ども、十文字です。

さて、昨日開催された 電王戦 THE LAST

佐藤天彦名人 vs PONANZA  

http://denou.jp/2017/kifu/20170401.html

理想を現実にする力 (朝日新書)
佐藤天彦
朝日新聞出版
2017-04-13




結果はYahoo!ニュースのTOPに出るくらいだから皆さんご存じでしょう。



ぐうの音もでないほどの完封アンド圧勝でした。




正直戦前からしてPONANZAが勝つというところは予想されていたのですが、

それでも相対するは現役の名人にして現役最強の天彦名人。


そして始まった先手PONANZAの初手は舐めプな「3八金」。



ワンパンくらい入るんじゃね?とか思って観てましたが

そんなレベルの差じゃなかった。





人間が起こそうとする紛争は、戦火が拡がる前にさくっと鎮圧し、

鎮圧した余勢を生かしてその地域を支配し、

一般人の気づかぬところでじわじわと支配範囲を拡げ、

支配した地域と地域を繋ぎ、

どんどんどんどん世の中全体が支配され、

気づいたらもう手遅れ。

って状態でAIに管理される人間社会。。。


が想像出来るくらいPONANZAの圧勝でした。






それでも悠然と立ちむかってくれた佐藤天彦名人は本当に素晴らしく、

現役最強の名にふさわしい戦いぶりだったと思いました。


電王戦は5月にあと1局あるけど、昨日でもう結論は出たと思います。




「将棋が一番強い人でも、もうコンピュータにはワンパンすら入らない!!!」


格安スマホでPONANZA動かしても普通に勝つんじゃないかな。。。



以上、感想でした。