「リスク許容度」という言葉が存在するかわかりませんが、私は不動産投資がにわかにブームを帯びた当初から不動産投資における相談やセミナーなどで、この「リスク許容度」という言葉をつかっていました。

なにもポートフォリオ理論などという難しい話ではありません。現に訳のわからない金融工学が崩壊している今、もっとシンプルに考えるくせをつける必要があります。要するに不動産投資において計算外の事が起きたとき、どれくらいの損失(支出といったほうがいいでしょうか)であれば生活に支障をきたす事がないかということです。

簡単に言うと、借入金を活用して不動産投資をしたとしましょう。家賃収入が月30万円、借入金の元利返済および管理費などの支出が月20万円、うまく運用できれば(入居者が家賃を払ってくれさえいれば)月々10万円のプラス。

んー大きいですね。特にサラリーマンにとっては最高の副収入。めでたしめでたし。

しかし、入居者が出て行って暫く次が決まらない。これはまだましとして、入居者が家賃を払わない。これは困りますね。しかし、月々の20万円の支出は待ってはくれません。

はたしてあなたの給料で毎月20万円の支出が賄えますか?これが現実に起きるのが不動産投資であり。

これが私のいう「リスク許容度」です。

簡単に書きすぎましたが・・・・

サラリーマンに対して夢のような話ばかりをして、不動産投資をしなければ頭がおかしいとばかりに斡旋をしてきた偽のプロ達。しかもいかにフルローンをアレンジできるかが、実力とでも言わんばかりの偽プロ達、ローンを返せなくなったら自己破産でもしてやり直せばいいという無責任なプロ。

みんなどこにいったのでしょう。そういう人達は生命力が強いので「やっぱり今が買いどき」なんて言ってるようですが、同じプロとして寂しいもんですね。失敗した人がきたら「自己責任」と言ってのけるのでしょう。


そもそも投資は生活をかけて行うものではありません。そんなに楽をして資産は築けません。前述のようなリスクを取れる人でないと不動産投資は投資額が大きすぎて危険すぎますね。

サラリーマンにとって100万200万の投資は身近に感じられるので、冷静に判断できるのでしょうが、不動産のように数千万、億、となると訳分からなくなるんでしょうね。

私は今も昔もリスクが取れない(取れそうも無い人、典型例がサラリーマンで不動産投資をしたいと夢を見ている人)のお手伝いはしたことがありませんし、これからもすることはないでしょう。だって失敗したときに私は責任とれませんから。

自分のリスク許容度はどれくらいでしょうか。


そうそう、1月27日をもって40歳になってしまいました。

介護保険だってさ・・・・相互扶助とはいうものの・・・・


バイバイキン。