空を見上げて

みなさまへ

初めまして、園長の 佐田 淳一(さだ じゅんいち)と申します。

このページを訪れていただき ありがとうございます。

『園のホームページ』を開設しました。

初めての方は まずはこちらをご覧ください。

(2015年7月)

『分かち合いの社会 をつくりたい。

 みんながそれぞれの立場 で輝ける社会 をつくりたい。』

そんな想いを持ちながら、

「自己肯定感を育むこと」をテーマに

保育に「心のあり方」からアプローチする 新しい保育園

を2008年8月 に開園いたしました。


園の場所は、

市川市柏井町2-75-2、

自然に囲まれ「ここしかない」という絶好の場所では と思います。


園児さん・一緒にやっていく ご家族さま、

随時募集中です。


お問い合わせ先    電話 : 047-338-1706

             メール : genki@hidamarihoiku.sakura.ne.jp
                     (「@」を小文字の「@」に変更し送信ください)

 《日々の出来事の中に 想いや考えを盛り込んでいる「園長の日記」へ》

 《ひだまりの関係者に ひだまりについて紹介してもらう コーナーです》


hidamarihoikuhidamarihoiku  at 00:00  | コメント(1)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ごあいさつ  

何かを断つことで、見えてくるものがありそう

みなさまいつもありがとうございます。

0328お散歩1

















(白山公園横の芝生での1枚)


以前サラリーマンをしていた頃と比べると、1日に出会う人の数は減りました。1日の行動範囲も狭くなったけれど、今のほうが濃密な日常を送れていると思います。そこに満足もしています。


子どものちょっとした機微、連絡ノートでのお母さまの一言、今まで何気なく見ていたSNSでの写真… 心が動くことが多くなりました。特に今年に入って、そうした面がまた一歩進んだように感じています。

生活と共にこころも段々シンプルになっていって、1つひとつの出来事をより丁寧に感じられるようになってきています。内観の機会もしっかり取るように意識しています。

やはり、いくら外部からの刺激がたくさんでも、それを自分に落とし込んで消化できなければ、自分って深まらないんだなぁ、と思います。


昨年から、色々とお世話になっているサンマーク出版の鈴木七沖さん、2年間の「情報断食」をしたことがあるそうです。

編集長であり、出版社の取締役でもある七沖さん、毎日の書店通いは日課だったそうです。「今どんな本が売れているのか?」、「次に売れる本はどんなものか?」… お仕事柄、当然の活動に思えますが、それも一切やめてしまったというのです。

それどころか、新聞も読まない・テレビも見ない生活に。外から入ってくる情報をできる限り排除しようとしたようです。

自分が断食中なことは、会社の人には言えません。取締役の責任もありますし、きっと社内ではなかなか理解してもらえませんからね。

ですが、「今断食をしなければ、自分の才能は枯渇する」、と強い危機感を覚えたそうで、断行したとのこと。

いざやってみると、断食中に困ったことはあまりなかったそう。その間に映画監督としてデビューをしたり新境地も開かれています。

そして今では、さらに多方面に活動を拡げられています。今年に入ってからのパワーがすご過ぎ。


何かを断つことで、見えてくるものがある。新境地につながることがある。不思議なものですね。


私の話に戻りますが、今は、職場と自宅の往復で、それ以外の人との出会いがない日も多いのだけれど、むしろ自分を深める速度は上がっているかと思います。

1人の時間も増えました。でも、いざ人の中に飛び込んだときには、以前よりずっと濃いこころの交流ができそうです。不思議といえば不思議ですし、当然といえば当然かな、と思います。


七沖さんのかっこ良さ、去年の自分より、今の自分のほうがずっと深く感じられてもいます。今度彼の「スピカメ(スピリチュアル カメラ)」講座に参加してきますが、その話はまた別の機会に。


お読みいただきありがとうございます。

0328お散歩2


















0328お散歩3


















〈給食〉

0328給食

















・五分つきごはん
・豆腐とにらのさっと煮
・ひき肉入りきんぴら風おみそ汁

〈おやつ〉

0328おやつ

















・こんぶとおかかおにぎり

[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 日記  

小麦粉粘土づくりの様子もおもしろい

みなさまいつもありがとうございます。

0327粘土1


















今日は室内活動で多くの子が小麦粉粘土で遊びました。

ひだまりでは多くの場合、粘土づくりの工程(粉と塩と水を混ぜ合わせる)から子どもたちが担当します。この時のみんなの様子もおもしろいな、と思いながら見守っています。


材料がうまく混ぜ合わさって完成すると、小麦粉粘土はべたつくこともなく快適に遊べます。ですが、材料を混ぜ合わせてこねる段階では、手にべたべたと材料がくっついたり・手が粉っぽくなったりします。こういった感触が苦手な子がいるのです。

苦手かどうかは個人差があるのでしょうが、土遊びや泥遊びなどで色々な感触に慣れていくにつれて、この粘土づくりも楽しめるようになっていく気がします。


上級生が喜々としてコネコネしている様子を見ながら、自分は材料に触ることに躊躇しているように見える子が数人いました。1歳児クラスの女の子もその1人。

この子は、先日の上山公園の斜面で、今までで一番ズボンをドロドロにしていましたし、「触ってしまえば大丈夫じゃないの?」と私が彼女の手首を持って、手を材料の中に突っ込んでしまいました(笑)。

それで覚悟が決まったのか、彼女も積極的にコネコネを始めます。始めてしまうと、その楽しそうなこと!

粘土が完成して遊んでいる時、彼女の手の甲は粘土づくりの時についたベタベタが乾燥して、カピカピになっています。以前の彼女だったら、カピカピが気になって遊べなかったかも知れませんが、今はそんなことはお構いなし。

粘土づくりのちょっとした瞬間にも成長を感じます。おもしろいです。


お読みいただきありがとうございます。

0327粘土2


















0327粘土3


















〈給食〉

0327給食

















・麦ごはん
・小松菜といり卵の納豆和え
・新玉ねぎとまいたけのおみそ汁
・大根の昆布漬け

〈おやつ〉

0327おやつ

















・やきおにぎり

[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 日記  

「わくわく」で「わいわい」な同窓会

みなさまいつもありがとうございます。

0325同窓会1


















「あの子たちが大きくなって、今ここにいる!」、「あのお母さま・お父さまの笑顔がここにある」… それだけで胸がいっぱいになりました。



年々規模が大きくなる同窓会、今年は約45人がひだまりに遊びに来てくれました。お声がけをした全家族が参加してくださるって、本当にありがたいことです。

子どもたちはすぐに打ち解けて遊び始めます。たくさんの小学生の姿に、園庭が少しせまく感じます。それもまたいい感じ。

私も1年ぶりにお会いして、お母さま・お父さまの雰囲気を感じたり・近況をお聞きするのも嬉しかったです。

「わくわく」の雰囲気。「ざわざわ」な感じはなく、「わいわい」とした時間が流れていきました。


ともかく、ともかく楽しかったです!みなさま、今日はありがとうございます。またお会いしましょうね!これからも応援しております。

0325同窓会2

















(なわとび)

0325同窓会3

















(長なわ)

0325同窓会4

















(サッカー)

0325同窓会5


















0325同窓会6

















(竹馬)

0325同窓会7

















(もうすぐ5年生の2人)

0325同窓会91

















(カードゲームも盛り上がりました)

0325同窓会8


















0325同窓会9

















(ひだまりバスを懐かしむ)

0325同窓会92

















(本日の役得(笑))

[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 日記  

こうやって来てくれること、本当にありがたいことなんだよなぁ

みなさまいつもありがとうございます。

0324園内1

















(お昼寝前の絵本の時間)


ちょうど1年前、去年の3月まで勤務していた元職員さんが、ひだまりに遊びに来てくれました。


来ることが決まったのは昨晩なのですが、「それならば」と予定を変更して、5歳児クラスのみんなと一緒に、おやつ用のパンケーキを焼いてもらいました。

絵本の読み聞かせも担当してもらったり、5歳児クラスの制作も彼女にお願いしてしまいました。その他にも、給食も一緒に食べ、子どもたちにまとわりつかれながら室内や園庭で遊んだりもしました。


はい、彼女は「フル回転」でひだまりの1日を過ごしてくれました。

彼女には従業員としての責任は勿論ありませんが、それ以外では従業員だった頃と同じだけ動いてくれたと思います。(ボランティアで)

今日はたまたま、彼女にやってほしいような仕事が多くあったのでこんな1日になった面はあります。ですが、彼女に対し「当たり前に」色々とお願いをしている自分がいました。そして彼女もそれに応えてくれました。


彼女がひだまりのみんなに、そして私に会いにきてくれる。彼女の中に「ひだまりに貢献することがしたい」という気持ちがあるのを私は知っていますので、遠慮無しに仕事をバシバシと振ることができる。遠慮するほうが失礼、ぐらいの勢いで(笑)。

彼女はお昼のミーティングの時に、「働いていた頃と同じようなことをさせてくれてありがたい」と言ってくれました。多分、本心から言ってくれているそのセリフに、ちょっと目頭が熱くなりました。


明日のひだまり同窓会にも40人を超える人が集まってくれる予定。40人なんて人数、今までひだまりに入ったことないよ。

そうやって、在園関係者以外でも、色々な方がひだまりを訪れてくれる。これって、本当にありがたいことなんだよなぁ、と思う。

*今日来てくれた元職員さんへ、今度は食事でもしながらじっくりお話しましょうね。


お読みいただきありがとうございます。

0324園内2

















(パンケーキ、つくっています)

0324園内4

















(5歳児クラス、製作中)

0324

















(園庭にて)

0324園内5

















(こちらも園庭の1枚)

〈給食〉

0324給食

















・精進炊きこみごはん(油あげ・にんじん・ごぼう・干ししいたけ)
・高野豆腐のみそ煮
・キャベツとわかめの和風スープ

〈おやつ〉

0324おやつ

















・パンケーキ

[園長の日記 目次 に戻る]

hidamarihoikuhidamarihoiku  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 日記