ネクサス・グリーンアライブ

今回、ネパールの地震の支援のために私が寄付をさせてもらったのはネクサス・グリーンアライブというNPO

http://www.nexus-greenalive.org/?p=171
なぜここを選んだかを少し説明させていただきますね。

 

今、ネパールの復興にかかわっているNPOは大小たくさんあります。

国連系や欧米系の知名度の高いNPOから個人レベルで活動しているNPOまであります。

 

私自身、青年海外協力隊で5年(ニカラグア、パナマ)、NPO3年(アフガニスタン、イラン)の国際支援活動歴があり、ニカラグアで活動中の1998年にはハリケーンミッチという大規模災害の支援活動にも関わらせていただきました。

 

その経験から考えると国際的なNPOは大きな資金力や豊富な人材で大きな支援事業ができる反面、組織を維持し、優秀な人材を確保するため、間接経費が多くかかり、実際現地で支援活動に使われるお金は小さくなります。

逆に小さなNPOを間接経費は低く抑えることが出来ますが、人材や経験が不足しがちであり、組織の信頼性に不安のあるNPOもあります。(悲しいことですがアフガニスタンや中米で支援活動をしているとき、金儲け中心のNPOにいくつも出会いました)

 

そうした中、私の同期隊員がやっているネクサス・グリーンアライブは

    青年海外協力隊OG(ネパール隊員)が運営しているので、人材、人脈、現地情報とも豊富であること。

    もともと村落部で活動していた隊員であり、大きな組織の目の届かない村人たちに支援を届けることが出来ること。

    組織の信頼性も個人的に代表者を知っており、その友人がこのNPOを紹介しているので、私的には何の不安もないこと。

    何より1円でも多くのお金を現地に届けられる組織であると判断したこと。(ネパールの近年の経済状況が正確にはわかりませんが私の感じでは日本の1020倍の価値があると思います。20003000円あれば人家族が1ヶ月暮らせるはず)

といった理由から。

 

一人でも多くの方がネパールの地震に対する支援活動に関わってくれれば、めったに情報発信しない私がこうした近況を書いたかいがあります。

 

地震発生から一か月半がたち、人命救助の緊急支援は終わりつつあり、少しずつニュース性は失われていくと思いますが、ネパールの人たちが生き延びて、生活を再建するためには長い時間と莫大な資金がかかります。

 

どんな形でもいいので、ぜひ皆さんも支援をしてあげてくださいね。



引っ越します

最近ほとんどフェイスブックやミクシィなどで情報発信をしていませんが、面白いことが身の回りに起こったのでその話を少し。ただ科学的な根拠もない話なので、信じ込まないで参考にするぐらいにしておいてくださいね。

(この内容は5月にフェイスブックで紹介させてもらったものです)

 

きっかけの一つは425日に起こったネパールの大地震。

昔バックパッカーとして旅して大好きな国の一つだったので、気になっていました。少しでも支援をしたいなと思っていると青年海外協力隊の同期が主催するNPOが募金を集めていました。

 

私たちの同期のネパール隊員たちはすごく優秀なメンバー揃いでネパールスペシャルチームと呼ばれており、村落開発普及員という仕事でネパールの貧しい村に入り込んで、村人たちの生活改善のための活動していました。その中の一人が支援をするというので、私としては最優先で寄付をさせてもらいました。

 

その23日後、すごいラッキーなことが起こりました。

今の家が手狭になり、何年も探していた新しい家が急に見つかり、手ごろな値段で手に入ることに。タイミング的にも条件的にもあり得ないというぐらいの私と嫁さんの希望に合う家で思わぬ幸運にびっくり。

 

そこで思い出したのがお釈迦様のお話。急に話題が飛びますが、ネパールはお釈迦様の生誕の地と言われるルンビニがあり、仏教徒も多いので関係が深い国です。

 

それはさておき、お話とは「托鉢と喜捨」の話。

お釈迦様が悟りを開かれて、それの悟りに魅かれた人たちが集まって教団が出来つつあったころ、信者たちは無所有ということでほとんどものを持たずに生活していました。ある時、お釈迦様が弟子たちに向かって明日から托鉢というものを行う。これは人々の家を回って食料やお金をもらってくることで、それに必要な鉢を一つ明日までに用意するようにと伝えました。

翌日、弟子たちが鉢を持って集まるとお釈迦様は「昨日言い忘れたことがある。今日、托鉢に回るのはお金持ちの家を回ってはならない。貧しい人の家を回りなさい」と言いました。弟子の一人はお釈迦様が「お金持ちの家を回って、貧しい人の家に行ってはならない」と言い間違えたのではないかとお釈迦様に尋ねられました。

するとお釈迦様は「もう一度言う。お金持ちの家を回ってはならない。貧しい人の家を回りなさい。今貧しい人は自分が貧しいと思って人に施しをしてこなかった。その結果として、今、貧しさの苦海に沈んでいる。貧しい人たちに施し(喜捨)をする機会を与えてその苦海から救うためにも貧しい人たちを回りなさい」と言われたそうです。

 

「自分が出したものが返ってくる」という宇宙法則があるそうです。

これは世界中の大金持ちも実践している成功法則です。世界で一番、寄付をしているのは世界で一番お金持ちのビル・ゲイツ氏。二番目は二番目にお金持ちのウォーレン・バフェット氏。(どのくらい寄付をしているか興味がある方はネットで見てみてください)

 

私自身も今回の寄付でその力を見せていただきました。

今、運が良くないと思われている方、あるいはもっと幸運に恵まれたいと思われている方、(もちろん今、十分幸福だと思われている方も)どんな形でもいいので、一度、喜捨(寄付)を通じて幸運を引き寄せてみませんか?きっと楽しいことが身の回りに起こると思いますよ。

 

田植え終了


久しぶりの更新になってしまいました。

6月11日に、やっと田植えが終了。
その後、田んぼの草取り、あぜの草刈、補植、
ほったらかしになっていた畑の手入れなどに
追われていました。

ここ数日、台風の影響で少しゆっくり。
今年も田植えにたくさんの人に来てもらいました。

嬉しかったのは、何人かが大切な人(結婚相手や彼女)を
連れてきてくれたり、連れてこようとしてくれたりしたこと。

自分にとって大切な人をつれてきたいと思ってくれるのは、
赤目の田んぼもその人にとって大切な場所だということ。
そういえば、東京から来てくれた子もいました。

みんなが集まって、自然や農、食と触れ合う場として
田んぼをやって来てよかったと思えた田植えの日々でした。

これからは田んぼの草取りがスタート。
また皆さんも来てくださいね。

楽しく田植え
みんなで楽しく田植えのシーン

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ