ちょっと前のエントリで「りょう花」の「炎のサムライ麺 激辛シビ」を攻略した際に、だれか一緒に「超激辛MAX?」を食べませんかと投げかけていたところ、速攻でフードブロガーの盟友「いけちゃん」から、「一緒に大洲で食べよう!」とありがたい申し出が。
なので一緒に攻略するため、突撃しますよ~。
DSC_8085

外のメニューは一瞥さえもしませんぜ。
DSC_8049

「オススメできません。」というメニューに一点集中。
そして、この「?」マークの意味は、後で知ることになるのです・・・。
DSC_8051

注文し、緊張しながら待つ。
DSC_8050

そして着麺!
向う側は、見届け人として参加した鶴ちゃん注文の「旨辛」。
手前は、私の「超激辛MAX?」。パッと見は、それほど変わらない感じですな。
DSC_8055

しかし、辛いのがよく分かるビジュアルだぜ!
DSC_8060

ほんとうに食べられるのか?
と、この時、一抹の不安がよぎったのは間違いない事実。
DSC_8066

辛さを均等にするために、まずは混ぜ混ぜ。
DSC_8073

さぁ食べるぞ!と、麺を啜ろうとしますが、むせちゃって啜れない辛さっ!
仕方ないので、口の中に運び込む感じで食べ進めます。
までも、麺は美味しく完食~。
DSC_8080

よし行けそうだ。スープまで完飲しければ。と、ジョッキのお冷やと交互に飲み進めます。
ですが、チャーシューが残っている間は大丈夫だったのですけど、なくなった途端にピタッとレンゲを動かす手が止まる。
ヤバイ!厳しい・・・。
気持ちは飲み進めようと思うのですけど、体が拒否しているような感じでフリーズ。
DSC_8081

顔を上げると、いけちゃんは貫禄の完食!
さすが、フードブロガーの鑑。
DSC_8084

よし俺も!とは思うのですが、私はこれだけ残してギブアップ・・・。
悔しいので、体調を整えて雪辱したいですなぁ。
DSC_8083

うんうん唸っていると、心配したのか店員さんが「大丈夫ですか?」と来られます。
大丈夫ですよと返すと、「実はこの上の辛さも出すので、チャレンジしてみてくださいね。」と、笑顔でおっしゃる。
なんですと!そっか、そのための「MAX?」だったのね~。
う~ん、チャレンジしたいようなしたくないような・・・。
いけちゃん、行く際には同行していただけますかね?