敷地の一部を道路として提供すること。建築基準法上、建築物の敷地は幅4m以上の道路に2m以上接しなければならない為、その要件を充たすために、敷地の一部を道路として提供すること。私道として負担している部分の土地には、建物を建てることはできない。また、建ぺい率や容積率を計算する際の敷地面積から除外されるなど、土地の利用に際して制約を受けることがあるので注意が必要になる。

私道負担の例


img_shidofutan01