2008年07月

2008年07月28日

まだ鳴り止まぬ雷光の中勝ち取った勝ち点1〜復活WeAreReds!〜 5

昨日の鹿島戦より一日経って今日休みにして良かったなと再放送見ながら振り返っています。

まず今回はマイカーでなくバスツアーで参加しました。
浦和サポーター有志によるバスツアー俺達のウラワレッズ 2008年アウェイバスツアーです。

大宮を9時に出発したバスは南浦和の経由を経て鹿嶋へは12時過ぎには到着しました。
着いたころにはもうすでにいつものごとく浦和サポーターの多さといいここへ来るたびにそれを見て鹿島に対しての闘争心は高まっていきます。
kashima

ついてまず自分がしたのはここへ来てお決まりのモツ煮を食べるためにアウェイ側待機列脇のレストラン脇の屋台へ。

この店で買い物するのは過去の鹿嶋旅でも初めてでしたが叔母ちゃんが名物なのか買う人買う人に「頑張ってきてね」と声をかけて送っていました。(自分は言われなかったけど鹿サポだけ?)

まあ少しモツは固めだったけどモツも多めで美味しかったですよ。
ちなみに中に入ってもまた食べました。ちなみに両方とも500円です。

会場も終わって間もない頃、近所の浦和サポの友人が到着して少し話してから自分もスタジアム入りをしました。

入ってジュニアユース同士の試合をみて今、伝えた二杯目のモツ煮を食べると選手達もピッチへ出てまいりました。

18時半のキックオフ。
まさかね。この頃は全く前半中にあんな天候になるとは全く思いもしませんでした。
isogekijyou
urawagawarau
ponyo

スタメンは皆の期待通りにエジミウソンがとうとうスタメンから初めてベンチスタートへ。
高原、達也、永井の国産攻撃陣はなかなかエリア内へ行けずに鹿島DF陣にウマく押さえられていました。
相馬や平川が上がるもクロスがなかなか挙げる事ができない。
マルキーニョスはさすがにウマく決定的な場面はなかなかなかったけどホリがついているのを見て不安な場面を見せていたけど昨日の浦和DFはやはり闘莉王が後ろへ戻ってきて阿部が前へ・・・彼がやはり前に来るとエリア内での仕事が増えるし昨日も決定的な場面もありましたが彼がエリア内にいるのはやはり相手にとって脅威だと思いました。

それで昨日のあれです。
前半も30分前ぐらいから雨が降ってきて自分は二階のメインの上のほうで見ていたんですがレインコートを1階のサポーターを見ているのを見て自分は「可哀想だなあ」なんて余裕で見ていたんですがそれがそもそもの間違いでした。(笑)
中断になる直前に突然、二階席後方から風と共に雨が大量に吹き込んできました。
それはまさにドリフの水が突然流れてくるコントでないけどまさにそんな気分でした。
みんなコンコースへ行くけど行くまでが大変混雑。
自分はその場でタオルと共にいました。もう2階の屋根は関係ない。解説者が2階が見えないほどの雨で視界がさえ切られています。と言っていたけどこちらだって下が見えないんだから中断になった事なんて分からなかったです。向こうの監督も退席処分されたって見えませんでした。
ちなみにその時の雷雨はこんな感じでした。

2008.07.27.KashimaVSReds 018
[生観戦][Jリーグ][浦和レッズ]
2008.07.27.KashimaVSReds 018
by ライアン

本当に雷もすさまじくメインバックのサポーターはロアー後方やコンコースなどに逃げていましたが両チームのゴール裏サポーターの一部は避難勧告も出ているのに関わらずに騒いでいましたね。
スタジアムアナの「気持ちは本当に分かりますが・・・」を何度聞いたことやら(゚∀゚)アヒャヒャ
この間、雷を眺めに外を見ていましたが早々と帰る人たちも見かけました。
一時間の中断ですから帰りも大変なのを避けるためなんでしょうね。

そして前半39分からの再開でしたが小笠原のゴールは実は見ていません。
開始直前にトイレに行って席へ行く階段を登っている時に取られちゃったので。
リプレーと今の再放送を見ていますがまさに見事ですね。
絶対に彼をあそこで撃たせちゃいけない。
あのガンバ戦の遠藤の時のように・・・、ホリ(平川でした)がダニーロについていたのか右から阿部が小笠原へ行くもそれはときすでに遅し。彼の振りぬいた足には追いつかなかった。

一番難しい替わりっぱなだと思うけど一番気をつけなきゃいけない時間でした。
そのまま前半終了。

後半は両チーム交代なし。
ペースは相変わらず鹿島。

徐々に時間が進むに連れて嫌なムードも漂ってくる事に・・・。

浦和は相馬に替えて梅崎。
高原に替えてエジ。これに関しては結果的に正解だったんだろうけど治療中が終わって彼はそのままやるつもりだったんだろうけどベンチは交代。
高原はペットボトルを叩きつけて悔しがった。悪い方向に行かなければ良いけどあそこはまだ行っても良かったような・・・ベンチが大事に取らせたかったのか?タカ次だよ!次。見返したれ!

そして最後の交代は永井に替えてセル。
これは本当に1点を取りに来ていると分かったけど同点ゴールの直前にあった梅崎との全く意思疎通できていないあんなプレーを見ていると同点ゴールなんて程遠いと思っていました。

その後だったか?セルがまず一回目強引な突破で鹿島エリアへ最終的には駄目だったけどひょっとしたらという感じはありました。
そして待望のあの時間。またもセルは鹿島エリアへ突入!防がれたと思ったボールは右サイドのエジへそれを中へいた達也へ!!!!!!
その後はもう無我夢中で達也が体ごとゴールへ入って行ったような記憶ぐらいしかなかった。
まさに劇的。

鹿島はダニーロに変えて中田功二を入れたけどあそこからこちらへ傾き始めたのは事実。
その後はもう総力戦だしこちらも決定的なチャンスが何度かあったがそれを決めたかったあ。
しかし向こうの勝ち試合をモノには出来なかったけど相手選手の試合終了後の表情を見ればどちらが勝ちなのかは一目瞭然だった。
それとは別に闘利王に言いたいのは岩政へのプレーはまた2005年と同じことを繰り返したいのかと。
レッドが出なくて本当に助かった。
出てから後悔しても遅いんだよ。大人になってくれ、頼むから。

そしてとうとう復活したWe Are Reds
多分、復活するのはこの試合なんだろうと思ったけど勝ちじゃなかったしないと思った。
バスツアーの集合時間もあるからゲートに向かっていると後方のゴール裏から溜まっていた分を出すかのごとく逆側の鹿島ゴール裏へ見せつけるかのごとく大きな声量。

この日を待っていた。
しかし終了間際のゴールキックでの選手達の上がりの遅さとか最近気になるライン際でのスローインの下手さを見ているとまだまだかなあと思っています。

試合終了後鹿嶋を脱出したのは集合時間になかなかメンバーの一人が来ずに遅れて一時間あまり。
まだ雷はなっていましたね。あの場所はアクセスといいすごい場所です。鹿嶋は。
大宮へついたのは首都高の工事渋滞も絡んで約2時でした。
車で家に買って来て自宅へは3時前。
疲労はあるものの今日が休みでよかったと思う。今のこの時間。


2週間の空きがあってその後はホーム柏戦。先日の国立の借りを返しましょう。




katiten1

2008年07月27日

みんなで取ったあの一点 5

7f095cfa.jpg
644d50c5.jpg
何とか達也のゴールで追いついた。

セルが頑張ってどん欲にいった達也。

凄まじい雷雨の中、頑張ったサポーターと一緒に取ったゴールだと思う。

引き分けだけれど勝ち試合を落とした鹿島は悔しいだろうね。

鹿島不敗記録は続くと…。


前半終了

1a7ef9f7.jpg絶対にやられちゃイケナイヤツに取られた。

再開後のすぐに小笠原の先制ゴール。

中断がプラスでなくマイナスになってしまった。

しかしまだ後半がある。

早い時間に同点にしたい。


試合再開

c1e2708e.jpg20時20分、前半39分より試合再開。

まだ雷発生中。


凄まじい雷雨

70a2034d.jpg前半40分、凄まじい雷雨で試合が中断中


開門

1dd8d957.jpg開門もして外にいるサポーター達の数も大分少なくなった。

さて自分もそろそろ中へ…。


鹿島スタジアム

a4fe90f2.jpg自分も到着にわずかに遅れる事選手達も到着した。

何が独特の雰囲気自分自身四回目となる鹿嶋スタジアム。

勝って帰りのバスに乗りたい。
車内で喜びを分かちあいたい。


ヴェルメーリャダービー 5

正直、不安のほうが大きい。

これは自分だけでないと思う。

しかし彼らだけには負けたくない。

幸い、自分が観戦したアウェイ鹿島に関しては現在まで負けはなし。

初観戦は2005年の闘莉王の絶体絶命の退場劇からの同点試合、それ以来鹿島へは足を運んでいる。

認めたくないが今日次点では浦和は2位で追いかける立場、これに関しては覆る事はない。

今までこんな事はない今日、お守りでないが自分自身が観戦して負けなしのチケットというの探してみた。

2004年5月5日 埼玉スタジアム
1−0
2005年9月3日 鹿島スタジアム
2−2
2006年5月7日 埼玉スタジアム
4−0
2006年8月19日 鹿島スタジアム
2−2
2007年4月29日 鹿島スタジアム
1−0
2008年4月13日 埼玉スタジアム
2−0

明日、祈願成就をかけて半券をホルダーにしまって行こうと思うがどうしても去年の鹿島での勝利のチケットは見つからなかった。

どこかにあるのだとは思うのだが・・・・・。

明日ではない。今日の試合に関しては勝つのみ。

負ければ勝ち点差は5と拡がる。

まだ終盤ではないけどそれは彼らに調子付かせる事を意味する。

負けたくない。それは誰でも思っている事。

勝ちたい。勝つ!それだけ。





2008年07月23日

ゲルト!闘利王の意見を生かしてくれ! 5

「ゼロで抑える試合をしたい。オレも好きで前線やボランチをやっているわけじゃない。一番力が発揮できるのは後ろだから」闘莉王(スポニチより)


ゲルトにもこの言葉を知ってもらいたい。
すでに二人で言葉を交わしているのかも知れないけれど川崎F戦見ても闘利王は後ろの方が良い。

阿部ちゃんをボランチに固定して守備もそうだけど彼の攻撃をもっと生かしたプレーも見てみたい


2008年07月22日

一体いつまで? 1

「今は我慢する時・・・」犬飼



一体いつまで我慢しなきゃいけないのかい?
そんな時期がもう何か月続いているのか?
サポーターはそんな待たないよ。


2008年07月21日

鹿の尻尾に食らいついていかないと

c258c1cd.jpg試合終了。


後半、逆転されるまではなかなか良い試合だったと思う。

あの後半10分過ぎの時間帯で追加点取れなかったのは非常に痛かった。

選手起用は問題なかったかなと…。


今シーズンの浦和に言える事は一度崩壊した土手は修復できなく脆いという事。
しかしまだシーズンは終わっていない。

来週、乗り込む。

鹿島、アジアチャンピオン意地を見せてもらいたい。
鹿の尻尾に食らいついて行こう。


勝ち飯

32eed06b.jpgここ最近の勝ち飯は

●北門外のジャークチキン&ポテトorカレー

●他のローソンは知らんけれど北越谷のローソンで買った熊本産馬刺しの燻製に今日買った宮崎地鶏の炭火焼き燻製。

とにかく勝ちたいし勝ってもらいたい。

達也・エジミウソン・高原のスリートップが吉と出るか凶と出るのか?

勝って勝って鹿島へ乗り込もう!


俺達は絶対に負けやしない。勝っていざ天王山へ! 3

昨晩、横浜FVS鹿島の試合を観た。

一言、やはり負けないなと。

先制点のマルキーニョスといい、コンディションが低下している田代を休ませて出場した興梠がしっかりと決める羨ましい決定力とFWの人材。

それプラスに完成度の高いチーム力。

イエロー期待してみていたが誰一人ともらわなかったプレーを見ていればそれが分かる。

相手の状態の事もあったろうが、来週の試合は非常に厳しい試合になるだろう。

しかしその前に今日の試合だけは何としても勝ち点3を取って首位として鹿島へ行きたい。

心配されていた闘莉王はどうやら出るようだ。
しかしサポーターをしての出場という事で必要以上の攻撃参加は控えて今日のポジションだろうDFに専念してもらいたい。

先発はやっぱり出場停止明けのエジに達也か。

永井はイエローが3枚だったと思う。

4月にロスタイムに止めを刺したあのゴールは彼らも忘れていないだろう。

彼も必ず帯同してもらいたい。しかし今日の試合はどうなるのか?

去年の借りを是非、倍返ししたいのだけどイメージがわかない。

誰でも良いから先制点は絶対に獲ってくれ!



2008年07月20日

闘 5

8e44fdeb.jpgどうやら闘利王の足の状態は問題がなかったようだ。

彼の欠場は明日の試合への劣勢を意味するし決して上向きではないけど連勝して鹿島へ乗り込むのと連勝できずに望むのでは大違い。

ただ気になるのははっきりと出場が決まっていない事。
まだ昨日の段階では全体練習には加わらずにジョギングのみで終わっているようです。
今日の段階でどこまで加わる事が出来るのか?
正直、助かったのは日曜開催でなく明日月曜日の祝日開催だった事。
それが彼にとって良い方向に向かってくれればそれだけで良い。

明日、待っているよ!闘利王。


2008年07月18日

というか本当に戻らないといないジャン! 5

「俺が多分、戻るんじゃない?」闘利王



いやいや戻らないと本当にいないでしょ?

昨日の試合終了後、阿部ちゃんだけだと思っていた川崎Fの出場停止は細貝にホリの二人もだった事を帰宅後に知った。

リーチは後は永井だけ?

鹿島戦にほぼフルメンバーで望めるのは嬉しいけど何としても月曜日にしっかり勝って異国の地に乗り込みたいね。

そろそろ電車が・・・


2008年07月17日

鹿島へ勝ち点6 で

c36e15b4.jpg決して喜べない内容ながらも何とか勝ち点3を得て首位へ戻って来た。

阿部ちゃんがイエローもらって川崎F戦は出場出来なくなった。


彼だけでなく堤に永井が確かリーチだったと思う。

まとめて次節消化でなくバラになったのは良かったのか?

鹿島へ乗り込むまでになんとしても首位で行きたい!


前半終了

38b08f7b.jpg前半終わって2対2のイーブン。

点の取り合いでは絶対に負けたくない。

勝つ事、それが一番大事!


首位再奪取

2d706b01.jpgこんなメンバー揃って今の位置はやっぱり納得いかない。

勝って勝ってまたいつものランクへ!


何のために来たんだ?相馬

4f9639d7.jpg自分自身初めての緑ヴェルディとの対戦。

試合前に読んでいたMDPによると2年前のシーズンは向こうにいた相馬とポンテのマッチアップの写真が出ていた。

自分自身のステップアップのために浦和に来た相馬。
今日はサイドをケチョンケチョンにさ!頼んます。


確かに蓋を開けてみなければ分からないけど・・・ 5

闘莉王FW先発へ!!


今朝の新聞記事を見たときにビックリするというより笑うしかなかった。

「冗談だろ?」と・・・。

別に彼をFWを使うのが嫌だというのではなくまたエンゲルスの奇策が始まったかァ。

一度、彼をDFに戻して崩壊したリーグ随一のDFラインを立て直すのが先だと思うのでけど・・・。違いますかね?

次の相手、今日は東京V、21日は川崎F、そして次は鹿島ですよ。

今日だって楽な試合ではないけど、それが良い結果になるのかも知れないけれどさ。

それで勝てば自分だって喜ぶんだろうけど。

高原&達也の邪魔にならなければ良いです。

せっかく今季初の二人での先発だから。

さて今日、しっかりと勝ってまたTOPに上がりましょうよ。


2008年07月16日

勝ち3以外イラネェよな?

明日のゲーム。

勝ち3をしっかりと取りに行くゲームを見せてもらいたい。

再び上へと上がれるチャンスをもらったんだ。

奴らの下にいるのは1日たりとも嫌だね!


2008年07月13日

憎らしく羨ましい

後半先制されて逆に四点取って本当憎らしい。
 
でも羨ましい。
 
今の浦和からは少しも想像出来やしない。
 
永井…達也〜、もう怪我はしないでくれ。



2008年07月12日

負けた事がショックだけれども・・・・・ 1

まず大分まで行かれた同士の皆様、お疲れ様でした。

仕事上がりが18時過ぎ、駅まで歩く中開始序盤で先制点を取られたのは知っていました。

かなり答えたけれど、エジに達也、永井が前線に居座って鬼門の九州石油で歓喜が生まれるものかと・・・。

結局、録画して仕事に行ったのにも関わらず帰宅してもTVをつけることが出来ませんした。

結果を知ったのはN●Kのニュース。

負けたことより0点で終わったことがかなり堪えています。

次は東京V・川崎Fとホーム連戦に鹿島と絶対に勝ち点9を取りたい相手が続きます。

悲観的な結果ですがおそらく明日、憎むべきチームは勝つでしょう。

可能性は薄いですが勝たなくてもそれで気持ちが薄れる事はないです。

先が見えない浦和ですが自分達ができるのは信じるだけ・・・・・。

木曜日は勝って川崎Fには去年の借り、その次は何としても勝ち点を3以上持ち帰りたいです。






2008年07月06日

今節のベストゴールは永井でしょ? 5



Jリーグアフターゲームショーを見ているとベストゴールは永井!

まあ当然だと思うけどその後の投票者の名前にライアン。

俺?

10分ぐらい前にコメント共に投票したけどコメントは言われなかった。

でもそれだけ素晴らしかった(永井のゴール)。

ホリのクリアをそのまま独走のゴールだけどそんな簡単なゴールではない。

付いていたDF(名前忘れた元川崎F・・・思いだした佐原ね)を完全に負かしてのゴールだった。

思わぬ名前がTVから出たけど今度は分かりやすい名前にしようかと・・・。

最寄の駅の名前とかね。

時間が短かっただけにサプライズでした。

最後に永井にありえないけどマンツーで出会えることあったら聞いてみたい。
「あの角度、得意だよね?」と



2008年07月05日

あの感動再び…だけれどね 5

aad9898d.jpg
後半終了間際の永井のゴールはまさにあのセパハン戦での先制点のリプレイを見ているようだった。
 
達也にポンテが下がってからはチャンスすら作れずにいつ取られてもおかしくない状態だった。
 
先制点取ったのがエジミウソンだと忘れさせるような今節のNo.1ゴールに選ぶべき、それだけ素晴らしいゴールだった。
 
だけれどそれだけ。
 
後半のいつもの後手後手は目を覆いたくもなる。
 
大分、川崎、鹿島と続く今月。(東京Vもあった)
 
何としても今月勝ち点16積み上げましょう。 



前半終了

b5c814fe.jpg開始早々のエジのゴールの先制もオフサイドで消されたりと追加点がなかなか取れなかった。

前半終了間際のコーナーキックからのバーに弾かれた向こうさんの決定的なシーン。本当に心臓に悪い。

後半はまず追加点。 頼むよ!


浦和は浦和

プログラムも高原。

カードも高原。

彼がゴール決めななくて誰が決める?

何しに浦和へ…?

エジよりもタカに期待しているからさ。


良いだろ?お願いだから喜んでスタジアムを帰りたい。 1

今日のFC東京戦に向けて自分が注目している事

‘利王のポジション

明らかに彼のボランチは期限切れ。
オジェックショックから救ったのは彼なのは間違いない。
でも彼重視の攻撃はもう相手に研究され尽くされていた。
分かっていたけれど騙された自分も悪い。

阿部ちゃんのセンターバックも良いんだけどやはり彼の良さはボランチで活きるんだと思う。
ガリガリの啓太には前のような動きは戻っていない今、中盤で相手に優位に立つためにも彼の力が必要だと思う。

▲┘献潺Ε愁鵑蓮

これの方が注目しているけど彼自身が納得しないだろうけどスタメンは外すべき。
一番良いのは言いたくないが解●も考えて・・・まあ無理だろうな。

確かにゴール数は闘莉王と並んでいるが自身で取ったゴールは少ない。
彼が一人で行くのは構わないがゴールとは程遠い弱いシュートに上に横へ外れて会場から起こる大きなため息。
もう聞きたくない。

達也が戻ってくるのは嬉しいけど多分ベンチスタート。
永井との2TOPが利用だと思うけど達也と高原で今日の形を見てみたい。

アレックスの件は本当にショックだった。
あの日、国立でまさかのスタメン。強行出場ではなかったんだと思うけど悲しすぎる。
選手生命とか言っているけどまだ早い。
とにかく治してもらいたい。それだけ!待っているよ!



人気BLOGRANK (人気スポーツBLOG) bana 人気blogランキングへ リンク集 . WE ARE REDS!
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profile

ライアン

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor 天気
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)