問題解決型不動産コンサルタント 伊藤英昭の事件簿|キャリア20年の独立系「問題解決型」不動産コンサルタントが仕事を通じて日々思うこと、感じた事を綴ります。

不動産関連サイト向コンテンツ作成支援
過去の投稿
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

2005年06月

伝言ゲームと仲介役

不動産業界、特に不動産の売買においては売りたい人と買いたい人の間に、仲介人がいるケースが多い。この場合、交渉事、約束事は仲介人を通じて相手に伝わる。これが2人、3人になる場合もあり、売買の当事者から伝わる情報が、正確に相手に伝わるかはわからない。(伝わらないケースが多い)伝言ゲームのように話が、仲介人の途中で話が変わる事もある。おそらく仲介人の希望と観測でちょっとづつ話が変わるのだろう。

最初は「この不動産買おうかな」という言動が仲介人を通して、「買おうかな」「欲しいと言っている」「買いたい」最後には「いついつ契約したい」と当初の言動とは大きく、しかも前向きに変わる事がある。とくに仲介人の期待がこのようにするのだろうと思う。ものが高価なだけに、情報に振り回され時間の無駄という事もある。そのようなときは、直接の当事者に会って話を聞くこと。これが時間の無駄と変な期待をしないですむ。

不動産売買の場合、仲介人に一人でも「嘘つき」(事実を正確に伝えないで自分の希望と観測だけでものをいう人間)がいたら、絶対に話はまとまらない。時間の無駄で終わる。

不動産の売買仲介以外、例えば、底地、借地の問題、相続の問題など、当事者間で話がつかないような場合は、逆に、単に事実を伝えるだけではなく、(事実を伝えると喧嘩になる場合があるので)当事者の意見をオブラートに包み、時には自分の考えを混ぜながらも、適格に問題を解決する仲介人の能力が求められる。

おなじ仲介役でも、業務内容によって、役割は大きく異なる。仕事の内容による自分のミッションを理解する事が大事である。

▼今日は、ある人の連絡をずっと待っていました。あまり仕事も手につかず、ながーい1日でした。

▽しかし、シャラポワは強い。文句のつけようがないですね。

いい連絡・悪い連絡

いい連絡は早く相手に伝えたいもの、だから、いい連絡は、向こうから、積極的にやってくる事が多い。まさに「果報は寝て待て」とはこのことだろう。悪い連絡はできるだけ、後回しにしたい。だけど、これは違う、いい連絡も悪い連絡も、いや、悪い連絡ほど、こちらから先手を打って連絡すべきである。相手から「どうなってんの?」と言われてからでは、マイナスは何十倍にもなる。嫌なことほど先に片付けられる人でありたい。

今日は、いいはずの連絡をずっと待っていたが、一向に連絡がこなかった、たまりかねて、こちらから何度連絡を入れても掛かってこない。やっと繋がったのだが・・・・・結果がどうであれ待っている人がいれば連絡の一本は欲しいものです。

ひるがえって自分はどうだろう。旨に手をあてて、相手にいやな思いをさせないように、まめに連絡を入れるようにします。

▼今日、偶然、恵比寿で、前職のグループ会社のM社長に会いました。

節目

福田財産コンサル主催の創業1周年および出版記念パーティーに参加してきました。福田社長とは2度ほどお会いしましたが、本人は私のことは会ってもピンとこないと思います。約100名ほどの人が参加し、顔ぶれも豪華でした。私も何人か知っている顔がいたので楽しむ事ができました。

■感じた事
節目って非常に大切だなぁと思いました。節目、節目で、お世話になった皆さんに、現状を報告し、そしてパーティという形で振舞う。本当にいいことだと思います。

参加した私も、参加者と顔ぶれを見て、福田社長は凄い人脈をおもちだなぁと感心いたしました。初めて名刺交換したときは、福田社長も、私も会社を設立したばかりでした(先方が半年はやいですが)やっぱり福田社長の人柄と仕事に対する姿勢の賜物だと思います。

私にとって今回のパーティが大いに刺激になり、また、多くの事を学びました。また、沢山のおいしい料理、お土産をいただきました。

節目、節目で、お世話意なった皆さんに現況報告をし、感謝する。ぼくの会社も11月11日で1周年。形は違っても節目を大事にしようと思います。

早速、福田社長にお礼のお手紙を書かなければ。

▽それにしても、このような会に参加すると知ってる人が5〜6人いますね。みんなアンテナを張ってる人。人脈を大切にしている人なんでしょうね。大事にします。

相手が大人なら話せばわかる

正直にさらけ出して話す。ずるい事は考えない。妙な駆け引きはしない。法律、ルールにのっとる。脅さない。相手のことを考える。相手の話を最後までよく聞く。当たり前の事だが、これだけ守っていれば、交渉は9割うまくいく。私の十数年の経験則。ただし、相手が大人である事。

■よつば綜合事務所
ホテルの再生案件の相談。うまい出口がみつかるといいですね。ただし再生のポイントは唯一の資産であるホテルのハード、そしてロケーションがいいこと。大丈夫かな。

■S社訪問
クライアントが賃借している。物件の競落人、賃借人の代理人が来るというので相手も(私も)構えていたが、お互いプロ同士、大人同士、面倒な駆け引きも回りくどい話も、私は意識して一切しなかったので、話は早かった。継続して、借りるか、出て行くか、2つに一つと、その条件である。向こうだって、損するわけにはいかない。双方にとっていい出口をみつけようとおもう。

▽今日はサッカーブラジル戦
今から一回寝ようか、どうしようか・・・でも相手が世界最強のブラジル、相手に不足なし。日本は格下ということがわかっていて、失うものなく、どーんとぶつかることができるので、メンタル的には日本が有利。意外といけるかも。

●イートレード
先日初めて補欠当選した新規公開株、アドバンストメディア。最後の最後で落選しました。夢が膨らんだだけに、むかつきます。いい加減当たって欲しい。本当に厳正な抽選してるんですか?社員に内情聞いちゃうぞ。

フットサルと元祖恵比寿ラーメン

物件検索サイトHOME'Sを運営している株式会社ネクストの岩永さんに誘われて、社内のフットサルに参加させていただきました。夜なのに今日は湿度も高く、汗を20ℓくらいかきました。先日の日本代表のことを考えると、恐れ入ります。私も、高校時代は相当鳴らしていたのですが、(まじで)歳には勝てません。頭に体がついていきません。ましてや10歳も離れた連中とは、いっぱいいっぱいです。でも、スポーツの汗はいいですね。また誘ってください。

ネクストさんには不動産投資のコンテンツ「プロが教える不動産投資」を連載させて頂き、大変お世話になっております。創業当初からネクストさんには気にかけていただいて本当に感謝しております。ここの会社は、社長をはじめ、みんな人間的にすばらしい人たちです。会社が伸びてる理由がわかります。やっぱり企業は社長の人間性がでるんでしょうね。

終わったあと、岩永さんと浅草の「元祖恵比寿ラーメン」に行ってきました。ここは恵比寿にある恵比寿ラーメンの本当の元祖で、親父が、家庭の事情で恵比寿を手放し、浅草に数年前から店を構えました。恵比寿ラーメン戦争の御三家だけあって、最高の味です。あっさりしょうゆのちぢれ麺、それでいてコクがあって、東京ラーメンでは一番です。ちなみにここのマスターと同じサッカーチームです。50過ぎてるけど走ります。

■T社訪問
用地買収に関して今後の行政との対応の打ち合わせと、隣地借地権取得の打ち合わせ。いい結果出したいと思います。

■A社訪問
投資案件の打ち合わせ。纏まると良いですね。

▽うちの家内が年俸10%以上アップしたそうです。喜んでました。社長、ありがとうございます。ちなみに家内が世話になっている会社の社長。前職の同僚です。さっぱりした若き会計士で、頭が切れ、ナイスガイです。かつての、職場仲間が活躍しているので刺激になります。がんばるぞ。

▽冬香と菊ハル
土日読まなかったけど、こいつらまだ箱根にいたか。冬香、相当やばくなってきてるんじゃない。そろそろ上手に逃げろ、菊ハル、やばいぞ。

思ったことを相手に伝える

思ったことを相手に伝える。簡単なようでなかなかできていない。あたりまえだがどんな事でも、どんな相手でも、たとえ家族であっても、相手に伝えなければ、相手には伝わらない。言葉、メール、手紙、いろんな表現があるが、独立してから、特に、意識している。会ってもらって感謝、紹介してもらって感謝、気にかけてもらって感謝。特に、ありがたいと思ったことは、意識して、相手に伝えようと思う。自分ごとで考えれば、「ありがとう」という言葉を頂くと、どんな形であれ、嬉しいものである。

ありがとうの表現なんて忙しさとは関係ない。

以心伝心なんて、特にビジネス界ではありえないと思う。

素直に相手に気持ちを伝えられる人間になりたいものだ。

命の洗浄

今日はクラシックコンサート「宇宿允人の世界」に家内と一緒に行ってきた。鬼才の指揮者である宇宿さん率いる、オーケストラである。宇宿さんとは、仕事を通じて約5年ほど前からお付き合いしており、それから年に5回行われる定期コンサートには毎回参加している。このような機会がなければクラシックなんて縁がなかったが、約100名のオーケストラのライブは圧巻である。全身に命のエネルギーを浴びているようだ。命が震える、命が洗われるとはこの事だろう。この宇宿さんの芸術にかける思いは、まさしく「命がけ」であり、命をかけて、遠い昔の巨匠の魂を現世に伝える伝承者のようである。巨匠の遺言を忠実に実行しているただ一人の指揮者だとおもう。また、その真剣さがホール全体に伝わるからすごい。これは聞いた人しかわからないだろう。理由も無く、涙がでる。という経験を、このコンサートに出会って初めて経験した。ベートーヴェン、モーツアルト、などなどの曲が100年以上たってもなお、最高の芸術として生きているのが判る気がする。

この「宇宿允人の世界」は本当に、自前の手作りのオーケストラである。なんとか存続できるよう少しでも応援していきたい。
宇宿先生も言っていたが、日本も、もっともっと芸術を大事にする国になって欲しいとおもう。

また、企業も、このような芸術活動を応援するようになって欲しいものだ。まさに「金に変えられない価値がここにはあると思うし、人間として、人間が生んだ芸術は残していく義務があるとおもう。決して、商業主義の、名前だけのクラシックオーケストラだけではない。私は起業したばかりだが、がんばって大きくして、このような真の芸術を残す為に応援できる、バックアップできる人、会社にしたいとおもう。

飲みに行って、くだらない話をする時間と金を、たまにこのような芸術活動に割いて、日ごろドロドロした心と体をきれいに洗ってみたら如何でしょうか。味わった事の無い、新しい命の感動が生まれるはずです。

でも、このような事がわかるバランス取れた感性を持った人というのは、特に利潤追求の経済界には少ないのでしょうね。

たのみますよ。ホリエモンさん。馬やプロレスもいいけれども、もっと人間の命を動かせるものが、ここにはあるんです。

スポンサーになって最高の芸術を残してちょうだい。

創業以来の大事件

本日、創業以来の大事件が一気に舞い込んできた。しかも、「いい事件」である、来週から月末までが山場となるので、しっかり気を引き締めたいと思う。がんばるぞー。

本当に多くの人に、支えられ、気にかけてもらい、応援してもらい、感謝感激である。この気持ちは一生忘れられないし。今、お付き合いしている人、応援している人、気にかけていただいている人は生涯大事にお付き合いしたいと思います。そして自分も相手に感動を与えられる人間になりたいです。

アクセスグループ訪問
アメリカンドリームさんと同行、賃貸専門のサイトをつくりたいとの相談をうけて、私は、専門家ではないので、アメリカンドリームさんを紹介しました。何度か、デモををみましたが、痒いところに手が届く、すごいソフトです。ここの社長自信が賃貸仲介をやっており、そこから得られたノウハウの集大成だそうです。

■ASマネジメント訪問
ちょっと事件が・・・・

■ユニバーサルエッジ訪問
ここでも事件が・・・・

重なるものです。(詳細は後日)この事件の為に明日も仕事になりました。がんばろう。


▽胡蝶蘭
昨年末、開業の時に頂いた胡蝶蘭、とっくに花が落ちましたが、大事に育てていたら、また花が咲きました。これも嬉しい事件です。

コンフェデレーションズカップと相続新聞

 青森の小学校、中学校の同級生と門前仲町で飲んで帰ってきました。おたがい年のせいと飲んだせいでくどくなってました。
これからサッカーコンフェデレーションカップを観戦します。

■ロスリン中川さん
ホテル運営会社のリストラ計画の相談。ホテル事業では毎月利益が出ているので、うまく財務のリストラができると良いです。ドリームチームを作って対応します。

▽相続新聞
月間相続新聞という専門誌を購読しています。本日今月号が来ましたが、1面みてびっくり、若貴の相続問題です。・・・・んー若貴は今はおなかいっぱいです。

あ、もう17日になってしまった。

ちょっと嬉しい事件

独立して感じる事、それは案件に対して、議論する、雑談する相手が隣にいないこと。情報は積極的に自分から取りにいかなければ入手できない事。サラリーマン時代より数倍、能動的になりました。

■ユニバーサルエッジ高橋さん
投資案件の紹介、打ち合わせ。ここの情報収集力、ネットワークは凄い。少数精鋭の会社ですが、ありとあらゆる不動産ファンドとの人脈をもっています。前職からお付き合いしていますが、人脈が実績をつくり、実績がまた人脈をつくっているのでしょう。それが最高の方向に歯車が回っているのだと思います。んー見習います。

よつば綜合事務所
行政による用地買収における企業の損失試算レポートの打ち合わせ。企業にとっては深刻な問題。公共の利益と企業の利益、んーいい形のゴールを目指します。ここの代表は前職での同僚の若き会計士ですが、頭が切れ、人当たりもよく、頼りになるブレインです。たいしたもんです。見習います。

アスコット
投資案件の紹介、前職の同僚がこの4月から勤めています。不動産なら何でも買うと言っているので周りの皆が相当期待しています・・・・・・・・
若くて元気のいい会社です。以前、相続案件を路線価の数倍で買ってもらったことがあります。

▼ちょっと嬉しい1
Eトレード証券で初めて、新規上場株式のブックビルディングに「補欠当選」しました。IPOチャレンジポイントが11pたまってやっとです。なんとか本当選しますように。・・・・アドバンストメディア

▽ちょっと嬉しい2
銀行勤めの義理の妹が10月29日に結婚するそうです。職場結婚で相手は、すべてにおいて私に勝る男、めでたしめでたし。

○若貴報道
メディアは最悪だ、どうだっていいじゃないか。兄弟の争いなんてどこにでもあること。相続では、もっとどろどろしている事がたくさん。ホリエモンとフジ対決のときに「公共放送」という言葉があったが、こんな女性セブン的なメディア誰かが一回ぶち壊せばいい。

事件発生!

初BLOG、噂は聞いていたが、本当に簡単に開設できてしまった。独立して半年、誰も見ないだろうけど、自分の為、将来、日経の「私の履歴書」に出る時のために継続しようと思う。

不動産投資アドバイザーの広瀬さん、泉さんと打ち合わせ。
コンサルティングファーム山口社長の紹介でお会いする事になりました。久しぶりに共通の価値観の人に会えて、話が盛り上がりました。(自分が勝手に盛り上がったかもしれないが)今後もよいお付き合いができそうです。2人ともギラギラしていなくて、あっさり爽やかナイスガイです。私も業界の中ではギラギラしていないほうですが、今日は3人の中で1番ギラッていたと思います。

■競売事件
事務所に戻ったら数枚のFAX、お客様の借りている事務所が競売になり、新たな買受人となった人からお客様への通知、手書きのレポート用紙で「今後どうするつもり?まさか無許可で居座るつもりじゃないだろう・・・」と胡散臭い内容、「そっちこそ、どうするつもり?」と言いたいです。お客様の代理人として明日電話して新たな買受人に会って来よう。ま、最悪でも6ヶ月はいれるので、じっくり相手の考えを聞いてきましょう。

でも一般の人はこれだけで不安になりますよね。

民事執行法の改正により「短期賃貸借保護」制度の廃止、善良な賃借人には厳しいですよね。今後も相談が増えそう・・・


▼それにしても・・・
「愛の流刑地」
2〜3日ぶりに読んだが、まったく進展なし。やってばかり。まだ箱根にいたのか・・あんなの朝から読んだら痴漢やセクハラが増えるんじゃないの?しかし菊治は”キクジ”それとも”キクハル”どっちだろう。

▽伊藤英明
が山田優と破局だそうで、私も伊藤英昭(明ちがい)なので、ちまたで多くの反響を呼んでしまいました。(たぶん中身は僕の方がいいです)

●はからずも今日は親父の命日2000年6月14日(お父ちゃん、がんばってます)


記事検索
伊藤英昭のコラム
プロが教えるこれからの不動産投資
日本相続コンサルティング協会
埼玉県相続コンサルティングセンター
  • ライブドアブログ