだ歩き始めたばかりじゃないの。」・「まだ半分も行っていないよ!」、そんな調子で軽く答えていたのですが、彼の限界を感じてからは「さっきよりは確実に進んでいるよ」・「下りるのもうまくなってきたよね」…私の声かけも変わってきていきました。

いつ泣き出しておかしくない状況の中で、最後まで歩ききりました。本当によくがんばりました。



けっこうきつい登山となりましたが、長い付き合いの彼らの性格や能力を見極めて「行ける!」と判断したからこそ、行程を変更することなく最後までやり切りました。

誰か1人でも怪我をしてしまうと、途端に立ち行かなくなってしまうのが登山。「本当に危険なのは下り」、彼らには口酸っぱく言い続けましたが、分かってくれていたと思います。「下りで走らない」・「岩場ではジャンプして下りない←雨の日は特に危険」、これだけはやらないで、という約束もちゃんと守ってくれました。最低限の集中力は切らさずに約束は守ってくれる、普段から積み重ねた信頼感が根底にあります。

とは言え、今回は大人が1対1でしっかりつけたから成り立ったのも事実。このコンディションで子どもがあと1人でも多ければ、ケーブルカーで下山もやむ無しだったかもなぁ、と思います。

先のことは分からないですが、ひょっとしたら筑波山登山は最初で最後になるかも知れません。でも、ひだまりの活動は元々すべてオーダーメイド。その時の状況で一番いいと思うことをやっていけばいいのだと思っています。


静かに湧き上がる感動。「彼らのこれからが楽しみだなぁ…」、色々なことを考えながら下山したところで見かけた冒頭の写真、「ひがんばな」のある風景。とても印象深かったです。

お読みいただきありがとうございます。

0924筑波山1

















(「今から出発しま〜す」、筑波山神社をバックに。)

0924筑波山2

















(登り始めは緩やかな階段)

0924筑波山3


















(岩場を登っていきます)

0924筑波山4


















(途中からは霧の中。たくさんの巨木、霧に反射する光… 神々しいです。)

0924筑波山5

















(御幸ヶ原でおにぎりをさっと食べて出発。景色は何も見えません。)

0924筑波山6

















(女体山頂を経由して岩場を下り始めました)

0924筑波山7

















(本当に危険な箇所の写真はないのですが(私に余裕がないので)、
 こんなところを一歩一歩下りていきました。)

0924筑波山8


















0924筑波山91

















(なだらかな遊歩道に出るとゴールは近いです。)


[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 日記