建築物の敷地は原則、幅員4m以上の建築基準法上の道路に2m以上接していなければならないという建築基準法の規定のこと。この規定を満たしていない敷地には建物を建築することができない。火災時の避難経路確保等の理由によりこのように規定されている。
例外として、敷地の周囲に広い空地があるなど、安全上支障がないとされるときには、接道義務を満たしていなくても建築できる場合がある。


img_setudo