46j6g

 輪廻を推奨する人たちは、この世は私たちがこれまで生き、将来生きるであろうたくさんの生涯のほんの1つのものであると信じています。
 彼らはまた輪廻は命(あるいは魂)が一つの物質的な体から別の体に移り住むプロセスで、出生と死を繰返すと信じています。
 この考えは人間の霊についてのみならず、動物や、ときには植物の霊についても適応されます。

 輪廻は悪魔が始めた偽りの教義です。(『預言者ジョセフ・スミスの教え』 p.104-105参照)

 それは、霊が前世で生まれ、現世の試しを経験することを許され、そののち、然るべきときに不死不滅かつ不朽で永遠の性質を受けるという、救いの計画の全体に反するものです。
 人間は「一度だけ死」に(ヘブル 9:27)、一度だけ復活し、そしてそののち「もう死ぬことはあり得ない」ように定められています。(アルマ 11:4512:18教義 63:49

       beautiful-buddha3

 釈迦が説いた原始仏教は人々に広められていくにつれ、誤解や真理ではない教えが加わり変容していきます。
 預言者の釈迦が説いた原始仏教には、現在の仏教にある輪廻はありませんでした。
 紀元8世紀に仏教がインドからもたらされたとき、チベットに広まっていたボン教の概念に輪廻があり、混入したのです。
 混入できた要因の1つは、釈迦の教えに復活の教義があったからです。
 この復活の教義が、誤解やボン教の影響で輪廻に変わったのです。

   仏教解明 1/4~4/4


 世界には輪廻でいう前世の人生を覚えている人々の話や主張があります。
 このような前世の記憶は、催眠状態の中で年齢を0歳以前に記憶を戻すと出現します。
 このような事例を厳密に検討した研究者によれば、こうした方法で得られた前世の記憶と称するものは、きわめて稀な例外を除いては、すべて現世で本などを通じて得た知識を意識で忘れていて、それを催眠の中でそれと知らずよみがえらせたものにすぎないといいます。

 そのほか詐欺的行為によるもの、妄想などの病気、悪霊の影響を受けたものの可能性があります。

 一部の批判者は、現在貧しい家庭の子供が裕福だった過去世を空想して、そこに慰めを見いだしているのではないかと指摘します。
 子供に多いため脳の成長過程に起こりやすい症状で、脳で生じたことを記憶と思い違いさせる可能性もあります。
 教会では催眠療法は適切ならば禁止されていませんが、前世療法福音に反しています。
 実際に前世療法は危険であり、療法を受ける前より精神状態が悪化した人が多いです。
 
 前世の他人の生活や過去の出来事を語り、それが真実であったときに考えられるのは、3つだけです。
 
 ・本人の霊能力、つまり過去を見る能力がある場合。
 ・本人や家族、環境が原因で、悪霊に影響されてしまっている場合。
 ・天の力が必要なときに何らかを教えている可能性。


 世界中の教会員の中にも教義に反して「輪廻」を信じている人がごくわずかにいます。
 知的障害や精神病のある人々は別にして、輪廻を信じている教会員は基本的な教義の知識不足やがない不信仰な人々であり、知性の狂った頭の悪い霊感を受けられない人です。

  なぜ頭が悪い?  頭が良くなる3つの鍵