毎日イチゴを元気に収穫しています
そろそろ田んぼの種まきの準備に入らないといけないなあ
来年のイチゴの親苗を植えました
今年から始めたイチゴの直売を頑張っています
イチゴのハウス建設もがんばります
いつも通りに世界各地の農業生産地を巡ることはできませんが
地元での農業生産はあまり変わらない日々です



4/3(金)くらいから今まで一切反応がなかったポケマルでイチゴの注文が入るようになった。
ちょっとマーケティングして、商品規格を変え、競合(ほかのイチゴ農家)ができないネーミングをして、あとCS(カスタマーサービス)しておかげさまでヒット中。うちは収穫からパック詰め、宅配発送のインフラが整っていて、また少し前からスタッフ増員していたので出来た話。いきなりの小規模の農家が対応するのは難しいし、売れなくてやる気がでないでしょう。
ただ、週にイチゴを200キロ程度出して上位ランキングに乗るなんて今まで専業農家で使う人ほとんど居なかったのね、サーバーはクソ重いどうにかしてほしい、ポケマルは新規産直農家をどんどん増やしているのでポケマルの世界観がすきだった消費者はすでにどっかに行っちゃってるでしょうね、世の中通常稼働に戻ったらこの手のサービスはまた縮小すると思います、消費者が配送費用を払うという今が異常だと思っています。


現在のこの伝染病について、イチゴの病気の類似概念で考えています。
あまり真剣に考えず適当に流して見てみてください。

図1



どんな時代がきても対応できる大人になるのが目標です。