都市計画法にて計画的な街づくりを進めるために、定められる区域で、すでに市街化を形成している区域および概ね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域。
市街化区域はさらに12の用途地域に分けられ、細かく用途の制限を行っている。