2009年10月13日

私の見ている差別の図式

おおよそ、一年ぶりのご無沙汰でございます。
ちゃんとでもありませんが、生きています。管理画面は変わってるし、文字の打ち方も忘れそうですが、何とか書いてみたいと思います。

コメントもしなくなって、すっかり大人しくなってしまいましたが、ずっとブログは見て回っていますし、色々と話題になるテーマについても、考えたりしてみてはいました。

ここは言いたい!と思うこともあったのですが、そう言うことって、しばらく見てると誰かがもっとうまく表現してくれたりして、あ、じゃあいいか、みたいなこともたくさんありました。
手が遅い上に、口も頭の回転も遅い。というのは、ずっと変わりません。

じゃあ、ずっと黙ってればいいじゃないかと言うところですが、そうは行かない性格なのでこんなブログが削除もされることもなく残っているわけです。
そして、また、いつ休止するかもわからないわけですが(笑)


復活のきっかけは、例によって、gegengaさんのブログだったりします。

それでも、超えられないもの???『差別と日本人』(1)から始まった、議論から、現在はエントリーは3つ目まで進んでいる。
かめ?:いまどき、「自作自演」しなきゃ、差別の手段がない。と、おっしゃる×第二迷信さんにお聞きしたいこと - livedoor Blog(ブログ)

gegengaさんの仰ることは、非常に納得というか当たり前のことで、(1)のエントリー内で注意すべきは「事実関係」だけだと思っていた。
ただ、言った言わないの事実関係くらい立証しづらいものはないと思うので、gegengaさんもそのあたりについては慎重に書いているし、コメント欄でも追加情報があったりして、それぞれが判断すると言うところまで入っていると思う。

差別を巡る一つのケースとして、それが、また政治の頂点で行われていた可能性があることについて、鋭く問題定義されていると思う。
私はそう言う「事実」が取りざたされたことすら知らなかったので、あらためて、差別について考えるいい機会になった。

しかし、×第二迷信さんのコメントから、なんだか風向きが変わってしまった。
それについての反論がgegengaさんから為され、エントリーは3つ目まで進んでいるのだけれど……




と続いてみたけど、今から書くことは自身の体験から思ったことで、そう言うのを書くのは本当は嫌いだ。往々にして、そう言うのは恥の記憶となっているからだ。以前のエントリーにも一つ差別関連で恥をさらしている。ただでさえ、大したところのある人間ではないのに、さらに恥を重ねると溶けてなくなってしまう。

今回の議論では「部落差別」がテーマとなっている。

コメント欄では、東京の人には実はピンと来ない。という感じの表現があったので、ピンと来る場所がある地域の人間である私が思ったことを書いてみたいと思う。
と言っても、目新しいことが書けるわけではないので、新たな切り口を発見するなんてことは期待しないでいただきたい。

以前に、私の職業については、ほんわかと匂わせたとことがあるけれど、まあ、建設系、ガテン系の職業で、あっちこっちに飛び回って仕事をこなしている。

大きな現場もあれば、皆様お住まいのハウスメーカーのお仕事も承っている。
そして、中には「そう言う地域」の仕事も当然入ってくる。

「仕事」なので、私としてはいつも通りこなすだけだけれど、「仕事」を受けた会社の人は、当然その背後関係まで考慮して対策を取り、注意事項を伝えてくる。
時には、腫れ物を触るような対応を求められることもある。

私はこれを、差別だけど、仕方がない。と取る。
そう言うと、差別を認めるのか!と叱られるだろうけれど、やっぱり仕方がないと思うのだ。

だからといって、別に私の対応がなにか変わるわけではない。
でも、仕事を受ける方としてはトラブルの芽になりそうな情報なら、やっぱり考慮するだろうなぁ。と、ない方がいいのはわかるけど、ねぇ?と言うところだ。

そして、「やっぱりね」となる時もある。
クレームの嵐になって、工事が進まなかったりトラブルになったり……

だから、事実として「×第二迷信」さんの指摘している

「ガラが悪い」と差別されてるのを非難するなら
「ガラを悪くしている人たち」を非難しなくちゃ、永久に差別されっぱなし。


と言う事実は確かにある。これは断言しても言い。事実はある。

しかし、差別という問題を語る時には、これでは事実の一部分に過ぎないと思うのだ。


逆に、「そう言う地域」だと言うのに、終始問題なく。和やかにいくケースだってもちろんある。
ごく普通に「ガラの悪くない人」たちだって多くいる。

そうすると「そう言う地域」の中で起こるトラブルになるケースと問題になったケースの割合とか、数字が必要になってくるのだろうか?
当然、私はそんな数字は持ち合わせていない。


ただ、わたしは「そう言う地域」ばかりで仕事をしているわけではないので、当然、「そうでない地域」でもたくさん同じ「仕事」をこなしている。
どこにでもあるような新興住宅地や団地なんかにも当然行く。

そして、そこでも同じようにクレームの嵐になったり、工事が進まなかったりトラブルになったりしているのだ。
現場監督が何人も胃に穴を空けて交代した。とか、そういう話はいくらでもある。
そう言うトラブルがまったく普通の「そうでない地域」の「ガラの悪くない人たち」によって、起こっている。
つまり、外も内も変わらない。私にとっては外も内もない。トラブルはいずこも同じなのだ。

しかし、「そう言う地域」で起こったトラブルは「やっぱりね」だし「そうでない地域」では「まさか」になる。なにしろ「そうでない地域」は広すぎる。
「そう言う地域」では、トラブルの原因が「地域」にかかるが、「そうでない地域」では「個人の性格」にかかる。

これが私の見ている差別の図式だ。

hide_kakurega at 00:33コメント(2)トラックバック(1)日々之精進  

トラックバックURL

トラックバック一覧

それでも、超えられないもの―――『差別と日本人』(1)で 一つは、「加害者」にならないように抗議を控えつつ、ジワジワと自分の考えを相手に伝えていく方法。 もう一つは、「加害者」扱いされようがなんだろうが、ガンガンと自分の主張を繰り返す方法。 この本を読ん...

コメント一覧

1. Posted by gegenga   2009年10月15日 10:22
TBありがとうございました!
「新しいエントリーをあげてから・・・」と思っていたら、すっかりご挨拶が遅くなってしまい、申し訳ありません。
ブログタイトル通り、「かめ」です。。。

>「そう言う地域」では、トラブルの原因が「地域」にかかるが、「そうでない地域」では「個人の性格」にかかる。

あんなに長々と書いたのですが、この一文に全部を言い尽くされてしまった気分。

差別問題は、考えるのがツライです。
自分の中にある「差別意識」とか「偏見」とか「常識にしばられた不自由な心」とかを見つめ直さなければならないので。
2. Posted by ひで   2009年10月15日 16:18
コメントありがとうございます。
私も難しい問題なのでどうしても腰が引けています。

このエントリーを読み返せば、私にもはっきりと差別を容認している部分があります。
たぶん、そうして容認してしまっている差別というのがたくさんあるでしょう。
それどころか、気付かないうちに自分自身が差別の当事者になっているケースというのもあるでしょう。

それをどうするか?そこが一番大事なはずですから、そこに行ける議論を望みたいです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
最新コメント
livedoor プロフィール

hide_kakurega

TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ