問題解決型不動産コンサルタント 伊藤英昭の事件簿|キャリア20年の独立系「問題解決型」不動産コンサルタントが仕事を通じて日々思うこと、感じた事を綴ります。

不動産関連サイト向コンテンツ作成支援
過去の投稿
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

1984年01月

旗ざお敷地(はたざおしきち)

建築物の敷地が道路から奥まった部分にあり、その敷地と道路とを結ぶ通路部分をあわせた敷地のこと。その形状から旗ざお敷地、または路地状敷地ともいう。通路部分は「路地状部分」又は「敷地延長」という。建築物の敷地は、道路幅員4m以上の道路に2m以上接していなければならないため、建物を建築する場合、道路から奥まった敷地には路地状部分が必要になる。


img_hatazao


















 

ハイリスク・ハイリターン

損失を被る危険性(リスク)が高いが、うまくいったときの収益性(リターン)も高いこと。金融商品においては、株式投資などがそれに分類される。その反対で、損失を蒙る可能性(リスク)が低く、その分収益性も低い、すなわち安全性が高いことをローリスク、ローリターンといい、預貯金や国債などが分類される。不動産投資はリスク、リターンともにその中間に位置し、ミドルリスク・ミドルリターンの投資商品と位置づけられる。

・リスクとリターンの関係


img_rere01


















売買契約書(ばいばいけいやくしょ)

「売ります」「買います」という意思の合意により成立した売買契約の内容を証明するための書面。不動産売買契約書には売買代金、物件の所在および面積、引渡しの時期や契約違反した場合の約束などを記載し、売主・買主及び立会人(仲介人)が記名押印する。民法上、契約書は必ず作らなければならないものではないが、不動産の場合、契約に関するトラブルを防ぐために例外を除いては必ず作成される。


 

売買契約(ばいばいけいやく)(不動産)

「売ります」「買います」という意思の合意により成立する契約のこと。売買契約は売主、買主の合意により直ちに成立するが、不動産の場合、契約に関するトラブルを未然に防ぐため、不動産売買契約書が作成される。不動産の売買契約書には主に以下の内容が記載される。

・売買の目的となる不動産の表示
・売主、買主の表示
・売買代金の支払い方法、時期
・物件の引渡し時期
・契約違反の場合の措置、損害賠償の予定
・危険負担       など


 

配偶者(はいぐうしゃ)

夫婦の一方を他方からみていう語。「配偶者」という身分は婚姻の届出があった場合に取得され、また婚姻の解消があった場合に失う。


 

売買(ばいばい)

金銭をもって物や権利などを売り渡すこと、および買受けること。「売ります」「買います」という双方の意思の合意により、売主は目的物を引き渡し、買主は金銭の支払いを行う。不動産の売買では、売主は目的物を引き渡し、所有権移転登記の申請などに協力する義務を負い、買主は代金を支払う義務を負う。


 

売却基準価格(ばいきゃくきじゅんかかく)

不動産競売手続きにおいて対象となる不動産を売却する基準となる価格。通常は裁判所が任命した鑑定人(不動産鑑定士)が調査し、価格を算定する。この価格の8割が入札する際の最低売却価格(買受可能価格)となる。

 

媒介契約(ばいかいけいやく)

宅地建物取引業者が土地・建物取引の媒介(仲介)の依頼を受託する契約のこと。媒介契約には複数の宅建業者に媒介の依頼ができる一般媒介契約と、1つの宅建業者にのみ媒介の依頼をする専任媒介契約・専属専任媒介契約の3種類がある。

媒介契約の種類


img_baikaikeiyaku01

















媒介(ばいかい)

両者の間に入って仲立ちすること。不動産においては売主と買主または貸主と借主の間に入って諸条件の交渉、取りまとめをし、取引成立の仲立ちをすること。=仲介



 

パーソナルチェック

小切手の一種。個人振出の小切手のこと。金融機関で当座預金を開設した個人事業者や法人が振り出すことが出来る。


 

犯罪による収益の移転防止に関する法律(はんざいによるしゅうえきのいてんぼうしにかんするほうりつ)

資金の不正利用やマネーロンダリングなどの犯罪による収益の移転を防止することを目的とした法律。法律で定められた特定事業者による顧客等の本人確認、取引記録の保存、疑わしい取引の届出等の措置が講じられ、国民の生活の安全と平穏を確保するとともに経済活動の健全な発展に寄与することを目的としている。ゲートキーパー法とも呼ばれる。


 

判決(はんけつ)・判決書

裁判所がその訴えに対し、法律に基づき判断を下すこと。民事訴訟では当事者の権利義務を法律に基づき確定し、損害賠償の額や契約関係の解除、取り消し、有効無効、占有者や占有物の撤去、明渡しなどを言い渡す。刑事訴訟では口頭弁論に基づき、裁判所が有罪・無罪・免訴などを言い渡す。なお、裁判官が作成した判決内容を記した書面を判決書という。


 

バルコニー

室外へ張り出して作られた一定の利用スペースのこと。住宅の2階以上の階で、窓の外に設けられ、庇や屋根のないものをバルコニーと呼び、庇や屋根のある場合はベランダと呼ばれる。

パフォーマンス

投資効率。投資に対してどれくらい効率よく成果が得られたか、または得られなかったかということを意味し、投下資本に対して効率よく多くの利益が得られることをパフォーマンスが良いという。


 

記事検索
伊藤英昭のコラム
プロが教えるこれからの不動産投資
日本相続コンサルティング協会
埼玉県相続コンサルティングセンター
  • ライブドアブログ