IMGP0129
土曜日の昼は中之島倶楽部で>^_^<

オムライスを食べて($・・)/~~~

夜はアパ・ホテル肥後橋の『和洋ダイニング四季』のディナー・バイキングとラウンジで>^_^<

鬼5959&餓鬼食いのディナーを深夜まで>^_^<


あけて日曜日のランチは(*^^)v

またまたホテルの『和洋ダイニング四季』に行って>^_^<

950円(11時30分から15時の間、時間制限なし!)のドリンク・バー&デザート付きの>^_^<

ランチバイキングにチャレンジ>^_^<

朝ごはんを抜いて食べる気満々で突撃(*^^)v

焼き魚もみそ汁もパンもサラダもいけるが§^。^§

90分ほど一生懸命食べて§^。^§

完全たらふくになってしまい>^_^<

仕上げにアイスクリーム3種類を詰め込んで($・・)

もう満腹絶語の完全とどめ>^_^<

ここのシェフは(*^^)v

祇園ホテルの料理長出身だけあってか(?_?)

上品な京風の味つけが得意なような>^_^<

2時前に満腹状態で>^_^<

ホテルの前のバス停から梅田までバスに乗って(?_?)

地下鉄で本町迄行って($・・)/

心斎橋通りを難波に向かって>^_^<

薬局や雑貨屋にCDショップに寄り道しながら(*^^)

本屋で立ち読み三昧して(ーー゛)

IMGP0144
ぶらぶらしながら腹ごなしを>^_^<

夜の7時ごろ難波駅の高島屋のあたりにやって来た時は(*^^)v

昼下がりは苦しいほどの満腹状態やったのに>^_^<

もうかなりの空腹状態に>^_^<

最後の食事のとどめは道頓堀・神蔵ラーメンにするか>^_^<

安岡の大好物のカレーにしようかと>^_^<

言う話になったが§^。^§

満場一致でカレーに決定>^_^<

難波でカレーと言えば(?_?)

やっぱり自由軒のインデアン・カレーと言う事で話がまとまり>^_^<

あの小説や映画で有名な『夫婦善哉』の中で(ーー)

ひどい二日酔いの主人公が(ーー゛)

この自由軒のインデアンカレーを知人と食いに来て(*^^)

『ここのインデアン・カレーは二日酔いに聞くんやで!』と言うような事をいいながら!

名物インデアンカレーを注文して>^_^<

IMGP0148
運ばれてきたインデアン・カレーを>^_^<

いきなり食べようとする知人に(ーー゛)

主人公が食べ方のウンチクを垂れると言うシーンが(@_@;)

それが話題となって(?_?)

大阪の名物カレーとなったとか(@_@;)

自由軒インデアン・カレーの食べ方とは(@_@)

カレーが運ばれてきたら熱いうちにすぐに(@_@;)

真ん中に落とされた卵とカレーが(@_@;)

完全に絡むようにひたすら混ぜる(@_@)

何回も混ぜる(@_@)

IMGP0152
そして特性ウスターソースをかけて($・・)

また混ぜて($・・)

そして味わいながら食べるのが正当な食べ方?

しかし日曜の夜俺たちが来店した時は(@_@)

客のほとんどが外国人の人で(@_@)

そんな正当な食べ方をしている人は1人もいなかった(@_@)

最近日本に来る外国人観光客の間で(@_@)

日本の旨いラーメンを食べて($・・)

IMGP0151
日本独特のカレーライスを食べると言うのが結構人気なようで!(@_@)

きっと日曜日の自由軒の外国人客も(@_@;)

大阪のB級グルメ雑誌かなんかをみてやって来ているのだろう(?_?)

確かに生卵を混ぜて($・・)

ウスターソースを絡めて食う゜(?_?)

半分ドライカレーのようなペタな自由軒の>^_^<

インデアンカレーは日本にしかないだろうが§^。^§

少しピリッと来るこく辛味は>^_^<

辛口が全く駄目と言う人には(?_?)

勧められないが一度食うと(@_@;)

病みつきになる味であることは確か>^_^<

これで週末食いしん坊ツアーは幕を閉じて($・・)

8時の大阪発の快速電車に乗って>^_^<

栗東駅で降りると(@_@;)

スゴイレベルの寒さ>^_^<

早々にわしに家まで送ってもらって>^_^<

布団にくるまって寒さに耐えながら寝てしまった>^_^<