2013年04月25日

VMware ESXi メモ(Windowsインストール容量等)

執筆中。
----
●USBメモリへのESXiインストール
*インストールに必要な容量: 910MiB (インストーラにより、このサイズ以下だと蹴られる)

----
●Windowsのインストール容量(最低のHDDの容量サイズ)
※OSインストール完了後の使用量:


 <WindowsServer2008R2の場合>
   ※メモリ1GB時の場合
     8GB。
      システムで予約済み: 100MB。
      Cドライブ: 7.69GB。

 <Windows8.1Proの場合>
   ※メモリ4GB時の場合
     13GB。
      回復:300MB
      システム:100MB
      MSR(予約済み):128MB
      Cドライブ:12.3GB


 <WindowsServer2012R2の場合>
   HDDサイズ: 15GB。
     システムで予約済み: 350MB。
     Cドライブ: 14.66GB。
       ※使用済み: 8.57GB。


・VM Toolsインストール容量:  約110MB。
・vCenterServerインストール後の使用量:
 約15GB(Cドライブ:14.7GB。 システムで予約済み(非可視パーティション:100MB。)

----
●自動起動
1.該当ホストを選択状態にし、「構成」→「仮想マシン起動/シャットダウン」→「プロパティ」
  →「システムに連動した仮想マシンの自動起動および停止を許可する」をチェックON
  →「起動順序」項目にて、該当仮想マシンを選択状態にして、「上へ移動」数回押下して、「自動起動」欄へ移動させる。





1台のPCにて、ESXiの勉強環境を構築しようと調査中。
・仮想化on仮想化(=nested)の可否。
  ・VMware:ok? (ESXi,Player等)
     1.物理マシン上のVMwareにて、/etc/vmware/configファイル内に、
      下記を追記。
       <VMware5.0の場合> vhv.allow=TRUE"
       <VMware5.1の場合> vhv.enable="TRUE"
     2.仮想マシン作成時は、ゲストOSの種類を「ESXi5.x」にする。
     3.仮想マシンのNICは、「無差別モード」を許可したポートグループに接続する。
     4.物理マシンのCPUは、Corei以上のCPU必須。(=EPT機能必須。)
       *Core2DuoなどではEPT機能がないため、
        64bitOS on VMPlayerはOKだが、
        64bitOS on ESXi on VMPlayerだと、64bitOSのインストール不可。

  ・KVM:ok?(Kernel3.2以上。)
  ・CPU: Corei以上。?

 <調査事項>
 MVware Player(5.0.2 build-1031769)にて、ESXiの仮想マシン起動時に、
 下記画面が開示される。
 「Virtualized Intel VT-x/EPT is not supported on this platform.
  Continue without virtualized Intel VT-x/EPT?」

参考HP:
http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=2034803
http://d.hatena.ne.jp/ogata-y/20120817/1345195839
http://aimless.jp/blog/archives/1589
http://www.slideshare.net/amedama/csdevlt20121110satoshikobayashi

-----
【VMware vCenter Serverの、インストール時のエラーについて】

<利用Ver>
VMware-VIMSetup-all-5.1.0-1065152.iso
 VMware vCenter Server 5.1.0 Update 1 and modules
 2013-04-25 | 5.1.0 U1 | 3.4G | iso

<インストール方法>
VMware vCenter Simple Install
<現象>
インストール時、下記エラーが出てインストールできない。
「Error 32010.
 Failed to create database users.
 There can be several reasons for this failure.
 For more information, see the vmMSSQLCmd.log file in the system temporary folder.」
<ログファイルの場所>
*Administratorユーザにて、インストール実施した場合。
C:\Users\Administrator\AppData\Local\Temp\vmMSSQLCmd.log
<ログファイル内容>
Changed database context to 'master'.
Msg 15118, Level 16, State 1, Server WIN-I4BPMHNDTAO\VIM_SQLEXP, Line 2
Password validation failed. The password does not meet Windows policy requirements because it is not complex enough.
<ログファイル内容の意味>
パスワードの検証に失敗しました。このパスワードは Windows のポリシーで指定された強力なパスワードの基準を満たすほど複雑ではありません。
 *参考:http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc645936%28v=sql.105%29.aspx

<解決方法>
インストーラの、「データベースユーザ情報の設定」画面にて、
「DBAユーザパスワード(=RSA_DBAのパスワード)」及び、
「ユーザパスワード(=RSA_USERのパスワード)」を登録する際に、
下記3条件を全てを満たすパスワードにて登録する。
(*vCenter Single Sign Onのパスワードは、任意。)
 *パスワードの条件
  A.ユーザーのアカウント名またはフル ネームに含まれる 3 文字以上連続する文字列を使用しない。
  B.長さは 6 文字以上にする。
  C.次の 4 つのカテゴリのうち 3 つから文字を使う。
    C-1. 英大文字 (A 〜 Z)
    C-2. 英小文字 (a 〜 z)
    C-3. 10 進数の数字 (0 〜 9)
    C-4. アルファベット以外の文字 (!、$、#、% など)
 *例:Administratorユーザにてインストール実施している場合、
    Adminpass1_ は、上記のAを満たせないため、インストールに失敗する。







【想定環境】
[Win2k8SR2------------------------------------] [WMware vSphereClient--------------------------]
[ESXi(MEM:2GB_HDD:0.3GB/40GB)-][WinXP(MEM:256MB_HDD:3.2GB/5GB)-][Win2k8SR2(MEM:512MB_HDD:10GB)]
[VirtualBox-------------------------------------------------------------------------------------------------------]
[CentOS6.4------------------------------------------------------------------------------------------------------]
[LetsNote CF-W8(Core2DuoU9400_1.2GHz_MEM:4GB_HDD:160GB)-------------------]

*ESXiの受け皿としての仮想環境ソフト:
  ・kvm: ESXiのインストール途中(Initializing ACPI)にてフリーズし、インストールできず。
  ・VMwarePlayer: ホストCPUのIntelVTを認識してくれず、ESXiが32bit環境としてインストールされるため、ESXiの上に64bitのOSがインストールできず。
*メモリ割り当て:
  ・実機物理メモリ:  MEM_4GB  HDD_
  ・ESXi on VirtualBox: MEM_2GB  HDD_40GB
  ・WinXP on VirtualBox:MEM_256MB HDD_5GB
  ・Win2k8 on VirtualBox:MEM_512MB HDD_10GB

●評価版ダウンロードページ
http://www.vmware.com/jp/try-vmware/
*「データセンターとクラウド インフラストラクチャ」項目内の、
 「VMware vSphere with Operations Management」をクリックする。
 →「ライセンスとダウンロード」タブをクリック。

*下記をダウンロード
 ・ハイパバイザソフト
   ESXi 5.1 Update 1 ISO image (Includes VMware Tools)
   2013-04-25 | 5.1.0 U1 | 305M | iso
   ファイル名:VMware-VMvisor-Installer-5.1.0.update01-1065491.x86_64.iso
 ・センタサーバ
   VMware vCenter Server 5.1.0 Update 1 and modules
   2013-04-25 | 5.1.0 U1 | 3.4G | iso
   ファイル名:VMware-VIMSetup-all-5.1.0-1065152.iso
 ・クライアント
   VMware vSphere Client 5.1 Update 1
   2013-04-25 | 5.1.0 U1 | 348M | exe
   ファイル名:VMware-viclient-all-5.1.0-1064113.exe

●VMware player上にて試してみる場合には、VMware playerをダウンロード
http://www.vmware.com/go/get-player-jp

----
●ESXiシェルについて
・入り方
 Alt+F1
・ログアウト
 exit
・元の画面に戻る
 Alt+F2

----
ESXi5.1にて、外部のNFSのデータストアを利用する際の注意点。
 対応している外部のNFSサーバのバージョンは、NFSv3(=TCP2049、TCP892利用)のみ。
  (=NFSv4のサーバには対応していない)


----

vim-cmdコマンド


http://moca.espresso.gr.jp/wiki/wiki.cgi?page=ESXi

vmkfstools --createvirtualdisk 10G -d thin /vmfs/volumes/[hogehoge]/test/test.vmdk


VMware Playerインストール。
VMware Player起動。
 新規マシン作成。(ESXi用)
  CPU:2 *必須
  メモリ:2GB *必須
  HDD:40GB *ESXiインストールのみ直後:約340MB
  NIC:ブリッジ *お好みで。
  Display:640x480 *お好みで。
<参考>ESXiインストール後の、仮想マシン内のHDD構成。
df -h
Filesystem Size Used Available Use% Mounted on
VMFS-5 35.0G 971.0M 34.1G 3% /vmfs/volumes/datastore1
vfat 4.0G 2.8M 4.0G 0% /vmfs/volumes/517cfe61-80d81507-7ac1-000c29d77b67
vfat 249.7M 130.2M 119.6M 52% /vmfs/volumes/2fee1770-39582ea2-616d-c3d452ca13a5
vfat 249.7M 8.0K 249.7M 0% /vmfs/volumes/9abdd47d-2cc81e4f-bd2b-84d4e4d60f2a
vfat 285.8M 201.9M 83.9M 71% /vmfs/volumes/517cfe59-e8522dee-b138-000c29d77b67


 仮想マシン起動。(ESXi用)
  仮想マシン起動し、ESXiの起動完了したら、
  ESXiにて、下記実施。
   F2押下し、「Customize System/View Logs」画面開示。
   「System Costomization」画面にて、「Troubleshooting Options」押下。
   「Troubleshooting More Option」画面にて、「Enable SSH」押下して、
    SSHを有効にする。(=右側のエリアにて、SSH Enableとなっていること)
   ESC押下。
   ESC押下。

 SSHクライアントにて、ESXiにログインする。
  *Linux系からの場合、ssh xxx.xxx.xxx.xxx。
  *Linux系にて、エラーが出る場合には、下記実施後、再試行する。
    rm -r ~/.ssh
 SSHクライアントにて、下記実施。
  mkdir /vmfs/volumes/datastore1/test
  vmkfstools --createvirtualdisk 10G -d thin /vmfs/volumes/datastore1/test/test.vmdk
   *各種OSの参考インストール容量
      WindowsServer2008R2 + VM Tools         : 8.11GB
      WindowsServer2008R2 + VM Tools+vCenterServer(SimpleInstall) : 20GB

  vi /vmfs/volumes/datastore1/test/test.vmx

  
<Windows2008R2(64bit)、CPU(仮想ソケット数1、コア数1)、メモリ1GB、VGAメモリ4MB、SCSIコントローラLSI logic SAS の場合>
.encoding = "UTF-8"
config.version = "8"
virtualHW.version = "8"
pciBridge0.present = "TRUE"
pciBridge4.present = "TRUE"
pciBridge4.virtualDev = "pcieRootPort"
pciBridge4.functions = "8"
pciBridge5.present = "TRUE"
pciBridge5.virtualDev = "pcieRootPort"
pciBridge5.functions = "8"
pciBridge6.present = "TRUE"
pciBridge6.virtualDev = "pcieRootPort"
pciBridge6.functions = "8"
pciBridge7.present = "TRUE"
pciBridge7.virtualDev = "pcieRootPort"
pciBridge7.functions = "8"
vmci0.present = "TRUE"
hpet0.present = "TRUE"
nvram = "test.nvram"
virtualHW.productCompatibility = "hosted"
powerType.powerOff = "soft"
powerType.powerOn = "hard"
powerType.suspend = "hard"
powerType.reset = "soft"
displayName = "test"
extendedConfigFile = "test.vmxf"
floppy0.present = "TRUE"
scsi0.present = "TRUE"
scsi0.sharedBus = "none"
scsi0.virtualDev = "lsisas1068"
memsize = "1024"
scsi0:0.present = "TRUE"
scsi0:0.fileName = "test.vmdk"
scsi0:0.deviceType = "scsi-hardDisk"
ide1:0.present = "TRUE"
ide1:0.clientDevice = "FALSE"
ide1:0.deviceType = "cdrom-image"
ide1:0.startConnected = "FALSE"
floppy0.startConnected = "FALSE"
floppy0.fileName = ""
floppy0.clientDevice = "TRUE"
ethernet0.present = "TRUE"
ethernet0.virtualDev = "e1000"
ethernet0.networkName = "VM Network"
ethernet0.addressType = "generated"
disk.EnableUUID = "TRUE"
guestOS = "windows7srv-64"
uuid.location = "56 4d 34 6e cf ca e2 db-77 85 b3 f4 71 ec 4e 21"
uuid.bios = "56 4d 34 6e cf ca e2 db-77 85 b3 f4 71 ec 4e 21"
vc.uuid = "52 a9 b1 c3 02 ae ee d9-14 86 ce dc cd 39 fb 34"
ide1:0.fileName = "//192.168.111.201/kvm-images/win2k8r2.iso"


仮想マシン一覧表示
vim-cmd vmsvc/getallvms

仮想マシンの起動

# vim-cmd vmsvc/power.on VMID


3). 仮想マシンの停止

# vim-cmd vmsvc/power.off VMID


「仮想マシンの停止」は多分、 shutdown 打ってくれないです。バチっと電源断だと思います。なので起動時には多分 fsck が走ると思います。けどもまぁ、しょーがないよねぇ・・。

4). 仮想マシンの再起動

# vim-cmd vmsvc/power.reboot VMID


こっちは ACPI シャットダウンが走るのかなぁ? だとすると FreeBSD の場合は ACPI S5 ステートが走るので shutdown はしてくれると思いますが、確認はしていません。

5).仮想マシンのサスペンド

# vim-cmd vmsvc/power.suspend VMID
  
Posted by hide_system at 06:06Comments(0)TrackBack(0)

2013年04月20日

MVNOのSIMの、接続設定方法

----
■■■■■スマホ■■■■■

●スマホ(SH-12C)
設定→無線とネットワーク→モバイルネットワーク
 →アクセスポイント名→「APN」画面で、「MENU」ボタン押下→「新しいAPN」押下。

<DTI「ServersMan SIM 3G 100」(\480)の場合>
 ・名前: dti
 ・APN: dream.jp
 ・プロキシ: 未設定
 ・ポート: 未設定
 ・ユーザ名: user@dream.jp
 ・パスワード: dti
 ・サーバ: 未設定
 ・MMSC: 未設定
 ・MMSプロキシ: 未設定
 ・MMSポート: 未設定
 ・MCC: 440
 ・MNC: 10
 ・IP Version: IPV4
 ・認証タイプ: 未設定
 ・APNタイプ: 未設定

<FREETEL「使った分だけ安心プラン」(\299)の場合>
 ・名前: freetel.link
 ・APN: freetel.link
 ・プロキシ: 未設定
 ・ポート: 未設定
 ・ユーザ名: freetel@freetel.link
 ・パスワード: freetel
 ・サーバ: 未設定
 ・MMSC: 未設定
 ・MMSプロキシ: 未設定
 ・MMSポート: 未設定
 ・MCC: 440
 ・MNC: 10
 ・IP Version: IPV4
 ・認証タイプ: 「PAPまたはCHAP」
 ・APNタイプ: 未設定

<「BIGLOBE LTE・3G」や「BIGLOBE 3G」の場合>
 ・名前: biglobe.jp (任意名)
 ・APN: biglobe.jp
 ・プロキシ: 未設定
 ・ポート: 未設定
 ・ユーザ名: user
 ・パスワード: 0000
 ・サーバ: 未設定
 ・MMSC: 未設定
 ・MMSプロキシ: 未設定
 ・MMSポート: 未設定
 ・MCC: 440
 ・MNC: 10
 ・IP Version: IPV4
 ・認証タイプ: 「PAPまたはCHAP」
 ・APNタイプ: 未設定

-----
■■■■■L-05A■■■■■

●L-05A接続ソフト
※L-05AのLED状態について
 電源LED:グリーン + 無線LED:ブルー だと、3G通信状態の意味となる。

<DTI「ServersMan SIM 3G 100」(\480)の場合>
設定
 →基本設定
   ・ユーザ名:user@3gd.ynmbl.netuser@dream.jp
   ・パスワード:3gddti
   ・ダイヤル:*99***2#*99***1#
   ・SIMセンタ番号:+81903101652 ←★デフォルトのまま。
 →接続方式設定
   ・登録番号:cid=2cid=1
   ・接続方式:PDP type IP
   ・接続先(APN):ynmbl.netdream.jp

<FREETEL「使った分だけ安心プラン」(\299)の場合>
設定
 →基本設定
   ・ユーザ名:freetel@freetel.link
   ・パスワード:freetel
   ・ダイヤル:*99***1#
   ・SIMセンタ番号:+81903101652 ←★デフォルトのまま。
 →接続方式設定
   ・登録番号:cid=1
   ・接続方式:PDP type IP
   ・接続先(APN):freetel.link

<「BIGLOBE LTE・3G」や「BIGLOBE 3G」の場合>
設定
 →基本設定
   ・ユーザ名:user
   ・パスワード:0000
   ・ダイヤル:*99***1#
   ・SIMセンタ番号:+81903101652 ←★デフォルトのまま。
 →接続方式設定
   ・登録番号:cid=1
   ・接続方式:●PDP type IP ○PDP type PPP
   ・接続先(APN):biglobe.jp

※備考:
 PINコード初期値: 0000

-----
■■■■■MZK-MR150■■■■■

●MZK-MR150 + スマホのUSBデザリング
<MZK-MR150側設定>
・WAN接続タイプ: Ethernetポート
 └・接続タイプ: EHCP
 └・ホスト名: default
 └・MTU値: 1500
 └・(DNS設定): DNS自動設定
 └・フェイルオーバ: □有効にする
  └・接続チェック間隔: 3
・WAN接続タイプ: 3G通信端末    ⇐上記にて、「Ethernetポート」を選択しておけば、個々の値は無視されるっぽい。
 └キャリア: ーーなしーー


<スマホ側設定 (例:SONY SO-04D) >
1.USBテザリングを有効にする。
  ・「設定」→「無線とネットワーク」→「その他の設定」→「テザリング」→「USBテザリング」
  ※Docomoのスマホだと、標準では、MVNOのSimでのUSBテザリングは、不可能。
    (=有効化しても、すぐに、エラーが発生して、USBテザリングが無効になっていまう。)
    これを回避するには、PCにAndrogidSDK等を導入してadb shellコマンドでこの設定を解除必要あり。
    (端末によっては、root化する必要もあるものあり。)


●MZK-MR150 + L-05A
※L-05A等を繋ぐ場合には、事前に、L-05A本体に、
  L-05A接続ソフトにて、接続方式などの設定情報を登録しておく必要あり(?)。

<DTI「ServersMan SIM 3G 100」(\480)の場合>
クイックセットアップ
・WAN接続タイプ:3G通信端末
・キャリア:NTT docomo FOMA定額データ通信(mopera)
  PINコード: *なしにチェックON。
  APN(アクセスポイント名):ynmbl.netdream.jp
  ユーザ名:user@3gd.ynmbl.netuser@dream.jp
  パスワード:3gddti
  電話番号:*99***2#*99***#1
  MTU値:1314

※備考
 PIN1コード:初期値0000
 PIN2コード:初期値0000

<FREETEL「使った分だけ安心プラン」(\299)の場合>
クイックセットアップ
・WAN接続タイプ:3G通信端末
・キャリア:NTT docomo Xiデータ通信(mopera)
  PINコード: *なしにチェックON。
  APN(アクセスポイント名):freetel.link
  ユーザ名:freetel@freetel.link
  パスワード:freetel
  電話番号:*99***#1
  MTU値:1314

※原因は不明だが、「キャリア」欄にて、
 「NTT docomo FOMA定額データ通信(mopera)」を選択して設定しても、接続できなかった。
※原因は不明だが、「キャリア」欄にて、
 「bmobile」を選択して設定しても、接続はされるが、MZK-MR150の配下に接続したPCから、
 インターネットへのpingの疎通ができなかった。

<BIGLOBE場合>
クイックセットアップ
・WAN接続タイプ:3G通信端末
・キャリア:NTT docomo Xiデータ通信(mopera)
  PINコード: *なしにチェックON。
  APN(アクセスポイント名):biglobe.jp
  ユーザ名:user
  パスワード:0000
  電話番号:*99***#1
  MTU値:1314
・(DNS設定): ●DNS自動 ○DNS手動
・接続タイプ: ●常時接続 ○手動接続 ○オンデマンド
・待機時間: 3分
・IGMPプロキシを有効にする: ■チェックする
・WAN側からのPINGを有効にする: □チェックしない
・WAN側からのサーバ接続を有効にする: □チェックしない
・IPv6パススルーを有効にする: ■チェックする
・IPsecパススルーを有効にする: ■チェックする
・PPTPパススルーを有効にする: ■チェックする
・L2TPパススルーを有効にする: ■チェックする

  
Posted by hide_system at 11:10Comments(1)

2013年04月16日

スマホでポート転送

<構成>
自宅PC

|192.168.111.1
ルータ
|192.168.1.1

無線LANコンバータ
||
||デザリング
|↓
スマホ
|xxx.xxx.xxx.xxx
| (Docomo)

インターネット

|(Wimax)
Wimaxルータ


モバイルPC


<スマホでの設定>
●下記ソフトにて、設定&デザリングを開始しておく。
WiFi Tether for Root Users Muller, Lemons, Buxton
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.googlecode.android.wifi.tether
<設定>
・Change Device-Profile: auto
・Change Setup-Method: auto
・Enable WiFi-Encryption:チェックON
・Encryption setup method: auto
・Change Passphrase: *任意の文字13文字。
・Change SSID: *任意の文字列。
・Change Channel: Channnel 01 (2412MHz)
・Transmit Power: disable
・Don't disable Bluetooth: チェックOFF
ーーー
・Enable Access-Control: チェックOFF
ーーー
・Keep Alive-Connection Checking: チェックOFF
ーーー
・Shutdown Timer:チェックOFF
・Idle Shutdown:チェックOFF
・Quota Shutdown Limit:チェックOFF
ーーー
・Change LAN:192.168.1.0/24
・Routing fix:チェックON
ーーー
Change preferred DNS:8.8.8.8
Change alternate DNS:8.8.4.4
ーーー
Client Notification Mode:All Clients
Vibrate on connect:チェックON
ーーー
Disable Update-Check:チェックOFF
Disable Wake-Lock:チェックON
Battery Temperature:Celius

●下記ソフトにて、ポート転送設定&転送開始。
PortForwarder
https://play.google.com/store/apps/details?id=at.bherbst.net&hl=ja
<設定>
・Interface: pdp0
・To: 192.168.1.1 ←★ディザリングで繋げてきているクライアントのIPアドレス。
・「Add」を押下して、下記の転送設定を追加する。
   ・Incoming Port on this Device: 10022 ←★任意値。(1024以上の数値。)
   ・Port on Target Device: 22
   ・Protocol: TCP
<サービス開始>
1.下記を確認。
・YourDevice のアイコン下に、WAN側のIPが表示されていること。
・Target のアイコン下に、ディザリングで繋げてきているクライアントのIPが表示されていること。
2.「START」押下して、サービスを開始する。



●備考
上記設定の場合、クライアントからサーバに対して、
無通信状態が続くと、自動的にセションが閉じられる。(約45秒)
(リモート端末にログインした後、リモート端末上にて、pingを連続実施する等して、
 通信状態を維持しておけば、閉じられることはない模様。)

  
Posted by hide_system at 22:45Comments(0)TrackBack(0)

2013年04月14日

掛け時計修理 (CASIO IQ-48-9JF)

メーカ:CASIO
シリーズ:IQシリーズ(A2)
型番:IQ-48-9JF
*時計本体背面には、LW608 というシールあり。

<現象>
この時計、しばらく使っていると、
時刻がだんだん遅れるようになってくる。
電池がなくなってるのかと思い、
この時計で使っていた電池を、そのまま他の時計で使ってみると、問題なく使える。

どうも、電圧が少しでもへたってくると、ずれてくる模様。

で、
この時計のユニット部分だが、
100円ショップなどで売られている一部の掛け時計と、
ユニット部(=3cm×3cmくらい)がほぼ同一なので、そのまま取り替えることが可能。

<分解・取り付け手順>
1.背面から、ユニット部を外す。
  *時計の本体部分(黒いプラスチック部)と、ユニット部とは、
    上面と下面の2か所で、爪ではめ込み式となっているので、
    マイナスドライバー等で外す。
  *下記理由により、外す際には少し力を入れて外す。
     ・ユニット部と本体部は、両面テープで軽く固定されている。
     ・時計の針は、ユニット部にはめ込み式となっている。
      (ユニット部を外せば、時計盤に引っかかる形で、針は抜けるので、
       そのまま抜いてしまって問題なし。)
2.背面の、最外周部にある6か所のねじを外す。
3.表面のガラスカバーが外れる。
  (=時計の針を確保。)
4.新しいユニット部を、取り付ける。
  *時計の本体部分(黒いプラスチック部)に、突起があり邪魔な場合には、
    突起部分を、ニッパー等で除去する。
5.時計の針を取り付ける。
  *取り付け順
    1.時針
    2.分針
    3.秒針
6.電池を入れて、動作確認。
7.表面のガラスカバーを取り付ける。

  
Posted by hide_system at 14:22Comments(0)TrackBack(0)

2013年04月12日

Windows Server 2008 執筆中

●DHCPサーバ機能の導入。
1.「スタート」→「管理ツール」→「サーバマネージャ」。
2.「サーバマネージャ」画面にて、役割→役割の追加
3.ウィザード画面にて、「DHCPサーバ」にチェックON→「DHCPサーバをインストールする」。
4.「ネットワーク接続バインディングの選択」画面にて、
  DHCPサーバ機能にて、アドレス配布するインタフェースに、
  チェックONする。
5.「IPv4 DNS設定」画面にて、下記入力。
  ・親ドメイン: ←★DHCPオプション「015 DNSドメイン名」のこと。
  ・優先DNSサーバのIPv4アドレス: ←★DHCPオプション「006 DNSサーバ」のこと。
  ・代替DNSサーバのIPv4アドレス: ←★DHCPオプション「006 DNSサーバ」のこと。
【参考】DHCPサーバは、DHCPオプションを使って、
    様々な情報をDHCPクライアントに送ることができる。
    DHCPオプションは、各メーカやOSによって、任意に設定されている。
    (メーカー間で、ある程度の互換性は考慮して、番号は設定されている。)
    *YAMAHAルータなどでは、dhcp scope optionコマンドで設定する。
   オプション番号:  概要:         説明
   003:        ルータ:        ルータのIPアドレス。(=デフォルトゲートウェイ)
   006:        DNSサーバ:      DNSサーバのIPアドレス。
   015:        DNSドメイン名:    ドメイン ネーム システムを介してホスト名を解決する際にクライアントが使用するドメイン名。
   044:        WINS/NBNSサーバ:   WINSサーバのIPアドレス。
   046:        WINS/NBTノードタイプ: NetBios名前解決の種類。(1=Bノード、2=Pノード、4=Mノード、8=Hノード)
   参考HP:
    http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/docs/NMA/SecurIdentityMGMT/NWRegistrar/UG/006/6240_02_appendixb.html?bid=0900e4b1825ae721#pgfId-918585
    http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/FAQ/TCPIP/dhcp-scope-option.html


●ActiveDirectory導入。
<サーバ側での準備>

・ユーザの追加
1.スタート→コンピュータの管理→管理ツール→ActiveDirectoryユーザとコンピュータ
2.「ActiveDirectoryユーザとコンピュータ」画面にて、
  左側のツリーの中から、所属させたいドメインを選択し、
  右クリック→新規作成→ユーザ。
3.「新しいオブジェクト-ユーザ-」画面にて、情報を登録していく。
  *<「完了」ボタン押下した際に、下記エラーが出る場合の対処方法>
    【エラー内容】
    xxx のパスワードを設定できません。
    理由:
    パスワードはパスワードポリシーの要件を満たしていません。
    パスワードの最短の長さ、パスワードの複雑性、
    およびパスワード履歴の要件を確認してください。
    【対応方法1】
     下記方法に合致したパスワードにて登録する。
      ・ユーザーのアカウント名またはフルネームに含まれる3文字以上連続する文字列は使用しない。
      ・長さは6文字以上にする。
      ・次の4つのカテゴリのうち3つから文字を使う。
        -英大文字(A〜Z)
        -英小文字(a〜z)
        -10進数の数字(0〜9)
        -アルファベット以外の文字(!、$、#、%など)
     
    【対応方法2】
     下記方法により、パスワードポリシーを無効にして登録する。
     1.スタート→管理ツール→グループポリシーの管理
     2.「グループポリシーの管理」画面にて、左側のツリーの中から、
      下記を参考に、「defaultDimainPlicy」を選択する。
        「グループポリシーの管理」
         →「フォレスト:fffff」
         →「ドメイン」
         →「ddddd」
         →「Default Domain Policy」
     3.右側の画面に、「Default Domain Policy」の設定画面が表示されるので、
      「設定」タブを押下。
     4.「設定」タブの中に情報が表示されるので、
      右クリック→「編集」。
     5.「グループポリシー管理エディタ」画面が開示されるので、左側のツリーの中から、
      下記を参考に、「パスワードのポリシー」を選択する。
        「Default Domain Policy」
         →コンピュータの構成
         →ポリシー
         →Windowsの設定
         →セキュリティの設定
         →アカウントポリシー
         →パスワードのポリシー
     6.右側の画面内の、下記項目をダブルクリック。
       「複雑さの要件を満たす必要があるパスワードのプロパティ」
     7.「複雑さの要件を満たす必要があるパスワードのプロパティ」画面の、
      「セキュリティポリシの設定」タブにて、
      「無効」にチェックON。

<クライアント側での作業>
1.マイコンピュータ→右クリック→プロパティ
2.「コンピュータ名」タブ→「変更」ボタン押下。
3.「次のメンバ」項目にて、「ドメイン」を選択し、
  参加先ドメイン名を入力。

参考HP:http://d.hatena.ne.jp/iroiro-memo/20110213/1297594645

-------  
Posted by hide_system at 17:14Comments(0)TrackBack(0)

2013年04月09日

CentOS6.4(minimal) その10(MySQL)

<概要>

データベースAーーーーーーーーーーーーーーーー
| テーブルA(*主キー:No.)ーーーーー
| | No. 氏名  住所   所属
| | 1  赤石  愛知県  名古屋支店
| | 2  石田  岐阜県  名古屋支店
| | 3  田村  静岡県  静岡支店 
| └ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
| 
| テーブルB(*主キー:支店)ーーーーー
| | 支店    Address    Tel
| | 北海道支店 北海道札幌市  0-111-1111
| | 名古屋支店 愛知県名古屋市 052-2222-2222
| | 静岡支店  静岡県静岡市  054-333-3333
| └ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
└ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●インストール
1.MySQLクライアント、インストール。
yum install mysql


2.MySQLサーバ、インストール。
yum install mysql-server



●起動・初期設定
1.MySQLサーバ起動。
/etc/init.d/mysqld start


2.MySQLクライアントを使い、MySQLサーバに接続。
mysql -u root

*初期状態だと、rootユーザしか登録されておらず、パスワードはなしとなっている。
 =MySQLサーバに接続し、下記を実施すると、ユーザ情報を表示できる。
   SELECT User,Host,Password FROM mysql.user
   (=「user」というデータベースの中の、「mysql」というテーブルに、情報が記録されており、
    「mysql」テーブルの、「User」「Host」「Password]項目のみを抜粋表示。)

3.MySQLサーバにて、MySQLサーバの管理者用パスワードを設定。
mysql>set password for root@localhost=password('xxxxxxxxxx')
mysql>exit

*xxxxxxxxxx:MySQLサーバへアクセスする際のパスワード。
*修正する場合には、下記。
update mysql.user set password=password('xxxxxxxxxx') where user='root';
flush privileges;

 *ログインユーザ情報は、「mysql」というデータベースの、「user」というテーブルに、
  格納されているので、それに対して、修正(=update)を実施する形になる。
 *修正後は、flush privilegsコマンドにて、権限テーブルをサーバに再読み込みさせ、
  権限の変更を反映させる
  
4.ログアウト。
exit


5.再度、MySQLクライアントを使い、MySQLサーバに接続し、
 rootユーザにて、パスワードを使って接続できるか確認する。
mysql -u root -p



●操作方法
【閲覧・表示】
・現在、選択しているデータベース表示。
select database();

・データベース一覧表示
show databases;

・現在、選択しているデータベースに記録されている、
 テーブル情報を一覧表示。
show tables;

・テーブルの構造表示。(項目名や、各項目の書式(=型)などの情報。)
desc tttttttttt;

*tttttttttt:テーブル名。

・テーブルの内容を全て表示
select * from tttttttttt;

・テーブルの内容を、特定項目の情報のみ表示
例>ttttttttttテーブルの、aaaaa項目と、bbbbb項目と、ccccc項目の情報のみ表示。
select aaaaa,bbbbb,ccccc from tttttttttt;



【選択】
・データベースを選択する。
use dddddddddd;

*dddddddddd:データベース名。


【作成】
・データベース作成
create database dddddddddd;

*下記文字は、作成時にエラーが出るので、
 `(=バッククォーテション。Shift+@押下する。シングルクォーテションじゃない!!)で、
 囲んで利用すること!!
 <対象文字>
  .(=ドット記号)
  -(=ハイフン記号)

・テーブル作成
*テーブルを作成する際には、
 最低でも1レコードは作成しないと、作成できない。
 (=空のテーブルの作成は不可能。)
create table tttttttttt (
`No.` int(3) not null auto_increment,
Name char(20) not null,
Address char(50),
Tel int(12),
primary key(`No.`)  ←★主キーの設定。
);

*tttttttttt:テーブル名。

【修正】
・テーブルに、データ挿入。
insert into tttttttttt
(`No.`,Name,Address,Tel) ←★入力するフィールド(=項目)を指定。
values ←★「値を入力する」という意味。
(1,'日本太郎','愛知県名古屋市',090-000-00000);

*tttttttttt:テーブル名。

【削除系】
・テーブル削除
drop table tttttttttt;
*tttttttttt:テーブル名。

  
Posted by hide_system at 14:07Comments(0)TrackBack(0)

CentOS6.4(minimal) その他

●VMware Playerインストール
インストール時、下記エラーが発生する。

Gtk-Message: Failed to load module "pk-gtk-module": libpk-gtk-module.so: 共有オブジェクトファイルを開けません: そのようなファイルやディレクトリはありません
Gtk-Message: Failed to load module "canberra-gtk-module": libcanberra-gtk-module.so: 共有オブジェクトファイルを開けません: そのようなファイルやディレクトリはありません

どうも、
/usr/lib/gtk-3.0/modules/libpk-gtk-module.so
/usr/lib/gtk-3.0/modules/libcanberra-gtk-module.so
を見に行っているらしく、GTK3が必要らしい。
yum install PackageKit-gtk-module でインストールされるのは、GTK2。

関連HP:
http://linux.ikoinoba.net/index.php?UID=1359993912

●カーネル再構築 *執筆中。
uname -r
2.6.32-358.2.1.el6.x86_64

cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.4 (Final)

cd /usr/local/src
wget https://www.kernel.org/pub/linux/kernel/v3.x/linux-3.9.tar.bz2
 *約82MB

tar xvfj linux-3.9.tar.bz2
 *解凍すると、約564MBに増える。

cd linux-3.9

cp /boot/config-2.6.32-358.6.1.el6.x86_64 ./.config


make oldconfig
 *質問に対しては、全て、Enterキー押下にて対応。

make
 *1.5hくらいかかる。
 *上記で解凍したフォルダ(linux-3.9フォルダ)のサイズは、5.8GBに増える。
make modules_install
 *5分くらいかかる。
make install


参考HP:
http://www.linuxmaster.jp/linux_blog/2012/10/centos63linux36.html

●カーネル再構築後、VirtualBoxにて、仮想マシン起動しない場合の対処方法メモ
<エラー画面1>
仮想マシン"vb-test3-win2k8"のセッションを開けませんでした。
The virtual machine 'vb-test3-win2k8' has terminated unexpectedly during startup with exit code 1.

終了コード :
NS_ERROR_FAILURE (0x80004005)
コンポーネント:
Machine
インターフェース:
IMachine {22781af3-1c96-4126-9edf-67a020e0e858}

<エラー画面2>
Kernel driver not installed (rc=-1908)

The VirtualBox Linux kernel driver (vboxdrv) is either not loaded or there is a permission problem with /dev/vboxdrv. Please reinstall the kernel module by executing

'/etc/init.d/vboxdrv setup'

as root. If it is available in your distribution, you should install the DKMS package first. This package keeps track of Linux kernel changes and recompiles the vboxdrv kernel module if necessary.

<対処方法>
yum check-update
yum update

yum install kernel-devel
/etc/init.d/vboxdrv setup
*下記のエラーがまだ出るなら、以下も実施。
 <エラー内容>
 Stopping VirtualBox kernel modules [ OK ]
 Recompiling VirtualBox kernel modules [失敗]
 (Look at /var/log/vbox-install.log to find out what went wrong)

参考:http://linux.ikoinoba.net/index.php?UID=1359993912


●パーティション構成の確認方法
【1.物理的なパーティション構成確認】
1-1.OSが認識している物理HDDを一覧表示。
fdisk -lu | grep "/dev/sd"
↓結果例
ディスク /dev/sda: 160.0 GB, 160041885696 バイト
/dev/sda1 * 2048 1026047 512000 83 Linux
/dev/sda2 1026048 312580095 155777024 8e Linux LVM



1-2.上記「1.」より、1台目HDDの詳細表示。
fdisk -l /dev/sda1 | grep "/dev/sda1"
↓結果例
ディスク /dev/sda1: 524 MB, 524288000 バイト

1-3.上記「1.」より、2台目HDDの詳細表示。
fdisk -l /dev/sda2 | grep "/dev/sda2"
↓結果例
ディスク /dev/sda2: 159.5 GB, 159515672576 バイト

【2.物理・論理ボリューム確認】
2-1.物理ボリュームの表示。
pvs
↓結果例
PV VG Fmt Attr PSize PFree
/dev/sda2 VolGroup lvm2 a-- 148.56g 0

2-2.論理ボリュームの表示。
lvs
↓結果例
LV VG Attr LSize Pool Origin Data% Move Log Cpy%Sync Convert
lv_home VolGroup -wi-ao--- 94.84g
lv_root VolGroup -wi-ao--- 50.00g
lv_swap VolGroup -wi-ao--- 3.72g

【3.ファイルシステム・マウントポイント確認】
df -hT
↓結果例
Filesystem Type Size Used Avail Use% マウント位置
/dev/mapper/VolGroup-lv_root
ext4 50G 42G 5.5G 89% /
tmpfs tmpfs 1.9G 228K 1.9G 1% /dev/shm
/dev/sda1 ext4 477M 65M 387M 15% /boot
/dev/mapper/VolGroup-lv_home
ext4 94G 60M 89G 1% /home



【4.構成】
4-1.上記「1.」〜「3.」より、下記構成となっていることがわかる。
・ /dev/sda HDD1台目 160.0 GB
  ├・/dev/sda1 第1パーティション 524MB ext4 マウントポイント:/boot
  └・/dev/sda2 第2パーティション 159.5 GB LVM(物理ボリューム)
    └・VolGroup ボリュームグループ 148.56g
      ├・lv_root VolGroup  論理ボリューム 50.00g ext4 マウントポイント:/
      ├・lv_swap VolGroup  論理ボリューム 3.72g (swap) 
      └・lv_home VolGroup 論理ボリューム 94.84g ext4 マウントポイント:/home

●LVMサイズ変更
<備考>
LVMの拡大・縮小は、ファイルシステムにより、
オンライン(=マウントしたまま)で変更できたり、
オフライン(=アンマウントしてから)での変更が必要だったりする。
参考HP:http://pantora.net/pages/lvm/3/

<例>
論理ボリュームのうち、lv_home領域を74GB(94GB→20GB)減らし、
減らした分を、lv_root領域を増量させる。
<手順>
【lv_home領域修正】
1.lv_home領域をアンマウント。
umount /dev/mapper/VolGroup-lv_home
2.lv_home領域のファイルシステムチェック実施。
e2fsck -f /dev/mapper/VolGroup-lv_home
3.lv_home領域のサイズ変更。(94GB→20GB)
resize2fs /dev/mapper/VolGroup-lv_home 20G
4.lv_home領域をマウント。
mount -a
5.マウント状況確認。
mount
6.論理ボリュームのサイズ修正。(94GB-20GB=74GB)
lvresize -L -74G /dev/mapper/VolGroup-lv_home
7.各領域の状況確認。
df -T -h
【lv_root領域修正】
9.論理ボリュームのサイズ修正。
lvresize -L +74G /dev/mapper/VolGroup-lv_root
10.lv_home領域のサイズ変更。
resize2fs /dev/mapper/VolGroup-lv_root
11.各領域の状況確認。
df -T -h


●ターミナル画面からのGmailでの送信方法
【想定】
送信元メアド:        aaaaa@gmail.com
送信元メアドパスワード: ppppp
宛先メアド:        bbbbb@mmmmm.com

【必要環境】
Perl
openssl

【手順】
1.下記コマンドを入力し、表示された文字列をコピーしておく。
(=gmailにアクセスする際に、ユーザーID・パスワードをBase64エンコードしたものが必要なので、
  それを生成する。)
perl -MMIME::Base64 -e 'print encode_base64("\000aaaaa\@gmail.com\000ppppp")'



2.下記コマンドを入力。
(=opensslクライアントにて、gmailのサイトアクセス。)
openssl s_client -starttls smtp -crlf -connect smtp.gmail.com:587

→正常なら、下記メッセージが表示される。(=ログイン待ち状態となる。)
250 ENHANCEDSTATUSCODES


3.下記コマンド(=「平文?で認証する」というコマンド。)を入力。
AUTH PLAIN

→正常なら、下記メッセージが表示される。
334

(回線や端末が遅いと、10秒程待たされる。)

4.上記「1.」にてコピーしておいた文字列を入力(=ペースト)する。
(=Base64エンコードされた、ユーザーID・パスワードの文字列を使って、ログインする。)
→正常なら、下記メッセージが表示される。
235 2.7.0 Accepted

(回線や端末が遅いと、30秒程待たされる。)


5.下記コマンドにて、送信元メアドを入力。
mail from: <aaaaa@gmail.com>

*<>記号は、半角で!
→正常なら、下記メッセージが表示される。
250 2.1.0 OK


6.下記コマンドにて、宛先メアドを入力。
rcpt to: <bbbbb@mmmmm.com>

*<>記号は、半角で!
→正常なら、下記メッセージが表示される。
250 2.1.5 OK


7.下記コマンドにて、件名・本文の入力モードに入る。
data

→正常なら、下記メッセージが表示される。
354 Go ahead


8.下記コマンドにて、件名・本文を入力する。
subject: 件名です。
本文1行目です。
本文2行目です。
本文3行目です。


9.件名・本文を入力しおえたら、メール送信コマンド(=ドットマーク)を入力。
.

→正常なら、下記メッセージが表示される。
250 2.0.0 OK


10.Gmailのサイトにログインした状態になっているので、
・引き続き、メールを送信したい場合には、上記「5.」から同様の手順を実施。
・終了するには、下記入力。
quit


【エラーメッセージ】
502 5.5.1 Unrecognized command. :入力待ち状態にて、未知のコマンドが入力された際に表示される。
555 5.5.2 Syntax error. :コマンド入力した際、書式が間違っている際に表示される。

【参考】
http://b.ruyaka.com/2010/08/11/openssl-s_client%E3%81%A7gmail%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%80%81%E4%BF%A1/

●ターミナル画面(bashスクリプト)で、Gmailでの送信方法
【想定】
送信元メアド:        aaaaa@gmail.com
送信元メアドパスワード: ppppp
宛先メアド:        bbbbb@mmmmm.com

【必要環境】
Perl
openssl

【準備】
1.スクリプトファイルの保存フォルダ作成。
mkdir -p /usr/local/bin/sendmail_test/

2.スクリプトファイルを作成し、保存する。
vi /usr/local/bin/sendmail_test/sendmail_test.sh

*スクリプトファイルの内容は下記。
#!/bin/sh
user="aaaaa@gmail.com"
pass="ppppp"
to="bbbbb@mmmmm.com"
subject="テストメールです"
honbun_1="本文1行目"
honbun_2="本文2行目"

( sleep 1
echo "EHLO `hostname`"
sleep 1
echo "AUTH PLAIN"
sleep 1
echo `echo -en "$user\0$user\0$pass" | base64`
sleep 1
echo "mail from: <$user>"
sleep 1
echo "rcpt to: <$to>"
sleep 1
echo "data"
sleep 1
( echo "subject: $subject"
echo "From: $user"
echo "To: $to"
echo ""
echo "$honbun_1"
echo "$honbun_2"
echo "."
) | perl -pe's/(? sleep 1
echo "quit"
) | openssl s_client -connect smtp.gmail.com:465


3.スクリプトファイルの属性変更。
chmod +x /usr/local/bin/sendmail_test/sendmail_test.sh


【実行方法】
bash /usr/local/bin/sendmail_test/sendmail_test.sh



●CDメディアを用いて、yumコマンドで、ソフトの追加インストール
1.CDメディアをマウント。
mkdir -p /mnt/cdrom
mount -o ro /dev/sr0 /mnt/cdrom


2.レポジトリファイルの編集。
vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Media.repo

【編集内容】
[c6-media]
name=CentOS-$releasever - Media
baseurl=file:///media/CentOS/
file:///media/cdrom/
file:///media/cdrecorder/
file:///mnt/cdrom/     ←★追記。
gpgcheck=1
#enabled=0   ←★コメントアウト。
enabled=1   ←★追記。
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6


3.yumコマンドでの、利用方法。
・CDメディアのみをを対象とする場合。
yum --disablerepo=\* --enablerepo=c6-media install pppppppppp

・標準設定リポジトリ(インターネット経由)+ DVDリポジトリを対象とする場合。
yum --enablerepo=c6-media install pppppppppp

 *ppppppppppp:パッケージ名。

●umount時、下記エラーが出てアンマウントできない。
umount /mnt/cdrom: デバイスがビジーです。
(このデバイスがプロセスによって使われているのであれば、lsof(8)やfuser(1)を使って調査するのが有益かもしれません)
【原因】
ターミナル等で、カレントディレクトリが、マウント先のフォルダになっている。
【対応】
下記コマンドで、ファイルやファイルシステムを使用しているプロ セスの PID を表示。
fuser -muv /mnt/cdrom
 *fuserコマンドのオプション。
   -u:それぞれのPIDのプロセスについて、所有者を表示。
   -v:verbose。詳細情報表示。
   -m:

●FlashPlayer(フラッシュプレーヤ)のインストール。
1.下記ページにアクセス。
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/


2.下記を選択して、ダウンロード。
Linux用YUM(YUM)

→下記ファイルがダウンロードされる。
adobe-release-x86_64-1.0-1.noarch.rpm

3.下記コマンドにて、インストール実施。
*本操作でインストールされるのは、プログラムではなく、
 プログラムをダウンロードできる、リポジトリ情報。
yum localinstall adobe-release-x86_64-1.0-1.noarch.rpm


4.上記「3.」にて、新規リポジトリ情報が登録されたので、
 下記コマンド実施。(=本操作にて、フラッシュのプログラムがインストールされる。)
yum install flash-plugin


参考:
http://www.heebow.com/wordpress/tag/adobe/  
Posted by hide_system at 14:07Comments(0)TrackBack(0)