2006年12月

2006年12月31日

今年最後の投稿

bfb64696.jpg先程のテルホでなく別な琉球豚の焼肉家で飯でした。本当にウマ〜でしたがこれからカウントダウンのために再びサンマリーナHotelに戻って来ました。
今年もすでに1時間を切りました。
今年最後の投稿本当にありがとうございました。


カウントダウン開始

6830f5da.jpgいよいよ今年も三時間余り。
Hotelで集まってK-1見ている人達もいましたが、今回の目的の一つカウントダウンEventに違うHotelのサンマリーナHotelで琉球Musicをバックに飲んでいます。花火もカウントダウンで上がるという事で楽しみです。



最北端

db0fc329.jpgとうとう本島最北端、辺戸岬までやって来ました。
これから南下で海上道路目指します。


沖縄そば

1bae8012.jpg今回の旅行初の沖縄そば。場所は中山そば。
場所はヤンバル亜熱帯園の坂を下った所のカーブにあります。
食べているのは三枚肉そば大。島唐辛子の酢かけてウマ〜です。値段は600円なり。


ジャングル

3f470c66.jpgジャングル♪ジャングル♪


初ビーチ♪

7fd7bc19.jpgとりあえず初ビーチで1枚。
夏来たら最高だな。こりゃ(笑)


満身創痍

0122a28a.jpgとうとう今年もあと1日ですね。
友人はまだ起きません(笑)
これからヤンバルクイナに行って東方面にドライブの予定です。
しかし明日の天皇杯、本当に浦和は満身創痍ですね。とうとう啓太も体に来ましたか。(T_T)
そりゃあれだけ1年仕事したらガタ来ますよ。
でも坪井も離脱で浦和は特にディフェンス陣が満身創痍ですがあと1試合、1試合なんです。頑張れ!浦和
WeAreRed!


2006年12月30日

浜の家

77758b92.jpg行きにアクシデントはありましたがとりあえず昼の便で16時頃着きました。
現在、従姉妹の推薦で浜の家という店に来ています。写真は海ぶどうですが魚美味〜です。


アクシデントありましたが阿部勇樹

84fffb9f.jpg不覚にも搭乗便に間に合わずにキャンセル待ち中です。
阿部勇樹浦和濃厚ですか?頼もしいですね。アッベゆ〜き♪正式決定待ちです。


連覇という言葉が一番似合うチームそれが浦和レッズ 5

現在、明日からの沖縄旅行の準備の真っ最中。
残念なのが仕事から帰ってきてからの見るニュースのスポーツコーナーの小ささ。年末の特別編成なのだからしょうがないのか?ちょっと残念。
明日の飛行機の中でスポーツ紙でも読むとしよう。

さてこれで鹿島に勝って元日の国立の舞台に再び戻ってきた浦和レッズ、まさしく連覇という言葉が一番ふさわしいチーム、それが浦和レッズ。
相手はG大阪、今シーズンのゼロックス、そしてリーグ開幕戦に最終戦重要な試合に立ちふさがってきたそれがG大阪。
決勝に来たから負ける事は許されないのは当たり前だろう。自分が一番嫌いな番号それは2番、一番中途半端で見るもの嫌だ。

元日は沖縄での観戦となる予定、車の中になると思うが連覇、とにかく連覇!
離脱者や帰国者などで本当に良く決勝まで上がってきたと思う。しかしここまできたからにはあと一試合勝ってギドのはなむけをしようではないか!


2006年12月29日

俺達が王者だと証明するために。。。 5



俺達は85回天皇杯全日本サッカー選手権大会のチャンピオンだ。Jリーグが開幕したからまだ連覇したチームはいない。それだけ連覇するという事が厳しいという事。
闘莉王がいない。アレもいない。ワシントンもいない。そして出場停止でハセもそして今日になって坪井の出場が微妙という情報も。正直、本当にこのメンバーであのリーグ優勝からモチベーションを崩さずにここまで勝ちあがってきたと思う。
正直、選手達の来期も考えてもう良いんじゃないかと思った時期もあった。でも俺達はディフェンディングチャンピオンでしかも相手は鹿島アントラーズ。絶対にあのチームだけには負けるのが嫌だ。鹿島に負けて年越しなんてもっての外!
そういう自分は国立に参戦できませんが午後春日部よりハートだけを国立へ送り続けます。


2006年12月28日

新たなるリーグ優勝グッズ〜G-SHOCK〜 5

0b910a41.jpg昨日、オフィシャル見ていると気になるものが目に留まりました。

優勝記念グッズでG-SHOCKが追加されるようです。デザインは写真の通りなんですが、色の組み合わせが良いですね。赤と黒でなかなか今、この色の組み合わせの時計はないですよね。
値段も良い具合なんですが、ただ私ほとんど最近時計はつけないんです。そりゃ数年前にブームの頃は結構買いましたよ。イルカ・クジラや迷彩柄や原色系も。。。スウォッチも買いましたよ。ただね今、これらは部屋のオブジェ化しています。
多分スルーになります。買いたいけど、ここは我慢が大事と言い聞かせます。


2006年12月27日

年末のこの時期に浦和に対して何を思ふ 3

bd76ddf2.jpg本当にさすがに昨日の雨には堪えた。
この忙しい時期にあの雨、車で移動するが外で仕事する私にとっては地獄以外に何もなかった。
さて書きたかったのはそんな事でない。

今、浦和は天皇杯連敗目指すために29日に国立競技場で永遠に切っても切れない相手、鹿島アントラーズと対戦する。
すでに浦和仕事納めに先日のジュビロ戦になっていた私にとっては勝ってもらいたいと思っていながら正直、モチベーションは落ちていた。まずはそこから反省しなければならないが、29日に近づくにつれてやはり浦和を愛する思いは日に日に再び強くなりつつある。無敵戦艦ワシントンはいない。闘将闘莉王も我が達也も出ること出来ない。でも相手は若返りが完成しつつある鹿島アントラーズ。かなり緊張感がある戦いになると思う。やっぱりこのチームには負けたくない。このチームに勝ってそして元旦に勝利して連覇を果たす事に去年の優勝の勝ちも再び高まるに違いないのでは名だろうか?

さて話は変わり今朝の新聞に契約更改の話が。。。。ヒラ・ホリ・ギシがそれぞれUPしたようだが、ヒラから出た次回ワールドカップ出場宣言。これには本当に頼もしい。。。。。というか今シーズン、代表にあれだけ召集されて同じチームの同年代の選手にとっては俺もと思わないほうがおかしいぐらいだ。フル出場ではないが彼もリグチャンピオン浦和レッズの一員、来年は彼以外にも永井や相馬などの選手も選ばれてもらいたい。

最後に阿部協奏曲について
すでに名古屋・FC東京サイドと接触した模様で名古屋では練習場見学と条件提示はまだながら3年計画の2年目という事で力を貸してもらいたいとの説得を受けた模様。FC東京は原新監督出陣で説得したようだ。さて年内には浦和が大トリ登場の様だが最大ウエポンは「海外移籍容認」らしい。
まあこれに阿部がどれだけ食いつくのか分からないが移籍するにも普通に考えればワールドカップ後だろうし、それまでにも移籍するにも代わりを補強できるという自身と浦和レッズというブランド・資金力があるからこの様な武器を準備できるのではないか。
昨日、ユースの高校生原口元気が来期TOP登録するのではないかという記事を読んだ。こういう若い選手がどんどん上に上がってくるのも大事だとまた言わせてもらいたい。


2006年12月26日

とうとう阿部勇樹解禁!彼が選ぶのは果たして。。。 5

とうとうジェフ千葉の阿部勇樹の他チーム交渉解禁をチームが認めたようです。
ジェフ千葉はオファーを出している浦和・名古屋そしてFC東京と阿部が他クラブの意見を聞こうとしていたがそれを許しませんでした。しかし千葉が阿部との進展が全く進まない事によりとうとうOKせざる終えなかったようです。
浦和も早ければ年内にもコンタクトを取るようですが、ライバルはやはりFC東京でしょうか?
DFのジャーン・増嶋が来期いなくなる事によりDFラインの補強は急務、五輪で一緒だった仲間も多いこのチームは溶け込むのも早いでしょう。名古屋は資金力が気になります。
浦和も是非、欲しい選手です。
ただ別に他チームと交渉することで千葉の残留がなくなったと言うわけでなくすべてのチームの意見を聞いたうえで決意を決めるようですよ。
それが浦和なのか名古屋なのかFC東京なのか?やっぱり千葉なのか?ドコなんでしょうね?


2006年12月25日

恋人に去られる伊藤翔グルノーブルへ。。。そして他チームの補強状況がきになります 5

まあ昨日には分かっていたのですが、浦和が今期オフのFWの唯一の補強選手だった。
高校選手権にも参加する中京大中京高校の伊藤翔のフランス二部、グルノーブルへの移籍が決定しました。
やはり彼の目は海外、そして監督から直接目を向けられたプレミアリーグのアーセナルへの気持ちが強かったようですね。
アーセン・ベンゲルに見てもらえる一番近い所でアピールしたいという所だたったのでしょうか?

さて恋人に逃げられた浦和は新たな選手を補強しなくてはいけないでしょう。今朝の新聞にはJ2降格が決定したC大阪の大久保の各チームの獲得合戦みたいなもの出ていました。
まあ彼は達也とかぶりますしね。しかし彼はチームに残って構わないようですが代表への気持ちは薄れていないようです。となるとJ2ではね。
他にはFC東京の磐田・茶野獲得へや正直、アジアに挑戦する浦和にとって個人的にも獲るのもアリと思っていたイ・チョンスの横浜Fマリノス獲得へという記事が気になりました。FC東京は元コスタリカ代表のワンチョベも取ろうとしていますね。
何か他チームは結構、動いているのにウチはブラジル人DF獲得失敗、伊藤翔に逃げられるし良い事はないですね(泣)まっ自分が心配しなくてもしっかりと動いている事に期待しますが。。。


2006年12月24日

もう今年は参戦できませんが思いはこいつらと一緒に 5

1

昨日のあの激闘終了後、準決勝に参戦できない自分を悔やんだ。

帰宅後、相手を初めて知った。それは鹿島アントラーズ!
今年の鹿島とのの対戦は第1戦ホームでゴッド伸二の活躍で快勝、そして鹿島ホームの第二戦は0−2の劣勢から伸二、そしてポンテが決めて2−2の同点。

そして迎えるのが年の瀬29日の86回天皇杯準決勝、場所は国立競技場。
浦和は監督のギドが今期限りでの退団が決まっている。勿論、負けて去りたくはない。対する鹿島アントラーズはJリーグ開幕から支え続けた本田が今期限りの引退が決まっている。

そんな両チームの重いがぶつかるのが次の試合だろう。去年、あのハセのドリブルからのシュートで勝った大宮戦をいまだに忘れていない。狭い国立のシートを立ち上がり「行っちまえ〜」と叫んでこぶしを突き上げた自分がいた。
セミに行く方、行けない方の分までサポートお願いします。
勝ってそしてもう一つ勝ってギドを送り出しましょう。



2006年12月23日

彼らは埼玉スタジアムでは負けなかった!浦和レッズセミファイナル進出! 5


この試合始まる前に思っていたのはおそらく1点取るのも獲るのもやっとだろうという事。
だから磐田を無失点で抑えられれば良いと思っていた。それが3−3なんて誰も想像していなかったに違いない。
前半、前田に決められて1点リードで折り返して後半絶対に追加点を取られてはいけない所で磐田に決められて点差は広がった。正直、自分もスタジアムの天井を見上げてしまった。しかし彼が入っていた事を自分は忘れていた。それは小野伸二。
後半頭から平川変わってゲームに加わった。
前半中盤で支配するもののゴール目でのアイディアが乏しかった浦和レッズにとっては彼が必要だった。
姿が目立たなかった永井は彼のおかげで後半前に前に背を向けるようになった。ゴールを決められずもピッチにはいつくばっても彼はゴールに向かっていった。そして一点差になるゴール。それでも向かい向かい伸二の見事はヘッドで同点。永井は後半走り回った。体力の限界まで走った。それはアレックスの変わりに天皇杯に出場している相馬も同じ。最後は完全に足がつって動けなかった。彼らの頑張りは逆転ゴールを生んだ。歓喜のスタジアムだったがそれはまだ早かった。まさかの同点ゴールで3−3になった。
もうその後は総力戦。結局、延長そしてPK戦。
PKもそれは凄かった。スコアも凄かったがゴール裏のサポーターも凄かった。彼らのサポートは酒井のPK失敗やり直しも生んだ(冗談)。そして最後は磐田の自滅。
準決勝へ進んだのは浦和レッズ。
対戦相手は鹿島アントラーズ。行きたいが残念ながら仕事で無理な私。決勝も旅行のために参加できない。
という事で私の今年の浦和レッズは今日で終了。しかし準決勝は仕事中でも車の中でサポートしたい。
厳しい試合になるだろうが取れるタイトルは全て獲る。それが浦和レッズだから。。。


死闘

eb8a44f3.jpg10対9。
なかなかお目にかかれないスコアです。
都築まで蹴る事になったPK戦は死闘でした。
セミ進出決定です!


PK戦

1a56cd28.jpgPK戦突入!
頼むぞ!都築


両チーム

b93be771.jpg両チーム絶対に負けたくない。そんなチーム同士の対戦は3対3と誰しも予想しないスコアで延長戦へ。
永井!もう一度奮いたたせろ!
黒部の出番がありそうです。絶対に負けたくないです。


前半40分のチャンス

67fc14ed.jpgあそこであった二回の決定的なチャンスをモノにしてもらいたかった。

主力メンバーが欠けているものの悪くはないと思う。
しかしエリア内に入って来た時のドシッと居座るワシントンがいないのはやはり大きい。
永井も体は大きいが彼はパスをエリア外で受けて中へ切り込んで来る選手、今日だから黒部やエステグロを使ってもらいたかった。
後半、まず同点から。以上!


Vip脇

30010167.jpg今日はVip席脇での観戦になります。
なかなかこんな席でシーズン観れませんからね。
今年最後の埼玉スタジアム、負けて終わりなんてあり得ないです。


ギド、高らかに無敗宣言!「埼玉スタは要塞(ようさい)のように力を出せる場所」 5

今日は天皇杯準々決勝、ジュビロ磐田戦が相手。メンバー飛車落ちで不安がある中2004年の天皇杯セミで苦杯を味わった記憶が自分の中で蘇ってきた。

しかし、今朝のニッカンにギドの心強い言葉が
「埼玉スタジアムはわれわれにとっては要塞(ようさい)のように力を出せる場所。自分たちから記録を崩すことはない。このまま無敗記録を伸ばしたい」との意気込みをみせた。

今日はギド埼スタ最後の試合となる今日の試合、今シーズンリーグ戦・カップ戦とまだ無敗のスタジアムで負けるわけには行かない。


2006年12月22日

左サイド伸二?左サイドバックで相馬??? 5

気になる記事が今朝のスポニチに。。。

「左サイド」に、小野が抜てきされる可能性が出てきた。浦和の中村GMは「オジェック新監督は4―4―2を考えているかもしれないし、左MFには(小野)伸二も選択肢の1人になる」と明かした。獲得を目指している阿部、オシムジャパンの中核をなす鈴木、長谷部、そして天才MF小野。来季の浦和には黄金の中盤が完成する。

コレが現実になるとアレのポジションに伸二になる事になる。じゃあ昨日の相馬は?となるが4バックを考えているとすれば相馬かな?いや伸二のパス受けるのであれば同級生の平川も右でなく左で使われる事もあるかもしれない。
いずれにせよ中盤のレベルは高いフォーメーションになりそうだが右サイドは誰かな?ヤマも前はやっていたしでも彼は前の方が良いでしょう。若いメンバーなのかそれとも既存のメンバー外国人か?まあまずは明日の磐田戦しっかりね。



2006年12月21日

浅草

4c6ff68f.jpg今日は浅草にこの時間来ていますが、雷門前のイリュミネーション綺麗ですが雷門のような場所大事にしたいですね。



今更、Jリーグアウォーズそしてアレが去り相馬にかかる期待 5

「カワカミって誰や」と現在、遅ながらJリーグアウォーズを見ています。
ベスト主審に選ばれた上川様、しっかりと名前を強調していましたね。それにしても純金のホイッスル凄いっす!というか冷静にコメントするアナタも凄いです。浦和の初のタイトルナビスコでの笛を吹いていた上川さん、リーグ優勝決定したG大阪戦も拭いていた笛を吹いていたのも上川さん、来期もACLの重要な試合で是非お願いしますね。というかありえないっすね。

さて週末のジュビロ戦、ワシントンが帰国してFWどうすんでしょうか?大原に行くにもいけないし、情報が分かりません。ここで永井?オカノ〜ォ?ポンテを持ってきますか?
そしてアレがもうツネと一緒にザルツブルグへ行きますが、彼の代わりになる相馬には期待しています。今シーズン、とうとうアレを抜く事できなかったですが来期にかける彼の思いは相当強いはずです。
先日の福岡戦も先発フル出場しました。前半から飛ばしてせいか最後はもうヘロヘロでしたがあれほどのセットプレーはないですがスピードとクロスの精度は匹敵するものがあります。東京V時代に神戸へ三浦淳を追いやった程の才能を持っているんです。昨シーズンオフ、良く来たなと思いました。まだチームが始動していない頃、彼は年明けからすでに大原で自主トレをしていました。それだけこのチームに対する気持ちはあったんです。
来期、アレとチーム間で争う事はないですが是非代表でポジションを争ってもらいたいですね。


2006年12月20日

来るもののあれば去るものもあり〜オジェック就任とアレックスの動向〜 5

昨日、とうとう来期の監督オジェック氏の就任を浦和がオフィシャルで発表しました。
チーム側は浦和の事を良く知っている点と世界を知っているという点で彼を選んだようです。
まさしくうってつけの人物であろうし、ヘッドコーチのエンゲルスと共に来期出発することは間違いないようです。
早速、オジェックは伸二の再生にコメント出して彼の復活に自身を持っているようでした。3度のワールドカップを経験し、フェイエノールトではUEFAカップを制しました。彼の世界の経験は来期、アジアで戦う浦和レッズにとって欠かせないことになると思います。
オジェックに全て託しましょう。

さて来る人もいれば去る人もいます。
それはまずアレックスです。
どうやらオーストリアのザルツブルクとチーム間の基本合意は達しているようで彼はチーム視察のために昨日、日本を離れました。
彼が離日前に「視察に言ってくるだけ。でも行ってやめるという事はない。すでに決めている」という言葉からもう99パーセントいや100パーセント間違いないでしょう。
またすでに天皇杯では欠場が決まっていた今年のリーグMVP闘莉王が親族の結婚式のためにブラジルへ帰りました。
もう一人が気になるんですが、ワシントンが心臓検査のためにブラジルに帰ったようです。ただの治療した心臓の検査という事ですが彼らは来シーズンに合わせて再来日するようです。という事は週末のジュビロ戦はワシントンはいないという事ですね。達也もボルト抜いて出れるわけないし、黒部も多分どうなんですかね?モチベーションの面でもついに若い選手の登場でしょうか?黒部には去年のマリッチのようになってもらいたいです。


2006年12月19日

Vamos 闘莉王われらと共に。。。オメデトウ! 5


昨日は遅くに帰宅しましたが横浜アリーナで開催された2006Jリーグアワードのニュース聞いて喜びも大きくなりました。

 【最優秀選手賞】田中マルクス闘莉王(浦和)

 【ベストイレブン】▽GK 川口能活(磐田)▽DF田中マルクス闘莉王(浦和)山口智、加地亮(以上G大阪)▽MF 鈴木啓太(浦和)阿部勇樹(千葉)中村憲剛、谷口博之(以上川崎F)遠藤保仁(G大阪)▽FW ワシントン(浦和)マグノアウベス(G大阪)

 【得点王】ワシントン(浦和)マグノアウベス(G大阪)

 【新人王】藤本淳吾(清水)

 【フェアプレー個人賞】山岸智(千葉)根本裕一(大分)

 【最優秀監督賞】ブッフバルト(浦和)

 【優秀主審賞】上川徹

 【優秀副審賞】広嶋禎数

 【Jリーグ・ベストピッチ賞】平塚競技場

 【功労選手賞】小島伸幸、相馬直樹、沢登正朗

闘莉王のMVP受賞は予想できましたが、彼のやはり近年の浦和に対する貢献度は本当に受賞に値するものだと思いますが、彼のお世話になった方への感謝の気持ちも男から見ても彼の事は尊敬に値できます。

ベストイレブンはFW・MFに関しては納得できますが、DF・GKに関してはやはり納得は出来ないです。
まあ、決まったものはしょうがないですがGKも何を基準にしたのか?失点率や安定度を見ても山岸の受賞は間違いないと思っていました。出場試合数ですか?
DFも同じ怪我だったら加地よりも坪井ではないでしょうか?
まあ他にも言いたい事はありますが、最優秀監督賞もギドだし、まあ良いです。
新人王は文句なしでしょうね。彼の清水の上位進出の貢献度は非常に高いものでしたし、終盤の怪我がなければ順位も変わっていたのではと思います。
1位は変わりませんがね(笑)
さてこれでもう気持ちは23日の磐田戦。おそらくセミと決勝はいけないと思います。
今年最後になるだろう浦和戦。しっかりとサポートします。


2006年12月18日

今日もし時間があれば行きたかった所〜横浜アリーナ〜 5

今日是非、時間があれば行きたかった場所があります。

それは横浜アリーナ。

そうです。2006年Jリーグアワード表彰式があります。仕事の調整がつかずに行く事できません。。。というか観覧希望のハガキすら送っていないし(笑)

注目はやはりMVPがワシントンか闘利王か?個人的には啓太がNO1なんだけどね。彼の決定的なピンチで体を張ったプレーに何度助けられた事か。まあお茶目はミスパスも好きですけど。
おそらく近年のベストイレブンの常連となっている闘莉王になると思います。
さてベストイレブンは何人浦和で埋まるのか?半分は行くのではと睨んでいます。注目点はMFに何人はいるかですね。DFは闘莉王と坪井で決まりでしょう。

まあ帰宅してスカパー録画や再放送で見ます。
今年は本当に行きたかった。横浜アリーナ、来年は是非。


2006年12月17日

長かった

a95ab6c6.jpg昨晩から続いた強行日程もこれにて終了です。
帰って休みます。


嬉しかった

a7ab4c1c.jpg本当にこの人達と一年間戦って来れて良かった。
本当に浦和レッズ最高のチームです。


県庁前

1976a27d.jpgまだ県庁前らしいですが、馬車ですか?
凄いですね。


寒いッス

d18d5a43.jpgいやあ寒いです。
人が集まってきましたがまだ二時間余り。寒い。


すべてはこの日のために

edb0a9f5.jpgもう昨日の新宿での忘年会はガバガバです。
直でパレードのGoalへ来ています。
皆さん、気合い入りすぎです。


2006年12月16日

延長勝利

62d11c2a.jpg正直、ここまで苦戦するとは思いませんでした。
延長前半開始直後のポンテのGoalは90分終了して気持ちの入り方が僅かに上回ったからでしょう。
それにワシントンのGoalもそれまで外し続けていた彼はあれすら外したらどうしようもなかったでしょう。その後にあったチャンスも外していたのを見れば分かります。
しかし最後の永井雄一郎のGoalはこの日、一番の盛り上がりでした。
その前にあったチャンスを自分で決めていたらもっと良かったんですがね。
さて次は23日のジュビロ戦また埼玉スタジアムであります。
次は90分で決着つけてもらいましょう。


延長戦

ba0161e6.jpgスコアレスのまま延長戦。
王者の姿すらなしです。もっと誇りを見せて見ろ!


当然だよ。

50f74133.jpg前半終了。
スコアレス、全く酷い試合チャンスすらも作る事がでしない。
多分チャンスの数だと福岡の方が多いのではなかっただろうか?
本当に雰囲気ともにヤバい。
これで後半目が覚めていると良いのだが。。。。。


ギド

5cd68b9e.jpgキド、あなたとは勝ってお別れをしたいです。
ところで伸二はリーグ終わったら治療に専念するんじゃなかったでしたっけ?
本日スタメン宜しく!


何か違う

24fc512a.jpgギシと都築が練習開始。
今年の天皇杯初参戦ですが何かやっぱりStadiumBGMと言い、違います。
客入り最悪。
もっと酷いのはアビスパ福岡サポーター。
あまりに気の毒で写せません。


勝つしかないじゃん!ギドのためにも負けて終わりじゃね。。。。。 5

あのリーグ優勝から二週間経ちました。

天皇杯5回戦、アビスパ福岡戦場所は2日と同じ埼玉スタジアム2002です。
今日はどのくらいのサポーターが来るのでしょうか?天気は最高、しかしチケットの売れゆきは。。。。。
おそらくロアーだけの試合になるでしょう。リーグ優勝したから終わりですか?中には仕事などのために行きたくても行けない人もいるでしょう。でもギドが今期で終わり考えたくもないが今日でギドとお別れって事もあるかもしれない。寂しくないですか?

勝ってギドとお別れしましょうよ。国立でギドとお別れしたいです。
勝つしかないでしょう!私達、ディフェンディングチャンピオンです。


2006年12月15日

高額オファーに揺れ動く三都主に海外新リーグから誘いがきた浦和 5

先日、オーストリアのザルツヅルグから唯一の正式オファーが来ている事が分かった三都主ですが現在の年俸より高額という事で心は揺れ動いているようです。
すでに家族からはここまでがんばってきたのだから自分で決めなさいと決断は本人に任されているようで彼自身、ACLを浦和で頑張ってみたいという気持ちもあるようです。
チーム側は残留を前提に交渉していくようで、なかなか難しい問題ではなるようですね。

そして来年で記念すべき第一回大会が行われる予定の環太平洋チャンピオンシップ(仮称)の招待国として浦和レッズの元に正式オファーが届いたようです。この大会は名前の通りアメリカ・メキシコ・オーストラリアなどの太平洋にある国々からチームが集まってリーグ戦を行おうじゃないかというもので浦和側も日本人と同じ体系に近いメキシコのクラブも参加するという事で乗り気であるようです。
ただアジアカップとのスケジュールが重なるようで日本代表に多くメンバーを送り込む浦和にとってはメンバー構成に悩みそうです。ただコレに対しては私個人は優勝するもの大事ですが、若いメンバーを実践の場に送り出してチームレベルの底上げするのには最適のステージだと思っています。


2006年12月14日

な〜とり♪なとりあ〜つし♪

f271dbf0.jpg今日は休日だった事もありブログのデザインを変更してみました。
と同時に部屋も掃除していろいろと懐かしい物も。。。
高校時代に買ったJリーグチップスのCardも出てきて浦和のCardからは名取篤が。
他にも福田。他チームではジェフのパベルや鹿島のトニーニョも。
懐かしすぎますね。


浦和を襲う契約更改の選手からの不満 3

今朝の朝刊に出ていた浦和の主力選手による契約更改の記事ですが、どうやらリーグ優勝したのにも関わらずUP率は微増だったようです。
特に主力選手の一部から出たのは噂される阿部勇樹獲得の資金があるぐらいなら選手に還元してもらいたいというコメントですが、選手の言い分も最もだと思います。
FW獲得も今期は黒部を契約解除で中京大中京の伊藤翔一本は決定しているようです。
チームのグッズ売り上げ、ホーム入場者数も過去最高を記録したようですが契約更改の際に出たチーム幹部から出た言葉は「いろいろとお金がかかっている部分がある」という事でした。

アレックスのこの日判明したオーストリア一部のザルツブルグからの正式オファー、これは間違いなく進んでいくでしょう。3年契約中の闘莉王もリーグ優勝をして次の夢は世界へ向けられているようです。

プロ野球のように優勝さて契約更改は好景気って訳には行かないようですね。となれば選手はプロですから高く評価してくれる所に行くのは当たり前だと私は思います。それを繰り返して補強してチームレベルも上がって行くのでしょうが浦和はまだ世界に比べたら小さなクラブです。選手、そしてファンも納得するチーム運営をしてもらいたいと思います。


2006年12月13日

今年のベストイレブンは...2−5−3? 5

昨日、今年のJリーグ優秀選手28名が発表になってこの中から18日に横浜アリーナで開催されるJリーグアワードでベストイレブンが発表になります。
と同時に優秀選手新人3名も発表になってこの中から最優秀新人賞が発表となります。

■優秀選手賞(28名)

●ゴールキーパー
山岸 範宏   浦和レッズ
川口 能活   ジュビロ磐田
西川 周作   大分トリニータ

●フィールドプレイヤー

◆DF
田中 マルクス闘莉王  浦和レッズ
坪井 慶介  浦和レッズ
中澤 佑二  横浜 F・マリノス
青山 直晃  清水エスパルス
加地 亮  ガンバ大阪
シジクレイ  ガンバ大阪
山口 智  ガンバ大阪

◆MF
三都主 アレサンドロ  浦和レッズ
鈴木 啓太  浦和レッズ
長谷部 誠  浦和レッズ
ポンテ  浦和レッズ
山田 暢久  浦和レッズ
小林 大悟  大宮アルディージャ
阿部 勇樹  ジェフユナイテッド千葉
谷口 博之  川崎フロンターレ
中村 憲剛  川崎フロンターレ
藤本 淳吾  清水エスパルス
遠藤 保仁  ガンバ大阪
二川 孝広  ガンバ大阪

◆FW
ワシントン  浦和レッズ
我那覇 和樹  川崎フロンターレ
ジュニーニョ  川崎フロンターレ
播戸 竜二  ガンバ大阪
マグノ アウベス  ガンバ大阪
佐藤 寿人  サンフレッチェ広島

■優秀新人賞(3名)
内田 篤人  鹿島アントラーズ
藤本 淳吾  清水エスパルス
中村 北斗  アビスパ福岡

とりあえず予想ですが

ベストイレブン

GK
山岸
DF
闘莉王
坪井

DF
三都主
鈴木
ポンテ
山田
谷口or中村orハセ

FW
ワシントン
ジュニーニョ
マグノアウベス

正直、FWの三人とGKは間違いないと思います。
問題はDFとMFはどうなるか?
DFの面子見ていただけると分かりますが、今期浦和の失点数は他チームに比べてNO.1の少なさです。
メンバー見てもこの二人いないのは???ではないでしょうか。

MFも悩みです。浦和のまず4人は文句ないでしょう。正直、長谷部が大好きですがどうも引っかかります。
となると川崎の2位への原動力となった谷口や中村を入れるべきだと思っています。
まあ決めるのは私ではないですが.....(笑)


2006年12月12日

千葉の阿部情報とそして主力選手が揺れる千葉の来年の体制 5

先日、浦和が正式オファー出したとは判明したジェフ千葉の阿部勇樹ですが報道以来初のコメントを出したようです。
今朝の朝刊によると「オファーが来ているという事はとても光栄な事。でもまず千葉の話を聞いてから」とまずあくまでも千葉が最初と強調。

以前は欧州も頭に入れていた彼もレギュラーでないと代表に呼ばれないとオシムが言ってからその気持ちも薄れて国内での気持ちが強いようです。

その阿部の所属、ジェフ千葉の巻始め主力選手の契約交渉が始まったようですが祖母井前GMがフランス・グルノーブルに移って不在で契約交渉には幹部不在という始末だそうです。
当然、選手からは不満も出ましたがこのままだと阿部以外も他チームへ移籍する事にもなりかねないですね。

昨日の世界クラブ選手権で視察に来ていたウチの社長に対して向こうの社長が「阿部は出せない」と言ったらしいけどその前にチームの地盤をまず決めましょうよ。じゃないと痛い目にあうよ。


2006年12月11日

バルセロナとは都市規模が違いますが浦和としての誇りがあります 5

21cdc4b5.jpeg16日には天皇杯福岡戦がありますが、アレックスなどの主力組体調不良が目立ってきているようです。
やはりというかリーグ優勝決定後から2週間あまり体調面が心配でしたがそれが現実味帯びてきたようです。

さて17日の優勝パレードですが、私も行きますが現在日本に来日している次期監督候補のオジェックそしてFIFAのブラッター会長を招待する計画が上がっているようです。
正直、都市規模が気がいますがバルセロナのCL制覇時のようなあんなパレードまでは行かなくともここは日本なのかと思わせるような最高のタウン、浦和そしてそしてその町の主浦和レッズというチームを見せる事が出来ると私は思っています。

是非、ブラッター会長はともかくオジェックは呼んでもらいたいですね。


※ちなみに写真は2004年のリーグ優勝時のものです。


2006年12月10日

大体予想はついていました来期開幕カード〜ほぼ埼玉スタでVS横浜FC戦内定〜 5

先月あたりに来期の開幕カードは話題にあるものにしたいとチェアマンの話をありました。
今朝の新聞に来期の開幕カードの件が載っていました。どんなカードがあり得るかその時考えてみましたがすでに去年G大阪戦をやっているために同じカードは考えづらかったです。となると話題性のいる選手がいるチーム。
今、現在話題性のいるチームそうカズのいる横浜FCですね。会場は埼玉スタジアムでほぼ内定しているようです。
今後、大きく変わることも考えづらいでしょう。カズも来期契約更新が決定しているようです。

今期のJ2のチャンピオンチームの横浜FC「ハマナチオ」という言葉が示すとおり堅い守備を屈してリーグ制覇しました。それはあくまでもJ2で話、まさかそのままのチームでは来ないでしょう。
攻撃の要、アレモンが契約がうまくいかず退団が決定しているようでチームが大きく変わる可能性もあります。

まあ彼らにいえるのは「ようこそ!赤い地獄へ。」ですね。


2006年12月09日

今期のオフは移籍市場が面白そうですね〜千葉・阿部浦和入りか?〜 5

まず自分が千葉の幹部だったら出しませんよ(笑)

今朝の新聞見てびっくりしました。浦和がすでに千葉に対して阿部獲得へ正式オファーを出したようです。移籍金は約4億円だそうで、全く予想していなかったと言うか何と言うかその選手と獲りますかぁ。
まさしくオシムのポリバレントの申し子と言うかボランチもできてなお且つDFもできます。そして彼にはセットプレーでの大きな武器もあります。
獲得できるなら欲しいですね。ただこれでまた下の年代の選手に対して出れるチャンスがまた無くなってしまうというのは少し残念な気持ちがあります。
先日、中京大中京の伊藤翔獲得が最大目標と思っていましたが、それに加えて阿部そしてネネの代わりの外国人DFとそれだけじゃ何やら終わりそうもない予感です。ただ阿部に関してはFC東京も狙っているようです。

そのFC東京の要である今野ですが、横浜Fマリノスが獲得に乗り出しているようです。横浜Fマリノスはドゥトラに中西・奥等の主力選手の解雇が相次いでどんなチーム再編を狙っているのかな?と気になってはいました。
他には鹿島が外人、総解雇にそして本田に名良橋解雇にチーム再編にオフは力入れています。
名古屋も秋田解雇で横浜Fマリノスの中澤獲得に乗り出したりと確かここのチームは阿部獲得へと先週ぐらいに新聞に出たような気がします。

とにかく今年のJリーグの移籍市場は活発に動くような気がしますね。


2006年12月08日

オジェックは今日本にいるんですね 5

現在、次期浦和監督として最有力なオジェックですが日本に今来ているんですね。彼はFIFAの技術委員として日本に来ているようです。来週から行われる世界クラブ選手権のためですね。

交渉はまだ始まっておらず来日中での交渉は間違いないでしょう。まあ何が障害かといえば金銭面ぐらいですかね。彼は浦和の事はずっと気にしていたと一応言ってくれていますので(笑)

しかし日本の大会なのにアジア代表として世界クラブ選手権に出れないのは悔しいですね。絶対、来年の大会は出たいですね。来年始まる予選に向けてどうやら協会も動いてくれるようで対戦チームの情報など浦和と共に出場する川崎Fと一緒に交換したりするようですよ。
横浜Fマリノス、G大阪、東京Vが相次いで予選リーグで敗退しています。絶対に同じような運命を辿りたくもないと誰もが思っているはずです。
やるからにはキッチリやってもらいたいですね。


2006年12月07日

オジェックして去年に引き続きのチャンピオンゆえの休めぬオフ 3

どうやら来期の監督問題はオジェックに一本化しそうですね。もし駄目でもエンゲルスのチーム内昇格と考えるのが妥当でしょう。

さて昨日のJ1・J2の入れ替え戦第1戦がありましたが、福岡と神戸やはり真剣勝負第1戦、両チームの必死さが伝わってきて私も食いって見ました。
その福岡が入れ替え戦に進んだ関係で天皇杯の5回戦が来週の16日に延長になりましたが、翌日の17日には優勝パレードそして18日にはJリーグアウォーズがあります。
今年はチャンピオンですからベストイレブンにも浦和の選手の多くの選出が予想されます。

GK:山岸

DF:闘利王、堀之内とツボはどうですかね。怪我がなかったら文句なしですが。。。

MF:長谷部、啓太、アレックス、ポンテ、ヤマ

FW:ワシントン
このメンバーの選出は堅いでしょう。

しかしチャンピオンゆえのこの過密日程、天皇杯連覇を果たすとなると去年に引き続きの選手達の疲労が心配になります。
2月からA代表が始動する予定だったと思います。取れるものは全て取ってもらいたいと簡単に私達は言えますが、多くの代表選手を抱える浦和レッズです。選手達の気持ちを考えてしまうと考え深くなってしまうます。


人気BLOGRANK (人気スポーツBLOG) bana 人気blogランキングへ リンク集 . WE ARE REDS!
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profile

ライアン

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor 天気
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)