ばかまる。

49歳ずいぶん前に人生折り返したがまだまだ行くぞ、バカ丸出しさらけ出し日記。

『爪の灯』『妊婦様』終わりました。

5月6月と、続けて舞台をやりました。
痛烈に感じたのは「漫然とやってるとえらいことになるぞ」ということ。

気がつくと、どこへ行っても「真ん中より上」の世代。とはいえ、生まれてから過ごしてきた年月が長い、というだけのこと。

演じるということ、もっというと「俳優として生きること」の取り組みかた、その質は年齢とはまったく関係がありません。いい俳優かそうでないか。それだけです。

ああなりたくないな、と思われたくありません。自分を信じて、信じられる人の輝きを頼りに、この先も歩いていきます。

image
写真はミュシャ「スラヴ叙事詩 15. イヴァンチツェにおけるウニタス・フラツルム教派の学校:クラリツェの聖書の揺り籠」より

【訂正】6月の『妊婦様』チケット予約について

取り急ぎのご連絡です。

2つ前のエントリで『妊婦様』の私扱い予約のURLを載せましたが、あれはエラーが出てしまうかもしれないものでした。正しくは、こちらです。

https://www.quartet-online.net/ticket/nimpusama?m=0fadhif

もう以前のURLから申し込んだよ!という方がいらしたら、ごめんなさい、お手数ですが、上のリンクから再度お申し込みしていただけますでしょうか。その際、備考欄に「再申し込み。以前の予約はキャンセル」と書いて頂くようにお願いします。

本当にごめんなさい。

『爪の灯』雑感。

失くしてしまったもの
いるはずのないもの

戻ってこないものを
夢見るひとたち。

蝶がひらひらと飛んでいます。
夢見鳥とも呼ぶんだそうです。

『爪の灯』

私の演じる男は、夢を見ません。
彼の視界には、現実と目標しか有りません。

お知らせ。6月にも舞台をやります。

もったいぶりましたが、お知らせの一つ目を。
5月の『爪の灯』に続いて、6月も舞台です。

円の後輩2人が立ち上げたユニット「25:36」に参加します。
渋谷のライブハウスで、グラスを傾けながらの芝居…楽しそうでしょう?

---
25:36 `02公演『妊婦様』

男も妊娠が出来るようになった世界。それでも不妊治療は無くならない。妊活セミナーに通う男女たちは、各々劣等感や優越感を感じながら「ニンシン」を目指す。妊娠することは偉いのか?優れているのか?妊活セミナーを舞台に描く色んな「妊娠」のお話。
---

果たして僕は妊娠できるのでしょうか ^ ^ 乞うご期待です。

作/演出國吉咲貴(くによし組)

【出演】 牛尾茉由 深見由真 (以上 25:36 )
石井英明(演劇集団円) 岡本瑞恵(演劇集団円) 柳生拓哉(演劇集団円) 安藤奎

6月27(火)19時~ 21時半~
28(水) 15時~ 19時~

ワンドリンク付
前売 2600円 当日 3000円

サラヴァ東京(SARAVAH Tokyo)
渋谷駅より徒歩9分 東京都渋谷区松濤1丁目29−1クロスロードビルB1
http://l-amusee.com/saravah/

ご予約
●メールでのお問い合わせ 2536unit@gmail.com
●カルテット予約(石井英明扱い申込フォーム) https://www.quartet-online.net/ticket/nimpusama?m=0fadhif 

image

『爪の灯』稽古始まりました。

春って、いつもこんな風に「じれったく」やって来るものでしたっけ?梅の木が白や紅の柔らかな花びらを開いたと思ったら、冷たい風や雨粒が戻ってきて…。でも今日は、暖かい天気のところが多いようですね。こちらも青空が出ています。

2014年、KAKUTAの桑原裕子さん(バラちゃん)が作演出してくれた『朽ちるまにまに』以来の、円の舞台。『爪の灯(つめのひ)』の稽古が、ゆっくりゆったりと始まりました。

2017-03-16-10-13-40
 
妻はあやかしばかり見ている。
霞がかったような不思議な絵(牡丹靖佳さん)の右上に、書いてあります。「あやかし」という言葉そのままのような絵に見えます。

『爪の灯』の台本を書いてくださるのは、角ひろみさん。偶然にも、2014年の『朽ちるまにまに』のすぐ後、円が「女流劇作家書き下ろし三部作」と銘打った連続公演のトリとなる作品『囁谷シルバー男性合唱団』の作家さんなのです。自分がまだ40代であることを悔しく思った、素晴らしい作品でした。

今回、今までに演じたことのないタイプの、やりがいの大きな役を書いていただきました。角さんが想定するイメージがあり、演出の國峰さんが考えるイメージがあり、そして私が感じて表現したいイメージがある。共演する皆さんとのやり取りからもイメージは膨らんで、積み重なり、厚みや複雑さ、面白みを獲得していく。いつもより長い、余裕のある稽古期間を十分に使って、果たしてどこまでたどりつけるのか。今から興奮しています。

チケットは3/30から前売りが始まります。今回「夜割」と称して、19時の回は4,800円→4,000円と大変お得になっています。どうぞ今のうちにスケジュールを調整しておいてください!

実はまだ、お知らせしたいことがあるのですが、それはまた次の機会に…。







プロフィール
出演情報
25:36 `02公演
「妊婦様」

2017年6月27,28日
サラヴァ東京(SARAVAH Tokyo)

演劇集団 円 公演
「爪の灯」

2017年5月19日〜28日
両国シアターX(カイ)

「繻子の靴」
2016年12月10日〜11日
京都芸術劇場 春秋座

PARCO PRODUCE
「BENT」

2016年7月9日〜8月21日
世田谷パブリックシアター 他

演劇集団 円 公演
「朽ちるまにまに」

2014年10月10日〜19日

演劇集団 円 公演
「おばけリンゴ」

2014年1月中旬 地方公演

演劇集団 円 公演
「おばけリンゴ」

2013/12/20(金)〜12/28(土)
両国シアターカイ
最新のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
  • ライブドアブログ