チリヌルヲワカ「花よりヲワカツアー」・福岡DRUM SON

5月22日チリヌルヲワカ@福岡DRUM SON。
約一年ぶりのヲワカ福岡ワンマン。今回はアルバム「あ可よろし」をひっさげてのツアーでございます。
どうしても考えてしまう「GO!GO!解散後のヲワカライブ」。
色々複雑な心情でしたが、今観ておきたかったので行ってまいりました。
o
新譜「あ可よろし」は通販とライブ会場のみで販売(現在は全国の『ライダーズカフェ シングルスピード ショップ』の店頭にて視聴&購入可能)なので、敢えて通販で買わず、ライブ後に会場で買うことにしました。
予習しないで行くのもたまにはいいかなって感じで。

ライブは昨年7月に観たときより、4人の個性がより際立って、それがコントラストになったり融合して独特のグルーヴ感を生み出したり、すごく濃い時間を過ごせました。やっぱユウちゃんの世界観って好きなんだなぁ。
昨年後半あたりから、ライブ本数は相当数重ねてきているので、かなり楽曲がライヴ的なパッションといいますか、なんかそういう凄みみたいなのは増したと思う。
まあメンバーは経験豊富な、演奏でも緊張と緩和を巧みに使える御仁が揃っているので、お前のようなド素人がどんだけわかるんじゃい!って感じですが…。でも観ててほんと楽しい!
じっくり演奏を見ながらノるライブも、やっぱり好き。

セットリストは当然「あ可よろし」と、「イロハ」・「白穴」から。
『再生可能』では阿部さんの「これ出だし苦手なんだよね。ちょっと一発かましていい?」とドラムソロ。
その後イントロでユウちゃんがミスってしまい、「ま、間違えたーー!!!」と挙手。
ちょっと後ろ向いて諸々確認してました。可愛かったー…!

「あ可よろし」は超短期間のレコーディングで、リズム取りは2日間の一発録りだったそう。10曲を2日で。。。
なので阿部さん曰く、「節電バンドだよね。チルヌルヲワカ(節電)」。資金が潤沢なバンドと違うからね~なんて自虐的なことも(笑)。そのあと歌入れのユウちゃんはかなり消耗したようで、「疲れキャラだよね」とか「疲れたガール」とか色々言われてた。ご本人は「普段から疲れた疲れた言ってるけど、自分が本当に疲れてるのか、疲れているフリしてるのか、分からなくなってきた」とおっしゃっておりました。

アンコールではユウちゃんTシャツ(あ可よろしのジャケットをプリントしたもの)に着替えて登場。
あと阿部さんは金髪ボブのカツラをかぶって「スティーブ デス」。妙に似合う(笑)。
片言の日本語でしゃべる流れから、ユウちゃんの韓国語講座へ。なんか最近韓国ドラマ観てるんだそうです。

アンコール後も手拍子鳴りやまず…どうなのかな~なんて思ってたら、メンバー出てきてくれた(阿部さん普通に戻った)!大盛り上がりの中、エイキチさんが「えっと…勢いで出てきたはいいけど、このツアーのリハでやった曲はさっきのでやりつくしてしまいまして…ちょっと会議してもいいですか」と、みんなで阿部さんの前に集合。客から「カヴァー!」なんて声も飛んでた。「絶っ対無理!」って返してたけど(笑)。

なんかレアな光景だな~なんて興味深く観てたけど、そういえば既視感もあるなぁなんて思ってたら、GO!GO!の時にもこういうことがあったっけ。あの時は「めみみはなくち」を即興でやったんだったかな?
会議の結果、曲は「念じる」に決定。
エイキチ「もう一度同じ曲やりますけど、今日最っ高の演奏するんで!皆も今日最っ高の盛り上がりお願いします!」
ここでもユウちゃん、ちょっとミスっちゃってたけど、こういうハプニングもライブならではでいいよね。
最高でした。

個人でみると、前回よりエイキチさんがより前に出てきてたかも。お客さん煽ったり、MCやったり。地元福岡出身だからっていうのもあるのかな?ライブが進むにつれてどんどん若返っていくような(笑)。
MCも相変わらず、ユウちゃんと阿部さんのやり取りはすごく面白い。
お金と時間に余裕があるなら、少しでも行くかどうか迷ったライブは行くべきだよね。
ライブは楽しい。

●そのほかのMC集メモ
ユウ「昨日ラジオに生出演したので、こんなにいっぱいお客さん観に来てくれたのかな…なんて………」
ユウ「(阿部さんの方を見ながら)……………あの…そんなわけねーよみたいなのは無いんですか」

地元の関係者?にユウちゃんの声が「ヘリウム吸ったみたい」と言われ
ユウ「吸い続けです」
阿部「地声は凄く太かったりして。じゃヘリウムが切れる前につぎの曲を…」

ユウ「ここで重大発表が…」
阿部「?それはメンバーも知らないことなの?」
ユウ「いや、メンバーは知ってることですけど」
阿部「良かった。メンバーチェンジとかだったらね…」
ナツキ「えっまた僕のポジションですか(笑)?」
阿部「いや、(年齢が)上から切られてったらやだなぁと(笑)」
ちなみにこの重大発表とは、PS3のゲームソフト「アーシャのアトリエ」の挿入歌にヲワカの楽曲が使われるということでした。このゲーム用に書き下ろした曲で、アルバム収録曲とは雰囲気の違う曲になっているとのこと。
楽曲はこちらで聴けます。


◆追記◆
チリヌルヲワカ 4/16 渋谷 O-WEST “Good Fellas 5”Sugi レポート
http://www.musicland.co.jp/store/campaign_detail/shibuya/7141

キューニック:2ndフルアルバム『あ可よろし』を引っさげたチリヌルヲワカ『花よりヲワカツアー』
http://qnicc.jp/review/2012/06/14-000000.php

2011年LIVE備忘録 2

●9mm Parabellum Bullet 『Movement Moment Tour 2011 番外編』~POLYSICS Movement~ 2011.11.20 佐賀GEILS
POLYSICSの佐賀初ライブ!私にとっても初めての佐賀。ロマンシング。
JR佐賀駅北口から大きな通りをまっすぐ歩いて、アパホテルのある交差点を右へ。
私みたいなすぐ道に迷う人間にはわかりやすくていい場所(笑)。
佐賀ゲイルズは外の階段を上がって入場して、中で階段を少し下るという変わったハコ。
天井にミラーボールがあって壁にはビートルズとかボブ・ディランのポスターとか貼ってある。
9mmの卓郎君も言ってたけど、雰囲気はいいと思いました。
PA卓が無かったように思うけど、2階にあったのかな?
111120_161548
111120_161218
<POLYSICS>
01.Heavy POLYSICK
02.Young OH! OH!
03.シーラカンス イズ アンドロイド
04.First Aid
05.ハードロックサンダー
06.Mach肝心
07.催眠術でGO
08.ズーバーマン
09.How are you?
10.Bleeping Hedgehog
11.Shout Aloud!
12.Urge On!!
13.Smile to Me
14.Let's ダバダバ 
<9mm Parabellum Bullet >      
01. 荒地
02. Black Market Blues
03. Living Dying Message
04. Wanderland
05. エレヴェーターに乗って
06. Face to Faceless
07. Scenes
08. Sundome
09. Monday
10. 銀世界
11. Supernova
12. カモメ
13. 新しい光
14. Cold Edge
15. Endless Game
16. Vampiregirl
17. Punishment
EN. キャンドルの灯を
EN. Talking Machine

私にとって色々初ものが多いので、この対バン楽しみにしてました。とりあえず印象に残ったところを箇条書き。

この対バンシリーズは9mm主催なので、まずはPOLYから出演。
ご当地ネタで言ってた宮田の松露饅頭。福岡でも昔から馴染のあるCMなのでニヤリ。「かわいぃんですよ」

でもこのネタ客の反応は薄かった記憶が。他県からもお客さん結構来てたからかな?
福岡から来た人もかなりいた気がする(このツアーでは「〇〇から来た人~」ってハヤシ君リサーチしてましたね)。
「Let's ダバダバ」では大方の予想通り(笑)、コーラスのダバダバ部分を芸人はなわの「佐賀県」からパロって
「D・A・B・A ダバ!D・A・B・A ダバ!」に。
「かみじょうくんがPOLYの中で一番好きな曲やります!ちひろに捧げますハードロックサンダー!」と叫んでハードロックサンダー!
3人アレンジでの「催眠術でGO 」を観られたのは良かった。この曲アブソリュートの中でも好きな曲なんだよね。
カウントダウンはフミちゃんが担当してました。

9mm、実はハコで観るのは初めて。フェスでしか観たことなかったから。
やっぱり屋外で観るのとは全然迫力が違うね。まああたりまえだけど。
9mmはPOLYに対してリスペクトがすごかった。卓郎君もMCでかなりPOLYの話してくれてましたな~。
「POLYSICSは僕らを近未来だか近過去だかわからない世界につれてってくれました 」とか
「POLYの999回目のライブの日(9mmでだけにとか言ってた気がする)は、ライブで行けないから、いいともばりのキティちゃん電報出します。 」とか。ちなみに前日の長崎ではからくりテレビ風のビデオレター送るって言ってたらしい(笑)。
Monday演奏前に 卓郎「明日はなんday?」 客「Monday!」 って言うのこれお約束なの(笑)?
特筆すべきはアンコールで滝が「I My Me Mine」のリコーダーのフレーズを弾いて「Talking Machine」へ繋がっていったところ。もちろんPOLYに借りたバイザー装着!2階から観てたハヤシ君とフミちゃんがすごくウケてるのが見えました(笑)。

そのとき着てたハヤシ君の私服がなかなかパンチが効いてたのだが……

PolyBlog!!!
http://blog.excite.co.jp/polysicsblog/17009923/


●We are All Heavy Polysick!!! Round2 〜まだまだダバダバ!!!〜
  2011.11.24福岡DURM Be-1
当時はしばらくツイッターなどは極力見ないことにして、ネタバレを避けての夏以来の福岡ワンマンでした。
ハヤシ君曰く「レコ発ツアーではないので自分たちのやりたい曲をやった」というセットリスト。
私にとっては久しぶりの曲がたくさんあってニヤニヤしっぱなし。
111124_185557
01.Heavy POLYSICK
02.Go Ahead Now!
03.Young OH! OH!
04.Beat Flash
05.Shizuka is a machine doctor
06.Mach肝心
07.Bleeping Hedgehog
08.ハードロックサンダー
09.Too Much Tokyo
10.Time Out
11.S.V.O
12.ワトソン
13.Digital Dancing Zombie
14.ズーバーマン
15.MAKING SENSE
16.Don't Cry
17.MAD MAC
18.Shout Aloud!
19.カジャカジャグー
20.How are you?
21.シーラカンス イズ アンドロイド
22.Smile to me
23.CODE4

EN1
24.Speed Up
25.Let's ダバダバ

EN2
26.BUGGIE TECHINICA

長崎・佐賀・鹿児島・熊本と9mm Parabellum Bulletと対バンしてきて〆の福岡ワンマン。
ほとんど弾丸のようにこなしてるのに全く勢いは衰えず。しかしハヤシ君はすでに3曲目くらいで水かけてもらってた。
MCのしょっぱなは「九州を9mmとまわってきて、すごく良かったけど、やっぱりワンマンだなー!」みたいなことを。
私は最前にいたけど、いつもよりは圧迫が少なかったかな。そのせいかハヤシ君も「Too Shy Shy Boys&Girlsだな!」
って言ってました。でも後半はかなり圧があったから、いつもよりスロースターターな客層だったようで。

ちょうどホークスが日本一になった後だったので、「ソフトバンク優勝おめでトイス!」頂きました。
ハヤシ君は「福岡大好きなので(今年は)4回来た」って何度も言ってくれたけど、この日も初めて観に来た人が多かったみたい。Too Shy Shy Boys&Girlsだったのはこの辺もあるのかな。
「4回全部来た人~」って聞かれて張り切って手をあげたんだけど、「少ない…」って言われた(笑)
でもやっぱり地元を好きと言われるのは素直に嬉しい。

「Smile to me」だったと思うけど、ハヤシ君がダイブ。というより落ちたように見えた。仰向けじゃなくてうつ伏せだったし。
右足のツナギの裾あたりを引っ張ってる人がいたからバランス崩したのかな。
ステージに戻ってきたときはヘロヘロになってて、足腰立たない感じになってたから大分消耗したようでした。

個人的にはステージ中央のお立ち台へ出てきたフミちゃんのSBVとハヤシ君のSGにソフトタッチできたのが嬉しかった。
フミちゃんにはまたもスニーカーをぺちぺち。はあ…かわいかった…。
プロのアーティストの楽器に触れるなんて恐れ多いけど、ご利益ありそう。

<MC>
ハヤシ 「昨日は11月23日でいいフミの日だったけど」 
フミ   「もう昨日で終わったんでワルいフミです」
フミ   「364日はワルいフミなんで」
ハヤシ 「ピンポンダッシュとかするよね」 
フミ   「するする」
ハヤシ 「ポテチ食べた手で本読んだり」 
フミ   「歯磨き粉の蓋半開きにしてカピカピにしたりね」
ハヤシ 「ポットを『出る』にしたままにしたりするでしょ」 
フミ   「うん」

ハヤシ 「ソフトバンク優勝おめでトーイス!!!」(実は佐賀GEILSの日に日本一になりました)
客     「ありがトイス!」
ハヤシ 「ん?なんかくれんの?」
客(♀) 「なかよ!」
ハヤシ 「ん?」
客(♀) 「なかとよ~!」
ハヤシ 「もう、そんなの言われたらおじさん照れちゃうよ~!俺博多弁弱いのよ!女子の博多弁可愛くない?」
客(♂)  「男は?」 
ハヤシ 「え?普通…」

サンセットライブについて
ハヤシ 「サンセット、ロケーション最高だったよね」
フミ     「私たちが終わった直後に雨降りだしたんだよね?」
ハヤシ 「ねえ…雨バンドなのに…」

他に気になったMCは「みんなちゃんとブログ読んでる?ブログにも書いたけどさ…」て聞いてきたこと。
コメント欄が無くなったのはこのちょっと前くらいだったので。


<アンコール1>
ハヤシ君がもう福岡ではおなじみのにわか面をつけて登場。
ハヤシ 「ほんとおれら物持ちいいよね。3年くらい使ってる」
フミ     「裏みせて裏」
ハヤシ 「所々補強してね(笑)」
裏側は黒いテープでバキバキに補強してありました。
いつも思うんだけど…次こそはにわか面差し入れしてあげようかな…3人分…(実はすでに誰かしてそうだけど)。
Let's ダバダバではホークスの帽子かぶって「I ❤ Hawks」と書かれたピンクのうちわ(お父さん犬の写真入り)を持って、
ダバダバ部分を応援歌のサビ「いざゆーけー炎のーダバダバ軍団ー」に変えて大合唱!これは嬉しかった!
ハヤシ君若干歌詞怪しかったけど。
まさしが合図する予定だったのか、替え歌前に立ち上がって「ワンツースリー!」って言ったんだけど、
タイミングが違ったみたいでスルーされてた。

<アンコール2>
皆手拍子で粘ってたら出てきてくれました。福岡でダブルアンコール久々な気がする。
最初ヤノ君が飛び出してきて、お客さんになんかアピールしてた。
自然とハヤシコールが起こって、ヤノコール、フミコールも。「笑っていいとも」などでやるチャン、チャンチャンチャン!3人とも順番にしてくれました。
ハヤシ君はラーメン食べる仕草だったかな。フミちゃんはタイミング失敗して「ちぇっ」って仕草してこれがまた可愛い。ヤノ君は…すみませんどんなだったかよく分からなかった(笑)。
「お前等欲しがり屋さんだなー!」みたいなことを。しかしここで事件が。
実際やる予定があったのか無かったのかはわからないけど、ハヤシ君がフミちゃんに「…何やる?」と聞く。
ハヤシ君に歩み寄って耳打ち。そしてハヤシ君がフミちゃんに耳打ち、このあと二人とも相手に耳打ちしようとして……あやうく事故に(笑)。客も一瞬間があってからのヒューヒューと冷やかし。二人とも苦笑してました。
あれはみてるこっちが妙にドギマギした。耳打ちだからかなり顔近いしね…。

<終演後>
今日はのんびりなので出待ちしてみる(一人参加時はお見送りだけ)。
ハヤシ君は「ありがとう!寒いね」と出待ちファンに労いの言葉を。
フミちゃんはそそくさと車へ。「寒い中ありがとう!」と車中から手を振ってくれました。
ヤノ君も車中から身を乗り出して「レッツ!」。彼はいつもナイスガイ(笑)。


===============
2011年は人生で一番ライブ行った年になった。
POLYメンバーともささやかなコミュニケーション取れたし、初めてのバンドにも沢山出会えた。
下半期の2公演は3人体制になって初めて(九州で)演奏してくれた曲も観られたし、
佐賀のセットリストと合わせて、非常に楽しめました。
4人の時の楽曲より鋭角的なアレンジになってる気がする。
私にとって2011年の締めのライブでしたが、締めに相応しい悔いのないライブでした。

2011年LIVE備忘録 1

いいかげんやっておかないと、また「もういいか…」って気持ちがちょっと沸いて来てる。
今後のこのブログのやる気にも影響してくるので、2011年に楽しんだLIVEを箇条書きでまとめ。
過去は遅れたレポを投稿するときは投稿時間を巻き戻してたけど、さすがに間が開いてるし量もあるのでまとめてやってみた。全体の文章のトーンを統一すべきかとか、なにより断片的なメモと記憶のつじつま合わせの裏取りなど、エネルギーを大量消費して正直疲れました。
元より自分の記録用に始めたブログですが、もし読まれる方はなにぶん時間がだいぶ開いてしまったので記憶にあいまいな所があるのはご容赦を。
あと、長いでーす(笑)。

●コニチワ! New POLYSICS!!! ~マッハ AX ギュンギュンギュン!!!~ 2011.3.4 SHIBUYA-AX
ナタリー:祝14歳!“New POLYSICS”AXワンマンで新曲続々披露
http://natalie.mu/music/news/46067
当時のブログ
http://blog.livedoor.jp/hide_92/archives/3187794.html

●We are All Heavy Polysick!!! ~ツアーでダバダバ!!!~ 2011.6.25 福岡DRUM Be-1
この日は曇天ではあったんだけど、客入れ前に土砂降りになってみんなで雨宿りしながら入場待ちしました。
久しぶりの番号一桁で、初の最前ど真ん中。お立ち台は数センチの距離だし。いまだかつてない近さ!
最前は別に初めてじゃないけど真ん中は緊張しますね。
今ツアーではAXでみせたフミちゃんのドラム、会場の関係であった所と無かった所があったそうで不安だったけど
開場入るなりステージにドラムセット二つあってテンションあがりました。
それにしても、今回はいつにも増して幸せポイント多かったぞーッ!!!

01.Heavy POLYSICK
02.Shout Aloud!
03.Bleeping Hedgehog
04.Cough Cough
05.Mach肝心
06.Bero Bero
07.Tei! Tei! Tei!
08.Much Love Oh! No!
09.3Point Time
10.Degital Dancing Zombie
11.Ah-Yeah!!
12.Go to a Strange City
13.スリーオースリーオーマーン
14.Boy's Head
15. サブリミナル CHA-CHA-CHA
16.Moog is Love
17.Don't Cry
18.機械食べちゃいました
19.How are you?
20.Jumping Up and Clash
21.シーラカンス イズ アンドロイド
22.URGE ON!!
23.Smile to Me
24.Have a Good Night
EN.
Let's ダバダバ
Electric Surfin' Go Go


色々ありすぎて書き出すと大変なんだけど、ハイライトは「スリーオースリーオーマーン」「Boy's Head」でのフミちゃんのドラムプレイと「 サブリミナル CHA-CHA-CHA」「Moog is Love」でのヤノギターオンステージ(笑)。

フミちゃんのドラム、AXでは全体を観られなかったけど、今回は特等席ですからもう丸見えよ!斜めに配置されてて、ちょうど視線の先にフロア最前中央がくるから、目が合った気がするよ!(幸せポイント1)

「サブリミナル CHA-CHA-CHA」はライブではどんな感じになるのかすごく興味あったけど、テレビショッピング風の部分はハヤシ君とフミちゃんが物販のTシャツを紹介。フミちゃんのセリフは反則的に可愛かったよ…。
そしてまさかのヤノギター。ステージ中央に出てきて色んなギターテクを披露。クネクネ動きながら色んな奏法ぶち込んでた。素人目だけど思いのほか上手い。そして長い(笑)。えっとこれ何の曲やってたんだっけ?ってなった(笑)。後に聞いた話だと彼はギターの経験もあるらしい。POLYが新たな武器を手に入れた感じである。


MCの見せ場は愛眼に代わるご当地CMネタ、「博多通りもん」。
フミちゃんの「こすかぁー!」(せこい・ずるいの意)に萌え死なないファンがいようか…いやいない。(幸せポイント2)
ハヤシ「お櫛田さんになんばお願いしたとね」
フミ  「なーいしょ!ヒロユキさんは?」
ハヤシ「え?な、ないしょ」
フミ  「こすかぁー!」
ハヤシ「ま、通りもんば食べんね」
ヤノ  「くしゅん!」
ハヤシ「傑作ま~んじゅう~ 博多!」
客   「通りもーーん!!!」
こんな感じだったっけ。練習したのにヤノ君の出番が忘れ去られ、「ごめん、もっかい」とTAKE2。
なんかもうぐだぐだだったけど笑わせて頂きました(笑)。ちなみに以下は元ネタのCM。

他には福岡大好きアピールからのラーメンネタもありました。フミちゃんが割りばし割ってる間にハヤシ君はもう替え玉を頼んでるって話。確かこのときは「フミが紅ショウガ入れてる間に…」っていう風に言ってたような気がする※
これにフミちゃんがすかさず「あ、私ラーメンは最初はショウガとかゴマとか絶対いれないの」って反論してました。このこだわり、前もどこかで言ってたな~。
あと、ハヤシ君が土砂降りのことを心配してくれて「でも今日は俺らだけのせいじゃないからね。隣りにね…最強の雨バンドが…」と隣のLOGOSでライブ中の怒髪天を引き合いに(笑)。

「Boy's Head」のお説教部分では、ハヤシ君とヤノ君で「字を書け!字を書け!字を書け福岡ー!」と連呼してました。


個人的な事では、ヤノ君含めメンバー全員ステージ中央のせり出し部分に出てきてくれたから、全員におさわりしてしまった…(幸せポイント3)。写真や映像で観て、CD聴いて、生で観たいから遅まきながらライブデビューして興奮してたのが、ついに接触までしてしまうとは…果報者である。
もちろんおさわりって言ってもスニーカーや膝をつんつんしたりする程度ですが。すごく幸せだった~。
それと…フミちゃんの顔が近かったとです。何の曲だったか失念しましたが、中央せり出し部分に出てきたところでカクンとお辞儀して、しばし固まる振りがあったのですが…ええ、もうお分かりですね。見つめ愛in福岡(妄想)。体感フミちゃんフェイスは10センチくらいでしたよ(幸せポイント4)
この日は2011年で一番いいライブになるかも~。いや、一生モノだった。


※このネタは11月に来たときも言ってたような気がする。「ショウガ~」のくだりは6月の方だったと思うんだけど…メモを紛失してしまい少しあやふや。

おまけ
repo6
俺とお前と色々スミマセン1
ちなみにその時サインして頂いたCD。
120404_0207492
物販でCD買うとサイン色紙付けて頂けるので、すでに持ってはいるけど買った「each life each end」。増え続ける同じCD。そろそろ財布のひもを締めねば…。
実はハヤシ君も初コンタクト。ちょっとお疲れだったのか「あーした!あーした!(ありがとうございました)」って流された感があったけど(沢山後ろも並んでたしね)、サインも握手もして頂けたし私は満足です!(でもハヤシ君に関しては遠くから見守るほうが私には向いてるかな…それ言い出したら違う意味でフミちゃんもなんだが)
ヤノ君はCD差し出したら横にいたスタッフさんが「ヤノいねぇじゃねーかw」と突っ込み。
「あっそれは…」と通常の3倍あたふたしだす私でしたが、ヤノ君がすかさず「じゃあスガイさんにこう…」とスガイっちの頬に筋を付け加えて気まずくなりそうな所をスマートに…やさしいのう…。最後は「また来てくださいね」なんて声かけてくれる礼儀正しさ。ああ来るさ!行くさ!
後でなんでケースに書いてもらったかな~なんて後から思ったけど(緊張してたせいです)、フミちゃんの大ハプニングがあったからいいや。


●チリヌルヲワカ 2011.7.1 福岡DRUM SON
http://blog.livedoor.jp/hide_92/archives/3187809.html

●チリヌルヲワカ 2011.7.3 熊本DRUM Be-9
http://blog.livedoor.jp/hide_92/archives/3187810.html

●UKFC on the Road  2011.8.19 福岡DRUM LOGOS
ナタリー:UKプロジェクト所属5バンド、福岡で「Let's ダバダバ」
http://natalie.mu/music/news/55107
備忘録
http://blog.livedoor.jp/hide_92/archives/3187812.html
当時のブログ
http://blog.livedoor.jp/hide_92/archives/3187811.html
当時の自分のタイムライン
http://twilog.org/hide_92/date-110820

19th Sunset Live 2011 - Love&Unity - 2011.9.2 芥屋(けや)海水浴場・キャンプ場
初めてのサンセット。というか芥屋。POLY以外のメンツも観るの初めてなものばかり。
今まで観たいな~とは思ってたけど中々機会が無かったのでここぞとばかりに行ってみた。
博多駅から地下鉄に乗り換えて(途中で地上に出る)30分くらいかな。そこからシャトルバスに乗ってまたしばらく。
台風が接近していたので天候が心配でしたが、快晴ですごく日差しが強かった。途中までは。
キャンプ場のほか砂浜にステージがあったり、プロレスのリングがあったり。F-Xしかフェスを知らない私には色々と新鮮でした。

各バンドの登場前はスマイリー原島さんや深町健二郎がオープニングトーク。
会場内にはラジオブースもあり、そこに原島さんが乱入したり、アーティストが出演したり。
ビーチとキャンプ場でロケーションも最高だし、なんでもっと早く来なかったんだろう。

<POLYSICS>
原島さんの多分今まではフジロックでしか聞けない呼び込み、「ポポポポポ ポリスィィィィックス!!!」聞けた!
POLYの夏限定衣装にはとんと縁のない九州福岡ですが、この日やっと拝めました。グレーツナギの半袖仕様。
登場するなり「POLYSICS OR サンセッダーイ!」
ハヤシ君、数曲やったのちの「トーイス!トーイス!」のあと「うえ~い…」。さすがの暑さにちょっとバテてる(笑)。
ワチュワナドゥーではおなじみのビール一気。飲み干して客に向かって空のプラコップ投げたんだけど、風に押し戻されて誰もいない前方の緩衝地帯に落ちた。アレ終演後狙ってたんだけどスタッフさんがゴミとして回収(笑)。
マッハ肝心のご当地替え歌は「サーンセットでギュンギュンギュン」
ダバダバでは右、左にマイク振る。「後ろ、シートのみなさんにも!」
日差しが強くてほんと暑かった。ハヤシ君はもちろん、フミちゃんも何度も首に水かけてもらってた。
あれだけ暑いとサーキュレーター全然効かないだろうな…。
ハヤシ君は来年も来たいって言ってた。「来年は水着で。雑誌観て、こういうやつ…(手でブーメランパンツの仕草)」とか。それに対しフミちゃんは「ビキニで。それまでに準備しときます…体をね」。来年楽しみっす!
最後にハヤシ君がピックを、フミちゃんが使用済みタワレコタオル投げました。欲しかった…!
まさしもタオル投げたけど、強風に押し戻されて客に届かず謝罪。安心のオチ。
01.Heavy Polysick
02.How are you?
03.Young OH!OH!
04.Cough Cough
05.Mach 肝心
06.boil
07.ワチュワナドゥー
08.シーラカンス イズ アンドロイド
09.Shout Aloud!
10.Smile to Me
11.Let's ダバダバ
12.BUGGIE TECHINICA
120326_143905

POLYの後はDOES、毛皮のマリーズ、怒髪天、やついいちろう、BRAHMAN、OKl DUB AINU BANDの順で観ました。いずれも今まで興味はあったけど中々出不精が祟ってみる機会がなく、今回観るのは初めて。このラインナップはこれまでのサンセットのコンセプトからは外れるのかもしれないけど、福岡でこのメンツが揃うフェスって無いし、すごく楽しめました。やっつんなんかこっちじゃ観るチャンスほとんどないと思ってたし。コッコナーツ!
ここに書いてない東京スカパラダイスオーケストラは、人が多すぎたので人ごみを避けてステージの裏のリングステージで音漏れ聞きつつ飲んでました(笑)。フミちゃんもステージ脇から観てたみたいですな。
大トリのken yokoyamaは天候が大荒れになってきたことと、混雑を避けて観ずに退散。
だいぶ記憶に偏りがあるのと、書き出してみたらすごい量になったので、気になった所だけ少し。
毛皮のマリーズはこれが最初で最後になっちゃったな~。儚げな色気があるね。観ておいて本当によかった。
ローディにはPOLYでおなじみのQ太郎さんの姿も。POLYの時にはツナギ着てたけどマリーズの時にはTシャツ姿に着替えてましたよ。曲の途中風雨がひどくなって志麿が照明の櫓によじ登ったんだけど、Q太郎さんに上っても大丈夫か確認してから登るところがなんかかわいかった。それで雨が少し止んで「とりあえず雨止めといた」。
女子ベース好きの私としては栗本ヒロコさんことヒロTにくぎ付け。すごく艶っぽい。
彼女がボーカルの曲はすごくキュートでした。
あとBRAHMANのあのMC。九州のライブハウス事情について。
これ聞いて、少なからずショックだったけど、なんとなく今まで疑問に思ってた事の答えが何となくわかった。
なんか他の都市に比べてツアーにしてもイベントにしてもなんで少ないのか、偏りがあるのか疑問に思ってた。
これでは音楽ファンもアーティストもだれも得しない。むしろ地域の音楽文化が衰退しかねない。
これって独占禁止法とかに抵触しないのかな?どうなんだろう…。

日が暮れてからは暴風のなかライブが敢行されかなりカオスな雰囲気でした。これはこれで貴重な体験。
出店のテントも飛ばされそうになって従業員の人たちが必死で抑えてた。レッドブルのテントは完全に崩壊してたけど。
砂浜の砂が巻き上げられてすごい勢いで飛んでくるので痛みとも戦いながら観てた(笑)。
大分雰囲気つかめたから次回はもっとゆったり楽しみたい。

サンセットライブ2011 クイックリポート
http://www.sunsetlive-info.com/フォトギャラリー/2011/クイックリポート-9-2/
PolyBlog!!!
http://blog.excite.co.jp/polysicsblog/16222414/

livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 明けましておめでとうございます
  • 4月25日は・・・
  • ぽぽぽぽ~ん
  • ぽぽぽぽ~ん
  • ぽぽぽぽ~ん
  • ぽぽぽぽ~ん
  • Go!!GO!GO!Go!!のDVD
  • 俺得企画
  • 武道館を終えてのPOLYSICSメンバーからのメッセージ
  • 松の内は過ぎたけど…
最新コメント
pixiv 最近のブックマーク30
twitter