都市計画法に基づき、計画的な街づくりを行う対象の区域。都市計画区域は、原則として都道府県知事が指定(複数の都府県に跨る場合は国土交通大臣が指定)する。
なお、都市計画区域では計画的な街づくりのため、市街化を形成している市街化区域や市街化を抑制すべき市街化調整区域などが定められる。また都市計画区域で建築物を建築しようとする場合は建築基準法が適用され、一定の開発行為には都道府県知事の許可が必要となる。

都市計画法上の国土の分類


img_toshikeikakukuiki