税金を長期分割払いにすることにより納付期限を延ばすこと。国税は金銭で一時に納入することが基本とされているが、相続税などの納付において、金銭一括納付が困難とされる事由がある場合に限り、申請書を提供し、担保を提供することで延納が可能となる。また、延納中は税金の残高に対して金利(利子税)が発生する。