日本版不動産投資信託のこと。(Japan JReal Estate Investment Trust)の頭文字を組み合わせてJ-REITという。不動産投資に特化した投資法人や投資信託委託会社が投資家から集めた資金を複数の不動産に投資して、そこから得られる賃料収入や売却収入を投資家に配当する。証券取引所に上場しているため、株式と同じように証券会社などを通じて自由に売買を行うことができる。現物の不動産投資に比べ少額で不動産投資ができること、市場を通じて売買が出来るため流動性、換金性が高いことや、賃料収入を配当原資としているため株式などと比べると比較的安定的な配当がえられることが特徴である。このようなメリットがある反面、元本や分配金は保証されていないというリスクもある。