宅地建物取引業者が土地・建物取引の媒介(仲介)の依頼を受ける場合の契約形態の一つ。依頼者から土地建物の売買、購入の媒介(仲介)を受託する契約のことを媒介契約といい、媒介契約には複数の宅建業者に媒介の依頼ができる一般媒介契約と、1つの宅建業者にのみ媒介の依頼をする専任媒介契約とがある。専任媒介契約とは、依頼者が1つの宅建業者以外と媒介契約を結ぶことができないが、その宅建業者を介さずに直接、取引の相手方(買主や売主)を見つけるという自己発見取引は認められている。専任媒介契約を締結した宅建業者は指定流通機構(レインズ)へ7日以内の登録および2週間に1回以上、依頼者に対する状況報告の義務を負う。また契約期間は3ヶ月を超えることができない。

専任媒介契約のイメージ


img_sennin01















媒介契約の種類

img_senzokusen02