hideのgo for broke

「食」の情報は玉石混交。このブログを通して、少しでも「佳い食」が広まればええな~。  ちなみに野菜ソムリエですが、肉も魚も大好きです。



最近、ヘビロテしている「おうちごはん おりおん」。
基本はランチ営業なんですけども、予約すれば夜の営業も対応してくれます。
この日は友人との飲み会。「おりおん」の夜の営業が気になるとの意見により開催です~。
私もこの時以来だから久しぶり。楽しませてもらいますぜ。
DSC_8164

料理は、ひとり2,500円のコース。
もちろんアルコールもありますので、ガンガン注文していきますよ。
店内暗くてブレていますが、まずは「ナスの煮浸し」。
よく味が沁みていて美味しく、ビールも進んでしまいますな。
DSC_8179

「カプレーゼ」
大洲産のトマトだからこそ、この美味しさとも言えますぜ。
DSC_8182

「チャーシュー」
咀嚼すると、ブワっと美味しさが口の中に広がっていく~。
アルコールのあてに最高であります。
DSC_8184

「サーモンのカルパッチョ風」
「おりおん」得意の「~風」(笑)。言うなればオリジナリティが溢れているってこと。
ちょっぴり甘く爽やかなドレッシングによって、サーモンも野菜も美味しくいただけます。
DSC_8191

「チーズのフリット」
これ、ビールに合い過ぎ!
ビールとコレがあれば、無限に飲んで食べることができるんじゃないかと思うほど。
DSC_8193

「フライドポテト」は、しゃべりながら摘まんで飲むのにイイよね。
DSC_8197

「ポトフ」
暑い日に珍しい一品。
でも、その優しい美味しさが胃袋に沁みわたる~。
DSC_8200

「冷製パスタ」
〆の炭水化物は、ガツンとニンニクの効いたパスタ。
DSC_8204

ガッツリな量と安定高出力の美味しさに、舌にも胃袋にも満足な〆となったのでした~。
DSC_8210

ランチでの人気からも分かるように料理も美味しいし、お店の方のとの会話も楽しいので、夜の飲み会利用も盛り上がること間違いなし。
夜の「おりおん」、楽しんでみませんか?
DSC_8219






朝晩は少し涼しくなってきたように思う今日この頃ですが、日中は相変わらずの酷暑。
こんな暑さになんか負けるものかと、熱くなっている車のハンドルを摘まみながら運転し、突撃する「シャトル」。
DSC_8299

食べたいものは決めてはいるのですが、一応メニューを確認。
DSC_8301

食べたいメインの時には、お得な日替わりランチにするのが吉ですが、この日はパス。
DSC_8302

さぁ、注文して待ちましょう。
DSC_8304

そして着弁の「唐揚げ定食」。
やっぱり、このお店と言えばコレですなぁ。
DSC_8306

食欲をかき立てるニンニクの香りが堪らんとです!
DSC_8314

数えたら、今日もキチンと11個入っておりました。
DSC_8309

うん、やっぱり美味しいぜ!
しかしうれしいんだけど、どう考えても唐揚げの量が多過ぎ。
この日も、唐揚げが6個残った状態でご飯が無くなる・・・。
注文される場合は、無料のご飯大盛りを推奨します(笑)。
DSC_8316

暑かったので、アイスコーヒーまで。
添えてあるコーヒーゼリーが、妙に私の嗜好に合ってトュルンと美味しいんですよ。
定食にはプラス200円で追加できますぜ。
DSC_8321

今年の暑い夏も、何とか乗り切れそうな気がしてきましたぞ!
でもバテそうな時には、また訪問したいと思います~。
ごちそうさまでした。
DSC_8325







この日は、所用により松山へ。
ランチはどうしてもココじゃなきゃと突撃するのは、実は訪問するチャンスを虎視眈々と狙っていた「凸凹舎」。
6月26日にオープンされた、新しいお店なんですよ。
DSC_8077

新しいお店とは言いつつも、入店すると一枚板の大きなテーブルが目に飛び込んできて、なんだか懐かしい気分にさせてくれます。
DSC_8081

そうここは、以前に何度も訪問したことがある「ブルーマーブル」があったところ。
DSC_8088

「ブルーマーブル」が閉店する直前、友人と一緒に訪問してオーナーさんとお話をさせていただいて以来だったので、懐かしさに包まれてしまったのです。
DSC_8085

そしてその後は、カフェのハシゴで「羽歩」を訪問したっけなぁ。
面白いのがですね、この「凸凹舎」のオーナーさんは、「羽歩」を経営されていた方。
その方は、以前に「ブルーマーブル」の店長もされていたので、作られる料理を何度も食べたことがあったのです。
なんか、不思議なつながりを感じさせますの~。
DSC_8086

と、想いを巡らせますが、腹が減っていることを思い出す。
ランチは、薬膳カレーが非常に気になったのですけど、次の機会に譲って「日替りデリランチ」をオーダーします。
DSC_8092

まずは、ミネストローネが。
じんわりと沁みていく美味しさに、ホッとしてしまいます。
DSC_8091

続いて着プレートの「日替りデリランチ」。
もうね、見るからに体によさそうな、優しい雰囲気を醸し出しておりますな。
DSC_8098

野菜がテンコ盛りで、それぞれの美味しさが際立っているのがうれしい。
それらをビネガーの効いたドレッシングが、上手に調和させている感じ。
DSC_8108

でも、お肉はしっかりと力強さを感じさせ、十六穀米をガっつくことができる。
美味しくてとても満足なランチで、午後からの活力となったのでした~。
DSC_8114

そしてもちろん、丁寧に淹れてあるのがよく分かる美味しいコーヒーまで。
DSC_8116

定評のある美味しさのマフィンも、次回は食べなきゃな。
DSC_8115

初めての訪問だけど初めてではない、初めて食べるけど初めてではない。
私にとって、そんな新しさと懐かしさが共存するお店「凸凹舎」。
また「佳い食」に触れたい時には、訪問させていただきたいと思います。
DSC_8078





↑このページのトップヘ