物品や金銭などを無償で人に与えること。財産を与える人を贈与者、受け取る人を受贈者という。一定金額(価値)以上の贈与が行われた場合、受贈者はその金額に応じて贈与税を支払わなければならない。