土地の登記記録(不動産登記簿)の表題部に記載される現況の土地の利用状況のこと。不動産登記法上、土地の地目は23種類定められており、田、畑、宅地、学校用地、鉄道用地、塩田、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野、墓地、境内地、運河用地、水道用地、用悪水路、ため池、堤、井溝、保安林、公衆用道路、公園、雑種地となっている。また、登記記録上の地目と現況の利用状況は必ずしも一致しない。