中央競馬GIレース2006総集編
 ◆天皇賞・春(29日) 伝統の第135回天皇賞(春)は29日、京都競馬場で行われた。早めに進出した昨年の2冠馬メイショウサムソン(石橋守)がエリモエクスパイアとの激闘を鼻差で制し、古馬の頂点に立った。接戦の3着はトウカイトリック、1番人気のアイポッパーは4着に終わった。
写真はコチラ


最新競走馬のメイショウのサムソン情報は・・・競走馬のメイショウのサムソンランキング

 両拳を休める暇は全くない。4角先頭で躍り出たメイショウサムソンは直線に向いてからが正念場だった。石橋守が早くもステッキを7、8発連打する。ラスト200メートルでも右手で何発もムチを振るいながら、左手で手綱をしごき続けた。最後は3頭が横一線。鼻差抜け出す壮絶なマッチレースを人馬の根性でしのぎ切った。

 着差はわずかだが、鞍上は自信を持っての騎乗だった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070430-00000007-sph-horse)
<% amazon %><% ipc %>

--------------------------------------
Big Chance to Win 50,000 Yahoo! Points!
http://pr.mail.yahoo.co.jp/nlcp/