2017年03月25日

勉強会

この前に行われた、不定期に行われる焼酎の勉強会。今回の議題は「旨いレギュラー酒」でした。

取りあえずは、駅前のコンビニで買って一気飲み。いきなり焼酎から入れないので。(笑)

1












今回、私は鶴見と島美人の白麹、あとは番外編で川越の壺を持参しました。

それにしても、すごい銘柄が並びました。

しかし、森伊蔵に月の中のオールドラベル、これらはレギュラー銘柄といえるのだろうか・・・。(笑)

2













最初は白麹銘柄を飲み比べました。

「薩摩の薫り」、間違いない旨さです。インパクトはありませんが、辛みもなく、芋の旨味を感じ、日常酒にもってこい。飲み飽き、飲み疲れをしません。

3













次は「島美人」、

これ単体で飲んでれば、あまり気にならないのですが、「薩摩の薫り」の後に飲むと、余韻での辛みが目立ちました。

4














「伊佐美」、これもちょっと辛口かなぁ〜。でも旨味は感じます。

5














香ばしい系の代表格、「薩摩茶屋」。

お湯割りの温度の加減か?あまり香ばしくなかったです。

6













休憩のチェイサー。

7














昨年、買った「三岳」は石油臭かったんですが、この「三岳」は大丈夫でした。

「三岳」は冷凍芋を使ってるのは知っていましたが、輸入芋だというのは知らなかったです。

8














無濾過の新酒の「伊勢吉どん」、これはレギュラーと言えるんでしょうか。

9















「森伊蔵」の飲み比べ。これも色んな意味でレギュラー銘柄とは言えないですね。

10














「魔王」に、

11














「白玉の露」、

12


白玉の露は、安くて美味しいです。












ちょっと休憩で、米焼酎の萬緑、

13














「萬膳」、久しぶりに飲みました。

14














これもレギュラーではないですね。(笑)

15













定番の赤ワイン。

16








まとめ/

今回の旨いレギュラー銘柄は、「薩摩の薫り」に軍配が上がりました。トータルバランスが良くて、飲み疲れしません。

もう少し勉強会の事を書きたかったのですが記憶が・・・。汗



おまけ/

やはり、普通に帰宅できませんでした。

乗り換えのホームに降りて焼酎を地面に置いたとき、またスマホを電車の中に忘れたことに気づき、すぐに電車に取りに戻りました。

で、スマホを手にしたとき、扉が閉まり、ホームには焼酎が・・・。

17




次の駅で降りて、乗り換えて、先ほどの駅に戻ると、置き去りにした焼酎、無事でした。



hidefumi7 at 22:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お酒 

2017年03月23日

フィット感

町中で見かけました。

1












最初は、

ガレージにジェットスキーがあるなぁ〜って思ったぐらいですが、良く見ると、すごいスペースに置いてあります。

どうやって入れたんでしょうか?

パレットの上に乗ってそうなのでリフトかな?

それにしても、すごいフィット感です。

2




hidefumi7 at 21:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2017年03月21日

自動販売機

某スーパーの中で、

こんな自動販売機を見かけました。

本格はんこの自動販売機。

1










ほんの、

ほんの、

一瞬だけ、ためそうかと思いましたが、

2


はんこは持ってるのでやめました。


hidefumi7 at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2017年03月19日

嫌な予感

18日の13時40分ごろ、何気なくスマホを見ると、実家の親父から着歴がありました。マナーモードにしてるので、電話には気づきませんでした。

嫌な予感がしました。

嫌な予感がしながら、親父に電話をしました。

その予感は的中しました。

「ルルが亡くなった」と。

昨日、ちょっと元気がなかったらしく、今朝も、少し「はぁはぁ」と言うてたらしいです。「大丈夫か?」と声をかけて買い物に出かけたらしいです。

今まで親父は、ちょっと調子が悪ければ、病院に連れて行ってましたが、まさか買い物から帰宅したら亡くなってるとは思いもしなかったと思います。

もうルルは老犬で、足腰も弱ってて、目もあまり見えなくなって、一年ほど前からかな〜、心臓肥大で息もしにくい時があり、軽い発作みたいなのもたまにしてました。

亡き母親がルルをもらってきたのが平成19年、そのときで5歳ぐらいだったと聞いてるので、15年ぐらい生きたのでしょうか。

ルルと離れて暮らすようになって、1年4ヶ月ほど経つのかな、実家の近くを通るとき、寄れる時は様子を見に行ってました。仕事の途中なので滞在時間は5分ぐらいです。

で、帰るときは玄関まで見送りに来てくれてましたが、最近はもうしんどいのか、俺が帰ることに気が付かないのか、玄関まで来ません。

まぁ、しんどいので見送りに来なくてもいいんですけど・・・。

この画像は昨年の4月です。この頃は見送りに来てくれました。

3








先週の月曜日もちょこっと様子を見に行きました。実家による時は、いつも目の周りをきれいにしてやります。この時もきれいにしてやりました。

ちなみにルルはカットしていたので、目の周りの毛も少なくてきれいにしやすかったです。

前は一緒に暮らしていたので、写真もよく撮ってたので沢山ありましたが、いまはあまり無いです。

それにしても、画像がなさすぎ?と思いました、

あ、年末にスマホを無くしたんです、あの無くしたスマホの中にあるんでした。無くす前にバックアップを取っておけば良かったと後悔です。(不定期ですがバックアップは取るようにしていたのに・・・)


今のスマホの中にあるルルの最新画像は、先月の13日、

目をきれいにしたあとなので、目の周りが濡れています。

2


ちなみに、このルルのハウスの中で亡くなってたらしいです。










この画像は昨年の8月、

1





追記/

老犬なので、少しは覚悟はしていましたが、

いや、してなかったなぁ、ルルが亡くなったって全く実感がありません。

今日の午前中、実家に帰り、線香をあげてきました。そしてルルに触れてきました。その時、ルルを見ると、こみ上げてくるものがあり、今こうしてブログを書いてますが、ルルのことを考えると・・・、これ以上、書けません。

このブログでルルの事を知ってくれてる人が居るので、亡くなった事をご報告いたします。









hidefumi7 at 13:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ルルのルール 

2017年03月17日

焼き芋焼酎

今回のテイスティング銘柄は、鹿児島県いちき串木野市にある田崎酒造さんで造られる炭火焼いも焼酎「鬼火」です。

鹿児島県種子島の契約農家で栽培された「種子島紫芋」を、自家製釜炭火焼でじっくり時間を掛けて焼き上げた芋を白麹で仕込んでいます。

通常、芋焼酎はさつま芋を蒸して仕込みますが、「鬼火 焼き芋焼酎」は炭火焼き芋を使うことで、さらに甘みと香りが増したとのこと。ひと味違う飲み心地を誘う熟成炭火焼きいも焼酎です。

購入価格は税込み2,139円でした。

特徴は全体的に雑味が少なく、味、香りともに豊かで、より芋の風味や香りを堪能することがで、焼き芋の焦げた味わいをふっくらとした香りとして楽しむことができる点もその特徴の一つです。

ちなみに田崎酒造さんは「麹造り」にもこだわっていて、全銘柄、「麹」は麹室で手づくりした米麹を使っておられるそうです。

では開栓。

1



香りは、芋の甘い香がします。
普通の芋焼酎よりも強めな甘さです。これが焼き芋効果かな〜。



最初は「生」から。

独特な甘みがしたあと、すぐに辛味が襲ってきます。余韻は喉が熱くなり口の中が少し粉っぽい感じになりました。



「ロック」、

独特な甘さは相変わらずします。
その甘さに柑橘系が加わりました。辛味は和らぎました。



最後は「お湯割り」。

焼き芋のような香りではないけれど、ふわっと甘い香がします。

お湯割りで香ばしさが出てきました。
甘ささがトロリとした甘さになり、辛味は舌をほのかに刺激します。

お湯割りが一番美味しいですね。
(個人的嗜好)



追記/

瓶の首にかかってる紙に、
チョイ割(お湯)
こりゃ〜うまいって書かれてるのですが、
チョイ割の意味が分かりませんが、お湯割りが一番おいしかったです。


hidefumi7 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お酒 

2017年03月15日

なんとなく・・・

テニスはしたことがないのですが、ずいぶん前に右肘が「テニス肘」になりました。

少しましになりましたが、右をかばっていたからか、今度は左肘が痛くなりました。

塗り薬を買おうと、薬局に行きました。

やっぱバンテリンは高いなぁ〜と思っていると、
その横に、比べてください、バンテリンと同じ成分でこの価格というポップがはってあったので、このサンツールIDを買いました。

で、そのサンツールIDが無くなりかけたので、買いに行くと、一瞬、商品がわからなかったんです。

1












みつけました、1個だけ残ってました。

2


あれ、隣の商品も同じ名前だ・・・。











よく見ると、パッケージのデザインが変わっていました。なんとなくバンテリンと似てるなぁ〜と思いました。

3



ぼそ/

インドメタシンって何かは知らないのですが、パッケージに1%配合って書いてあるのけれど、それを見るたびに「1%ぐらいの配合をいちいちアピールする必要性があるのだろうか?」と思います。


hidefumi7 at 21:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2017年03月13日

もはやホラー?

この前、窓際にあるテレビ台の裏側と下側に付いていたカビをやっつけました

それから、一週間が経過、いまのところは大丈夫です。

で、次に気になるのは、タンスの上に置いてある本棚の裏側です。ここも以前、見たとき少しだけカビがついてました。

その時、エタノールで綺麗にしましたが、それから時間が経過してるので、チェックしてみることに。

1











結果は、

案の定、カビが・・・!

前は本棚の端っこに少しでしたが、今回は真ん中に広がってます。

2

(画像はモザイク処理をしています)










もしかして、タンスの裏側もカビが?

前に見たときは、タンスの裏側は大丈夫だったんです。

で、まず引き出しをとってみると、


おおお!!!


タンスの内側にカビが進出してきてます。

3

(モザイク処理をしています)









引き出しの外側にも少し、ついてました。

タンスの裏側も見ましたが、もちろんカビがついてました。

このままだと、タンスに入れてる服までやられてしまいます。

取りあえずカビをきれいに取ってから、この防カビ効果があるガーデン用のカラーを塗ってみようと思います。

4













タンスの裏側、内側、引き出しに塗りました。

来週、もう1回塗って、二度塗り仕上げにしようと思います。

2




追記/

カビに悩まされる北側の部屋、壁紙は今のところ大丈夫なのですが、窓際にある家具にカビがつくんです。窓際から家具をできるだけ離しても、発生します。

今まではエタノールで壁紙を拭き、カビが付いた家具の裏側を拭いてましたが、効果がなかったので、ネットで調べると、カビを防止するスプレーなどがあるようなので、それを試そうかと思います。

ホームセンターに見に行って買ってきました。

これは塗装した家具には使えないので、壁紙だけスプレーしました。

1




しかし、本棚、タンス、テレビ台も、買って1年ちょいで、カビに悩まされるとは・・・。
北側の部屋は致命的なんでしょうか・・・。

これからは、もっと壁と家具を離して置こうと思います。


hidefumi7 at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 
かっとびサーチ
livedoor プロフィール
Profile
山ちゃん
俺が歩んだ道の跡にでもなるかなぁ〜と、ブログをはじめました。

そして、来られた方に少しでも楽しんでもらえればコレ幸せなり。

日常のたわいも無い事などを、色々書いていますが、
楽しいブログにして行く所存です。

こんなブログですが、宜しくです。(`-´)>ビシッ
本日の写メール