売買契約などにおいて、契約から引渡しまでの間、天災や類焼などの不可抗力によって建物などが損失または滅失した場合の損害を売主または買主のいずれが負担するかという問題のこと。



img_kikenfutan














民法ではこのような場合の損害は買主が負うこととなっているが、特約によって、売主が損害の負担を負う場合や、契約を解除できるようにすることも可能である。