農産物の流通構造の話が巷で流行っているので
コメントします。

うちの会社は営業機能と物流機能を持っているので直接スーパーと価格交渉し、物流手段も整えて契約書もかわして取引している。
物量が大量少量にかかわらず、ビジネスはシンプルな姿になることが一番利益があがることだと私は信じているので、それができる農家は是非とも目指してほしい。

しかしながら、処々の事情(ヒトモノカネあと経営能力や意欲や情熱の不足といったメーカー側スーパー側)で中間を必要としている構造が食品業界にはある。

簡単にモデル化したので、参考にしてほしい。

昨今の巷で流行っている議論では、
農協は買い取り販売をやれとか、もっと働けとかの意見が自民党側出ているが、
農協は歴史的な見地から見ても、機能の問題を見ても、農家と一体となって考えることが順当。
荷受けである卸売と営業物流の仲買も一体となって考えることができる。

じゃあ政治や政府や農水省はどう環境整備を行えばよいか、ということだが、自由にやらせておけ、ということが一番の答えでしょう。
農家の農協の連携を強化し一体となってスーパーと共存共栄の関係を築くことができればその農家や農協グループは勝ちでしょう。
農協が嫌になって出た農家は卸売と一体となって上記のことをすればよいでしょう。
大きくなった農家は直接スーパーとやりとりすればよいでしょう。
ただそれだけのことだと思う。
自由にやらせておけばいい。

現状プライスリーダーは農協である、スーパーではない。
経産省はスーパーからの買い叩きがあると仮説をつくって我々にヒアリングに来ているが、決めつけはよくないと思う。
過去からセンターフィーの問題にしてもリベートでも、増税分転嫁でもいろいろ経産省はがんばっているようだが、現場で値段の調整をして政策への対応はしているようだ、メーカーであってもスーパーであってもだ。アンケート調査が来るがまともに返している人は少ないと思うよ。
あと卸売市場での需給バランスでの価格決定はしていないと感じています。
なぜなら加工や直接契約の農産品が増えてきたため、市場を流通している農産品の比率低下が要因。
スーパーの売り場でも価格弾力性がないとも感じていますので、天気がよくていっぱいとれました、だから卸売に持ってきます、という話は通用しなくなると思いますし、ビジネスの世界では通用しないと思います、うちの会社は加工部門をもっているのでイチゴが大量に出たときはピューレ化してイチゴリキュールの原料として冷凍保存し順次出荷している。

世の中は常に変わっているのです。
変化に気付き、対応できたものだけが生き残れると思います。
いかんせん農協は年をとりすぎた。

図1