空を見上げて

みなさまへ

初めまして、園長の 佐田 淳一(さだ じゅんいち)と申します。
このページを訪れていただき ありがとうございます。

0902集合写真
















『園のホームページ』を開設しました。
初めての方は まずはこちらをご覧ください。(2015年7月)


『分かち合いの社会 をつくりたい。みんながそれぞれの立場 で輝ける社会 をつくりたい。』

そんな想いを持ちながら、「自己肯定感を育むこと」をテーマに、保育に「心のあり方」からアプローチする 新しい園(ひだまり保育園)を2008年8月 に開園いたしました。


さらに2017年9月、『保育園・幼稚園の垣根を越えた園でありたい』、『親(特にお母さま)も輝きを増していけるような園(コミュニティー)でありたい』という想いをのせて、名前を「ひだまりおやこ園」に新しくしてスタートしました。


園の場所は、市川市柏井町2-75-2、自然に囲まれ「ここしかない」という絶好の場所では と思います。


園児さん・一緒に歩んでいくご家族さま、随時募集しております。


お問い合わせ先    電話 : 047-338-1706
             メール : genki☆hidamarihoiku.sakura.ne.jp
                     (「☆」を小文字の「@」に変更し送信ください)

 《日々の出来事の中に 想いや考えを盛り込んでいる「園長の日記」へ》


hidamarihoikuhidamarihoiku  at 00:00  | コメント(1)  |  この記事をクリップ! ごあいさつ  

Aちゃん、覚醒?

みなさまいつもありがとうございます。

1129お散歩5



















1129お散歩4



















〈職員さんの連絡ノートより〉

(前略)

その他のメンバーは大柏川調整池緑地へ。調整池は開放感あふれる場所。青空が広がり、すみきった空気にススキがサワサワとゆれるこの感じがとっても気持ち良い!秋から冬に少しずつ変化する空気を感じました。

(中略)

その後、”走りたい人”でマラソンをすることに。

(中略)

2・3回目は、ハンデありで、速い子が1番ゴールから遠い所からスタートし、2歳児クラスは近い所からスタート等、細かく分かれ、それぞれのスタート地点からゴールを目指します。

これがなかなか良い勝負で、5歳児クラスも気合十分。

その後は”よーいどん”ではなく、走りたい子が自由に池の周りをぐるぐる。1歳児クラスの2人もゆる〜く歩いたり。

今日はのんびりな予定が”がっつり走る”活動になりました。




1129お散歩2



















1129お散歩3



















上の2枚の写真で先頭を走るのは5歳児クラスAちゃん。

(職員さんが書いた通り)ハンデ戦ながらしっかりと先頭を走り、写真奥のゴールに1番で飛び込みました。

ゴールするなり仰向けに倒れこみ、胸を大きく揺らして荒い呼吸を続けるAちゃん。

Aちゃんのそんな姿、今までほとんど見たことはありませんでした(笑)。



1歳児クラスの春に入園したAちゃん。その頃のことはこの記事に笑い話として書かれています。

お兄さん・お姉さんの「溺愛」を集め、「Aちゃんが落としたおもちゃをすべて上の子たちが拾って手渡すので、彼女がおもちゃを拾わなくなった」なんてエピソードがあったり(笑)。

「歩くお散歩では、『歩こう!』という気持ちが感じられず、常に体重を後ろにかけ続けて、上級生に引っ張ってもらうのを待っている」なんてエピソードがあったり(笑)。


そんなAちゃん、その後も様々な成長を続けていますが、マラソンだけはどうもパッとしませんでした(笑)。

勿論、速ければいいという訳ではありませんが、2学年下ぐらいの集団でチンタラ走っているのが常(笑)。

「それ、本気?」と毎回のように思いつつも、「本気にも見えるしなぁ…。」とも思いつつ、そのままの状態で5歳児クラスとなりました。


Aちゃんが「ちゃんと走ったらやっぱり速いこと」が分かってきたのがここ1か月ぐらい。本人もそれを自信にするようになってきました。

そして今日、「ホント、今までのは何だったのよ!」というような会心の走りを見せてくれました!。走った後の清々しい表情を見せてくれました!

Aちゃん、覚醒です(笑)。


卒園まであと4カ月、今までのチンタラを取り戻すべく、マラソンでキツイ思いもしてもらいましょう(笑)。

Aちゃんのこれからにわくわくしています。


お読みいただきありがとうございます。


1129お散歩1


















(芝生ではゆる〜く過ごしました。)

1129お散歩6


















(空がキレイでした!)


〈給食〉

1129給食


















・五分つきごはん
・納豆(青のり混ぜ)
・きんぴら風おみそ汁(ごぼう・にんじん)
・キャベツと油あげの煮びたし

〈おやつ〉

1129おやつ


















・お誕生日パンケーキ

[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 日記  

雑談会で感じたことをつらつらと

みなさまいつもありがとうございます。

《入園説明会(要予約)》
 2021年12月4日(土)の9時から開催いたします。
 詳しくはこちらをご覧ください。


1126園庭1


















(11月26日、園庭で「あぶくたった」をやっているところ)

1126園庭2


















(やきいも大会、後片付け中)

1126園庭3


















(「ヒヤシンス」の球根を水栽培に)




1127雑談会2



















今日11月27日(土)は、ひだまり関係者のお茶会である「雑談会」の日。(ちなみに、こんな趣旨の会です。)

7家族・26人が参加し、わいわいとした時間を過ごしました。



1127雑談会1




















ここからは僕のこと。


ふと思ったのですが、大人数の会を主催しても以前ほど疲れなくなりました。

それは細かいところを気にせずに「おまかせ」するようになったからだと思います。


会の前半は、多くのご家族が園庭に出て遊んでいました。僕は室内に残って数人のお母さま・お父さまとじっくりとお話。

「園庭の方は、園庭に出たお母さま・お父さまが何とかしてくれるさ。」という感じで、特に見に行くこともありませんでした。


「みんなが楽しめているだろうか?」みたいに気を遣うことも少なくなりました。

これも「参加のみんなが何とかするさ。」という感じ。周りのみんなを信頼して。


そして、「そもそも、気を遣わなければならない人とは、もう付き合わなくていい」、そんなメッセージも受け取ったように感じています。

今までは不安な気持ちが根底にあって、だからこそ「合わない」相手でも関わってきた面もあったと思います。それももう卒業の時期。

先日のこの記事で「覚醒」の感覚について触れましたが、そういった相手とは、これからどんどん出会わなくなるでしょう。ということが、理屈ではなく「分かる」この頃。


先ほど、「数人のお母さま・お父さまとじっくりとお話」と書きましたが、お話の中でみなさまの感性・感覚を味わうのがとても楽しいです。

相手の感性・感覚を通して自分を知る。それがこの三次元世界を生きる意味でもあるでしょうしね。

(それはリアルな場であっても、オンラインコミュニティの場であっても一緒です。)



1127雑談会3


















(小学生と5歳児クラスが参加したカードゲームタイム)


みなさまが持ち寄られたお料理もとても美味しくいただきました。

お腹がいっぱいになっても食べきれないぐらいの量でもありました。

僕も朝から持ち寄りのお菓子作り。それも楽しかったです。


会の空気感も心地良いものになりました。お陰さまです。

今回都合がつかなかった方も、次の機会によろしければ是非、です。


雑談会で感じたことをつらつらと書きました。今日はここまでにします。

お読みいただきありがとうございます。


〈11月26日の給食〉

1126給食


















・麦ごはん
・厚揚げときゅうりのみそ和え
・ちくわと白菜の和風スープ

〈おやつ〉

1126おやつ


















・コーンおにぎり

[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 日記  

待ちに待った「やきいも大会」、とその後の第2・3章

みなさまいつもありがとうございます。

《入園説明会(要予約)》
 2021年12月4日(土)の9時から開催いたします。
 詳しくはこちらをご覧ください。


1125園庭1



















〈職員さんの連絡ノートより〉

今日は、待ちに待ったやきいも大会。子どもたちもとっても楽しみにしていました。天気は朝から快晴で、やきいも大会日和です。

そして、朝から(育休中の)S先生が赤ちゃんと一緒に来てくれ、みんなも大喜び。

外に出る前に『たき火』の歌を歌いました。


1125園庭2


















(火おこしの準備中)

園庭に出ると、5歳児クラスとじゅん先生は火起こし。

昨日、4・5歳児クラスがブロックやレンガで作ったたき火コーナーに落ち葉や枝を次々と燃やし、子どもたちはうちわであおぎ、火を起こしていきます。


1125園庭95


















(バーナーで火起こし中)



1125園庭3



















1125園庭4



















その他の子どもたちと先生方は、さつまいもを包む作業を。

まず、新聞紙で包み、バケツの水にくぐらせ、アルミホイルを2重で巻きます。1つ1つの過程に先生のチェックが入ります。

4歳児クラスはさすが戦力になり、てきぱきとやってくれます。3歳児クラスも最後までアルミホイルをギュッと包んでくれました。1・2歳児クラスも先生と一緒に丁寧に1つ1つやりました。

最後の1つまで、意欲的にやってくれました。



1125園庭5



















1125園庭6





















1125園庭7



















火の番は基本的に5歳児クラスとじゅん先生。

途中から、4歳児クラスもうちわであおぎ、火起こしを。

1〜3歳児クラスは、その周りで火をじっと見ていたり、園庭の端の白いフェンスの所で走っていたり。

時々、火を見たり、舞ってくる灰をキャッチしたり、マラソンしたりし、小さい子は小さい子なりに『やきいも大会』の雰囲気を感じ、その中で遊んでいるのが良かったです。


1125園庭91


















(さつまいもが投入されました。)



1125園庭8



















1125園庭9



















それにしても、4・5歳児クラスはうちわでの火起こし、よく頑張りました。

5歳児クラス+4歳児クラス男子とMちゃんは、最後まで残り、代わりばんこにうちわをあおぎ、火を大きくしてくれました。


1125園庭92





















1125いも



















焼けたさつまいもは、給食で。

みんなでおいしくいただきました。子どもたちの”おいしい”の表情、とってもキラキラ笑顔でした。





1125園庭93



















ここからは個人的なことです。


やきいも大会本番が第1章だとすると、僕の中での第2章は給食後から夕方の時間帯の「たき火タイム」。

この1年の間に敷地内で伐採や剪定した木々をこの機会に燃やすのです。

ひだまりの場が整うように祈りをこめながら、自分のこころを整える祈りをこめながら行う儀式のような時間でもあります。


予定分を火に投入し終えたのは16時半頃でした。

おやつの後からは、4・5歳児クラスの希望者数名が手伝ってくれました。




1125園庭94



















そして第3章は、すべてを終えて、ただ残り火を楽しむ夕方から夜の時間。この時間が一番好きかも(笑)。

炭となった残り火から伝わってくる熱を感じながら、ボーっと火を眺める。至福の時間です。

代わる代わる、希望する子が火にあたりに来ては帰っていきます。お迎えのお母さま・お父さま方とも火を囲みました。とても素敵な時間でした。


今年は、全員が帰った後も2時間ぐらい火を消さず、眺めていた僕でした。消してしまうのが何だかもったいなくて。

誰もいない夜の時間も思い出深かったです。


お読みいただきありがとうございます。


1125園庭97



















〈給食〉
1125給食


















・やきいも
・わかめごはんのおにぎり
・小松菜と玉ねぎのおみそ汁

〈おやつ〉

1125おやつ


















・りんご

[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 日記  

静かなわくわく感でしっかりと準備(やきいも前日)

みなさまいつもありがとうございます。

《入園説明会(要予約)》
 2021年12月4日(土)の9時から開催いたします。
 詳しくはこちらをご覧ください。


1124園庭2




















「今から重いブロックを運ぶお仕事をします。ブロックとレンガを使ってたき火スペースを作ります。」

4・5歳児クラスの子たちを集めて話す僕です。


「いい加減な気持ちでやっていると怪我をするよ。だから今、きちんと話を聞いてください。」

彼らの集中力が増し、注目が僕に集まるのが感じられます。


「ブロックを持つときの注意だけど…、にじ組(5歳児クラス)さん、去年のこと覚えている?」

と聞くと、SSくんが「お腹につけて持つんだよね。」と答えてくれました。

「そうそう、腕の力だけで持とうとすると危ないよ。ブロックをお腹に密着させて、お腹に乗せるような感じで持ってください。」


そんな感じの説明の後、園の裏手からブロックと大きなレンガを園庭に運ぶ仕事に取りかかりました。


1124園庭1


















(園庭に向けて運んでいるところ。)

1124園庭3


















(大きいなレンガも運びます。)

1124園庭4


















(たき火スペースを作っているところ)

1124園庭5

















(完成間近です。)




1124園庭8



















続いて、5歳児クラスはサツマイモを洗うお仕事。


外水道で、スポンジを使って洗います。洗えたと思ったらN先生にチェックをしてもらいます

最初はチェックによる差し戻しが続出です。みんなの口に入るものですので、しっかりと洗ってもらう必要があります。

そのうちにコツをつかんできた子どもたち。明らかに効率が上がりました。

そして「(チェック)一発OK」をもらうことを狙う子どもたち。雑にならずにいい仕事をしてくれました。


イモ洗いは夕方の時間も続きました。

靴下やズボンも濡らしながらも、集中力を切らさずに楽しむ子どもたちでした。


1124園庭6





















「やきいも大会は楽しい行事だけど、火を使うので危険も伴います。明日に向けて、今から落ち着いた気持ちでしっかり準備していこうね。」

朝のおあつまりの時にそんなことをみんなに話した僕です。


静かなわくわく感を持ちながら、しっかりと準備をすることができました。

明日につながっていくと思います。


明日、みんなで楽しみたいと思います。

お読みいただきありがとうございます。


1124園庭7



















1124園庭9


















(おまけ:大麦が発芽しました。)


〈給食〉

1124給食


















・五分つきごはん
・白菜とえのきのそぼろ煮
・納豆汁
・トマトとコーンのごま和え

〈おやつ〉

1124おやつ


















・こんぶとおかかおにぎり

[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 日記