hideのgo for broke

「食」の情報は玉石混交。このブログを通して、少しでも「佳い食」が広まればええな~。 ちなみに野菜ソムリエですが、肉も魚も大好きです。


2次会で美味しい焼き鳥を堪能したのですけど、もうちょっとお腹に隙間がある感じ。
ちょうど残業していた後輩くんから、お腹が空いているので合流したいとの申し出もあったので、「たけちゃん」で落ち合うことに。 
しかし、最近は飲む度にこのお店に訪問している感じですな。
DSC_1058

もう深夜の時間帯。
今日は、禁断のお好み焼にしてみようっと。
DSC_1059

次こそは、いろいろと食べなければなぁ。
DSC_1060

寒い間は、こたつ席もありますしね。
DSC_1061

「お通し」を食べながら、ビールを飲みながら、焼けていくのを待ちましょう。
DSC_1062

3次会まで一緒に飲んでいる友人は、もんじゃ焼のカレー味に。
DSC_1068

無事合流した後輩くんは、お好み焼きのミックス。
DSC_1089

それぞれ「たけちゃん」に焼いてもらいます。
もんじゃのカレーのイイ匂いが唾液を分泌させ、食べる準備は完了しておりますぞ。
DSC_1107

私の豚玉は別な鉄板で作り、移してから仕上げにとりかかる。
DSC_1123

表面サクッと、中はフワッと。
深夜に美味しくガッツリ食べて飲み、ようやくお腹も落ち着いたのでした~。
DSC_1134

ちょいと飲むつもりが、またまた深夜まで思いっきり痛飲!
一応反省しましたが、また懲りずにガッツリ飲みたおすことでしょう・・・。
DSC_1135








魚を堪能した1次会が解散となった後、もう少し飲もうかと、友人とふたりで訪問するのは、「焼鳥 いっぷく」。
閉店した「天平」の跡へ移転オープンされたのですけど、ようやくの訪問です。
DSC_0990

なかなかにリーズナブルなメニュー構成。
食べてみたいものが多くて、目移りしてしまいますがな。
DSC_1024

生ものも気になるなぁ。
ご飯ものも、しっかりと用意してありますね。おっと、デザートまでも。
DSC_1026

ちぃとボケましたが、飲みものも参考まで。
DSC_1029

お勧めメニューとコース料理もラインナップ。
さらに最近、新たなコース料理が設定されたようなので、気になる方は詳細をお店に確認してみてくださいね。
DSC_1013

お通しのキャベツをバリバリ食べながら、仕切り直しの乾杯!
DSC_0991

まずは「冷やしトマト」。
飲んでいる時には、桃系トマトの爽やかな美味しさがうれしいンよね~。
DSC_1002

鶏は「キモ刺し」から。
「朝びき」したものを使用するということで、新鮮なレバーはスッキリながらも濃厚な味わい。
DSC_0999

さぁ、焼鳥も食べるぞ~。
DSC_1004

タレで食べさせる「ネギマ、セセリ、モモ」は、いずれもレア状態で仕上げてあって、それぞれの素材の美味しさを大切にしてある印象。
DSC_1018

「ズリ、ハート」は塩で。
特徴ある食感を楽しみつつ、ほとばしる肉汁とともに美味しさを嚥下します。
DSC_1036

「キモ」は、はかない食感となっていますな。
加熱されて独特の濃厚な風味が加味され、ビールが進んでしまいますの~。
DSC_1041

「皮」は、アミノカルボニル反応によって美味しさが活性化。
表面はパリッとなって香ばしく、本来のクニュクニュした食感との対比が面白い。
DSC_1049

このお店での〆は、何故か「冷奴」で。
DSC_1051

このお店、イイですね~。大将と会話していると、その拘りに唸ってしまいました。
今度は1次会からガッツリと味わいに来なければなりませんの。
また来ま~す!ごちそうさまでした~。
DSC_1054

 

 


ちょいと飲もうや!
と、友人と4人で訪問するのは、大洲市若宮「酒処 はなび」。
DSC_0926

美味しい魚介類を食べさせてくれるお店として人気なのですぜ。
DSC_0927

まずは生ビールで乾杯。
今日も一日お疲れ様でした~。
DSC_0930

この日は、2,500円のコースに飲み放題を付けました。
お通しの美味しさから、これから出てくる料理への期待感が高まりますよ。
DSC_0928

まずは、イシダイとアジのお造りがデーン。
DSC_0936

とろけるような食感のアジの刺身が堪らん!
DSC_0933

イシダイはシッカリした食感。
クニュっとした皮は、もみじおろしにポン酢でいただきます。
DSC_0934

これもイシダイですが、切り方が変えてあって食感の違いを楽しむことができます。
私は、薄い切り方のほうが好みかなぁ。
DSC_0942

カワハギの煮付けは、キュキュッとした身肉に味がよう沁みとる。
DSC_0946

牡蠣の酒蒸しは、歓声が上がるほどの大きさだ!
DSC_0953

ちゅるンと、ひと口で食べましたけどね。
DSC_0958

おこぜのから揚げは、骨ごとバリバリ。
エビの天ぷらはブリンブリン。
DSC_0964

蟹の酢の物に味覚を切り替えてもらい、添えてある「あん肝」の濃厚な味わいを存分に堪能します。
DSC_0967

〆は巻きずしにいなりずし、それからビシッとダシの効いたみそ汁。
お腹が落ち着きますなぁ。
DSC_0978

いやぁ、満足な内容でした。
行かれる場合は、人気店なので予約は必須ですぞ。
また魚が食べたくなったら訪問しなくちゃね~。
DSC_0982





このページのトップヘ