Lovely Place

2011年04月17日

京を愉しむ/京都ブライトンホテルの極上サービス

By hide_eikan
02:00
Permalink
Comments(1)
TrackBack(0)

Lovely Place
サービス
京都に通い始めたのが20歳のころ。

振り返ってみれば、もう10年以上足しげく通っています。
京の魅力については枚挙にいとまがないわけですが、
京都を愛する方にとってその要素は、共通項のような気もします。


さて、今回は華の都京都を堪能する上で起点となる、
お勧めホテルをご紹介します。
京都で過去宿泊したホテルは京都ホテルオークラ、グランヴィア京都、全日空ホテル、プリンセス京都、リーガロイヤル、都ホテルなどシティホテルからカジュアルに泊まれる人気の三井ガーデンホテル、R&Bホテルなどなどですが、
その中でも一押しのホテルはここで決まりです。


京都ブライトンホテル


京都好きの方には当たり前にスタンダードなホテルですね。
このホテル、なぜお勧めか?
それは以下3点に集約されると思います。


1.驚くべきサービス
2.驚くべき朝食
3.くつろげるお部屋

このエントリでは1.驚くべきサービスについて少しご紹介してみます。

まず、ホテルはサービスが命。
高い宿泊料には十分なサービス料が含まれています。
だとすると宿泊する限り、最大限に一流のサービスを
活用したいですよね。
さて、このブライトンホテルのすごいところが、このサービスです。
何が素晴らしいかというと、期待以上のサービスをどの局面においても
どのホテルマンにおいても安定的に高いレベルで均一に提供しているからです。
これに尽きます。

例えば先週京都を訪問した際、京都ブライトンホテルにインターネットで宿泊予約を入れました。
その際Macbookairの有線LANに接続するコネクタを忘れたので、
無線LANで接続可能かどうか事前に備考欄にて照会していました。

これに対して、即座に折り返しでホテルから携帯に連絡がありました。
「生憎当ホテルは無線LANは対応しておりません。大変申し訳ありません。大丈夫でしょうか。」
普通チェックイン時に伝えれば済む話ですが、
これを電話でわざわざ連絡してくるわけです。
このお客様は無線LANがないとお困りになるかもしれない、
ならばチェックイン前に無線LAN非対応のホテルだが本当に問題ないかどうか、
直接電話で確認しておくべきだ。
そういった考えで電話で連絡してきたものと推察します。
この手間、普通のホテルはかけません。このひと手間に価値があります。

またチェックイン時にはボーイさんが部屋を案内してくれるわけですが、
その際にアップルストアの場所を訪ねてみました。
すると大変丁寧に、即座にお店の案内をしてくれるわけです。
しかもご本人も直接行ってみましたと話されており、
自身の目で見た情報を詳しく伝えてくれる訳ですので極めて具体的でわかりやすいわけです。
これ、一流ホテルのコンシェルジュに求められることですが、
ホテルボーイにおいても一定レベルを見込めるこのクオリティ。
この一連のやりとりはさらに、ホテルの他のスタッフに引き継がれています。
チェックアウト時。
精算担当の方から、アップルストア、あの後行かれましたか?
と話しかけられました。
しっかりと情報連携されています。
また、朝食券を買っていたので、召し上がられましたか?の確認
(食べ損ねていたらキャッシュバックしかねない雰囲気でした)
や、いつもご利用ありがとうございますのお礼、
至らぬ点はありませんでしたか?のきめ細かな配慮。
また毎度チェックイン時は、自然に日経新聞夕刊を届けてくれます。(日経読者と知っているため)

このような感じで毎度宿泊するたびに、ちょっと感動してしまうわけです。
ああ、ブライトンは本当にサービス業の鏡だなと。
そして、ロイヤリティはやっぱり最後人で決まるんだなと、思う訳です。
再認識させられるわけです。
京都ブライトンホテルにリピータが数多いのも、納得ですね。


皆さんも機会があればぜひ、宿泊してみてください。

京都ブライトンホテル 




2008年04月27日

源光庵 宇宙と人生。

By hide_eikan
03:27
Permalink
Comments(2)
TrackBack(0)

旅/旅行
Lovely Place

悟りの窓源光庵は京都で最も好きな寺院の一つ。
洛西エリアでは一番好き。

写真は悟りの窓。
2008.4.20




先週関西に行ったついで、大好きな京都に一人旅。
昨年夏以来だから、自分にしては結構久しぶりな感じ。

前夜が大阪泊だったこともあってか、京都駅に降り立った瞬間の
あの何とも言えない落ち着き感は格別でした。

折角の京都ということで、昔から泊まりたかった京都ブライトンにチェックイン。
※いずれ書きたいと思いますが、京都のシティホテルの中では前評判通り、
満足度の高いホテルでした。



チェックイン後、休む間無く、京の町へ。
しかも今回はホテルで自転車を借りて、風を切って気ままなスポット巡り。chari

実は京都をチャリでまわったの初めてでしたが、
これがもう、たまらんわけです。
本当に最高でした。

好きな音楽聴いて、鴨川沿いを北上。
菜の花で黄いろに染まった川べりを横目にみつつ、ね。


京都の魅力って寺院や神社、京の食や文化だったりしますが、
京の街並みがまた、素晴らしいんです。

屋敷や花街そして、道。
そしてこれらを身体全体で感じとろうと思うと、
心をニュートラルにしてのんびり散歩旅をするのが一番なんですよね。
だけれど有限の時間の中で満足行くまで巡ることって難しいわけです。

そこで、レンタサイクル!
これはいい。
一人で「京のそのまま」をぶらつく徒歩の良さを損なわず、
3〜4倍のスピードを出せるのがGood。

なぜ今まで気づかなかったのか・・・
はしゃいでいたらあっという間に四条烏丸から上賀茂神社まで行っちゃいました。


実際自転車は小回りが利くので、バスよりも早く移動出来ちゃったりも。
大原や嵯峨野、嵐山などを除けば、市内は機動性でも自転車が一番な気がします。
おまけに少しずつ土地勘も得ますしね。

てなわけで、今回の京都ショート旅では、
京都御所、下賀茂神社、上賀茂神社、上七軒(西陣の花街)、源光庵
を巡ってきました。


さて。
その源光庵について、さいごに少し。

冒頭でも書きましたが、私のLovely Placeの一つ。
いつだったかな。多分5〜6年前のJR東海PR、「そうだ京都、行こう。」
の舞台になっていました。源光庵







 

 


悟りの窓
円型に「禅と円通」の心を表わし、
円は大宇宙を表現する
迷いの窓
角型に「人間の生涯」を象徴し、
生老病死の四苦八苦を表している



 

窓の先に何かを求めるのも、無心に帰りに来るのもよいですね。
源光庵はとても静かで、それに合わせて心が静まっていくというか、
優しい気持ちに立ち返らせてくれる懐の深さがあると(勝手に)思っています。

今回は先着の方が、窓の前に正座し、物思いに耽っておられました。


窓を横目に奥まった先に進むと、小部屋があり、
旅の綴り帳がおいてありました。genkoan2



正座して、一筆。

またお邪魔、します。



私は宇宙を、
友人は人生を、
考えていたのでした。 

源光庵
「そうだ京都、行こう。」よりー





2006年04月20日

東京ニッチ、東京風ぐるま。

By hide_eikan
01:29
Permalink
Comments(1)
TrackBack(0)

Lovely Place
5ec3e14e.gif

東京ニッチ。
それは東京において、とてもニッチでナイスな場所。


今回はその中から、ひとつご紹介。

 

若洲。
若洲と聞いてピンと来る人はどれだけいるでしょう?


元東京湾埋立地。13号地(お台場)と共に形創られた場所。
過去埋立地として歩み、最近工業施設の他、憩いの場所として、
脚光を浴びている場所です。

ちかごろ自分の中でココが熱いのです。


会社が八丁堀(茅場町)のため東京湾に隣接しており、
その関係で通勤途中に若洲付近を通るわけですが。

いつも電車の中から、気になる景色が目の前で展開していたのです。



そう、それは巨大で真っ白な風車でした。

 

遠めに見えるのは、ゆるーく回るブレード。
それは風力発電のための巨大風車。

あれ?
昔からあったっけ。あんなモノ。違和感あるぞと。


調べてみるとどうも2004年4月稼動開始らしく、歴史はとっても浅いんですね。


ともあれ、この風車に私は只ならぬ興味を惹かれたわけです。



面白いじゃないか、風力発電。
さて、その風力発電の豆知識。

実は上記風車にさかのぼること1年前。
2003年お台場に東京都初めての風力発電の為の風車が設置されています。
しかも、東京初。おまけに2基。
東京で風力発電、意外でしょ??
(知っている人、いるのかな?)


これは「東京風ぐるま」という呼称で親しまれています。


しかしこの東京風ぐるま。
残念ながら間近で観察することはできません。
なんでも立ち入り禁止区域なのだとか。

ということで、この2基を間近で見れた人はどうも、
ほとんどいない模様。

残念。


そもそも存在すらほとんど知られていないわけですから。

うーん、悔しい、間近で見たい。

そう!
そこで若洲なのです。

若洲では、東京かざぐるまに遅れること1年後、
なんと日本最大級の大きさで颯爽と風力発電の風車が登場しました。
これが冒頭の風車。


この風車、人々が充分に楽しめる様、
若洲の公園内に建築されています。

なんでも風車の真下で、ブレードが風を切る音を堪能できるのだとか。


なんと日本最大級の風車、それは東京にあった!
銀座から車で20分、お台場から15分。


どうですか。ちょっぴり面白くないですか。

ほっほぅと思った方、ぜひ一度若洲へ足を運んでみてください。


東京ニッチ。

若洲はまさに隠れスポットですから。

 

※お台場の東京風ぐるま。実は羽田着寸前の機内からは
モロ目の前に見ることができます。
出張帰りには要チェックです。

※若洲の巨大風ぐるま。
その柱には、なんと手塚治の人気キャラクターが総出演。
若洲を訪れた方。是非綺麗なカラーで描かれたアトムや火の鳥に
会いに行ってください。





2005年05月04日

江ノ島はえぼし岩、富士山ととんびと飛行機雲

By hide_eikan
01:15
Permalink
Comments(0)
TrackBack(0)

Lovely Place
b427f459.jpg
 
 
Sunset Live.
 
 
 
 
 
江ノ島のてっぺん。
 
 
 
 
ゆるり奏でるメロディー
 
 
 
じりじり沈む太陽
 
 
 
おかげでそらは赤から青のグラデーション
 
 
 
青のぶぶんには、すぅーっと伸びる飛行機雲
 
 
 
赤のぶぶんには、ふわっと羽を伸ばしたとんびたち
 
 
 
さかいめに居るのはうっすら影をみせた富士山が
 
 
 
きらきら揺らめくSunset Beachと江ノ島で、カチリと乾杯☆




2005年04月04日

WE LOVE 吉祥寺 -Lovely Place-

By hide_eikan
01:28
Permalink
Comments(0)
TrackBack(0)

Lovely Place

吉祥寺は最強の、散策に適した街。

個人的には小学校から高校までお世話になった街です。

 

服に興味を持って、初めて自分のお金で服を買ったのも吉祥寺。

スニーカーブームでは破格品が出回ったものです。

高校受験の帰り、親にご馳走してもらったのも吉祥寺であるし、

地元の友人達とSHAKEY'Sの食べ放題目指して、

自転車で30分かかる距離を、徒党を組んでペダルを必死にこぎあったりもしました。

 

 

昔変わらぬ吉祥寺の魅力って、なんでしょう?

自分は一つ、吉祥寺には大きな魅力があると思っています。

 

それは「ごった煮感」。

そしてそれは「調和感」。

 

例えば無秩序、いわゆる混沌にお店が並んでいます。

それこそブティックから八百屋まで。

 

しかしそれが非常に街として整頓されている。

そしてそれぞれのレベルがとても高いのです。

 

高度にバランスし合っているんですね。

 

その辺りが魅力なのだと思います。だから多くの人に愛されるのかなと思っていたり。

 

 

それは例えば中心街のサンロードなんかにも見てとれます。

激安靴店のダイワやマック、エクセルシオールCaféなどの今時のShopから始まるのですケド、

突如和菓子屋が現れる。そしてその横には万年行列のコロッケ屋さん。

平日はおばさん中心に、そして土日はカップルや家族連れで賑わう。

 

そしてそのまま右斜め前に目を向けて見ると、乾物が。

威勢よく営業をかけるおじちゃん、二人。

 

そしてそのまま左に折れてみると、何故か製麺店!

どこぞのプロが買っていくのだろうか。謎である。

 

そしてその次に現れるのが、「麺屋武蔵」。

そうです、新宿にあるらーめん屋、麺屋武蔵はあまりにも有名ですよね。

最近吉祥寺に出来たのです、麺屋武蔵 虎洞。今度試してみよう。

 

 

そのまま少し歩くと、突如出現する横丁。

その横丁。これがあまりにも横丁なのだ。

例えるなら新宿のゴールデン街よりもごちゃごちゃしていて、

例えるなら京都祇園ばりに好奇心が掻き立てられるのです。

 

そんな吉祥寺の横丁はこれまたスゴイ。

屋台が並んでいるかと思うと、隣には沖縄専門店。

そしてその次に雰囲気を感じる生パスタ専門店があり、

その横にはこじゃれてしまったCafeBARが。

 

このギャップにとんとヤラれてしまう。

 

 

しかしただ凸凹にお店たちがギャップを示したとして、

それはきっと簡単に調和には成り得ないんですね。

 

 

そして吉祥寺に目を移してみると。

吉祥寺のもう一つ凄いところが、先ほど述べたその、調和感なんです。

 

これだけ幅の広い、ある種異種格闘技戦の様な乱暴さ。

これがしっくり収まっている。

 

まるで違和感を感じない。

それがまた魅力なんですね。

 

 

きっとそれは人なんですよ。

吉祥寺という街が人々に愛されていて、

それが老若男女問わず愛されている。

それがきっとキモなんだと思います。

 

 

渋谷のように10代の子供たちが集中的に集まるだけではなく、

銀座のようにビジネスマンやOLが集うのではなく、

下北沢のようにカジュアルな若者たちが集結するのではなく、

自由が丘のようにマダムが闊歩するのでもなく、

そして巣鴨のようなシルバーな感じでもない。

 

 

 

西東京の元気な街、吉祥寺。

 

懐の深い街です。





2004年11月23日

お台場奥地を歩こう

By hide_eikan
22:00
Permalink
Comments(2)
TrackBack(0)

Lovely Place
daf0a246.jpg引き続き、入社前研修が継続しています。
今日は研修の進捗が遅れていた為、残業。

ぽつねんと部屋に一人はちとサビシイ。



研修場所はテレコムセンター近くなのですが、
私のオウチは千葉方面のため、ゆりかもめは使用しません。

臨海高速鉄道の「東京テレポート駅」が起点です。
その駅とオフィスビルの間は、わりと距離が離れている為、
貸切バスが等間隔で運行しています。




でも今週になってから帰り際、バスを使用するのを辞めました。

歩いて東京テレポート駅へ向かいます。


時間にしてほんの20分たらずです。
いや、これがねー、とってもイイ時間なのだ。


普段みなさんテレコムセンター(大江戸温泉方面)まで歩かないでしょ?

この付近は静かで、雑多感がなくって、綺麗な場所なんですよ。

近未来の公園を歩いているような感じを味わえます。


テレコムセンター付近をスタートして、
Venus Fort付近まで、遠くにキラキラ瞬くビル群を眺めながら、
のんびりと散歩できます。


Venus Fort付近まで歩くと、そのまま建物を縦断します。
この辺までくると笑顔絶やさないカップルが
向かいからとことこ歩いてくるんです。


これがまた癒されるのだ。
いや、ホント。
ツヨガリジャナイヨ。


まぁもちろんうらやましくもありますが。

このカップル、この一瞬を何気なく楽しんでるんだろうなぁ。
って一人でそんな空想(妄想)すると、気持ちが暖かくなり、
ちょびっとだけ小さな幸せが舞い込んできます。


それを抜けると光のアーチがあって、いよいよ東京テレポートに到着。

缶コーヒーのGEOGIAブルーマウンテンを購入して、
小さな小さな旅の終点、臨海線へ。。。



一度お台場奥エリアの散歩、お勧めします☆



2004年11月07日

Lovely Place 〔池袋〜雑司ヶ谷〕

By hide_eikan
00:39
Permalink
Comments(0)
TrackBack(0)

Lovely Place
※携帯だと写真が見れません☆

散歩が好きです。
都内の喧騒をのんびり歩くのが好き。


人はいたるところにいるのだけど、その一人ひとりの表情をふんわり眺めつつ、
軽やかに足を進めます。




自分のとても好きな場所。
今日は池袋の雑司ヶ谷をご紹介。




池袋駅からすぐの南池袋に
JUNKUDO書店という日本一大きな書店があるのをご存知?
8階建てのそれは立派な建物で、中に入ると椅子とテーブルまである素敵な本屋。
出来た当初は
「立ち読みお断り。座ってお読みください。」
そんな触れ込みもありました。

さて。
その本屋の脇から「東通り」を抜けてしばらく行くと、右側に秘密の抜け道が出てきます。
これが都会の喧騒池袋と、不思議な不思議な雑司ヶ谷をつなぐトトロ的な抜け道。

この道にそれると、まさに一瞬にして空気が変わるのが素敵なポイント。
車の音も、垂れ流されるパチンコの音もビックビックビックビックカメラのメロディも
ふっと聞こえなくなります。
鳥の声がぴちぴち聞こえ始めるのもこのあたりから。

そのまま進んで見ましょう。
すぐに見えてくる景色はなんとお寺の境内。

そうです。いつの間にかお寺の境内を歩いているのです。
このお寺は法明寺。そのままてくてく歩くと、
すぐ両脇の景色に玄静院、観静院が流れていきます。

境内を抜けると閑静な昔ながらの住宅街になっていて、
その瞬間から雑司ヶ谷に踏み入れたことになります。
境内の境目が池袋⇔雑司ヶ谷の境界なんですね。

そしてほんの少し歩くと今度は神社が目の前に。

鬼子母神。
伝説の残るゆかりの場所です。
ここに住む友人S氏いわく、鬼子母神の鬼という字、
本当はてっぺんの点がないそうな。
なるほど、確かに歩いていると点のない「鬼」子母神を眼にすることが出来る。


この神社を右に見ながら進みます。
公園ではカップルがほのぼの、キャッチボールをしていました。
そのまま歩き続けると、またまた素敵な場所が出てきます。

石畳の横を背の高い木が等間隔に並び、
タイムスリップしたような家々やお店が囲う場所。

この場所は雑司ヶ谷の中でも一番のお気に入りスポットです。
何かココに来ると、さぁーっと涼しくなります。
風もすぃーっと抜けていくんですね。
で、大体買い物帰りのおばちゃんが自転車をチリンチリンいわせてる。

そんな、不思議な不思議な雑司ヶ谷。
ここを抜けて左に行ったなら都電荒川線(路面電車)の、
味わいの深い「鬼子母神前駅」が。
右に足を進めたら活気のある、夕日の似合う商店街に迷い込みます。

さて。今回の私の散歩ゴールはラーメン「梅もと」。
このお店は、流れの期待を裏切らない店構えをしていて、
なんと民家を改装したままのたたずまい。
中に入って靴を脱いで、畳の上に座ると、ちゃぶ台の上にコトンと出てきます。
らーめんが(笑)

味も極めてオイシイ。ここのしなそばは雑誌にも頻繁に載ってます。
メニューもユニークで、
つけ麺は普通盛り、中盛り(1.5倍)、大盛り(2倍)、地球盛り(3倍)、宇宙盛り(4倍)
銀河盛り(5倍)、ビックバン盛り(7倍)、ブラックホール盛り(10倍)!!
ブラックホール盛りはちなみに散らし寿司などで使う桶に入って運ばれてきます。
でもさらに恐ろしいのは、年間4人ほど完食する人が現れるとか。


みなさんチャレンジはいかがでしょう?とくに池袋に立ち寄るみなみなさま!

さて、最後におまけ写真を。
これが例のブラックホール盛りです。

縮尺間違えないでくださいね。海苔の部分がちょうど1玉分ですヨ(笑)






circle clock
ads

Search

検索方法
表示順
Categories
Archives
Profile
HiDEMI/EiKAN
-----自己紹介2006-----
▼Profile
福元英観
さそり座A型
博多生まれの東京育ち、千葉へ都落ち。

Hidemiやらエーカンやら呼んでくださいまし。

実は熱いことが大好きな隠れPassion系。
堅実な現実主義と見せかけ、実態はロマン追求系。
私生活は淡々と、ひょうひょうと系です。。

人と絡むのが好き、人が集まる場所とか大好き。
・・・な根暗?!


近況ですが、ますます人生、面白くなってきました。
この時代、この世代に生きていることを最大限いかさなきゃね。
人も環境も情報も全て見方につけて、自分の今後を紡ぎだして行きたいものです。

━Dear 友人系━
アナタ方がワタクシの原動力です。
本当に。
今後とも末永くよろしゅうに。

━Dear 知り合い系━
ワタクシ一切人見知りしません。・・・が、
結構仲良くなるのに時間がかかるんです。
自分プレゼンが下手っぴなんですね。

但し会えば会うほど味がでる、出汁がでる。
絶対スルメ系、これホントよ?


▼For GREE User
GREEも使ってます。
GREEユーザーの方、よろしくデス
http://n.gree.jp/?mode=profile&act=look&user_hash=83e86048129aae70d589285fbba2ceb5264fa560


▼For Mixi User
紹介文、紹介フェア
⇒紹介文、これからしっかり書きます


▽Favor
一人旅(ASIA,U.S.A,China,Japan...)
旅行
車の運転
デジカメ(IXY,KONICA)
ショッピング
美味しいお店の探索
京都(嵐山,宇治,鞍馬...)
ドラクエ
読書(七つの習慣,江国香織,山崎豊子...)
漫画(NANA,島耕作,MONSTER...)
Cafe(@渋谷,代官山,青山...)
フットサル
スノーボード
温泉
らーめん(生粋,斑鳩,一条流総本家)
映画(ニューシネマパラダイス,ストーリーオブラブ,CUBE...)


▽Not a Favor
日本酒
生たまご
運だめし
肝だめし
煙草の煙


▼一言
20代の皆様へ。
団塊の世代〜団塊Jr世代にも負けない、新たな価値観・スタイルを以って駆け抜けよう。
Counter
Recent Comments
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ