分譲マンションなどのように1棟の建物を構造上区分して複数の第三者が所有するために規定した法律。住居、事務所、店舗などように建物の構造上、独立して区分された部分の所有権を区分所有権といい、区分所有権を有する人を区分所有者、またその建物を区分所有建物という。区分所有法は1棟の建物を複数の第三者が所有することとなるため、区分所有建物の利用に関する規定や所有者の権利義務などについて定めている。昭和37年に「建物の区分所有等に関する法律」として制定され、昭和38年に施行された。