空を見上げて

みなさまへ

初めまして、園長の 佐田 淳一(さだ じゅんいち)と申します。

このページを訪れていただき ありがとうございます。

『園のホームページ』を開設しました。

初めての方は まずはこちらをご覧ください。

(2015年7月)

『分かち合いの社会 をつくりたい。

 みんながそれぞれの立場 で輝ける社会 をつくりたい。』

そんな想いを持ちながら、

「自己肯定感を育むこと」をテーマに

保育に「心のあり方」からアプローチする 新しい保育園

を2008年8月 に開園いたしました。


園の場所は、

市川市柏井町2-75-2、

自然に囲まれ「ここしかない」という絶好の場所では と思います。


園児さん・一緒にやっていく ご家族さま、

随時募集中です。


お問い合わせ先    電話 : 047-338-1706

             メール : genki@hidamarihoiku.sakura.ne.jp
                     (「@」を小文字の「@」に変更し送信ください)

 《日々の出来事の中に 想いや考えを盛り込んでいる「園長の日記」へ》

 《ひだまりの関係者に ひだまりについて紹介してもらう コーナーです》


hidamarihoikuhidamarihoiku  at 00:00  | コメント(1)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ごあいさつ  

自分らしくある、そこが始まりでありすべてかも知れない

みなさまいつもありがとうございます。

0626行田公園3

















(「はじめのい〜っぽ!」
 雨上がりの行田公園で「だるまさんがころんだ」をやっています。)

金曜日に書いたアンデルセン公園関係の話の続きです。

そこでは「輪が出来るっていいな」と書きましたが、「『たくさんの人数が集まること』・『わいわいと楽しげであること』自体を単純に推奨するようなトーンになってしまったかなぁ…」というのが、私の執筆後の感想でした。

本当に言いたかったことはそこではありませんでした。人数もわいわい楽しげも、あってもなくてもどちらでもいいのだと思っています。


あるお母さまが連絡ノートに当日の様子をたくさんレポートしてくれました。そして、最後にこんな言葉で締めくくってくれています。

私はこういう親子の集まりがとにかく苦手なのですが、なぜかひだまりの人たちとは自然に楽しめています。それでも、今も心のどこかで、「私の振るまいで、誰かを傷つけたり、嫌な思いをさせてしまったんじゃないか…」と心配になるのですが、それでも私は私でいようとチャレンジさせてくれる場所、私でいさせてくれる場所という信頼感の方が強く感じています。子どもも他のお母さんも傷ついても大丈夫。そう思っています。

私も集まりが苦手なタイプですので、お気持ちにとても共感しました。私は、週末は大人数で過ごすよりも、家族とゆったりと過ごしたいタイプでしたし。

そう、まずは「自分らしくあること」が大切。それぞれの「家族のかたち」は唯一無二ですからね。

その上で、自然に輪が広がっていくのならばそれは素晴らしい事ですし、そうならなくてもそれでいい。

「雑談会」にしても、開催をしている土曜の夜というのは、ご家族にとってとても大切な時間帯でしょうし、参加いただかなくてもまったく問題ありません。そんな気持ちでやっています。

「自分らしくあること」、ここが始まりであり、すべてと言ってしまってもいいかも知れません。みんなが自分らしく輝いていけますように。

そして願わくば、ひだまりがみなさまにとっても素敵な居場所になりますように。


お読みいただきありがとうございます。

0626行田公園1


















0626行田公園2


















〈給食〉

0626給食

















・麦ごはん
・高野豆腐の煮物
・チンゲンサイとわかめの和風スープ
・トマトときゅうりのごま酢みそ和え

〈おやつ〉

0626おやつ

















・すいか

[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 日記  

委ねて、輪が拡がって…

みなさまいつもありがとうございます。

0623園庭1

















(園庭にてじゃがいもの収穫)


子どもたちやお母さま方の話によると、ひだまり有志のご家族で明後日の日曜日にアンデルセン公園に遊びに行くようです。私も全貌が分かっているわけではありませんが、卒園児から在園児までけっこうな人数が集まるみたい。

ひょんなことから「行こう」ということになり、あるお母さまが送迎時に出会う方々に声をかけている様です。こうした感じで自然発生的に輪が出来ていくっていいな、と思っています。


「輪が出来るっていいな」と書きましたが、正直に言ってしまうと、以前は私がいないところでこうした輪がどんどん拡がっていくのを恐怖する自分もいました。

「自分のいないところで、自分の批判や自分にとって不利な話はされていないだろうか?」と怖れる自分がいました。

ひだまりを立ち上げた約10年前、私としては理不尽だと思っているのですが、気づいたら女性職員さんたちが対私で団結して… といったこともありました。この時はエネルギーをたくさん使いましたし、ちょっとしたトラウマにもなりました。

この事だけが原因ではありませんが、周りの評価や噂に過敏になっていたなぁ、と思います。


こうしたトラウマから少しづつ抜け出していけたのは、「結局のところ相手を直接的に変えることはできない」ことが腑に落ちてきたからだと思います。

自分の「あり方」を変えることでしか、相手は変わっていかない。私に出来ることは「あり方」の領域だけ。ある意味諦めの境地(笑)。でも、以前よりとても楽です。


自分の「あり方」に集中するといっても、相手を軽視する訳ではありません。むしろ逆。「あり方」に影響を与えるメッセージを持ってきてくれるのは、出会う相手ですので。

だから、たとえ相手の行動で心を揺さぶられる事があっても、最終的には出会い自体をありがたく受け入れられるようになってきています。


そんな感覚で見てみると、自然発生的に輪が拡がるってとっても素敵だなぁ、と思います。声をかけているお母さまはとてもオープンなこころの持ち主です。だからきっと素敵なご縁がどんどんつながるのかなぁ、と。

明日の雑談会、何人かのOBご家族にもお声がけを初めてしました。雑談会は基本、在園ご家族の会ですが、今回の参加メンバーは在園歴の長いご家族ばかり。「このメンバーならOBに声をかけてもいいかな。」と実現することとなりました。

自分に集中して、それ以外は世界の愛に委ねて、そして輪が拡がって… そんな風でありたいなぁ。


お読みいただきありがとうございます。

0623園庭2


















0623園庭3


















〈給食〉

0623給食

















・にんじんとツナの炊き込みごはん
・ちくわともやしのごま和え
・さつまいもと玉ねぎのおみそ汁

〈おやつ〉

0623おやつ

















・こんぶとおかかおにぎり

[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 日記  

節目節目の機微を感じきるんだ!

みなさまいつもありがとうございます。

0622大町1

















(大町自然観察園のバラ園にて)

園児のお母さまが裁判員に選ばれ、1週間の任期を勤められました。その感想を連絡ノートに書いてくださったのですが、是非みなさまとシェアさせていただきたく、転載させていただきます。

裁判って、人が人を裁くことだと思っていたのですが、「法ありき」で、人が法律に従って当てはめていく作業で、まるで超難解なパズルの様でした。
完全な客観視だからこそ、被告人の人生背景や人となりや、被害者の感情が色濃く出て、まるでドラマのようでした。
そして、人の寂しさや辛さ、理解されない孤独などネガティブな感情の先に、「最悪な結果」として「犯罪」になり、誰にでも起こりえる人間的な行為だと思いました。
故に、人のネガティブな感情の理解があれば防げたのでは??と、あまりの悔しさと切なさと憤りで、判決の後の退廷の時に泣いてしまいました。
「罪を憎んで人を憎まず」これほど的確な言葉はありません。小さな悪感情は積もり積もればやがて爆発してしまいます。犯罪の抑止として私達が出来ることは相手の寂しさや辛さ怒りに、そっと温かい手を差し伸べることだと確信しました。
裁判員は自分の心が投影されてしまうので精神的にとても過酷ですがとても貴重な体験となりました。

いかがでしたか?こころにぐっと迫ってくるものが私にはありました。

関係者のみなさまが豊かに日々色々なことを感じられていること、そんな感覚をひだまりに持ち寄っていただけること、ありがたいなぁと思っています。


ところで、「私達が出来ることは相手の寂しさや辛さ怒りに、そっと温かい手を差し伸べること」、これは犯罪の抑止といった「大ごと」に関してだけでなく、日々の子どものちょっとした成長においてもとても大切な要素だと思います。

自分は常に温かい手を差し伸べられているだろうか?と自問自答します。

私個人としては、ここにジレンマを抱えているのが現状です。

私は現場で子どもやご家族のみなさまと接する以外に、様々な仕事を抱えています。園の事務作業全般や施設維持に関して、ブログを書くなどの宣伝活動、入園希望者の応対やバスの運転まで何でもやっています。広い敷地の草刈りなどもかなり大変です。

また、運営会社の社長として、経理や労務関係の仕事、会社の決算書の作成や申告まで、専門家に頼ることなく1人でやっています。会社(園)の経営や舵取りも当然私の仕事です。

私以上に能力が高い人にとってはもっとうまくやれるのでしょうが、これらの仕事も私にとってはそこそこプレッシャーです。これらの仕事を出来るだけうまく片付けて、残ったキャパシティーでどこまで子どもたちやご家族のみなさまと向き合えるか、といったせめぎ合いが続いています。

100%意識を子どもたちやご家族のみなさまに向けられるのならば、どれだけ楽で楽しいのだろう。


でも、その分職員さんたちには、全力で子どもと向き合える環境を(出来る範囲でですが)つくっているつもりです。

退職して別の園で勤めている元職員さんに言われたことがあります。「今の園は職員数も多いですが、仕事としては保育以外の雑用も多いです。ひだまり時代は、本当に子どもとご家族に集中させてもらっていたのだな、と分かりました。」

私としては、そんな職員さんたちにも助けてもらいながら、ひだまり全体で責任を果たしていきたいと思っています。

そう、職員さんに助けてもらってこその私なのです。ですが、私個人としても、たとえ子どものちょっとしたしぐさを見逃すことがあったとしても、節目節目というか子どもの重大なサインについては決して見落としたくはない。

そこを「感じきるんだ!」という決意と覚悟と日々の研鑽なくして、この仕事はやっていけませんし、やる意味がないなぁ、と思います。「ここがいい」とひだまりを信じて預けてくださっている方々の気持ちに応えたいですしね。


ちょっと熱く語ってしまいましたが(笑)、裁判員の話から発展して、そんなことを想いました。


お読みいただきありがとうございます。

0622大町2


















0622大町3


















〈給食〉

0622給食

















・五分つきごはん
・厚揚げの和風麻婆
・かぼちゃのおみそ汁
・きゅうりの浅漬け

〈おやつ〉

0622おやつ

















・わかめごはんのおにぎり

[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 日記  

まとめ読みしてくれたお母さまのコメント

いつもお世話になっております。

0621麦1

















(今日も麦作業。脱穀・選別の作業が終了し、一段落となりました。)


このブログの記事をまとめ読みしたお母さまから、こんなコメントをいただきました。

ブログへのアクセス数は管理画面で分かるようになっていますので、誰かがまとめ読みしてくれたのは分かっていたのですが、それがお母さまだったとは。

私自身への備忘録を兼ねて。

久々にブログを拝見しました。
ちょこちょこ見させてもらおうと思うのですが、なかなかできず、見ていないブログがたくさんになって、一気に見るというのが最近のパターンですが、読み出すと止まらなくなり、結局全部読めてしまうのですが、その読めてしまうというのが、先生の内容の濃さであり、子供たちへの愛の大きさが感じられて、引きつけられて読まずにはいられないのだなーと思いました。
読むたびに、いろいろ感じる事があるのですが、発見だったり、納得だったり、喜びだったり、ちょっと劣等感だったり…
ただ、それでも1番大きく感じるのが、ひだまり保育園全体、先生方、関わる人すべてに対しての100%の信頼だなーと思いました。
何が起こったとしても、最終的に向かうのは、子供の成長、親の成長で、信頼は揺らがないのだろうな、それがひだまり保育園なのだろうなーと思いました。

素晴らしい保育園ですね(笑)。私も人並みに悩んで迷いますし、理想どおり行かないことだってしばしばですが、「こんな風でありたいなぁ」と思いました。

お読みいただきありがとうございます。

0621麦2


















〈給食〉

0621給食

















・麦ごはん
・冷奴(コーンと枝豆のナムルのせ)
・えのきとわかめのおみそ汁
・もやしとにんじんのきんぴら風

〈おやつ〉

0621おやつ

















・こんぶとおかかおにぎり

[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 日記