債権の回収を担保するための権利であり、法律上他の債権者に優先して弁済を受けることができる。例えば労働者の賃金など、法律上優先的に保護すべき債権を民法で定めている。不動産の先取特権は、不動産の保存費用・工事費用・売買代金等について認められており、第三者に対抗するためには、登記しなければならない。